スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うわ。。。3ヶ月も。。。。
お。。。恐ろしい。最後に記事あげてから3ヶ月も書いてないなんて。。。。。
これはいったいどういうことでしょうね。

まぁ、BEAST PARTYの開催が決定して開催場所と日程がわかった時点でいけないなって思ってテンションも低かったからかもしれない。
ラグーナはいったいどういう奇跡だったんだろう。
お盆のまっただ中だったけど、車で30分足らずのところだったから何の障害にもならなかったのよねぇ。。
下手したら今の勤務先に行くより近い。
山中湖はそれこそお盆だったからダメだった。
実家の親、しかも母親が里帰りするときいないなんて、加えて理由がライブ参戦だなんて後々たたられそうだし。

そして今年。
新潟、、、長岡かぁ。。。。
さよなら国立の時実はみんなと同じホテルに連泊予約入れてることを告白。
予約の確認ボタンを押したとき、何だか行けるんじゃないかってかなり薄い可能性にどきどきしたっけ。
国立の間中みんなと計画立ててるような感じがして嬉しかったよ。
7月半ば、いくら何でもギリギリで取り消しは宿に失礼だと思いキャンセルした。
淡い期待も一気にしぼんだっけな。

その後同じように行けないはずだったちさとんさんが急遽参戦を決め、国立に行けなくなったリベンジが果たせるようで嬉しかったっけ。

当日いっぱいいっぱいみんなつぶやいてくれた。
臨場感あふれるMCや、ライブの様子が知られてツイッターってすばらしいと思った。

そういえば山中湖の時のツイートで私は震えたんだよ。。。
HYDEがお盆の話をして亡くなった人への想いを語ってMY FIRST LASTをやったと。
ラグーナの又従姉妹ちゃんの残像と、もうどこを探してもいないんだって寂寥感と、私の思いを込めた手紙をHYDEさんが絶対読んでくれたんだって言う確信と。。。。
勘違いかもしれないけど、届いた事への奇跡に感激して鳥肌が立ったの。

ラグーナに無理なく行けたのは又従姉妹ちゃんとの思い出を作るためだったのかな。。なんて錯覚する。

まぁ、とにかく、時を置かず、皆さんのツイートで現地の様子を知ることができるのは留守番組にはこの上ない喜びでもあり、ちくちくと細い針でつつかれるようなネガティブな感情とのせめぎ合いでもあり。
完全にライブが終わってしまう時間になってようやく心の波が収まるって言う。。。

不思議ね。
そんなに行きたかったのかしら。。。
紫外線アレルギーで絶対水ぶくれだらけになるし、とどまることを知らない体重増加でライブの間中立っていられたか自信もなかったくせにね。
なまじ行きたい気持ちが先走ってホテルを予約してHPなんか見てたりしたから余計消沈だったのかもしれない。
ただ、今回の長岡はM-ONで放送してくれるとのこと。これも嬉しいニュース。

そして、そこから遡るけどHYDEさんからの暗号で「SHINTAIRIKU」を探り当て、めざましライブのシークレットゲストじゃね???なツイートが回ったとき。。。。

お盆で里帰りしてた長女が、たまたま月曜日を週休に決めてた私の背中を押してくれたんですよ。
「おかあさん、行くべきだよ。これに行くために休みが取れてたのかもしれないじゃん!」
次女ちゃんが東京に帰るのが19日だったからチケットが2枚取れたら早めに東京に帰って次女もライブにつきあってくれるって言う。
どきどきどき。。。。。
どうしよう。。。
行っていいかな。。。

行きたい~~~


盆に帰省してた子供たちが凄く私を心配してくれてたのを知った。
私にかかるストレスが笑い事で済まないのを感じてたらしい。

めざましテレビで正式発表されたあと、長女がPCの前でスタンバイ。
私は山のような洗濯ものを干してて5分前に長女次女と3人でPC画面を見守る。
前日のうちにチケットを取るための仮会員番号を取得していざ!!!!

そして、やっぱりつながらな~~~~い。。。。
F5、F5、F5。。。。
つながった~~~。
で次の画面でまた固まる。
でもね、何度かやってるウチにするっと申し込み画面まで行けたの!

やった!!!

しかし長女が必要事項を打ち込んで送信したら。。。。。
枚数の記入漏れで戻っちゃった!。
ちょっと~~~~、長女~~~~~~!!!
入れ直して送信したら。。。。。指定枚数に達しました。。。。と。。。
背中を押してくれたはずの長女にがっつり足を引っ張られましたとさ。

ちょっと「行けるかも????」な感じだった分へこみ方も半端ない。。。。どーん。。。。
ツイッターを覗いたらkazueちゃんがゲットしてた。
あ~。。。取れてたら会えたねぇ。。。。
がっくり。。。

翌日めざましテレビでみたHYDEさんは、、、。
なんかめちゃかわいかった。
何なんでしょう。
この人の醸し出す雰囲気がオンとオフでこれほどまでに違うのは。
ステージ裾で客席を覗いてるときのはしゃいだ感じと、歌ってるときの鋭い表情。
基本仕事のできる男はかっこいい。
彼の目指すところにこの眼差しで挑んで欲しいと僭越ながら思った。

あぁ、、、、これも行きたかったな。。。。。。

惜しいところでこれを逃して、あげく長岡も行けなかったせいらでした。。。ちーん。



スポンサーサイト
さようなら国立!!
国立競技場最後の音楽イベントにL'ArcーenーCiel出演!!!!

このニュースに浮き足立つラルヲタ、もといドL’の皆様(私含む。もちろん)。
いや、行きますから!!!!
行きますから~~~!!!

ちょっとでも迷ってる余裕があるなら行くべき!
ブルーレイボックスあきらめたんだし、旦那はこのところ少し調子いいし!!

そりゃもう、なにか見えない力が「せいら、国立に行きなさい」って言ってるとしか思えなかったわけですよ。
あっはっは。。。。

今回は日帰りでしか参戦できないのでそのようにつぶやきましたら、ちさとんさんがおつきあいくださると!!
ひゃっほう!!
最終の新幹線で帰ってこようね!!!
そしてIrisさんもご一緒に。

フェスは燃えるんですよ。
楽しいんですよ。

ああぁ。。
もうすでにるんるん。。。。


で、今日当落発表日でした。

さすがに平日な上に単独でない事がL'Arcファンには二の足を踏む状況だったのかなぁ。。
私的にはパフューム、マンウィズ、セカオワこの価格でみられるなんてラッキーだったんですけどね。
あ。。。
これはL'Arcに慣らされてるのか???

まぁ。。。
ダブらせてしまったんです。
すいません。

ということで29日(木)チケット3枚連番で定価+諸費用でお譲り先を探しております
こちらでもツイッターでもご連絡いただけたらうれしいです。

急を要するお願いだけですいません。



L'Arc~en~Cielを神だと思った二日間 @国立競技場day1
まあね、軽く「神」だなんて言葉で称して欲しくないんですよ。
だって、今巷で「神」とかって、まるで一時期の「カリスマ」くらい重みがない。

hydeさんが歌詞で使う「神であろうと」の神と「神だ、神神神~~~!」の神って同じ対象なんですもんね。。。
神ってそんなに薄っぺらいゲーム感覚の意味で使われないはず。
と。
時代の流行言葉について行けないただのおばちゃんですが、声を大にして言いたいよ。
神でした。」

まぁ、そう思えるようなライブに参戦するまでにはいろいろありまして、あまりに毎度のことすぎていちいち報告するのもどうかとも思うし、きっと、その程度の困難ならもっともっと頑張ってどうにか乗り越え国立にやってきたファンだって大勢いるわけで、総じて80000人になっているのだと感じずにはいられないわけです。

みんな、すごいね!
よく頑張ったね!
すんなり来られた人ばかりじゃない!
うん。
自分にも言ってあげたいし、旦那にもありがとうと言いたい。

さて、行けるとわかった時点での私ですが、
どどどどうしよう~~~~。ラルみやげがない~~~~
って行けないかもしれないすれすれの状態だったので準備するゆとりもなかったの。

けれど、まてよ???そういえば。。。
と掘り起こしたのが大昔大人買いしたグッズの箱。
中にはもうほとんど誰も買わなくなってたたき売りのようにされていたのを買い取ったブツが・・・。
  ↓

きっと誰もほしがらないと思ってチョロってつぶやいたら数人のフォロワーさんが欲しいと言ってくださった。
よっしゃ~~!もってく!!
まぁ、こんな感じで持参したものですから「貴重なものをありがとうございます」とか言われてしまうと申し訳なくなります。
だって、○ちゃんはいらない~って捨てたんだよ?←しつこい。
そして20周年バッグに詰め込んだ写真をアップしたら
「それで来るの??」と聞かれ、そのニュアンスに「恥ずかしいヤツ」って隠語があるようで断念しました。
すごい。私。少しは学習したみたいよ。 

さて、当日(3月21日)
行きの新幹線から眺める富士山。

壮大で美しくて見られるだけでテンションが上がる。
この時間が一番好き。
あと2時間もすればみんなと会える。

ところがどっこい。
またしてもA子ちゃんとすんなり会えず。
ちゃんと駅員さんに聞いて言われた通りに来たはずなのに改札を抜けてた私。
「なんで、外に出るの?」
ってLINEが。。。
ぎゃ~~~。A子ちゃん、ふつふつと煮えたぎってるわ~~~。
結局外の通り向かいのビルまで迎えに来てもらったりで。。。ごめん、ごめん、ごめ~~~ん。

その後「kazueちゃん、面倒みきれんから早く来て!!」と呼びつけられたkazueちゃんと合流。

kazueちゃんを待ってる間新宿駅前の大型ビジョンになんちゃらいうV系の兄ちゃんたちが写っててそれを目にしたA子ちゃんのテンションがぐんと上がったので胸をなで下ろしました。ほ。。。
ありがとう。なんちゃら君。君のおかげだよ
ただ、ホテルのチェックインを済ませる間、私がいかにあんぽんたんで学習能力がなくて理解力が乏しいか延々とkazueちゃんに訴えるA子ちゃん。
「もう二度と嫌だから。」
って、引導渡されちゃったわよ~。(/_;)ぐすん。
そして諸事情でほとんど寝られなかったkazueちゃんとA子ちゃんと3人で会場に向かいました。
会場に着くまでもsuicaのトラブルがあったりでまたしてもA子ちゃんに火をつけた私。
  放火魔か!?

まぁ、そんなこんないろいろありつつも会場到着。
ゲートの看板とはためくフラッグ。
 ああ。L'Arcだ。。。

   

L'Arcだよ。
L'Arcだよ。。
まさしく会えない時間が愛育ててた。
看板やフラッグさえも愛おしいのだから。。。

どう言うんだろうね。
この感じ。
L'Arcがもつ支配力
いや、L'Arcに限らず偶像崇拝のように自分以外のものに心酔する様は若い子ならいざ知らず、この歳になっても心に潤いを持っていると解釈すればすてきだけど、第三者的には非常に痛い。
娘たちが私を気持ち悪がるのは致し方ないのかもしれんが。。。。

しょうがないじゃん。好きなんだから。
何を差し置いても最優先したい。
どれだけ滑稽でも、なりふり構わずな自分がちょっとかわいいとすら思ってしまう。

さて、国立競技場。
21日の座席はスタンド後段B列てっちゃん側。
てっちゃん側とは言うもののてっちゃんでさえ遠いし、一番近いモニターの角度が客席360度対応のためか対角線上のkenちゃん側のモニターが正面になるといういささか残念な距離。
スタンドをぐるりと囲んだフラッグが強風にあおられて踊り狂ってるって感じで結構な騒音が。。。
この音が寒さをより感じさせるんだよなぁ。。。
そして、この風、音響にもかなりの影響を与えましてね。
(想像はついてたけど本当に音がひどかった。。)

ライブです。
ステージに4個のカプセルが浮かび上がり4人登場。
最初そこから出てくるまで中にいるのは3Dプリンターで作られた4人のフィギュアなのかしら~?
とかのんきに思ってました。
(いや、モニターすら遠くて、よほどアップにならない限り判別ができなかったって言うね。。)

でも違う!!
動いてる!!!
今年は絶対ないって思ってたL'Arcが動き出した。

この後のライブの様子については、もう、多くのブロガーさんが記事にあげているし、ツイッターで想いを吐露されている方も大勢いらっしゃるので割愛します。
なにせ規模が違う。
8万人もいるのだからつぶやきも半端ない。

しかもうわ~~~、きゃ~~~~おおお!!!!かっこいい~~~!!!で全部片づくようなレポ誰もいらないでしょう。
だってそのときそのとき、切り取ったような鮮明な記憶がないんだもん。
「この曲のこのとき、こんな風にメンバーが動いて、こんなMCして」
なんて、ぜんぜん覚えていられません。
それができる多くのブロガーさんを尊敬してます。愛を感じるもの。

ってことで、記憶曖昧なおばちゃんは自分の感性でのみ語ります。

以下、ライブ感想文。

どこの曲の後だったろう。。。
モニターに歌い終わった直後のhydeさんのアップが写ってて。。。。。。。
そのアップの得も言われぬ表情の造形美というか、儚げな美しさに釘付けになりました。
「泣いてしまいたいくらい美しい。」
と感じることはたくさんあるのですが、この人を美しいと思うときはその美貌にほんのちょっと色づけするくらいの表情があるときだと思ったのでした。

隣のA子ちゃんに
「やばい。hydeが綺麗すぎて泣きそう。」
って言ったら
「もう泣いた!」
って。
A子ちゃんには本当に大事に大事に思ってる曲があってその曲になると絶対号泣する。
その気持ちがすごくわかる。

いや、A子ちゃんのその状況や想いがわかるってことじゃなくて、この曲があったからこそ今も自分は立っていられるんだって、自分を強くしてくれたり優しくしてくれたり守ってくれたりする楽曲に絶対的な愛情を持っているのがわかると言うことです。
自分の気持ちもままならないのに、自分以外の人の気持ちが手に取るようにわかるなんて傲慢なことはおもいません。。

そして、私にとってのそれはblameでした。

ずっとずっと聴きたいと思ってた。
自分の罪や贖罪や反逆を認め、それでもなお君を想い続けてるが上のあきらめ。
まだ年若いhydeがこのメロディーにのせた。
野太くて力強いベースが、やや単調な曲の流れを奮い立たせて、言葉にものすごいインパクトを与えてる。
複雑でない構成だからこそ刃のように突き刺さる鋭い言葉の数々。

今のhydeが歌ったなら。。。
そう思う楽曲はたくさんあるけれど、blameに関して言えばこれは私の深い深い一曲。
十年来の友人に拒絶されて、ことあるごとにその冷たさにうちひしがれていたとき、この曲の「忘却」の表現があまりに優しくて、救われたなんて簡単に言えないくらい慰められたものでした。
罪深い私がいつまでもそれに呪縛されて踊らされても、それに耐えきれずうずくまっても「時」はそんな慟哭もつれ去ってくれるのかしら??なんてね。。。。

荒削りでない緻密なhydeの熟練した技巧で歌い上げられたblame。
泣きませんでしたが、震えました。
前日ツイッターで「blameやって欲しい」と、どなたかのリクエストにリプしたばかりだったから余計。

その前に演奏された「EVERLASTING」。
歌詞をモニターに映してくれてたので、その詩の内容とblameが対になっていると対比させて語っておられる方も大勢見えました。
この人はどんな恋愛をしたんだろうね。
深い深い愛情と繊細な上に終わってしまっているのに歯切れの悪い「想い」を引きずり続けてるような。。。

初日に思ったのは。。。
これは難解な曲。です。
バラードでは決してない。歌い上げる激しいミディアムナンバー。
「forbidden lover」に近いのかな。。。
すぐkenちゃんの曲だと思った。
音階が揺れやすくて、ちょっと不安定だったこともあり、わかりにくさが際立って。。。
これは純粋にL'Arcのファンのためだけの曲なのかなって思った。
一般に向けてデモするような、M.ステでこの曲を演奏するような姿が想像できない。

ほかに印象的だったのはやっぱり「未来世界」前のMCかな。。。
ここでも優しくかつて瞳輝かせてた自分が実現できなかった夢を次に申し送るように「きっと君ならできる」って呪文のように言葉にのせてる。
泣いてしまうって。
泣いちゃうよね。。。。
いや、私たちが泣けてしまうのは、こんなに何もかも手に入れて夢を次々夢でないものにしていって、「次は何が欲しい?」ちょっと貪欲なんじゃないの??なんて襟首つかみたくなるようなhydeさんでさえ、小さな頃夢描いてた「未来」が夢で終わっているのかと、いたわりたくなるからなんじゃないかと思う。


そして何度も言うけれど、音が風にあおられてあっちこっち流れる感じの初日が終わりました。

さぁ、大宴会だ~~~

kazueちゃんがいっぱい骨折ってくれて総勢26人の初日打ち上げ会です。

初めてお会いした方も、お久しぶりの方もありがとうございました。
いっぱいラルみやげ交換しました。
皆さんの愛情こもった土産を、私のやっつけ仕事のようなグッズで交換するのが本当に申し訳なかったです。



そこでえええぇぇ~~~?ってなったのは栄ちゃんと松井さんですね。
「A子ちゃんお疲れ様でした。(せいらさんのお世話)大変だったね~~~。」
は、まだいいとして。←いいのか???
「せいらさん、せいらさん、グッズ買った???」
ってにこにこして聞いてきたので
「早々にグッズ販売所に行くのを断念した」ため「買わなかった」
って言ったとたん
「あ、そうなんだ~。」
ってくるっと体の向きを変えたことですね。
「ちょっと~、何なの?そのあっさりした態度は」
「あ~、グッズ買ってたら見せてもらおうと思っただけ。」
って。。。。
もうさ、グッズ買わないせいらはただのおばさんっていわれた気がしましたからね。
「何なの、この扱い」おばちゃん、ちょっといじけましたよ(ToT)しくしく。

そんな私にやさしいあみりんさんがくっついてくれて、さすがわたしの専任介護士!!!
色々お話ししたんですが
「あみりんさんの隣にいるとせいらさんがおとなしい。」
ってkazueちゃんに言われました。
いや、あみりんさんってね、会話が途切れることがないの。
すごく助かる。次々話が膨らむんだもんねぇ。。。

時がたつのは早いもの。
楽しい時間はあっという間よね。

それぞれ次の日にも楽しみましょうね!!ってことで解散。

kazueちゃん、A子ちゃん、栄ちゃん、松井さん、私はホテルが一緒だったので、ぞろぞろ歩いていたんですが、そこで衝撃的なことが。。。
私、マンホールのふたのほんのちょっとの段差に足を取られてすっころびました。
うわわわ。。。。。びった~ん!って感じでしょうか。
そういえば天×HY展行く前日も転んだっけ。。。
でもあの比ではない位ものすごい勢いで転んだんですよ。
びっくりしました。(自分で)
「ちょっとせいらさん、大丈夫????」
ってみんな口々に声かけてくれてホントに申し訳ありません!!!。って気持ちになりましたよ。
幸い手のひらをすりむいた程度だったんですが、鮮やかすぎる転びっぷりに何度も気遣い頂いて恐縮でした。

みんな優しいのね。
ありがとう。
ぐっすん。

長々書きましたが、そんなこんなで国立の一日目は終了です。
ホントにただの感想文ですいません。


WOWOWさん、ありがとう!!さいたまにたどり着くまで(ただの備忘録)
行って参りました。
3月1日(土)さいたまスーパーアリーナU-EXPRESS!!

これがね、最初1日のヘッドライナーとしてVAMPSが出演することが決定したとき、もう、マジで泣きそうなくらい行きたいと思ったの。
その頃、旦那の状態が見ていたくないくらいひどくて、それだけならまだ今すぐどうこうなる病気じゃないんだから仕方ないと思っていられたのだけど、そんな状態の旦那を見てはくどくど泣きが入るオシュウトメ様が嫌で嫌でたまらなかった。
端から見たら全くのまともなせいで「要介護2なんだから。ぼけてるんだから。」なんて自分の心を自制する気も起きないくらい愛せなくてね。
いや、そんな事情があろうがなかろうが愛せない人ではあるけども。。。

毎年のことで、暖かくなれば落ち着くのはわかってたんだけど、何度言ってもその状態に旦那が陥ると同じことを繰り返して言ってきて、わけわからんサプリメントまで飲ませろと私を責めてくる。
自分の旦那のことが心配じゃないのかって。
いや、そんなもん飲ませて、大量に飲んでる薬との飲み合わせが悪かったらどうする気だよ。

去年の今頃はまだ次女ちゃんがいたからどこかその存在に依存してスルーできてたあれやこれが全て負担になって蓄積されてるって、これはもう、自分が大人になりきれてない証拠なんだろうか?と自分を責めたりもしたっけ。

そんなときだったからHYDEに逃げたかったのもある。
ただ、長女夫婦が中国に転勤することがほぼ決まりで、婿さんが「お父さんが中国行ってる間に死んじゃうかもしれないから、後悔しないように親孝行しておけ」って言ってくれて、どこか旅行に行こうって話が来てて、どうやらそれが3月初旬にって。

これはいけないな。。。
残念だよHYDEちゃん。
でも、WOWOWで放送してくれるって言うからそれで我慢しよう。
時を置かず、え~~~???(*⌒▽⌒*)
なL'Arc国立が舞い込んできて、今回は遠征費用も馬鹿にならないしってそれほどの希求を覚えることなく諦めてたんですよ。
まぁ、いつまでもヘッドライナーのVAMPSしか発表されなくて、このままでいったらワンマンか!!??ってざわつき始めたときはぐらぐらしたけども。。。。

さて、ここからがミラクルなんですが。(長い愚痴入りの前置きだった。すんません)

WOWOWの契約しようと、新しいB-CASカードを準備してホームページ見たら
バックステージツアーご招待」の文字が飛び込んできました。
これはね、もう諦めてるんだし、当たるわけないんだから申し込んでみるか。
なんて軽く思ってたのに、、なにを慌てたのか、一般のページから新規登録しちゃったんですよ。
わ、しまった、U-EXPRESSから登録しなくちゃいけなかったんだとすぐさま電話で「バックステージツアーの抽選したくて申し込んだんです!」って訴えたら、オペレーターのお姉さん、相談してくれてこちらのお願いを聞いてくださいました。
まぁ、「当たるわけないのに何を必死になって言ってきたんだろう。このおばさん。」と思われたのかもしれないんですけどね。

で、そんな申し込みしたことも忘れかけてたとある土曜日の午後。
いや、一週間前の土曜日ですよ。
「こちら、WOWOWカスタマーセンターですが」
って電話が!!!
おめでとうございます。バックステージツアーに当選されました。」
ええ???
多分そのときの私の頭には「うそ。当たっちゃったよ。どうしよう交通費。どうしよう同伴者。どうしよう旦那。どうしようババ。」な思考がリフレイン。。。。
「大丈夫ですか?遠方ですが、当日はこちらに来られそうですか?」
すぐに歓喜の声を上げなかった私にお姉さんがおずおずと。。。
「行きます。行けます!!!多分。。。。。」
即座に答えていろいろな説明を聞き、電話を切った直後の私、うれしさよりも戸惑いの方が大きかった。。
その後すぐにWOWOWからまた電話があり
「アーティストと会えるというオプションはVAMPSさんには付いておりませんがよろしいですか?」
と再度確認を受けました。
「大丈夫です。」
って言ったものの、私はHYDEに会える会えないと言うより、21日から国立に行く許可をもらったばかりの旦那にどう言おうかおろおろしてしまいましたよ。
しかも同伴者の連絡もしてくださいと言われても。。。行ける人たちはとっくに申し込んでてチケットとってるから!。

そんな、ただあたふたしてたところに神降臨!!
ちょうどその日こちらの友達とランチの予定があるからって長女と子供二人がやってきまして、事情を話したら
「そんな滅多に当たらんチケットじゃん、行くしかないらぁ?」
と力強く背中を押してくれまして、同伴者がいない話をしてうだうだしてたらいつの間にか婿さんに電話してくれて。
「子供の面倒は俺がするからお母さんに付いていってあげたら?」
って言ってくれたって。。。。

長女ちゃんありがとう!!!!○君ありがとう!!!

木曜日届いた招待状→

さて、当日。(その週の土曜日だからまさしくあっという間だった)

豊橋駅で長女と待ち合わせしたんですが、長女が一目私を見て言った言葉が
「なんなの!普通のおばさんじゃん!気合い入ってない!!」
ですよ。。
「私でさえyahoo知恵袋で検索して、どんな格好にしようか考えてきたのにライブTシャツすら着てないってどういうこと??」
あぁ、そういえばこの子はハイロウズやクロマニョンズで男臭いライブは経験してるんだった。
「いや、肥えちゃってさ、Tシャツ多分ぱっつんぱっつんなんだわ。」
色々言い訳するも、その後も延々私のダサさをさんざんなじる長女。。
この子の結婚式でさえだいぶ太ったって言われてたけど、その比ではない。。。らしい。←本人はあまり自覚がない。

うううぅぅ。。。情け容赦ないとはまさしくこのこと。

「太ってた方がいいよ、お母さん。痩せると老けるから。」
って長男の言葉が不意によみがえりましたっけ。

こういうとこ案外男の子の方が優しいのかもね。
って言ってみようかと思ったけど、まてまて、全然全く興味もないのに片道一万円以上かかる交通費も文句も言わずに払ってTシャツも買う気満々で来てくれた長女の逆鱗に触れること必至なことはわかったのでおとなしく言われるままにしておりました。

さて、長くなるのでこの辺でいったん切ります。

後はkazueちゃんたちと合流した話と、バックステージツアーのことと、ライブのことですね。

全くの日記のごとく内輪の話を長々失礼しました。

「hydeさん、生まれてくれてありがとう。」的な。。。。
去年のこの日、公式に誕生日を発表してくれたおかげで誰に遠慮することなくお祝いできる事になっためでたい日。
1月29日(水)
皆様、いかがお過ごしなさいましたか?
ファン同士で集食事したりカラオケしたりお泊まりしたり。
楽しい報告や、hydeさんの誕生を祝うメッセージがツイッターにあふれていて自分や家族以外の誕生日でここまで上がれるって「本当に私たちは幸せ者だわ」と思ったのでした。ほっこり。

かくいう私、ちさとんさんからお誘いいただきましてhyde様birthday partyに参加してまいりました。


ここから先は私自身の備忘録みたいなものですので、超長い日記になりますがそれでもよろしければおつきあいくださいませ。ペコリ。

おりしもその日、旦那が金山(黒ちゃんMCでVAMPSのインタビューを公開録音してたアスナル金山はここ)にある眼科の専門医に検診受けることになりまして(市民病院で手に負えないらしくて回されたという。。とほほな話)金山まで一緒に行くことになりました。

ちさとんさんとはブログでもツイッターでもいろいろディープに絡ませていただいておりますが、実際お会いして長い時間話すという機会がありませんでしたし、今回はせりかさんやIrisさんも参加なさるとのことで朝からテンション高かったのですよ。
最寄り駅から準急で行けば9:13発に乗ればよかったのですが、旦那が駅まで歩くのがつらいというので特急も止まる車で25分くらいの駅まで車でGO!

ところが!
国道一号線出て10分もしないうちから大渋滞。毎日通勤でかっ飛ばしてる国一が何度信号が切り替わっても5メートルくらいしか進まないじゃありませんか!
ちょっと待って、これ絶対間に合わない!私、お店わかんないのよ~。駅で待ち合わせなのよ~~。
とこのあたりから私の焦りがいらだちになりまして。。。
「ねぇ、事故?事故かな??」
「事故か工事かどっちかだろ?」
「いや、ちょっと調べてよ」
「調べたってどうしようもないだろ。動かんものは動かん」
「迂回するか我慢するかの決断するんだから!」
もう、超けんか腰になり始める私。
ハンドル握る手もリズム刻み始めました。
「何のためのスマホだよ。後ろ乗ってるだけなんだから運転してる奥さんのためにそれくらいのサービスしたっていいと思うわ!」
だって、電車乗り遅れちゃう!間に合わないよ。
旦那だってその電車に乗らなくちゃ受付の時間に間に合わないんだよ?
なのに、何だよ!そののんびりのほほんとした態度は!
「腹立つ!」
のらりくらりしてる旦那に迂回路を聞いて国一から抜けて、さすがにみんな迂回してるからそこも結構混んでいたのですが、少なくとも前進はしたので焦りつつもいらいらからは解消された私。
(翌日やはりトレーラーの事故で10時過ぎまで大渋滞だったらしい。よかったよ。あのまま国一で粘ってたら昼過ぎるところだった)

そしていざ駅に着いてみれば、ちょうど豊橋からやってきた特急に乗れてしまって、当初の予定通りちゃっかり金山に着いたのでした。
もう、終わりよければ全てよし。
ってか、まだ始まってもいないうちからこの疲労。。。。

金山駅で旦那とさよならして駅二階のドトールでちさとんさんを待つことに。
そこでびっくりなんですが、ちさとんさん、後ろ向いて座ってた私を見つけてくれたんですよ。
すごい。私には絶対できない芸当だわ。
どんな色の服着てるとかも言ってなかったのに。ちょっとその認識力、伝授いただきたい。
なにせ、せりかさんにお会いするのは二度目だったZEPP NAGOYAで私、せりかさんがわからなかったくらい顔認証できない人で。。。(語りぐさだわ)

今回はさすがにちゃんと認識できましたよ。威張り!
その後ちさとんさんの相方のユンノスケさんとるなしーさんIrisさんが合流して6人での食事会になりました。

お洒落なお店で、仕切られた隅の一角に通されたのですが、落ち着いた感じが凄く素敵でした。

hydeちゃん、おめでとう!カンパイ☆Yヽ(´∀`)ノ


さて、その後何を話したかというとですね、VAMPSからHYDEファンになられたそうなユンノスケさんと、お母様がREALを持っていて、EXILEのファンだったけどそれを聴いてはまったそうなるなしーさん、知っていたのにこんなにどはまりしたのは日が浅いそうなIrisさんにファンになったいきさつなど聞く興味深い内容でした。

せりかさんが持参してくれたタブレットで動画を流してもらったんですが
あのライブのこの曲が好き!」
とか色々なリクエスト(我が儘ともいう)に軽やかな指先で答えるせりかさんがかっこよかったですー。

皆で寄せ書きしたくて持ち込んだ色紙とタブレットでぱちり。

お腹いっぱい食べた最後に、ちさとんさんが仕込んでくれたBirthday cake!
  
この帽子の中にXXboxのオルゴール(あなた)があって流れてくるという粋なはからい。
感動しました。
ミルフィーユをIrisさんがきれいに切り分けてくれて拍手!
美味しかったです!

時間ギリギリまでわいわいして、カラオケに移動。

そういえばカラオケに移動する金山駅前でTVクルーが5人ほどおられまして、キャッチセールスみたいだったんですが(ゴゴスマの収録だった)
「バレンタインデーについての街頭インタビューにお答え頂けませんか?」
って誘われたんですよ。
みんなそそくさとお断りしたんですが、私たち6人、どんな風に見えたのかしら???
ユンノスケさん、Irisさん、るなしーさん、美魔女ちさとんさんと、キャリアガールのようなせりかさんと、ただのおばちゃんの私。

これは布教活動には見えなかったのか???
だとしたら「hydeの誕生日を布教するべきだった」とやり過ごしてから思ったんでした。
みんなVAMPSグッズのバッグ持ってたんですよ。
あ。。まてよ。
チョコよりHYDE愛を語ってたんじゃたとえインタビュー受けても放送はされないか。

ちさとんさんが「永遠」を熱唱して二次会スタート!

思い思いに好きな曲を入れるんですが、どの曲だったかでちさとんさんがおもむろにゆらゆら踊り出しまして、その揺れる感じが可愛くてですね、Winkみたいだと思ってみてました。
ちさとんさんは私とこのメンバーでは一番年が近いのですが、明らかにそれ以上の開きを感じましたよ。
ちょっと~~~。
誰の血吸ってるんですか??
もう、美魔女の称号をちさとんさんに捧げます。

ユンノスケさんのVAMPSライブバージョンかっこよかったっす。
あのドールちゃん達も素敵でした。
もう一体も見たかったなぁ。。。。
あ、ブルーリーアイズの手拍子、わかりましたか??

るなしーさんはめちゃ若いお嬢さんで、美人さんなんですが、はしゃぎ方が自分の若かりし頃を彷彿とさせる勢いで、我が家の娘達は二人とも母と一緒にキャーキャーしてくれませんでしたからめちゃ嬉しかったです。
こんな若い方がhydeを可愛いと思う理由を尋ねましたら
「皆さんと変わりませんよ」
とのお答え。。
妙に納得してしまった。
そういえば私高校生の時、田村正和もフレディマーキュリーも可愛いと思ってたなぁ。。。って。

Irisさんはすごい迫力ある美人。
ご本人は清楚なのに大きな目が異国の方のようです。
そしてるなしーさんがおっしゃった、「指綺麗ですね~~~~」でみんなで占い師のようにIrisさんの手にロックオンしたのでした。(セクハラじゃないわよ!!)
手を見られることを恥ずかしがるIrisさんが可愛かったです。
顔だけじゃなくて手も美人さんなんですね~~ってうまいこと言うなぁ。。。るなしーさん。

そして、せりかさん。
私、ちゃんと憶えたわよ~~。
あのね。
ぶっちゃけますと、私せりかさんと初めてお会いしたときせりかさんを高校生くらいだと思ったんです。(笑って良いわよ)
だいたいがZEPPに集まるバンギャさん達ってメイクばっちりな人が多くて、VAMPSのうちわをいただいたとき、なんてさわやかな人なんだろうと思ったんですよ。
私がこんなおばちゃんだと知ってもたじろぎもしないところ、肝が据わってる~とか感心したくらいで。
んで、ライブでお会いしたときは高校生には見えなかった。
だから違う人だと思ったのよ~。
延々言い訳いたしましたが、もう大丈夫。
タブレットを手品のように操る姿にほれぼれいたしました。かっちょええ。。。
今度dtab持って行くので色々教えて下さい。

そんなこんなしてるうちに旦那から二度メール。
帰りの時間が合えば一緒の電車で帰ろうと言うことだったんですが、既に3時前には金山駅に着いてると。
今カラオケ大会たけなわよ~。先帰ってて良いよ~~。
って送ったけど、ドトールで待つという返事。
やだなぁ。。。ゆっくり出来ないじゃ~~ん。
とか言いながらしっかり6時前までカラオケボックスにいたんですけどね。

だって、楽しかったの。
同じ愛知に住んでいようと、こんなに年齢も環境も違う人たちと同じ価値観ではしゃげる事ってないでしょ??
ここでは何しゃべっても引かれることはないのよ。
L'Arcが好きって言うとたいがい「若いですね。」って言われる。
若干引き気味に。
娘達からも「hydeの話なら聞かん」とまず釘を刺されるってどれだけ虐げられてるのよ。
ユンノスケさんに「あみりんさんと同じにおいがする」と言われまして(笑)。
いいよ~~あのくらい出し惜しみせずいろんな事が語れたら本望だわ~~。
とも思ったのでした。ぷぷぷ。
遠く海の向こうでもお泊まりでハイパしてるあみりんさんのことを欠席裁判のように語りましたね。
今頃くしゃみしてるんだろうな~~と。

さて、名残惜しかったけどそろそろお開きと言うことで素敵な企画してくれたちさとんさんに感謝して、皆さんにも感謝してさようならです。

金山駅に向かいました。
旦那が切符売り場のところで待ってました。
あの。。。
3時間くらい待ってるんだよね?
先に帰って良いって言ったじゃん??
駅においてある車も乗って帰って良いからって駐車券もキーも渡してあったのに。

こんなに待たされて怒るわけでもなく、
文句言うわけでもなく、
楽しかったかと聞くわけでもなく。
「お待たせ。」
「うん。」
でおしまいな会話。
ちょうど特急に間に合ってさすがに座れなかったけれど吊革につかまりながら

この旦那のこの凡庸さが好きだなって思いました。

サラリーマンだったら、気が利かなくて、押しが弱くて、野心が見えなくて、人の良さだけが取り柄で、みんなに踏みつけられそうなタイプ。

それでも、こんな寛容で懐の大きな人はいないと思うこともたくさんあったっけ。

hydeちゃんみたいに人生加圧トレーニングみたいな緊張感も、天賦の才もないけれど私はこの人に癒やされたこともたくさんある。

まぁ、〆が旦那へのラブレターみたいでいささか気持ち悪いけど、良いか。
幸せな日だったんだもんね。

長々読んでくれてありがとうございます。
これで長い長い
日本の中心でHYDE愛を叫ぶ
1日が終わりました。(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。