スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
祝禁酒解禁
私のHDDは、そりゃもうおびただしい程hydeで溢れかえっているわけですが、つよぽん一色になっている部分があります。
あの泥酔全裸事件の時のワイドショー

ファンなら忘れ去ってしまいたい事件なのですが、私には忘れがたい期間でした。
まず、朝のワイドショーのテロップで「わいせつ罪で逮捕」と報道されたわけですから、かれのそれまでのイメージとあまりにかけ離れた内容にショックを受けたのは言うまでもありません。

つよぽんのファンでも何でもないHYヲタの皆さんが私の気持ちをおもんばかって即座に何通かのメールを送ってくださったことに、その優しさに感激したものです。

憔悴しきって、およそアイドルらしからぬ風体で護送される映像まで露出された姿もさることながら、事件の詳細を知るにつけあまりに大げさな騒ぎと非難(「最低な人間だ」ってやつですね)に憤慨し、アイドルはそこまでさらされなくてはいけないのか、大変な職業だなと思いました。

謝罪会見。
平身低頭で反省の言葉と感謝の言葉と自分自身の後悔を語った彼。
きわどい質問にも一度自分の心で反芻するように時間をかけて言葉を選び、決して筋書き通りのような受け答えをしなかった。
彼は泣き伏してしまうかもしれないと思ったけれど、瞳にずっとこぼれ落ちそうな涙が浮かんではいるものの、最後までその静謐な眼差しがゆがむことはありませんでした。

「もうお酒は飲みません。」
と言ってしまえば簡単なものを
「今は飲みたいとは思いません。けれど何年かさき、自分がお酒に飲まれないような人間に成長したとき、また楽しいお酒が飲みたいと思います。」
と答えたのが素直に思えたものでした。
そして、これは断酒期間は短いのかもなぁと誰もが思ったけれど、彼の心はこちらが思うより遙かに深く傷を負っていたのですね。

SMAP5人旅の時も飲まなかった。
メンバーへの手紙の時「もうそろそろ自分を許してもいいんじゃないかな。」と木村君に言ってもらえたけれど飲まなかった。
タモリさんはつよぽんにとってそれほどに大きな人なんだなって改めて思いました。
100キロマラソンの時も「タモリさんのために走る」宣言して完走したくらいですもんね。

小さな頃から商品である自分を認識せざるを得ない環境。
その狭い世界で自分を見失わずに生きていけるかどうかは、あのマンモス事務所の所属タレントであれば誰もが課せられるだろうジレンマに打ち勝てるかどうかで決まってくるのだろうな。。。

業界は信頼できる大人ばかりではないはず。
そんな中でタモリさんがつよぽんのよすがになっていたのですねぇ。。。
知ってはいたけれど。

そして、もうそろそろいいんじゃないの?
ってタモリさんの言葉にようやく自分自身を許す気になったのですね。
長い長い禁酒期間の終焉。
つよぽんおめでとう。
タモリさんありがとう。

実はスマスマまだ見てないんですよ。
ただ、ありがたいことに旦那の中ではHYDEより遙かに高いグレードの市民権を得ている(ドラマのおかげかとも思うけれど)つよぽんは私が忘れていても案外録画されていたりするのがありがたいのです。
明日ゆっくり見よう。

なにせ今日の私は国立のL'Arcにまだまだ心奪われて、幸せな水面にたゆたっているので。

コメントのお返事も遅くなってすいません。
次のL'Arcの記事でさせてくださいね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。