スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
想いが形を作るのかな ~旦那の病と母の死とビスパに行った話~ @2015
   これはもうずっと前に保存してた日記。
恐ろしいほどタイムラグがあるので、随分前の亡霊のようなものですがここで完結させたくて投稿します。



VAMPSオーラスも終わり、ビーストパーティの発表があり、しばらく寂しい思いをしながらも海外で戦う彼らを遠い日本で応援していたファンたちをねぎらうようで飽きさせないスケジュールが明らかになりました。
そして、一気にL'Arcの夢州LIVEって、、、心臓に悪い。
(とか書いて、書き終わらずほったらかしにしている間にそのビーストパーティも終わってしまい、先ほどanationも終わってしまいましたよ。)
さて今から書くのはただの愚痴です。
この類いを発信すると、受け手も恐ろしいほど嫌な気分になるのも重々承知なので、私的恨みの記録で心汚されたくない方は回れ右でお願いします。
そもそも、旦那の入院でさいたまスーパーアリーナを諦めてたはずの私ですが、旦那の状態が精神的にも身体的にも落ち着いてきたことを感じ出すと、
「あれ??日曜日日帰りなら行けそうじゃね?」
とか思うようになってきました。
返って入院してくれていた方が私的に出やすいんじゃないかな。とか。。。
30日のチケットは譲り先が見つかりましたが、31日の分は見つからず最後まで手元にありましたし。
これは、どこまで飢えてるんだろうね。なんて自嘲してしまいそうなレベルで。
そんな脳天気な私の後頭部を張り倒すような電話が25日の夕方かかってきました。
兄からで。
おかあさん、心臓が止まってしまったって電話が入ったからすぐ行ってくれん?オレ仕事すぐ片付けていくから」
「は???」
「だから、蘇生処置して一度は戻ったんだけど、すぐだめだったって。。。」
「嘘だ。うそだよ。そんな。。。」
とにかく、取るものも取りあえず実家に行こうとした私の慌ただしさをいぶかる姑に事の顛末を話すと、自分も「さよなら」を言いたいから連れて行けという。
なにを考えてるんだ!?
実家の母の死を「すぐ駆けつけてバカみたいに号泣して優しい人を演じる」イベントにするんじゃねぇ!!。
そして、なんであんたは生きてるんだ?私の母は死んだのに。
何が何でも着いてこようとする姑を振り切って運転しながら、私や私の実家を思いやるわけでもなく自分の感情を優先する傲慢ぶりにその類いの感情に支配されていたわたし。
母は聡明な人でした。
自分にも他人にも厳しい人でした。
おさない頃からあまりにたびたび暴力を振るわれたのでいつも顔色うかがって生きてきました。
でも、正義感と自分の尺度に自信を持った人でした。
そして、私を愛していることを言葉以上に態度でわからせてくれる人でした。
HYDE関係で思い出すのは実家に行くと嘘をついてZEPP NAGOYAに行ったとき、姑から実家に電話があってとっさに私は買い物に行ってもらってると嘘ついてくれたこと。
二度とダシに使うなとめちゃ怒られたけど、帰ったら旦那に「頭の良いおかあさんで良かったね。」と言われて何だか誇らしかった。
そんな母が骨折をきっかけにみるみる母ではないような人に変貌してしまったときの、もう、この世に母は居ないのだという喪失感については
I'm so happyと思える人生←こちらにて書かせて頂きました。
カーステレオからMY FIRST LASTが流れてきて、「物質的な死」と「精神的な死」では本人の持つ感情としてはどちらに寄り添えるんだろうとおもったり、I'm so happyのようなこの世に愛を注ぐような感情は芽生えたのだろうかとおもったり、とにかく運転する腕がぶるぶる震えるくらいカオスな思考に支配されていました。。
母が入所していた施設は老人型入所施設なので「医療行為は行いません」と入所の時言われていました。
それ故パーキンソンの治療はストップしていて症状の悪化は何となく気づいてはいたんですが、投薬に伴う幻覚のようなものも遠のいていたのでおかしな事もあまり言わなくなっていたのです。
最期をここで迎えることはないと言われていたのに、なぜ施設で死んでしまったのか....。
個室に移された母の遺体のそばで兄嫁さんが号泣していました。私が入ったことに気づいてこちらを向いた顔の、今し方自分を連れて行けと私に食い下がった悲劇のヒロインみたいな表情だった姑の顔とのあまりの違いにこみ上げるものがありました。
この人たちは良い関係だったんだな。と。。。
母はこの人が大好きでした。
「お義姉さんがあんたじゃなくて良かったよ。」が口癖でした。
「朗らかで、優しくて、おおざっぱだけど、気の利かないところが意地悪じゃなくてさっぱりしたB型」という評価で。
細かくて口うるさくてネガティブ思考で自尊心の塊みたいだった母には救いになる人だったんだと話を聞くたびに思いました。
「お義母さん、まだ暖かいんだよ。寝てるみたいにしかみえないよね。」
お義姉さん、触ってくれたんだ。。。。
私は触れないよ。姑の遺体なんかに。。。。
「おかあさん」
ふれた肩は言われたとおりまだぬくもりがありました。
苦しかったんだろうな。。。。
発症から30分で死んでしまう誤嚥だなんて。。。。(死亡診断書には心不全と書かれていたけれど)
帰りたい帰りたい
といつも言っていた自宅に一晩安置して翌日通夜翌々日告別式になりました。
12時近くに帰宅した私に母の死に際の話を聞き出した時の姑の
私もそんな風に楽に死にたい
と言った言葉を私は忘れません。
楽だったなんて誰も言ってない。どれだけ苦しかったかなんてあんたにわかるのか????
もう呪詛の言葉しか私の頭にはありませんでした。
「舅が姑を迎えに来ないのは、この浅はかな思考回路が苛立ちを与えるからなんだな。」
私の母を連れて行くくらいなら奥さん迎えに来いってば。
そうしたら一気に小姑とのこじれまくった相続も片が付くし、何より私が平和になる。
その後通夜告別式にもしっかり親戚に連れてきてもらい、棺の枕元で泣く姿に虫ずが走る思いをしました。
私と子どもたちはだまされません。
この人がこんな風に泣くのはいつも自分を演じてるとき。
私の母が死んだって悲しいわけはないのだ。
あれほど周りに言ってきたではないの。
母の悪口さんざん吹聴してそんな母に育てられた私がいかに根性が悪い嫁なのかを。
とにかく色々あったけれど、旦那入院中にあっけなく母はこの世から物理的にも居なくなってしまったのでした。
すでにそれから3ヶ月経過しているわけですが、ふしぎと母が母でなくなってしまったときのような衝撃はありませんでした。
母の死をあのとき感じ、ようやく弔ってあげられる完結したような充足感もほのかに感じていました。
形がなくなってしまうのは悲しいことでしたが、それより私は心のよりどころを消失したあの日が本当の告別だったと思ってしまうのです。
今の私が母を思うとき、思い浮かぶのはどこまでも理路整然と道を説く母、強くて逞しくて打てば響くように指針を指し示す母なのです。
生きているとき母を思うと施設に入っている訳がわからなくなってる年寄りが浮かび、切なくて悲しくてやるせない思いばかりが襲ってきましたので。。。。
そしてビーストパーティです。
旦那が入院したままなら二日間参戦したいと思っていました。
ずっとずっと恨みと憎悪と悪意に満ちた家に姑と二人でいたわたしにそのくらいのご褒美くれても罰は当たらん!。と旦那に迫ってね。
結局旦那が7月の上旬退院になりまして、泊まりの遠征は諦めました。
「また明日な!」
とHYDEに言われると泣きたくなるくらい悲しくなるので行くなら二日目と決めていました。
ラグーナ以来のビーストパーティ。

何より感動的だったMY FIRST LAST。

この曲の歌詞にHYDEの生と死の狭間の想いが見て取れて、誰もがいずれ体験する間際の時の残していく者への溢れる想いに共鳴するのです。

この1曲のためだけでも行けてよかった。
元気な皆さんにあえて良かった。
そんな1日になりました。


ここからあと何を書こうとしていたのかな。。。
去年の夏の話。
遠き過去のようでつい最近のようでもあり。一周忌も終わって、今頃投稿します。

ブログを書かない事を心配してコメントくださった皆様。ありがとうございました。
これがお目につくといいのですが。。。いや、真っ黒な心をさらけ出してしまったので思いっきり引かれてしまったかも知れませんね。




スポンサーサイト
さいたまスーパーアリーナへの道
我が家にとってとんでもない事態になりました。
そして5月30,31日行けると信じて疑わなかったVAMPSさいたまスーパーアリーナ行けなくなってしまいました。

すでにFCチケットは当選しており、今回のキャパの関係で行くつもりの方は皆さんもうチケットお持ちとは思いますが募集させてください。
さいたまスーパーアリーナVAMPS公演
5月30日(土)
5月31日(日)
両日ともスタンド座席指定

定価にてお譲り先募集します。

始まりはかかとにできた小さな傷でした。
元々旦那は糖尿病で、42歳の時心筋梗塞を患っていました。
その後病気のオンパレードで、この4年前の冬から膠原病にもかかっていました。
冬になると状態がひどくなるのだけど、春になると和らぐのであまり気にしていなかったのですが。。。。

今回、春になってからの方がダメージ大きくて、そのうえその傷を医者に見せることをしばらく怠っていたのが間違いでした。
絶不調が続き、いよいよ自分でもまずいと思ったのか入院を承知しました。
さんざん入院を勧めたのに聞き入れなかったこと、本人が一番悔やんでいるんだろうなとは思うのですが。。。
足から入ったバイ菌が体に回っているのが不調の原因と。。。。

入院は早くて3ヶ月、リハビリを入れたら長くて半年と言われました。
最初に入院したときは2ヶ月見てくださいとのことだったのでギリギリさいたまに行けるって思っていたんですが、私の考えも甘かったです。

旦那がいないこの家でババとの二人暮らしが始まり、これからのことを考えると不安でたまりません。
会社には事情を話してフルタイムで働けてもらえるようお願いしました。
子どもたちにも相談しました。
あとは自分が頑張るだけだって今は開き直る覚悟ができています。

そんな事情で、あれほど楽しみにして合い言葉にもしていた「さいたまでお会いしましょう」が使えなくなってしまいましたが、今アメリカでそこそこアウェイな状況で戦ってる彼らのこと頭のどこかに棲まわせてやっていこうと思います。

行ってもいいよ~~~って方、もしおみえになったら拍手でもコメントでも結構です。ご一報くださいませ。
宜しくお願いします。


雪が降れば思い浮かぶあの方。
2月の初旬。

どうしたんだ???
って位の豪雪だったんですね?
TVのニュースで東京が写ってて「あぁ、次女ちゃん大丈夫かしら?」って心配になりました。
何せ、こちら身を切るような冷たい風は吹きますが滅多に雪なんて降らない地区なんです。
まぁ、就職してそろそろ一年になろうという成人した子供の心配を雪が降っただけでしてる馬鹿親だって報告ですね。すいません。。

オリンピックが始まり、夜中の生中継にくぎづけで、毎晩夜更かししては定時前に目覚める日々を送っておりました。
せいらですよ。お久しぶりです。こんばんは。

こちらがこんなに寒かったのもソチがあんなに暖かかったのもただ一人の男「松岡修造」のなせる技だともっぱらの都市伝説にクスリとしたり、
次女と同じ歳の浅田真央の演技に胸かきむしられるような感動を覚えたり、
15歳でメダリストになった平野步夢の空中を遊泳するかのような滞空時間にほれぼれしたり。。。。
そして、羽生結弦の100点越えのショートに頼もしさを感じたり。

まぁ、色々本当に感動ばかりだったのですが、今の若者達の何がすばらしかったかって、インタビューの受け答えですよ。
競技もさることながら、記者に取り囲まれて一斉のフラッシュを浴びながらもお仕着せでない自分の言葉でお世話になった方々への感謝の気持ちをきちんと述べられる人間としての成熟度に更なる感動を覚えたのでした。

どういう意図でそういう例えを使ったか、総理の頃から「バ○じゃね?」と思ってた支持率1パーセントのお年寄りが言ってしまった発言も、スポーツ選手なのに国同士の関係をどう思うかなんて、長旅帰りの疲れきった選手に聞く?な質問も笑顔で言葉を選んでかわした次女と同じ歳の真央ちゃん。

「ほうしょうきんってなに?」
って言ってたらしい中学生。
競技に打ち込んでメダルのご褒美が国から出る事を知らなかったのがほほえましかったけど、
「これでスノーボードというマイナーな競技が少しでも認知されたら嬉しい。」
って答えがスノボの未来を既に背負ってる感があって答えも賢いと思った步夢君。

そして「オリンピックの金メダリストになったからこそ、ここからがスタートで、ここから何か復興の手助けが出来るんじゃないか」と被災した故郷の事を片時も忘れていない答えだった羽生君。
彼は金メダリストの立場を誇示する訳でもなく、尊敬するスケーターの事も一緒に練習するスケーターの事も先輩スケーターの事も全てに気配りの発言だった。
謙虚でありながら物怖じせず、あこがれも尊敬も親しみも感謝も全て言葉にしていたと思う。

何が嬉しかったってね、こういう若者があらゆる方面で活躍してることですよ。
あぁ、堂々と世界を相手に渡っていけるこの若い志が本当にまぶしいと思う。

この子供達を世界の舞台に立たせるために家族はどれほどの愛情と、情熱とある種の犠牲を払ってきたんだろう。。。

子供の喜びを自分の喜びにして。

純粋なそのひたむきな姿勢に親が、家族が励まされてきたこともあるのだろうな。。。

思うような結果が残せなかった選手もそれだから次を切望するモチベーションになってほしいと僭越ながらエールを送りたいと思った次第です。
本当に感動をありがとう。

そして、雪が積もったくらいで「大丈夫か?」と心配する過保護な母は苦笑いするのでした。

そうそう、その前の大雪が降った日、次女から電話があったんだった。
「お母さん、すごい雪だよ。でっかい雪が音がしそうな感じで降ってくる。積もってる。」
嬉しそうな声で
「すっごいきれいだよ~~~。感動するよ~~~。」
って。
「こっち全然降ってないよ。」
「だら~~? だもんであんまり綺麗で嬉しくなっちゃって電話した。」
得意満面な笑顔が脳裏に浮かびました。
「それだけ?」
「うん、それだけ。じゃぁね。明日も早いからお休みなさ~~い。」

何かね、雪だ~~。るんるん。って。。。
かの人を彷彿させるわ。って何かにつけて絡めてしまう文字通りのバカ母でした。




私は幸せもんだ。
天野喜孝×HYDEの詳細が出まして→ここ
実は既にワクワクそわそわのせいらです。
こんばんは。

まえ、芸術家のアーティスティックな部分を刺激し続ける「モチーフになりうるhyde」でいてほしい的な記事を書きました。
そうしたら、本当に天野さんからのオファーだったのですね。
あ、この説明文だとそう受け取れます。

それこそ芸術家になりたかったHYDEさんにとってこの方からの働きかけがいかに嬉しいことだったか想像するだけで心ときめきます。
どんな分野であれ大成できるアーティストには欠陥などあってはならないのだろうなと想像するからです。

イラストレーター(画家含む)にとって色の基本が理解できないのは致命的だろう。
抽象画家であっても基本は写実を経てからの抽象画なのだ。
耳が聞こえない音楽家(ベートーベンであれ、フジコヘミングであれ)も静寂から始まったわけではないのだから。

ただ、それに進まなくても才能を活かす音楽という道があったればこその今なんだろうなぁ。。

タツローさんのラジオでジャケットを作成してる時は没頭できるけども、K.A.Zさんのように音作りの作業に時間を忘れることはない的なことを言ってたHYDEさん。
「僕はこっちの人間だと思う。」
そう。
好きなことを仕事にできる喜びは「仕方なく」仕事してる私にはあこがれでもあります。
なので、HYDEさんが少なからずそういう部分も満足できているだろうと想像して、まるで母のように嬉しく思うのです。

で、今日早速平日の前売り券を発券してきましたよ~~。
8月。
その前にZEPPでライブがあるのに、なぜか気持ちは原宿なのでした。


そして、今日、ずっと面会に行けなかった母のところに行ってきました。

次女が東京に行ってしまってから一度面会に行ったとき、なんだか絶不調の日だったらしく、メチャ落ち込んで帰ってきました。実は。
それから二の足踏んでしまい、母がどういう状態であれ変わらず見舞いに行く兄夫婦に顔向けできないと思い。
今日こそは!
な決心で。

もしかしたら、もう存在すら忘れてしまってるかもしれない「さっちゃん」のことも話してきました。

母は「えぇ??」って聞き取れる大きな声を出して驚いていました。
「まだ若いのに。」
って。
「さっちゃんのこと憶えてる??」
と聞いた私に妹さんの名前やお母さんの名前もすらすら。。。
「なんで??」
と聞かれ、その時の状況などかいつまんで説明したら、しばらく絶句してたあと、、、

「私は幸せもんだ。お兄ちゃんも、あんたも、元気でこうしてきてくれる。」

って。。。。
お母さん、すごい。今日調子いい。
そう思ったらあとからあとからさっちゃんの話をせずにいられなくて。。。

「あんたとライブに行けるのが嬉しいって、小さい頃から深い付き合いだったのが今頃また復活してライブ行けて嬉しいってさっちゃんが言ってたって」

おかあさん、さっちゃんのお母さんとの会話、まだおぼえていたんだ。

嬉しくて。
嬉しくて。
泣きながら喋ってきた。

母は泣いてる私を心配そうに見てた。

「私は幸せもんだ。」

ああ、母が、どういう精神状態なのかは分からないけれど、本当に生きている母と話しができたことが嬉しかったのです。


お年寄りの原宿、巣鴨とな。
あああぁぁ。。。
もう、本当にお久しぶりです。
ブログはおろか、ツイッターさえ追えていません。
みなさん、お変わりございませんか?

私は今日、次女が東京の住人になったことを見届けてまいりました。

通りゃんせってご存じですよね。
「行きは良い良い帰りは怖い」
正しくそんな感じですよ。

6畳足らずのワンルームマンション(聞いて驚いて!共益費込で¥83000よ!)にもろもろ詰め込んで、整理して、引越し業者のダンボールを旦那に持って帰ってもらい、私は総仕上げのため一晩泊まり。

帰りの新幹線の喪失感ったら。。。。

ちょっとライブ遠征の帰りにも似た虚脱感ですが、シートに腰を下ろしたとたん泣けて泣けて。。。

いつもは言わないような社会人としてのあり方を次女にメールで打ちながら鼻をすすっておりました。
頼りないのは次女じゃなくて私の方で、我慢強い次女を信頼してると。
いきなり大都会での一人暮らしを心配してるけれど、きっと頑張れると。

どこか次女をフォローしているようで私の方が依存していたのだなと自嘲してみたりね。
そういえば長男が幼稚園の時、「私過保護な親ですか?」と先生に聞いたことがあって、その答えが
「親にすべてがかかってる幼児期に無関心な親ほど怖いものはない。過保護上等」だったなぁ。。。
まぁ、あくまで幼児期の話ですけどね。。。

家について一息した頃次女からメールが。
「母がいるといないのとじゃ大違い。母に頼りすぎてる自分が、これではダメだとずっと思ってた。」
内容が、次女らしくなく長文メールにしたためられておりました。
「今度会うときはもっとずっと大きくなってるから。」
とどこか慰めのような労わりのような次女の決意が伺えて、なんだか嬉しかったです。
「父と母の子に生まれてよかった。生んでくれてありがとう。」
って。
それ結婚式の時の花嫁のご挨拶だよー。(泣)

つい先日初任給で旦那と私に洋服プレゼントしてくれました。

赴任先が決まって引越しするまでの期間は何も知らないと決めつけてた次女が、実は兄や姉よりいろんな意味で大人なことを改めて感じさせられた日々でもありました。


そうそう、おのぼりさんで東京に赴任する次女に色々アドバイスくださってありがとうございます。
次女のことを心配してくださって本当に嬉しかったです。
教えてくださったことはひとつ残らず次女に伝えておきました。
漠然としか今はつかめていなくても、おいおい身をもって理解することも多いでしょう。

予備知識はたくさんあるに越したことはありません。
ありがとうございました。

で、タイトルですが。
そうなんです、巣鴨のマンションが会社の提携先の物件だったのです。
治安が良いから安心してくださいと不動産屋が太鼓判押してました。
家賃の高さで安心を買うのだと理解しました。


  


拍手コメントお返事

巧さん:
巧さん、本当にたくさんアドバイスとご心配くださってありがとうございます。
巧さんの情報に驚いたり納得したり、次女は早速病院を探しておりました。
田舎に住んでいたらわからないことだらけです。

ラグーナのHYDEさん、本当にかっこよかったんですよ〜〜。
今度あったら巧さん絶対参戦したくださいね!!。

そしてつよぽんのTV情報もありがとうございます。
返事が遅れてしまって申し訳ありません。
なんか面白そうな雰囲気ありましたね。
中学生丸山も楽しみにしています。

色々コメントいただいたのにまとめてお返事ですいません。
大都会に暮らす巧さんの臨場感(?)が伺えてとても興味深かったです。
感謝しています。


かすみさん:
そうなんですよ。。
なんかね、ちゃんと子離れしてるお母さんは立派だなぁと心から思いましたよ。今回。
なかなか子供の自立を受け入れられない依存する母なんてかっこわるいですが、どうしようもないんですよ。。。
もう居直ってライブの時はよろしくね!で行こうかと。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。