スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘルウィン留守番組の過ごし方とサプライズ。

いよいよ最終日ですね〜〜。
あ〜〜〜〜。。。行きたかったなぁ〜〜〜。(まだ言ってるよ。コイツ)
いやさ、これもう少し関東圏に近かったら参戦組さんに会いに行って、ライブの間「音漏れ隊」とか言うよだれが出そうな楽しみ方もできたって事ですよね〜。
いつもニアミスで声だけは何度も聞いてるのに会えない栄さんとだって、去年のヴァンパーク以来会えそうで会えないえりえりさんとだって会えたわよね。
はぁ。。。じゃんね〜〜〜ん。
返す返すも田舎者はすべてに制約があるって事だな。

それにしても、あれほどオフ会で感動してこれ以上の至福の時をそう何度も与えてもらおうと思うなって自分に言い聞かせてたのにね〜。
そんな清らかな心は結構簡単に追いやられるのが常なんでしょうね〜。
あ、私だけですか?こんなごうつくばりは。

ただ、すっぽり泊まりで行くつもりで穴開けてた帳簿を今日少しでもやっつけられて良かった。
その間中ウォークマンでL'Arcを聴きまくり、ずっとVAMPS一色だった脳内をフランスの貴族の様な高貴なサウンドに塗り替えると言う作業をしていたんですよね〜。
もう、どこまで現実逃避。
ただ時間が迫ると参戦組さんにメールしたくなる。
これ嫌がらせじゃないのよ〜。
迷惑だったらごめんよぉ。(・_・、)"

さてそんな私の元に贈り物が・・・・!
「めぐさんだ〜。」
プレゼントいただきました〜。
このコウモリ柄は!!!
そうそう、画家の金子先生がHYDEちゃんのために描いたコウモリ柄ですね〜〜。
その柄の手ぬぐいなんです。もう、感涙〜〜〜。
で、これからの季節の必需品ハンドクリームとリラックマのお菓子。
お手紙にはお互い留守番組で残念〜って事と聖地ツアーのお誘いが!!。
何度かお誘いいただいていたのに、長女の結婚や次女の大学受験で行けなかったから、今度こそは行きたいです!。
ええ!是非とも〜〜〜。
いつもいつもひろみゅんさんとセットで私の中に存在するめぐさん。
本当にありがとう。おばちゃん嬉しい。ホロリ。


   
スポンサーサイト
「SWEET DREAMS」がやってきた。とマジックorトリート。
アメリカっぽい本だ。
USAライブツアーパンフをさんざん「フリーペーパー」か!(スイマセン。本当にぱっと見たときそう思った。)
って言ったけど、あれより安いんですよね?これ。
そう思ったらめちゃめちゃ良心的なお値段とボリュームでございます。
ざらついた紙に
モノクロだったりカラーだったり、
ピンぼけ(いや、紗がかかると言っておく)だったり、
とんでもない一瞬だったり。
ああ。。
確かに思い出写真館のようですよ。。。.。゚+.(´▽`)。+.゚+・゜ポワァァァン
まさに「SWEET DREAMS」
ページ数が書かれていないので何ページって言えないけれど、すごくすごく気に入った写真があります。

以下ネタバレします。
たいしたものじゃないけど、NGな方は回れ右で。



「WE'RE JUST KIDS COMING HERE TO PLAY」(この一文に泣けるね!)
って狭い廊下の壁に書いてあってみんなでVAMPSピース(アーリーだけちょっと変)
白黒なのがイイ!
この人たちが子どもの頃はきっとまだ写真はカラーじゃないのよ。(は?)
白黒だからことさら懐かしさがにじみ出る効果大です。

手乗りアーリーの写真の次の次、やっぱり白黒のHYDEさん。
なにが面白かったんだろう??
で、テーブルに乗ってるスッパイマン梅キャンディーヽ(.:≧ω≦:.)ノププププッ

あ〜〜。。。満足です。
ショット数多いから全部上げられないけど、「お!」って思う写真凄くたくさんありますよね〜〜。
あ。エロおやじな写真もありまして、「まぁ、オトコだし」って私は思うけど、あのいやらしい笑い顔に「オフのHYDEはHYDEじゃない〜〜〜」って嘆くファンはいるかもね〜。
白目剥いてる写真もあって、これ、絶対おもしろがってるし。
しかも完全オフショットでもK.A.Zさんは常識的な物が多いのに(千手観音ありましたね!)HYDEさんのサービス精神旺盛なこと!どういうスイッチ??一体。

ここまで見せちゃっても大丈夫だ〜って安心感があるんだろうなぁ。。。
大丈夫さ〜〜。こんなもんじゃ揺らがないもんね。

あ、私は乳首ピアスとか全然キュンとは来ないので(見てるだけで痛い)どちらかと言えば堂々とそれを見せられる方が下がったりします。
シャワーシーンの前のタンクトップを脱いでるところはのぞき見してる罪悪感感じちゃいますけどテンションは上がりますね。←
「ああ、HYDEって腕を交差していつもシャツ脱ぐのねぇ。」
なんてにやけながらあの「動作の流れ」を想像しました。はい。スケベおやじは私です。
で、裏返ったままの抜け殻のパンツを見ると、(これうちの子どももよくやったけど)引きずり下ろすんじゃなくて剥くみたいにして脱いでるんだなって思えて笑えた。かわいいな。


さてヘルウィンライブですよ。
初日に「びみょー」っていわれたHYDEちゃんの仮装。
2日目は「VAMPSは悪くなかったけど、まさかマリックさんがくるとは思わなかった〜〜。」(と言う内容って事です)
ってメールいただきまして初めてシークレットゲストが畑違いの方と知りました。

まさに「マリックorトリート!」。
HYDEさん、瞳輝かせてモニター控え室で見ていたに違いない。(みえるんだよね?きっと)
ただ、立ちっぱなしでマジックはきつかったろうなぁ。。。
ノるから疲れを感じないけど、じっとしてたら辛かったんじゃないかなぁ。。。
なんか、そんな部分を心配しました。

で、連日かぶり物で「死んじゃうよ〜〜!」って心配されてるアーリー。
大丈夫なの??あの激しいドラミングをあの仮装でやり尽くすなんて凄いわ。
こうなると明日のアーリーも何が出てくるか楽しみですね〜〜。


  

拍手コメお返事

かすみさん:
メールありがとうございます〜〜。
嬉しかったです。
VAMPSステキだったみたいで安心しましたよ〜〜〜。
ユンケル効果いかがでしたか???

New comerさん:
ありがとうございます。
今度こそきっと参戦できると信じて今年は留守番いたします。
ハハハ。。。。。←強がってます。
玉砕〜〜。ああ。やるだけのことはやったしね。
31日の最終チャンス。
12:00五分前に昼食時間取らせてもらって、3秒前に携帯プッシュ。
わぉ〜〜〜。。。
すでにソフトバンクに拒絶されましたわ〜。
長女にも頼んであって、たまたま食事が一緒になった同僚さんもかけてくれたけど、お話中にもならないの〜〜〜。
昨日が5分でしょ???
ってことで10分リダイヤルしましたが諦めの境地。。
同僚さんの方が
「良いんですか??まだ時間はありますよ。わたし。」
とか言ってくれて結局30分までリダイヤル〜〜
そのうち娘から
「お母さん、もうやめてもいい?」
って泣きのメールが入り、私のチケット争奪最終戦は完膚無きまでにたたきのめされた形で終了いたしました。ち〜ん。
こんなに携帯電話を愛してたのか!っていうくらい握りしめてる自分に笑える。

まぁ、やるだけのことはやったけど手に入らなかったんだし。
このしつこさがきっと私の良いところなのよ。←ホントか???

おとなしくレポ待ちいたします。
PCの電磁波にやられて脳みそ溶けてきたらどうしよう〜〜。
ってくらいへばりついて待っていますからね〜〜〜。
ヘルウィンに行かれるあなたにあなた。
そう、そこのあなたもどうぞよろしくおねがいします〜〜。


       

拍手コメお返事。

New comer さん:
残念ながら重い扉は開きませんでした〜〜(泣)。
応援ありがとうございました。
K.A.Z君が「好き」って言ったからVAMPSボーカル目玉のHYDEちゃん。
当日券ですが。
しつこいくらい音声でシャットアウトされ続けていたので、まさかとは思ったけど、まだあるのかしら????
な〜〜〜〜〜〜んて甘いこと考えながらしつこくしつこくリダイアル。
本当にず〜〜〜〜〜〜っとかけ続けていましたのよ。ワタクシ。
いや、30日1時間くらい遅れても行けるなら良いかも????なんて思ったりしたりして????←アホ。
そうしたら、らるももさんが5分で終わってたって書かれてて
がく〜〜〜ってなりました。(すでに1時くらいでした。。。)
なんで。5分で終わってるのにあんなに繋がらなかったのよぅ〜。
それでもしつこくかけたら午後1時5分に繋がりました。
実に1時間かけ続けたバカは私です。
で、お姉さん、電話に出たとたん無言。
「は?」って感じでした。
「あの・・・。」
「はい。」
「VAMPSの10月30日のヘルウィンライブですが。」
「はい。」
「もう終わってますよね。」
「はい。予定枚数終了しております。」
「どのくらいで終わってしまったんですか?」
「けっこう早かったですね。」
「はぁ。」
てな会話。
あの〜〜〜。。。この電話ってヘルウィンの特電とかじゃなかったの??
もうちょっと親切に受け答えてくれたらいいのに〜〜〜。
そりゃさ〜、そちらは何百回も同じ内容で聞かれてるんだろうけど、こっちは初めて繋がったんだよ??
こちらが尋ねなくちゃ何も答えちゃくれんのかい?
他のライブも同じ番号の今日が発売日だったの??
黙られたときには「故障?」って思ったわ。
まず「どちらのライブをお尋ねですか?」って聞いてよ〜〜。
なまじ生声だからそう思っちゃうだけで、音声ガイダンスの方がさっぱりしてるかも。
ディズニーの予約センターにもやたら電話するけど、凄く良い気持ちになるのになぁ。。
良し悪しだね。こうなると。
あ。。本命は明日だけど、明日は仕事だし、まず繋がらないんだろうなぁ。。。
電話応対のノウハウはわかったから今度は繋がっても慌てないわよ。


さて目玉のHYDEちゃんなんですが。
「目玉はないわ〜〜〜。」
「可愛いけどかわない〜〜〜。」
「可愛くない〜〜。」
って。。。。
エェェエェェΣ(`Д´||)エェェェェエ
買いだしょ〜〜〜???

これはK.A.Zの好みだって。
HYDEちゃんったら盲目なんだからぁ〜って。。。
いや。。。。
結構楽しんでるんじゃないかと思うよ。。。
このコラボ。

俵万智ふうに
K.A.Z君が鬼太郎好きって言ったから、09ハロウィンは目玉記念日。
いや〜〜。。
だとしたらオトメだね。HYDEちゃん。
ますますカワイイとか腐ったこと考えちゃったよ。。。


    


拍手コメお返事。

New comer さん:
初めまして。ようこそいらっしゃいました。
また、コメントもありがとうございます。うれしいです。
日々他に考えることはないのか??と言いたくなるようなブログですが、これからもどうぞよろしくおねがいします。ペコ。

こうやんさん:
ありがとうございます〜〜。
一週間前を探せばいいのね〜〜〜。
大丈夫。多分信金店舗にはあるはずだし。
いや、把握しておきたい親心なのね。←親??
AERAとヘルウィングッズと霊視能力者様のブログ。
もう何も申し上げることはないくらい皆さんご存じなので良いか〜。
とは思うものの、AERA買ってきたし、ヘルウィングッズも見たし、光明館さまも見てきたので。。。

まずAERA。
今L'Arcを語るのね。
実は先日パリライブとNYライブを交互に観ました。
基本頭では同じ人だとわかっているのに、どこか差別化したがる傾向が私にはあります。
で、同時に観ると、やっぱり全然違うんです。
HYDEであってhydeじゃない。
hydeであってHYDEじゃない。
どちらも魅力的。
ああ。。。HOW MANYいい顔? (by郷ひろみ)

HYDEの口からL'Arc、それもメジャーになりたての時の話を聞くと凄く愛おしく思えるのはなんでだろう?
みんなでバンドの方向を模索しながら「これを今やらなくちゃ次に進めない」とか「売れれば好きなことがやれるはず」とかスタッフを含め自分のバンドであってそうじゃない状況で頑張ってきたんだな。。。ってわかるからなのかな。。。(あ、AERAに書いてあるわけjないですよ)
ようやくVAMPSという、多分HYDEさんがかなり早い段階で「こうありたい」バンドのスタイルを確立させているのが感慨無量です。
何だかおかしな語り口調で活字になっていますが話の内容に脚色はないですね。
度々耳にする内容でした。

ヘルウィングッズですが。。。
どうしよう〜〜〜〜。カワイイじゃないか!!!親父。
目玉の親父なのにHYDEさんなんだよ〜。
あの髪型に、マイク持ってちまっとした感じがラブリーだ〜〜。
これTシャツ2枚買ったらそれだけで結構な金額ですよねー。
でも行ったと思えば安いモンじゃん。。。。
どうせ私はコレクターだし?(自虐的)
スヌーピーとのコラボと並べておいても良いんじゃ???
光る指輪も良いよねー。冬JACKで活躍してもらおっかな???
ふっふっふ。。。。
当日券の予約は。。。。多分無理なんじゃないかと思うけど、頑張ってみる。
こんなにギリギリまであたふたさせてくれてありがとう
楽しみはいつまでも続くと思えば幸せよ。ププ。。。

それからオフ会で活躍された光明さんのブログ(正式名は知らないので違ってたらゴメン)行ってきましたよ。
お〜〜。。HYDEさんオフ会はこんな格好してたんだ。
「許可が下りたので」って、そりゃそうだよね。
HYDEさん自身はこれっぽっちも信じていない(と言ってた)霊能力。
変な話利害が絡んできたら困るんじゃないかと思うもの。
HPに行けばオフ会の会場の様子もほんのちょっぴり見えたりして。
あ、広告的な感じがしたと言うだけで、批判じゃないですから。
書いていてくれる内容も嬉しいことでしたしね。

って事で何してるのかな〜〜とか思っていたら情報がいっぱいで嬉しかったよ〜〜。なせいらでした。


     

拍手コメお返事

こうやんさん:
コメントありがとうございます。
私的に一番今お気に入りのHYDEさんを3パターンで載っけてみました。
私もめざましのNYのこの写真は大好きです〜〜。
青いのはNYライブのライフオンマーズのHYDEさんです。ほれぼれ。
もう一枚は言わずもがなのアレですわ〜〜。

keiさん:
ありがとうございます〜〜。
そうですよー。
HYDEさんですよ〜〜〜。
喜んでもらえて嬉しいです。ペコ。
3パターンありますので遊んでみてくださいね。ペコ。
いつまでも輝いている人と「なるほど〜」な中ジャケ。

タペストリーがここまでスルーされていたとはつゆ知らず。
「え〜〜〜????買いでしょ????」
と1人叫ぶせいらです。おはようございます。
あ。。。
SWEET DREAMS2枚よりも安かったのよ?←何のフォローか。。。
って、ひっくり返して中ジャケの方からも写真撮ってみた。
ほら〜〜〜。。
繋がってるの。
ステキじゃね?(「はいはい」って声が聞こえる。。。。

さて、ヘルウィンまで露出がなさそうで、すでに「会いたいよ〜」な危ない禁断症状が出始めてるので、ここ最近はやたらとライブDVDやら、MONTHRY Vampsやら見直しています。
マンプスの中で凄く気に入ってたコーナー
「Tell me about VAMPS?」
ここでHYDEさんがターゲットになってる場合、それぞれのゲストの方からいっぱい素のHYDEさんの事や彼に対する想いが聞けちゃうのが嬉しかったんですよね。

どれを読んでも思うのが、好きになった時期(かなたくんは別として)が結構初期だって事です。
それからすでに二桁の年月が流れているのに、未だに高い位置にいる人ってところが凄いですね。
「昔好きだった。」
って過去形で語られていないのは本当に今でもその人の中で輝いているってことです。
ですから、実際に今も進行形でそういう前傾姿勢のような突っ走り方をしているHYDEさんを「尊敬してる」と口に出すことに何の抵抗もありません。
彼には弛みがないんです。(あ、脂肪の話じゃないですよ。念のため)

できあがった物の音を聴き、その過程を知り、披露される状況を知る。
どんな分野であれ、やり続けたことの集結をきちんと見せることができる人はリスペクトするに値する人です。
どれだけ親しくなろうと「HYDEさんに対する気持ちは変わらない」と堂々と語る後輩がいるって事は彼の財産だし、アーティストとしてみたとき、それはHYDEさんの音楽に対する考え方や、情熱が一本通っているからだな。って思ったりもする。
それを支えているファンがたくさんいる事も確かに財産だし、本人もそれをわかってるから折に触れファンへの感謝とか、ほったらかしにする罪悪感を感じているようなマメな思いを口にするよね。
で、そんな気持ちを知ると言いたくなるの。
「そんなあなただからみんな大好きなんですよ。」
って。
それと同時に
「そこまで優しくなくても離れたりしません。」
とも思う。
これはHYDEさんの性格なのかな。
確かめたい思いなのかな??
色々「愛情を確認」をされてるのかしら?と思う状況はあったりもするけれど、(私の中の最高峰はクロックスとスイカ割り)「S」と言いつつ繊細な感受性も併せ持つ人だから目が離せません。

これからも停滞することなく活動は続けて欲しいし、輝き続けて欲しい。
この音楽への情熱と才能を余すことなく発揮できれば何もおそれることはないんでしょうね。

さぁ、朝からイタイ(「キモイ」by娘)思いを語ってしまったから気持ち良く一日を過ごせそうですよ。


    


拍手コメお返事:

あおいさん:
コメントありがとうございます。
私にとっても凄く嬉しいことなんですよ〜〜。
同じ感性で語れることは幸せな事なので。
いつでも立ち寄っていただきたいし、コメントいただけたら嬉しいです。
VAMPS SINGLE CD TAPESTRY キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!

色々考えてますね〜。
早速飾ってみました。
後ろ側の中ジャケもつながりがあって、綺麗なVAMPSの二人がそれぞれに分割されているようで繋がってる図柄になっています。(もうご存じですよね?)
「こんなんなってるんだよ〜」
ってHYDEさんもおっしゃってましたが、これに入れたら一目瞭然。
おまけにタペストリーで飾れます!。
一石二鳥のグッズなのねぇ。。。もう、商売上手。

グッズと言えばハロウィングッズ。
まだ発表になっていませんね。
去年のクマちゃんチョコのような現地販売のみってのもあるのかなぁ。。。
うーん。。。早く発表にならないかな〜。
あとまだ発表されない30日のゲストもそうだけど、他の日もまだいらっしゃいますよね??
あれで終わりじゃないですよね???
去年の豪華なラインナップを思うとちょっと少なくも感じて。

で、どうやら私はヘルウィンの日は決算書類を整えるために家業の帳簿とにらめっこって事になりそうです。
はぁ。。。
まぁ、NYライブを観ながらちんたら片付けようかな。
こんなだからいつまでたっても終わらないのね。
ONとOFF。きちんとけじめをつけられる人になりたいものです。

そういえばアンナちゃんのサポートにアーリーとJu-kenさんが参加されるんですね。
復活はしたけど活動が軌道に乗ってるのかよくわからないオブリではあるものの、K.A.ZさんをVAMPSとして捕まえたのはHYDEさん大正解だったんだろうな。。。。
ってこのニュースを知って思ったんでした。
それから楽器一本腕一本で音楽の世界を渡り歩くのはとてもハードなことなんだなって思うこともあって。。。
盤石な屋台骨を持った大きな船が誰にもある訳じゃない。
それでも帰る場所がある人が結成するバンドの、期限のはっきりしない一時的な(ものだとすれば)サポートでやっていくのはさすらっているようで切なくもある。
だから一期一会で人との出会いを大切にする自由人Ju-kenさんのブログには共感もするしエールも送りたくなるんですね。。。。

          
        


拍手コメお返事

北国のあおいさん:
私も「トーマの心臓」は生きていく上の指針として手元に置いています〜。
本編では語り部の役回りだったオスカーの「訪問者」での主役ぶりが本当に良くて、萩尾先生の愛情を感じましたよね。
さて、ラルクですが、今は休止状態ですがそのうち4人で露出してくれるものと首を長くして待ってるんですよー。
あおいさんもお嬢さんとジャニーズのライブに行けるんですねー。
私もSMAPなら長女が喜んで付き合ってくれるんですが。。。


ポリシーの人ユキヒロ先生の例外。
おや?ですよね。
私がHYDEちゃん以外のことをタイトルにすること自体珍しい〜。
いや。
マンプスを見直していて他の音楽雑誌との違い(明らかなファン目線とかは別にして)って。。。
ゆっきーの写真が載ってるってことかしら???
なんて極端なこと思ってしまった。

アシッドで出てるときのゆっきーは一般の音楽雑誌でも、JACKのTV放送でも決して露出なさいませんよね。。。
なにかあるんだろうなって思うんだけど、許容量としてHYDEさん以外に興味を持つこと自体無理なので深くはツッコミません。

以前「しっかりユキヒロさんの記事読んだことないんでしょ?」って無記名のコメントいただきました。
はい。
HYDEさんですらソロには興味なかった私は他のメンバーについてはユキヒロさんに限らず興味なかったんです。

とにかくL’Arcが恋しいばかりだったので。。。
VAMPSを始めたHYDEさんにも幾ばくかの不満を持っていたことも事実ですし。(今となってはもったいない事いたしました)

今でも他のメンバーの出演や、掲載を見れば心ときめきますが深く探るにはHYDEさんに傾倒しすぎて難しいっていう訳わかんない状態で。。。

で、一癖も二癖もある企んでるような笑顔のHYDEさん(そう見えるの。ごめん)に後ろから抱きつかれてるゆっきーの何ともキュートな笑顔にお目懸かったわけですね。
最初に見たときもHYDEさんの毒牙(失礼)に懸かりそうな曇りのない笑顔にきゅんとしたんですが、今見直してみても本当に素敵な一枚です。大好きです。このショット。

で、ラルクの会報以外でこんなにちゃんとゆっきーのショットを掲載してるのは自身のFCは別としてマンプスだけなんだろうなって思いました。(違ったらごめん)
L'Arcの会報はゆっきーの母体でもあるわけだから当然なのかもしれないけれど、何かポリシーを感じるユキヒロさんの「例外」にHYDEさんが存在しているって事が嬉しいって思ったわけです。

あ。結局はHYDEなんですか?ですが。
まぁ。イタイ感じのHYヲタなので許してね。


「僕は許される子どもになりたかった」
突然ですが「トーマの心臓」のオスカーの台詞が思い浮かんでしまう。
ゆっきーの中でHYDEさんが「許される人」であったらいいなって。
これ、わかる人にしかわからない例えですいません。

さて、仕事に行ってきます!。
頑張ろう!。


   


拍手コメお返事

オフ会のレポにコメントいただいた方:
ありがとうございます。
そんなふうに言っていただけると凄く嬉しいです。
こんなブログですがまたお立ち寄りください。
久々に鑑賞したNYライブ映像。
今日は家業もお休みで、パート先も週休だったので久々のNYライブ映像を見ています。
店舗のデッキでしか見られないので家業が休みでなければ占拠できないのね。。。

あ〜、、、。
やっぱり特別な感じがする。
ライフオンマーズのHYDEさんはやっぱりすごいきれい。
いや、ほかもきれいだったんだけど、この曲の照明が本当に凝ってて素敵なんです。
カバー曲って原曲が有名であればあるほどクオリティ上げないと食われるデメリットもあるわけで、その辺VAMPSはすごく個性的で大成功だと思う。
どちらのカバーもね。

それから見直すからいろいろ気づくんだけど、(遅まきながら)エヴァでのダイバーが出現したときのHYDEさんの「おっ!」って感じの笑顔も素敵です。

アリーナではあんなに獣に見えたシークレットインマイハートがすごく切なく思えるのはこの緑の照明のせいなのかな。。。

それからJu-kenさん側のマイクで歌ってるときポイポイって気軽にピッグを投げてるのもちょっと面白い。
それJu-kenさんのだよ〜〜。

最前列のファンは遠征するような人たちってミク友あやさんから聞いたんですが、たしかに日本語の歌詞も口ずさんでてすごく「わかってる」感じがしますね。。。。

で、前に東海地区で流れたボンバーeのときと同じことを話してる。
原点回帰のようなロックに対する思い。
これだけ言ってることが揺らがないと本当にそう思って日々すごしているんだって納得できるなと思う。

はぁ。。。
ってか。ほぉ〜〜〜〜ってため息が出ます。

これって是非みんなが見られるTVチャンネルで再放送すべきです。
フジに要望メール送るってどうですか・・・・?



今日はこれから歓送迎会に行ってきます。
休みの日まで会社の人たちと会うのもなんですが、お金払った分だけはしっかり食べてこなくちゃ。
ダイエットは明日から〜。←だめ人間ですわ。。。。


     


今更Pビート文字起こし。温泉じゃなかったK.A.Zさん。
明後日SWEET DREAMS発売って言う日のFM愛知のラジオです。
文字にしてみるとおもしろくてね、名古屋のオフ会の時K.A.Zさんが香港に行ってたって前の日に聞いて「知らなかった」ってショックを受けてる感じのHYDEさんがこれ聴き直してわかる気がしましたよ。

では、行きます〜。

H:FM愛知パラダイスビートをお聴きの皆さん、かわもとえいこさん、VAMPSのシャチホコHYDEです。(この辺からシャチホコを冠にすることを決めていたと思われます)
K:味噌カツK.A.Zです。
H:最近ねぇ、秋らしくなってきましたけど、
K:はい。
H:今秋の秋はなになにの秋にしたいと思っていますか?
K:なんかね、旅行に行きたいなと思って、
K:ツアー終わったばっかなんだけど、
H:あぁ、
K:旅行でいろんな場所行って、その四季を感じながら?
H:うんうんうんうん。
K:旅に出るなんてのも良いなと思って。
H:な〜るほど。
K:はい。
H:僕も行きたいな(この言い方が可愛かった)温泉とか行きたいですね。
K:あ〜最高だね。
H:温泉でね、おいしい料理に舌鼓をうちながら、
K:うん。
H:楽しみたい。食欲も満たして。食欲の秋。
K:。(相づちの声)
H:あと、本読んだりね、のんびりしたいね。
K:うん。
H:ちょっとね。
K:そうだね。
H:そんな感じでVAMPSはですね、明後日9月30日ニューシングルSWEET DREAMSが発売となってるんですけど。
K:はい。
H:まぁ、これね、アルバムに入ってたシングルなんですけど、
K:うん。
H:このシングルにはね、プロモーションビデオが2種類かな。ある意味ね。
K:うん。
H:あの、アコースティックライブのPVが入ってたり、アコースティックバージョンが入ってたり
K:そうだね、ちょっと貴重な感じがするね。今までに見れてないところを見せちゃったみたいな。
H:僕らにとっては、このファンに対して「ありがとね。今回のツアー楽しかったね。」って言う感じの気持ちの
K:はい。
H:シングルなので、興味のある方は是非お買いになってみてください。(2枚も買っちゃいましたが。。。)
H:そんなVAMPSは10月の29、30,31日とえ〜、品川ステラボールっていうところでハロウィンイベント、題して「ヘルウィン」っていう、
K:はい。
H:行います。こっちの方はね、K.A.Zくんがえらいことになってるんで、
K:ふふふ。
H:仮装がね、毎年本気でやってるんで、
K:そうだね。
H:ヤバイです。今年も。
K:力の入れようっつったらないよね。すっごいよね。お客さんも本気だからね。
H:多分紅白に出れるぐらいの、
K:うん。
H:勢いの派手さですよね。
K:うん。
H:はい。そんなVAMPSのえー、ニューシングルSWEET DREAMSを是非聴いてみてください。
H:VAMPSのHYDEと、
K:K.A.Zでした。

〜SWEET DREAMS〜

MC:シャチホコHYDEさん、味噌カツK.A.Zさんメッセージどうもありがとうございました。
え〜、この曲にリクエストいただいてた○○さんから、
「HYDEさんとK.A.Zさんは本当に仲良いです。微笑ましいです」
といただいていましたが、本当、二人聴いてるとなんかこう一緒に音楽やってるって言うよりは本当に友達って感じが伝わってきますよね。

以上です。


ツアー終わってすぐだけど旅行に行きたいって言ってたK.A.Zさん。
ちゃっかり本当に香港に行っちゃってたのよね。
「僕も行きたいな。
って可愛く言ってたHYDEさんが哀れで涙を誘います。ヽ(.:≧ω≦:.)ノププププッ
もう、どこまで振り回されてるんだか。

でも、まぁ、「今度はバラードかな〜」とか「メタルかな〜」なんてテキトーな事話してK.A.Zさんを振り回したいきさつもあるから仕方ないね。HYDEちゃん。
そこはお互い様なのかもね。←と自分を納得させてる私も哀れ。と言うかイタイ。。。


       


拍手コメお返事

北国のあおいさん:
コメントありがとうございます。。
お互い鍛えてあの激しいライブに耐えられる体作りしておきましょうね!
JACKにフラッシュバック
J-MEROをJACKの部分だけに部分消去して何度も見直している私。
今朝もこんな時間から
「SEX BLOOD ROCK N'ROLL!!」
のHYDEさんを堪能してしまった。。。
朝の忙しい時間、NYライブは無理なので短い映像をリピ。
何やってるんだろう???

凄いライブだったなぁ。。。。。
ってすでに思い出話になっちゃって。。。
あんなに暑かったのに布団かけなくちゃ夜寒いし、てか風邪引く。

それにしてもNHKなのにこの曲を取り上げちゃってるのが時代を感じたりして。
まぁ、どの部分をピックアップしても刺青集団なんだからそれは隠しようがなくても、お客さんのノリだけならラブアディも相当だったんだけど。
やっぱり最高潮の曲はこれだったからか、民放から借りられた映像がここだけだったのか、どっちだ?

何にしてもこんな感じでJACKの特番が組んでもらえるならめちゃめちゃ楽しみです。
てっちゃんもkenちゃんも楽しそうだったもんなぁ(シミジミ)。
ゆっきーの時はとんでもないカオスゾーンにいて、背が低いからでかい男の人の背中でふさがれ何とかお客さんの間からチラ見する程度でスクリーンすら近すぎて見えなかった。
問題は何曲単位で上げてくれるんだろう??ってことですわ。
ライブイベントを重視するんだから均等なんだろうなぁ。。
毎年の感じならやっぱり1曲?


あ、突然ですが、9月5日の武道館ライブ。
業界で招待されたお客さんが多かったんですかね。
いろんなバンドのメンバーが行ったってブログ書かれていたり、kenちゃんが楽屋に挨拶に行ったらPAULさんがみえてたと言っておられました。
シモネタ、いや、MC自体が殆どなかったって言うのはそれでなのかしら?
その代わりすごくファンを感動させてくれるMCだったってききました。
NYライブの番組にちょっと流れた武道館の様子が本当に凄いノリで、あれがDVDになるんだって思ったらものすごく楽しみになった。

あ、mayuさん(読んでいただけてるかどうかはわかんないけど)
もちろんUSJ最終日も激しく希望いたしておりますよー。
HYDEポストにちゃんとメールしましたからね〜。


    


拍手コメお返事。

北国のあおいさん:
コメントありがとうございます。
同じ歳ですね。仲間〜〜。
ブログで知り合ったお友達にも同じ歳の方がみえまして、凄く嬉しかったんですよ。
あおいさんもお仲間ということで、ひとつこれからもよろしくお願いします。。
ひっそりファンでいる必要はないですから。
ライブ是非行かれてください。(ってすでに来年の話で申し訳ない)
感銘をうけること間違いないです。

続々と届いているのねぇ。。。。と清春さんの記事
ハロウィンチケットの発送メールが来てちょっぴりテンション上がったせいらです。
いや、その後の「追加じゃないのかよ〜」でがっかりした下がり具合もなかなかのものでしたが。。。。
せっかく諦める事ができたのに寝た子を起こすような仕打ちよ。HYDEちゃ〜〜ん←HYDEさんのせいじゃないことはわかってるのでスルーしてね。

そう言えばFCの継続手続き完了しました。
色んなイベントがある度に、ディストでよかった!って思うことたくさんあるので継続にいささかの疑問もございません。
(それを言うならS○APどうしよう????
ライブもないのに会員でいる意味があるのか。。。
つよぽんは大好きだけど、フリペのよな会報が年に何回か発送されるだけでは価値がわかりません。。。)
申し込みしておいたディクトの会員証ももうすぐ届くのかな??楽しみです。

いやはや、いよいよヘルウィンですね!。

チケットのデザイン、めちゃめちゃカッコイイ!
もぎりで回収されちゃう部分も惜しいですわ〜。

さて、私が行きたかった31日、出演される清春さんのコラム(?)記事読みました。
TVステーションって雑誌に載っていたんです。
つよぽんの「任侠ヘルパー」について2人のライターさんが書かれていると聞き立ち読みにいったんですが、清春さんのコーナーがあるんですね。
少し前清春さんのブログで「老いること」について書かれているのを読んで、彼が素直なのか、自虐的なのかどっちだろう??なんて思ったんですが。。。

「TVに出ていないと活動していないと思われる」
「子どもがTVに出ると喜ぶ(から出るみたいな)」
「年を取ってもかっこよくありたい」(と言うことなんだろうなと推測)
ちょっと興味深かった。
若い時って、怖いもの知らずというかそれそのものが武器だからいろんな事に好戦的でいられたんだろうなぁ。。。
清春さんは結構老いることの美醜についても遠慮なく語りますよね。
その種類に恐怖を感じるのは見られてなんぼの仕事をしていれば確かに大切なことなんだと思う。
かくいう私も去年のオフ会の時長女に
「ヒアルロン酸を打ってもらえ」
とさんざん言われたんだっけ。。。
「そんなおばさんがHYDEの視界に入ること自体HYDEに失礼だ」
って。どっちが失礼だよ!!
そこは確実におばさんだし、自分を若返らせる努力もしていないから何の返答も返せませんでしたし、
「本当。申し訳ない。こんなおばさんですが握手していただけますか?」
の気分でした。
去年の握手の時、私の前の浴衣のお嬢さんにHYDEさんが見とれていて、私がいることに気付いてちょっと驚いたように目を見開いたのは、今だからこそ言える自虐的なエピソード。
いや、いきなりおばさんが入ってきて驚いたかと思われます。

とにかく、実は年を取るって事、そんなに気にするのがちょっと不思議に思えたんですよ。
それだけがウリじゃないと思うもの。
きちんと老いていただく方が安心です。

そう言えば
「VAMPSのライブに行くと若い子ばかりがターゲットな気がして肩身が狭い。」
って会話を小耳に挟んだんですよ。。
いや、私なんてグラクロの時点で肩身が狭かったですからね。
娘の保護者面でなければ参戦できなかったくらいで。
「もうすぐ20代も終わるんですが。」
「20代ギリギリで。」
「大台(ここでは40代)目前〜!」
( ・∇・)ノ ハイッ。
どなたもずいぶんお若いです。
今更HYDEさんがどこ狙いで行こうが私には何の影響もありません。
ただご一緒してくださる皆さんには大変申し訳なく思うことはありますけど。。。

と言うことで、清春さんのファンであれHYDEさんのファンであれ年齢を重ねたお気に入りのアーティストをそれがネックでキライになるようなことはないと思うなぁ。。
それよりキャリアを積んでいるからこそ、こちらにより深く飛び込んできてくれるようなパフォーマンスを期待しています。。

レポお願いします〜〜〜。←これが言いたかっただけの日記かもしれません。



ZEPP TOKYOのMCの優しさ。(行ってないけどネタバレかも?)
何したらこんなに若返っちゃうんだよ。
ズルイ!とか思ったけど、かといってマジで老けていたらそれはそれで悲しい。
な〜んてどうでも良いことなのにスルーできない魅力的な二人が表紙のCDデータ。
(前置きが長い。。。。。)
いや。
K.A.ZさんがHYDEさんを褒めてるので、ちょっと嬉しかった。
HYDEさんはもしかしたらステージングも心得てるけど、スペースを3次元で空想できて構築する才能もあるって事なのかしら???

何年か前長男が言ったんだけど、(彼は理数系の脳の持ち主。豊田高専の建築科に大学部まで入れて7年も通って今建築の仕事をしてる)
「おかあさんはイスって言うと普通にイスを連想するら?」
と聞かれたんですよ。
「俺違うんだよ。イスって言われると3D画像で多方向から見た映像が瞬時に浮かぶ。」
「へぇ〜〜〜〜。凄いね。」
「おまけにその立体の展開図まで頭でわかるんだよ。」
ただただ感心してましたが、イスの制作作業を見ていたらなるほどなって思ったんですね。
こういうのはセンスと思い描いたものを形に組み立てすることができるある種の才能がないと無理なんだ。
今じゃただの会社員ですがそのときは天才じゃない?って思ったっけ。(本人は「これくらいあそこに行ってれば誰でもできるわ。親バカだな」っていった)
って、これも前置きで。。。(長い)

そうなんですよ。
kenちゃんが武道館のHYDEさんを褒めてたんです〜〜。←これが言いたかった。
いろんな会場でそこにあわせたステージパフォーマンスをする。
それぞれの会場でそれぞれのセットを組む。
そのどれもが完成度が高いって聞いてたって言ってた。
本人の思い入れや情熱を形にしてくれるスタッフに恵まれているって事もそうなんだけど、それがHYDEさんのなせる技というか。。。。
あれだけの装置を考案したのが全部HYDEさんではないだろうけど、絵なんか描いてるときの芸術的な部分を含んでも彼にはそう言う空間を操る理系の脳も備わってるって思っちゃうんだね。。。

で、冒頭のK.A.ZさんがHYDEさんを最大限に褒めてる言葉に戻るんですが。。。
溢れんばかりの才能を生かし切ってるHYDEさんが素晴らしいと思う。
うまいこと操縦してるK.A.Zさんもハラショー。


さてZEPP TOKYOです。
14日のMCでちょっと嬉しいことが。いや、私は行ってません。
およそ様のブログで知りました。(ありがとうございます。)
もう今日も終わっているでしょうからネタバレも何も関係ないですよね。

HYDEさんね、最後に「ハロウィンに来る人?」って聞いたんですって。
もちろん殆どいなくて。。。。
「そうか〜。。。来年はもっとみんなが参加できるようにするから」(だっけかな?)
とおっしゃったそうな。。。。
彼、チケット争奪戦のとんでもない状況を知っておられるようですね。。。

去年のオフ会の時も「来られなかったファンがたくさんいる」事をちゃんと把握してた。
こういうところ本当にステキだなって思う。
私、そう思ったら「音漏れでも良いから行こうかな」ってホテルの予約をキャンセルできずにいたんですが(ヘルウィンに行けるつもりでずっと前予約した)キッパリ諦めることができました。

ヘルウィンに行かれる皆さん。
どうぞ思いっきり楽しんできてくださいね。
で、レポよろしくおねがいします。←もう、哀願でございます。


        

ギターがぐるんってなってるアリーナ37℃
武道館のかっこいいライブの写真が載ってるアリーナ37℃。
立ち読んできました。

ギターをぐるん!ってしてるK.A.Zさんの一瞬が載っています。
なんか、いっぱいライブ写真を見てきたけど、この瞬間の写真って初めて見た気がする。
知らなかっただけ?
K.A.Zさんをちゃんと見てなかっただけ?

ちょっと前なんですが、レントゲンの頃の記事とか写真とかインタとか見たんですよ。
今もステキに年齢を重ねてるとは思うけれど、その当時の子ども子どもした感じの(いや、年齢的にはしっかり充分大人だったんですが)HYDEさんの写真を見るにつけ、当時インタビューしてたライターさんたちはどこまで今のHYDEさんを想像してたろう?なんて思ったんですよ。

KAZさんがUSAのインタビューで
「夢に描いていたものが一つずつ現実になっていくのが嬉しい(だっけ?)」
って言ってたのが嬉しかった。
前ムジカの事書いた記事で

「HYDEさんは理想のギタリストを手に入れてKAZさんは夢を現実にしてくれる力を持ったボーカリストを手に入れた。」

って書いたんですが、嬉しそうに答えてるKAZさんに、よかったねーと思うと同時に本人には自覚ないかもしれないけど本当にそう言うことを実現できる凄いボーカリストだから簡単に海に捨てないでね。とかも思っちゃった。(しつこい)

いや、とにかく、今の彼らの活動が空回りじゃないことがすごく嬉しいんです。
言うこと大きくても実質が伴っていなかったら悲しいですもんね。
大きな事を次々成し遂げていく行動力と情熱と音楽に対するひたむきさに、ささくれてる心が救われる事ってものすごくたくさんあると思う。

ZEPP TOKYOのみなさん、今日のHYDEさんが手のつけられない酔っぱらいだったとしても、これがある限り芯のぶれない人だと思うから笑って「可愛いな」と思ってくださいね〜。
あ、言われるまでもないか〜〜。


東京のオフ会、今頃アンケートかな??何かな???



       
一般とUSAの訂正と海に捨てられるHYDEちゃん。
USAのライブ記事でライフオンマーズの時に後ろから白い照明って書いたんですが。
赤の間違いです。←
今日見なおして「あれ????????」って驚きました。
赤じゃん!!!
昨日の記事の白の部分は全て赤で変換してくださると嬉しいです。
めちゃめちゃ綺麗なことに間違いはございません。

さて一般販売ですが。。。。
電子時計の秒針でカウントしながら片手に携帯、片手にPCローチケサイト、長女にPCでぴあ。
3方向で10時ジャストに接続しすぐつながったんですが。。。。。
「予定枚数を終了いたしました」
でした。

ねぇねぇ。。。
予定枚数って。。。。1枚とか?
と思ったファンも沢山おられたことでしょう。
その場でわかるくじ引きよりもスピーディに落選が確定いたしました〜〜。


さてZEPP NAGOYAでも充分よっぱだったHYDEさん。
8日の大阪ではそれに輪をかけてフリーダムだったそうで。
まぁ、想像してもカワイイから良いんです。←イタイ。。。

で、質問タイムでHYDEさんが「釣られちゃった〜」って言ったってあれですが。。
HYDEさんが釣れたらどうしますか?って質問にK.A.Zさん、
「海に捨てます。」
って即座に答えたって。。。
私の脳内には海に投げられるビート板持ってばちゃばちゃやってるVIPムービーのHYDEさん(@ぽにょバージョン)がぽいって投げられる様が思い浮かびましたよ。

「K.A.Zさん!捨てるなら海じゃなくて私に下さい!!!!。」
ぐっすん。


さて、叩きのめされるようにハロウィンに否定された私たち。
29日から31日まで何して気を紛らわせましょうかね〜〜。


     
    

だって綺麗なんだもん!なNYライブ。
我が家のスカパーは実はアナログで、e2がハイビジョンだって事を知ってから執拗に旦那に
「デジタルのチューナーにしてくれ!さもなくば勝手に個人で契約するぞ!!。」
と脅し続けた私。
うちは電気屋でもあるので小売店契約があるらしくネクストもちゃんと映っていたんですね。
でもね、機能付きのチューナーに変更できるなら(たとえ料金が多少プラスアルファしても)こんな時にしてくれ!。ってかんじでしょ??
で、とにかく記念すべきアメリカライブ、綺麗な映像で穴が開くほど見たかったの。
そこでまたしても「ブルーレイで録って!あるんだもんそれで録ってよ!」と要求。
まるでオフ会のかわいい酔っぱらい様のようにやりたい放題な嫁だったわけです。(あ、私はしらふだし、可愛くもないけど)
ことHYDEちゃんのことになったらワタクシ引きませんわよ。
ところが旦那が優しいの。
チューナー替えてくれて、ブルーレイで録ってくれて、視聴はハイビジョンで設定してくれた。
結局HDDに入れた時点でデジタルではあってもハイビジョンにはならないから、本当に綺麗に見たいならリアル放送で見るしかないって事のようです。
いやだ、こんなに優しいと怖くなるじゃないの!!。
ただねちょっとした落とし穴が、。。。
ブルーレイは店舗にしか置いてないので私のHDDでは見られないって事ですね。
ちょっと早まったかなぁ。。。(ー'`ー;)う〜ん・・・・。
しかもダビングは一度しかできないんですよね?
まぁ、とにかく店舗の40インチ液晶ビエラでハイビジョン映像のVAMPSご一行様NYライブを鑑賞させていただきました。
私すごく頑張ったと思う。(いや、頑張ってくれたのは旦那か)


全部見終えて、何が一番印象的だったかと言えば、「HYDEって信じられないくらい綺麗」って事でした。
ハイビジョンの長所って質感が最たるものだと常々思っていましたが、まさしく柔らかそうな腕に柔らかそうな頬に柔らかそうな髪がしなやかな体に備わってるって様が手触りを想像したくなるような質感で強烈なインパクトを持って訴えてくるような映像でした。。

私が一番綺麗だ!!って思ったのはLife On Mars?。
白い照明が後ろから当たって前からは青い照明。
カーリーヘア(に見える)が素敵なコントラストで2色に分かれて見えます。
光り輝く白い輪郭で覆われていて、正面のボディは青く輝いてる。
こんな表現でわかってもらえるかなぁ。。。
この照明の使い方いいなって思いました。
HYDEさんの髪の毛が、どう表現したら一番ぴったり来るのか、とにかく不思議に美しいんですよ。
正面からを赤い照明にした曲もありました。
Life On Mars?は2日間参戦したガイシでものすごい完成度に震えるほど感動したんですが、NYでは演奏より美貌に感動いたしました。
汗をかいてて髪の毛が張り付いていたりするんですが、そんな部分も計算されてるかのように麗しかったんです。

あとシークレットインマイハート。。。緑がかった照明で浮き出るHYDEさんが美しいんです。
ただ残念なのはカメラワークがなんて言うか単調な感じで、HYDEさんとなると正面の顔のアップがめちゃめちゃ多いんです。(まぁ、だからいかに綺麗かよくわかるんですが・・・)
で、HYDEさんの後にアーリー。
ステージの奥行きもちょっと狭いのかすごく頑張ってドラムをたたくアーリーが随所で見られます。
今回「VAMPS」ってアルバムはどの曲もアーリーのドラミングにすべてかかってるような聴かせどころが満載なので、彼は大変だろうなって思うんですが、本当に頑張って叩いていました。大好きです、彼のドラム。
で、Ju-kenさんです。
K.A.Zさんもインタビューで答えていたんですがNYのお客さんは最初からウェルカムで拍手なんてしてくれないって。
まず値踏みをして、賞賛に値しなければのってこないと言う意味の事なんですね。
最初のほう、確かに客席真ん中くらいから前と後ろでは結構温度差があったように見えました。
Ju-kenさんはお客さんをすごく一生懸命煽っておられました。←そこ?
いや、本当に良いムードメーカーだし、VAMPSを良い子ちゃんにしない野獣な感じが必要不可欠な存在だと改めて思いますね。
フロントがHYDEさんとK.A.Zさんだと整い過ぎちゃうんですよ。
綺麗すぎるのね。
K.A.Zさんもかなりいつもより頑張って動いてるんですがキャラクターとしてJu-kenさんは強いなって思いました。
で、そんな美人なK.A.Zさんはギターをネックでぐるぐる回しておられました。
プレイスタイルも日本で見るより激しいし、本当に挑んでるって感じがびりびりこちらに伝わってきます。

最後のミッドナイトでは最後列まで腕が上がっていました。
演奏の技術とか難しいことはよくわからないけど、反応がストレートとHYDEさんがおっしゃっていたように、「あれ?」って工夫してるってわかるところでは確かに賞賛の声が聞こえるんですよ。
びっくりです。
「驚ける」って事は「知ってる」って事ですもんね。
ちゃんと通常を認知していなければ違いはわからないわけだから。

HYDEさんの声はよく出ていたと思います。
HYDEさんの顔の形が変わっちゃうんじゃないかと思うほど大きく開いた口にいつもいとおしさを感じます。
COSMOSがステキだったなぁ。。。。伸びやかで響き渡る感じ?
これだけ大きく口を開くから出るんだろう声なんですよね。。。

とにかく、VAMPSの門出のようなNYライブ。
大成功だったことに間違いはありません。
出待ちのファンにサインしてあげたりするシーンもあって、SWEET DREAMSのPVも少し流して。。。
ライブシーンのカメラがもう少し凝ってたらもっとステキだったろうなとも思うんですがHYDEさんの美しさで全部まかない切れた感もありました。

ビジュアルばかり言うのも何なんですが、本当にHYDEさんも映像も泣きたくなるくらい感動的に綺麗だったって事が一番のインパクトだったのですいません。


     
e2ネクストでCM流れてます〜。

皆さん、すでにスタンバイOKでしょうか?
 e2フジnextでVAMPSの番組CMながれました。
我が家、旦那がF1の大ファンなんです。
で、たまたま今夜の番組を失敗しないために確認していたらF1番組やってて、その合間にHYDEちゃんが!!!!



 「きゃ〜〜」
ってアメリカのファンにいわれて

「WHO?」
とかフキダシ入れられてますよ。


僕らのHYDEちゃんだい!!

って。。。。すでにドキドキしてるんですけど。。。。((((((´・ω・`;A) )))))・・・・。


 


 

前記事の訂正。

前の記事でぴあの店頭に並ぶって書いたんですが、


 「発売初日は、店頭発売なし」


って素っ気なく書かれていました〜〜。小さな字で。。。。


申し訳ありません。訂正します。


いよいよ重たいPCが頼りになりましたね〜〜。


はぁ。。。

ぴあ先行とカレンダーとハリクリ。

見事な虹です。
台風が行ってしまった直後この近辺で見られたと又従姉妹ちゃんが教えてくれました。
メールにはたった一言
「虹」と。。。。
見たときにはすでになく、写メしてもらいました。

ところでオフ会の記事ですが、1ヶ所訂正しました。
汁なしラーメンを「出前一丁」って書いたんですが「サッポロ一番の塩」だと又従姉妹ちゃんからチェック入りました。
そうだったそうだった。すいません。銘柄間違うなんて。。。

それから皆さん台風被害はありませんか?
結構強度だけはしっかりしてるはずの我が家も揺れました。
次の日お向かいさんの雨戸がうちの駐車場に寝ころんでいました。
本当にすごい雨風だったですね。。。


さてぴあ先行。
ハズレました〜〜〜。←もう当たる気もしなかったけど。
あと何枚残しての一般なんだろう????
って諦めもちょっぴりあったりして。
でも「人造人間×吸血鬼もぴあで当たったんだし〜」って言う又従姉妹ちゃんの前向きさにちょぴり期待なんざしちゃったりして。
ハハハ、、、。どうやらそんな強運の持ち主でもなかったようです。
残すは一般ですね。武者震いします。…o(;-_-;)oドキドキ♪
これは10:00になって一気に重たくなるパソコンでINするより、ぴあに直接行った方が良いのか。。。
この辺はぴあ店舗がことごとく閉鎖してしまったので、コンビニで待機って事なのかなぁ。。
だとしたら何時間前に・・・・?
とりあえず一番前にいなければ取れないですよね。。。ハァ。。。
さて、私はHYDEさんのためにどこまでやれるのか?????
愛を試されてる気分です。(あ、あくまで自分自身に勝負してるって事ですよ〜
と、書いたんですが、発売初日は店頭発売なしって書かれていました。
申し訳ない〜〜。

で、PATi-PATiにカレンダーとミズーリの情報があると聞いて即購入。
つい先日L'Arcのゴシックなカレンダー注文したところですが。。。。
週めくりなら全然使えますよね。。。これ買いです(高いけど。。。)
それからヘルウィンでUSA写真集購入者にはポストカードのおまけが付くって。
これL'Arcのカレンダーより前に通販で注文済みですよ〜〜。シクシク。。。
。。。。ってことで、どうやら品川まだ諦めていないみたい。
いや、最後まで希望を捨てずに頑張ります。(何せホテルだけ当たるつもりで予約してあったりしますから
もしそれでもだめだったら。。。音漏れしませんか?します???(それによって行動が違ってくると言う。。。)
いや、人間どこで見切りをつけるかですよね。
冗談みたいな値段で某所にあがってるのを見るとめちゃめちゃ腹立たしい。
それなら普通に行ったつもりになってL'Arc貯金に回そうと思ったりもして。←私にしてはかなり葛藤している様子。

あ。。本誌感想についてはまだ読んでいないので後ほど。。。。。。

それから、ハリクリですよ。
もう、私の右手がね。。「ぽち」って。
シアキスの綺麗な支配人に会えるんだと思ったら「ぽち」って。。。。
仕方ない。惚れた弱みだ。


      

空気を読む人。なJACK本
前のレポ記事(と言うか、感想文)にたくさんのアクセス、拍手、コメントありがとうございました。
拍手や、拍手コメなどブログ開設以来のすごい数字で、しかもコメントはどれも熱意を感じられる嬉しいもので、HYDEさんのこと(まぁ、主にHYDEさん大好きしか書いていない様な日記なので)をこんなに興味を持ってのぞきに来てくださる方がたくさん見えるんだって本当に嬉しかったです。
ありがとうございました。

オフ会はほんのちょっと素の二人を垣間見る事の出来る宝物のような時間だと思っています。
なので、アーティストの彼らにしか興味のない方には価値が薄いのかも知れません。
私も前のHYDEソロまでHYDEさんのソロとか、L'Arcメンバーの音楽雑誌の記事とかでさえほとんど興味がなかったんです。
ましてや、彼らが何をどう思っているかとか、曲や詩に対する思い入れとかも知ろうとすることもありませんでした。(懺悔です)
今になってなんてもったいない日々を過ごしていたんだろうってちょっと奥歯を噛みしめちゃっていますが。リアルに知りたかったなって。。。。
この台風で大阪はどうなるんだろう?と心配していたとき「下弦の月」の試写会をすぐオーバーラップできたブログさんを読むと、その映像はつい1年前DVDで見て知ったっていうまるでにわかファンのような自分がいまこうして堂々とHYDEファンを名乗って記事を書いてる事がちょっと恥ずかしい。。。
ファン歴だけはかなり長いはずなのにね。。。

今日は大丈夫ですね。きっと。
今日行かれる関西地区の友達が何人かおられるので、今のこちらの状況を思うと安心しています。

さて、JACK本買ってきました。
厚みの割に高いお値段にビビりつつ、私があんなに感銘をうけたお祭りだもん。(冬にも行こう!って思ったくらい)買おう!
ってことで。

いや、すごいですね。
あの長丁場を2ページや4ページ写真付きで語ったらこれくらいしかないよね、ってかんじの音楽雑誌ばかりだったし、書いてることもどうしても重複してしまう無駄な文字がないってのは素晴らしいです。
それぞれのレポとインタビュー(楽屋ネタ)など、それでも書ききれなかっただろう中からの抜粋でも充実していると思いました。
あ。。値段が値段なんだからっていわれると身も蓋もないけれど。。。

いろいろな若手のバンドのインタビューで語られる音楽への思い入れやら、中堅どころの先輩後輩ネタやら、ゲスト出演されてるバンドの事やら。

でも、私はL'Arcファンですから。。。どうしてもメンバーの記事に目も関心も向いてしまいます。
まぁ、てっちゃんの「アウェーですから」発言には音楽の種類がちょっとロックとは違うところにあるって事を言いたいんだろうなって思うけど、私当日てっちゃんの曲結構楽しかったのになって全力で否定したくなりましたけどね。
「全然ホームだから!!!!」って。

そしてHYDEさんなんですよ。。。
これに呼んでもらえたのは本当に嬉しかったんだろうなって感じました。
あのね。。。。
私がJACKで落ち込んだポールさんの言葉があるんです。(日記にもちょこっと書きましたけど)
この事務所は売れたからって天狗になるヤツはいない。先輩後輩みんなでリスペクトしあってロックを愛して盛り上げていこう。
俺たちはいつも勝負してる。これは真剣勝負だから喧嘩を売る。
あ、、ちょっと違うかもしれませんが熱い思いを語っておられたんです。
で、喧嘩を売る筆頭が「HYDE」だったんですね。
これだけならどうって思わなかった。最初に言ってもらえて嬉しいくらいで。
ただその後に出てきたボーカリストの名前が、みんなゲストのバンドのボーカリストだった。
あ。。。HYDEさんはゲスト扱いで語られてるのか。。。って。。。
VAMPSで出たんだもん。当然って言えば当然。
でも、どこか、身内のつもりでいた私。
てっちゃんが自分をアウェーだと思うのはどうしてだろう?と思うけど、HYDEさんは、HYDEさん自身はきっとホームだと思っているって。。。
でも、彼自身はちゃんと自分はゲストなんだって理解していたんだろうね。。。

だからあのセットリストなのか。。。
あげてあげて会場を牛耳る支配者のようなステージだったんです。
最前列から遙か最後列まで暴風に嬲られる稲穂のように波打ってた会場。
今思い出しても圧巻のステージで、「これがVAMPSのライブなんだ」て奇襲をかけてるみたいだった。
これはものすごい感動だったんです。

で、今回このJACK本のHYDEさんのインタビューを読んで、ちょっと切なかったのは
「L'Arcの客を持って行こうと思われるのがまずいやだった。」
ってところです。
あちこちで言われたこのソロに対する評価。
HYDEさんの耳にはちゃんと届いているんだね。。。
彼が「裸の王様」ではないことにすごい安堵を感じました。
同時に「今」もうそんなことを言うオーディエンスは相当知らない人だと言い切れるし、「VAMPS」を認知させる(まさしく暴力的に)怒濤の攻撃的なライブを繰り返す彼らに拍手と賞賛を送りたいと思ったわけです。
垣根はHYDEさん自身が取り払って今回のJACKもゲストの立場でいたんだなって改めて思いました。
「呼んでくれてうれしい。」
「感謝しています。」
「今日はキッズになってる」
あのときのMCの一つ一つにそんな想いが見え隠れ。。。。
いまさらぎゅっと心を捕まれた次第です。


   

拍手コメお返事。

ぴぃさん:
パソ不調の中コメントありがとうございます〜。
ネタバレ良かったのかなぁ。。。
てか。。ありがとうございます。
そんな風に言ってもらえると嬉しくて木登りしちゃいます〜〜。

去年の参加者さん:
コメントありがとうございます。
ああ。。。そうだったんですね、あの爆笑北の国からの映像にはそんな内情が。。。
今回名古屋には何だか柔らかくて暖かい雰囲気に溢れていて握手も押されるようなことはなかったです。いや、押されなくても何も言えませんでしたが。。。
来年もやるっておっしゃってました。彼は出来もしないことを言わない人だと思いますから、是非来年こそは!!。

無記名さん:
コメントありがとうございます。
今回は残念だったんですね。
私の記事でそんな風に感じていただけたなんて光栄です。
HYDEさんを大好きなだけで書いてる日記なのでコメントはいつもすごく励みになります。
よろしかったらまたいらしてくださいね。気軽にコメントいただけたら嬉しいです。

みぃさん:
コメントありがとうございます。
もう、メモ帳がぐちゃぐちゃで何かいてるんだかさっぱり理解できなくて、自分が書いたはずなのに、誰かに侵略されたとしか思えない(泣)ありさまでした。
なので違ってる部分もあるかと思うんですが、楽しんでもらえて嬉しいです。
14日なんですね!もう震え上がること間違い無しです。
楽しんできてくださいね。感想聞かせて欲しいです〜〜。

無記名さん:
いえいえ、こちらこそありがとうございます。
一言いただけるだけで喜びを感じますから。


ZEPP NAGOYAの可愛い酔っぱらい。最終回(ネタバレ)
長いことお付き合い下さいましてありがとうございます。
とにかく自分のメモの字があまりにも汚くてちょっと理解できない部分もあるので、違っていたらすいません。
これで終わりですから長いです。お時間のあるときに読んでいただけたら嬉しいです。

では行きます!!。
クイズ2回目。
ファーストアルバムの発売日は:6月10日(これはフラゲ日が誕生日でVAMPADDICT発足日だったから覚えていました)
このツアーで食べた最もおいしいラーメンは:アメリカで食べた汁なしラーメン。

ここでアーリーが作る汁なしラーメンのレシピの説明をするHYDEさん。(さっぽろ一番塩大活躍だったらしい。)
夜中にいきなり食べたくなって、アーリーさんの寝込みを襲って「ラーメン食べたい」と要求したそうな。
その時のアーリーさんのびっくりした様子を説明するHYDEさんが身振り手振りで。。何度も言いますが。。。カワイイです。それしか言うことないのか?ッてくらいで。。。すいません。
時々K.A.Zさんに「ね?おいしかったよね?」って同意を求めたりして。。。わ〜〜ん。。。身もだえしそうです(キモイかもしれんが。。)。隣のお嬢さんも「カワイイ」を連発。
アーリーさんは嫌がりもせず作ってくれたそうですよ。(優しい。ホロリ)
アリーナツアー終了後HYDEさんがK.A.Zさんに最初にかけたことばは?腹減ってない? ?酔っぱらった?(違うかも。字が読めない)?色々ありがとうのどれ:正解は?すぐにラーメン食べに行ったそうな。
USJでセットリストになかったのに演奏した曲は:SBRR
「あ〜K.A.Zくんギター変えちゃだめ。ってオレがあわてたヤツね。」とヒントを出すHYDEさん。
他にもあったと思うんですが。メモ帳が読めません。

さてそろそろ終わりに差しっかったイベントです。
VAMPSの二人が感想を聞かれて、
K:ありがとうございました。みんなで楽しくできました。ボブにはびっくりしましたけど。(笑)
H:僕はもう酔っぱらってます。(かなり前からわかってるって。)
今の問題はおしっこに行きたいってことで、まだ半分大きな仕事が残ってるので。
おしっこ行かせてください。

て言って、ひょいひょいって感じで袖に下がっていきました。
ずっと我慢していたんだね。多分。感想聞かれてそれが答えですよ〜?
あのね、水のようにワインおかわりして、水も飲んで。。。
そりゃトイレに行きたくもなりますよ。(と大多数のファンは思ったはず)

その後キーボードのセッティングとK.A.Zさんの椅子にギター。。。
アコースティックライブあるんだ!!!。スイドリやってくれるんだ!!
もう、凄いテンション上がりました。

で、VAMPSの二人が戻ってきて、JINさんが紹介されてJINさん登場。
本当にオフな感じの気の良いあんちゃんです。

前奏が始まり、「あれ?スイドリじゃない!」ってわかってドキドキしました。
「ここまで来たから心配しないで」ってHYDEさんが歌い出すまで気付かなかった私。
一気に捕まれた感じがしました。
アコースティックでこの曲が聴けるなんて!!!!。
あのね、あのね!!言わせて!!。
私が感じてるPVのイメージがそのまんまなんです!!!。
オリジナルの「EVANESCENT」の持つ激しさは声だけに集約されています。
K.A.Zさんのギターが前面に出ない、声だけの威力。
信じられないけど、他の音がシンプルになるって事が声と歌唱の個性をここまで引き立たせるんだ。。。
むき出しの慟哭とか悲しみを見せつけられたような衝撃を感じたんです。
そうだよね。。。「EVANESCENT」は本来詩の内容を考えてもこんな風に訴えるものだったんだよね。。。
あのPVの悲しみを抑えた冷静な感じは何年も過ぎているから得られたものなんだね。
で、心はまだとらわれている「君」の事を思って血を流しているような。。。
とにかくトークの時の可愛い感じはありません。
切なさを表情に表して、大事な仕事をしている男なHYDEさんがそこにいました。

これで終わりかと思っていました。実は。
でもHYDEさんが話し始めます。
「いきなり始まるからびっくりした、何か言ってからだと思うじゃない?」
って、いや、あなたがトイレに行ってる間にJINさんの紹介は終わっていたんですけどね。。
で、HYDEさんがJINさんのことを語ります。
凄く静かな語り口。
トイレでおしっこして酔いも覚めたのかってくらい落ち着いた話し方です。
長いつきあい。
作曲するときはいつもずっと一緒。
黙ってつきあってくれる。
1曲作るのもものすごく沢山のパターンがあってJINさんには「こっちの方が良いのに、なんでこっちを選んじゃうんだよ」ってのも沢山あったと思うけど、黙ってHYDEさんの納得いくまで静かに一緒にいてくれる。

この辺「EVANESCENT」の衝撃でメモを取っていませんでしたからちょっと違うかもしれませんが、こんな感じの内容で話していました。
きっとこういった機会がなかったら改めて気持ちを伝えたりできないんだろうなっておもうと、不器用な感謝でJINちゃんは嬉しかったんじゃないかと思います。
JINちゃんがどんな表情をしているのか知りたかったけど、暗くて横向きでわかりませんでした。
あれだけHYDEさんに心酔してくれているJINさん。照れるより泣いちゃうんじゃないかと思いました。良かったね。
あ、HYDEさんそう言えば飲みかけのワインを「飲む?」ってJINちゃんにグラスかざして断られてました。

で、次にSWEET DREAMSです。
JINちゃんをかり出したからにはやらないはずないですよね。考えてみれば。
SWEET DREAMSについては今さらなので、特筆することはないんですが、やはりそぎ落とした根幹の、ただ柔らかいばかりじゃない力強さに感動した次第です。。

さてこれでステージでの催しは終わりです。
H:次の機会があったらまた会いましょう。
また来年。あ、あさってか。(だったかな? それ大阪じゃん)
てな感じの言葉を残して皆さん退場されました。
ありがとうって。

で、今回もありました。占いの館。
帰りが規制退場になって電車に間に合わなくなるかもしれないファンのために開始時間を早めたんじゃないかとか、地域をきちんと考慮してオフ会の会場を振り分けたんだなって事を感じさせる内容の気遣いの言葉がHYDEさんの口からちょくちょくこぼれます。
そのたびにこんなにアーティストに大切にされてるファンは他にいないって思いました。
何だかね、そう言うことに気付いて改良する人だって事が凄く嬉しいの。

変な話、Sな人ほど神経が細やかだそうです。
相手が自分のアクションでどういうリアクションを取るのか、感情の動きはどうなるのか、ちゃんと想像して発信するからって事らしい。
それによって相手の喜びをみて、自分も喜ぶってね。
それができないSは本物のSじゃないって、どこの小説で読んだんだっけ??
(私てばなんちゅうあからさまにいかがわしい本を・・・・)

退場は二階の一番後ろの席から下の階は二階が終了してから前の列から順番に。
プロジェクターにスイドリ以外のPVを流して貰って観賞しながら順番を待ちます。
順番が来て一列に並んで順番を待つ間、占いの館のカーテンが一人ずつ入る度に捲れてK.A.Zさんが見えます。
もうそのたびにテンションの上がる待機ファン。
「何言おう」
「何言えばいい?」
って会話があちこちから。
今回一人一人結構会話をされているようです。あ、一言二言ですよ。
私はもう何をしていいのかさえすっ飛ぶほど緊張していました。
HYDEさんだけじゃない。K.A.Zさんもいるって事で。
いよいよ順番です。。。
カーテン開けてすぐのところに端正な美貌のK.A.Zさんがいました。
もう手が伸びています。
その手に合わせるように「ありがとう」っていって手を握ると、「ありがとうございます」って。
K.A.Zさんの声をきちんと聞いた気がしました。
お酒が入っているのか目の縁が赤くて、鼻梁が繊細な作りなので、驚くほど綺麗な印象を受けました。
正直雑誌や動画で見るサングラスはK.A.Zさんの月光のような密やかな美貌をしっかり隠す役目があるんだなって思いました。

そして、いよいよHYDEさんなんです。
実は去年より数倍緊張していました。
あんな慟哭を聴かされてほわっとしたHYDEさんを想像できなかったからです。
「ずっとずっと好きでした。10年前からファンだったんです。」
私の前の子が熱っぽく語っていました。
「ありがとう。よろしくね」
優しく答える柔らかなHYDEさんの声がK.A.Zさんと握手する私の耳にも飛び込んで来ました。
そしたらね。。。。
真っ白になっちゃってね。。。。
私、何にも思い浮かばなかったんです。
今、こうしてあのときの状況とか書いていると、泣けてきます。。。
何だろう。
キャッチボールすらできない自分が情けないのかな。。。
違うな。。。。
「ありがとうございました。」(しか言葉がでなかった。去年と一緒だわ。)
って言った私の「目」をちゃんと見つめてくれたHYDEさんの「目」をまるでその一瞬を切り取った写真のように思い出すことができるからだね。。。

私ときちんと視線をあわせて「ありがとうございます」って言ってくれた。
わたしが手を離すまで、ちゃんとわたしを見ていてくれた。

さっきまで酔っぱらって訳わかんない子供じみた事言ってはしゃいでた彼。
同一人物とは思えない力強いバラードを情感たっぷりに歌い上げたプロフェッショナルな彼。
JINちゃんに心から感謝してるんだなってわかるMCの物静かな彼。
それからファン一人一人思いやるような慈愛の眼差しを向ける彼。
どれ一つとっても愛される人なんだって思わせてくれた。

それがどんなに嬉しいことか、誰かわかってくれないかな。。。
ずっとファンで居続けたいって思ってるアーティストが、それに値する人物だったって事。
それをしっかり確認できることほど嬉しいことはありません。

だから嬉しくて泣けるんだね。。。
当日はこれっぽっちも涙も出なかったのに。。。
はい。あまりにバラードが強いパワーを持っていて聴き惚れちゃって感動してると感じるゆとりがありませんでした。

冷静になって思い出して号泣する乙女なおばさんなんです。

とにかく、ハロウィンと比較したらどちらが良かったかってここまでハロウィンが取れないと思ってしまったんですが、オフ会、本当に行けて良かったです。
少なくとも占いの館の数秒間。
彼らは私だけのものでした。
私だけに言ってくれた「ありがとうございます」があるんです。


写真を貰って外に出て、さきりんさんが「名前を呼んで貰った」って感激していて、もえさんも興奮しておられて、それぞれお子さんが待つご自宅へ。
私は又従姉妹ちゃん母娘(娘さんもファンで一緒に参加。羨ましい。)と大学帰りのウチの次女と4人でご飯食べて帰りました。

こうしてオフ会のあわただしくも感激の半日が終わりました。
どうしたものか、今の方が感動の余韻で幸せを感じるんです。

本当に長いレポというか感想文。
最後まで読んでくださってありがとうございました。


    


拍手コメお返事

keiさん:
コメントありがとうござます。
行ってきました。何て言うか、、、素敵だったんです。
ちょっとでも伝わっていたらいいな。。。

きいべさん:
いらっしゃいませ。初コメありがとうございます。
満足のいくレポにちゃんとなってれば良いんですが、どうも気持ちが先走るので読みにくかったらすません。
また気軽に訪問コメントいただけたら嬉しいです。


kazueさん:
レポと言えるシロモノになっているでしょうか???
心配です。ドキドキ。。。。

こうやんさん:
かんっぺきな感想文です〜〜。
気持ち入りすぎてキモイとか思われませんように。。。。
ZEPP NAGOYAの可愛い酔っぱらい。その2(ネタバレ)
続き行きます〜〜。
あ、無駄に長いです。ペコ。

M:最近見た夢を教えてください。それを元に夢判断します。
H:最近は夢を見ても思い出せないんで、1年くらい前の夢なんですけどね。

HYDEさんの夢の内容は
ようじやのあぶらとり紙の様な顔をしたテロリストなロボットに襲われて町が破壊されるって言うもの。
マシンガンのような武器でめちゃくちゃにされ
「こないで〜〜。こないで〜〜〜。」(かわいかったよぅ)
って必死になって駅まで逃げていって結局殺されなかったけどすごく怖かったってはなし。

夢判断は、
銃で狙われるのが性的能力の不安。(ここ、すっごい不服そうで、何度もクレームつけていましたよヽ(.:≧ω≦:.)ノププププッ)
町が破壊されるのは何かを始めようとするタイミング。(1年前だからVAMPS結成の時だって喜んでました)
あ、仕事で騙されないようにっていったのはどこの部分だっけ。。。(思い出せない)
駅の夢は人生の転換期、ギタリストに転職するなら今。
「今って言われても1年前だからねー」(いや、充分ギタリストじゃないですか)

HYDEさん、こういう占いってちっとも信じてないけどあたるものだねぇ。っていってました。
その間も「暑い」ってカーデガン(にしか見えない)の襟元あおったりエアコンの温度下げろって袖にいるスタッフに何度もアピール。
その上ワイングラスかざしておかわりを要求。←なんてフリーダムなの〜〜〜?
そりゃあなたはそこまで飲んでライトも当たってるから暑いのかもしれないけど、スタッフはみんなTシャツですから〜〜〜。
でもね、おかしいんだけど、HYDEさんが何かを要求してるときの「否定させない」顔つきがやんちゃな感じがして可愛かったんだよ〜。
あ、もう、近いからある程度の表情が掴めてね、本当に表情がころころ変わるから可愛いのなんの。(ってのは抵抗できないくらい可愛いってことです。( ・∇・)ノ ハイッ)

K.A.Zさんの夢。
竹で組んだ牢屋に入ってて槍を持った侍がみんなで突き刺してくる。
必死で逃げて外に出るとたくさんの人が殺されてて、自分も脇腹を刺されて痛かった。
(ああ。。。後のこと書いてないや。。。すいません。)

夢判断。
人が殺される夢は幸運の夢。
自分が刺されて、血が流れていたらなおラッキー。
牢屋に入れられているのが「束縛」されているって事。(ここさ、多分会場の誰もが「HYDEさんに??ねぇ、HYDEさんに束縛されてんの????ってつっこんだことでしょう)
K.A.Zさん、最初は自分の血は流れてなかったって言ったんですが、MCに「残念。流れていた方が幸運で。。」と言われかかって即座に「流れていたと思います」と修正。会場の笑いを誘っていました。

その後はファン全員で占い。あらかじめ去年もあった4番までの番号の紙で回答。
「結婚式で乾杯の音頭を取った後、あなたのグラスには赤ワインはどのくらい残っていますか?」
?ほとんど残っている。
?半分くらい残っている。
?ほとんど残っていない。
?飲み干してからっぽ。

K.A.Zさんは?(ちなみに私も?です)
HYDEさんは?「VAMPSなんだから2に決まってるじゃないですか」とかわけわかんない事言いながらまたワインをおかわりしてるあたり、もう完全に酔っぱらいなんじゃないかと。。。。

判断内容は恋愛のスピード。
残ってる量でどういう恋愛をするか判断ってもので、残量が少ないほどイケイケな感じな恋愛をしてると言うことらしい。

MCが「ほとんど残ってるって人は慎重で。。」と言いかかったとき、HYDEさん、割り込む。
「何?シンチョウって何?これ?」
って自分の頭の上に手をかざす。(身長?ってわかってるくせに)
HYDEさんの「慎重」に対するこだわりは告白するイケイケなスピードって事じゃなくて、心が熱くなるスピードのことなんだろうなって想像付いたんですが、MCさんはあくまで告白するスピードのように判断なさっていましたね。

で、なんで?傷つくのが怖いの?ってしつこくK.A.Zさんに聞いています。
「何で?」って。。。5つやそこらの子のようで。。。ちょっと。。。ウザ・・アワワ。。。
K.A.Zさん相当返答に困ったか、「恋愛はケースバイケースです」と打ち切りました。えーん、。。

次はお絵かきバトル。
アンケート用紙からHYDEさんとK.A.Zさんが引いたファン二人が呼ばれてステージに。
お絵かきで会場のファンがVAMPSの二人に勝ったと判断されれば選んだパネルにサインをしてプレゼントされるってもの。
「棄権してもいいのよ?棄権する?」
って選ばれる度1人1人に聞くドSなHYDEさんでした。
タイトルは「スポンジボブ」
聞いたとたん「なにそれ??」なHYDEさん。
他にもぐちゃぐちゃ言ってたりステージあがったばかりの時「洋服どこで買ったの?」とか、緊張してがちがちになってるファンにフレンドリーに話しかけています。
それぞれスポンジボブを書いてるんですが、MCが4人をのぞき込んではHYDEさんのところで何度も大爆笑!。
最後の方、K.A.Zさんも笑い転げています。

さてオープンしてみると、選ばれた2人は上手で会場からも納得の声、「知ってる」と言うことで特徴をよく掴んでいます。
K.A.Zさんのは
「なにこれ。「和」じゃん。これはスポンジボブじゃないよ。スポンジ太郎だよ。こんにゃく太郎でもいいや。」
とこき下ろすHYDEさん。
もう、想像付きますよね。
HYDEさんの描いた「スポンジボブ」はぷっすまのボビーオロゴンのような外国人の頭がスポンジになってたってヤツでした。
歓声に近い大爆笑。
K.A.Zさんがのたうち回って笑っています。スケッチブックで顔を隠してるんですが、「おなか痛い」って言いながら何度も見てはぶり返したように笑います。(初めてK.A.Zさんが可愛く見えた瞬間ですヽ(.:≧ω≦:.)ノププププッ)
もちろんファン二人はパネルをゲット。

次は「愛知県」
やはり選ばれた二人もきょとんとしています。
愛知県って結構特徴あるんですが、2つの半島しか思いつかないのは仕方ないのね。。。
選ばれた2人はそれぞれ似た感じに描いていたんですが、お一人の絵を「それ歯だよ」とここでもHYDEさんいじり倒します。「デンタルマーク」とか「ティース」とか。アヒャヒャヘ(゚∀゚*)ノヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ
K.A.Zさんは海に浮かぶ島のような愛知県を描いて、ZEPPの位置を矢印で書いていました。
「場所違うし」ってまたしてもHYDEさんにつっこまれ。

で、そこまで言うHYDEさんの「愛知県」は。。。
実はお題を出されて{?}な顔になってたときこのくらいは描きそうだと思ってたのが、、、。
そうです。「愛知犬」。
ソフトバンクのお父さんの様なわんこと、その後に名古屋城。「シャチホコ乗ってます。」
それからわんこにはえさ箱があって中身は「ひつまぶし」だって。
そのワンコの絵がね、、、、。可愛いんです〜〜〜〜〜。
もう信じらんない。この人ってやることなすことカワイイ。
「みんな何足りないかって、名古屋と言ったらひつまぶしとしゃちほこでしょ?」
と持論を展開するHYDEさん。

結局愛知県は普通に描いたファンが1人一番指示されて、「デンタル」ってHYDEさんにいじられたファンがビリ。
負けたらパネルはもらえないってルールだったんだけど、
「あげようよ」
ってHYDEさんがスタッフに小声で言って、「優しい〜」ってあちこちでささやかれました。マイクが音を大きく拾ってなかったんで、聞き取っていないファンも多かったんじゃないかと。。。
結局負けてもパネルはもらえて「よかったね〜〜」ってみんなで拍手しました。
ああ。。よっぱでも優しいんだな。。。嬉しいや。
「癒しのオーラがあるでしょ?」
と自分の描いたワンコを褒めてるHYDEさん、いや、癒しのオーラならあなた負けていませんよ。.。゚+.(´▽`)。+.゚+・゜ポワァァァン

ここからはクイズタイム。
長いですよ?良いですか???では。
番号の紙を持ち最初は立ってクイズに答え、間違ったら座るという去年もやったサバイバルう4択、もしくは3択。
自分が立ってたときのクイズはメモしてないので覚えている限りのことを。

バンパディクトの発足日は。:忘れもしません。私の誕生日でしたから6月9日
ミズーリライブでセトリにないのに急遽やった曲は:ミッドナイトセレブレーション
K.A.Zがこのヴァンパディクト直前まで行ってた海外は:香港。
Ju-kenが一番楽しかった思い出は:海外ライブ。
JINが一番難しい曲は:(答え忘れた。)スイドリだっけ?
今まで出した曲のタイトルのアルファベットを全部足すと何文字か:49。
HYDEのバイクのエンジンは:(これも答え忘れた〜。メモもない)
この最後の質問で正解者は1人になりました。
ステージに呼んでもらってパネルにサインしてもらって一問目はおしまい。

ところでこの中でK.A.Zさんが海外に行ってたこと、HYDEさんも前日知ったそうで、「俺だって昨日聞いたんだよ〜〜。知らなかったんだよ〜?」って結構ショックを受けてらしたと思います。


すいません。
まだまだ続きます。
ここでいったん終わります〜〜。
次で最後ですからもう少しお付き合い下さいね〜〜。


 
ZEPP NAGOYAの可愛い酔っぱらい。その1(ネタバレ)

行ってきましたZEPP NAGOYA
一日しかない名古屋イベントです。
ここを割り振ってくれてありがとう。本当に配慮が身に染みて嬉しい。
名古屋まで1時間強かかるので
「2時半でいいかしら〜?」
って今回一緒に当選した又従姉妹ちゃんに1時過ぎにメールしたら
「何言ってんのよ!4時までに引き替えるんだよ???」
ってなニュアンス(あくまでこの通りに返ってきたわけではありません)の返事。
慌ててVAMPADDICTで確認したらその通り書いてあった。
しらなんだ〜〜。
そら、もう少し早く行かなくちゃ引き替えで手間取ってたら4時なんて簡単に過ぎちゃうよ〜〜。
と相変わらずというか何というかリバーサイドのイベントの遅刻騒ぎも何の学習にもなっていなかったらしいです。トホホ。。
慌てて支度して電車に飛び乗り、何とか3時頃到着。
名古屋駅から又従姉妹ちゃんとてくてく歩いていたら
「せいらさん!!」
とお声が。
「さきりんさ〜〜ん」
ガイシぶりに再会したさきりんさん。
チケット交換終了後もえさんとも再開。
お二人とも変わらずエネルギッシュで愛情溢れていて嬉しかったです。

さてここからはイベントの内容を。
ネタバレですのでこれから行かれる方で回避される方は回れ右で。。。
あ、めちゃめちゃ長いですからお暇なときに読んでいただければ。
では行きます!。

まず、チケットの引き替えです。
今年は手首にバンド(幕張の時のような)とチケット、ダブルです。(不正防止のため)
バンドはその場で係の方が装着してくださいます。
ドリンク代500円は別途必要です。(笑)

中にはいると去年とは少し違ってイスが前後でずらして並べてありました。
前の人の間に後の人が来るようになっていてこういう部分にも配慮を感じましたよ。
あ、私、今年は前から10列目の真ん中左寄りですごく近かったです。
嬉しかった〜〜。
実は去年2階の最後列で双眼鏡がなければ何をしてるのかもわからなかったときがありまして、今年は持参しましたが、必要ありませんでした。
ステージの背景にはチケットのどくろと同じマークがあって、テーブルを挟んでイス2脚がおいてありました。

司会者登場。以下MC
VAMPS登場。 以下HYDEちゃんH,K.A.ZさんK
当たり前だけど大歓声です〜〜。

M:今のお気持ちは?
H:すごい興奮しています。
K:緊張しています。

ここで早速記念撮影。
実はHYDEさんとK.A.Zさんが客席の一列目ど真ん中に座っての撮影です。
めちゃめちゃ近くにいらっしゃいましたよ〜〜。
いや、二人とも綺麗です。何だかあり得ない感じ。
特にK.A.Zさんは最初にオノ・ヨーコに似てると思ったせいで何故だか垢抜けない印象があったのに今じゃ洗練された素敵なお兄さんに見えますよ。
それにしても。。。
HYDEさんって。。。人間ですよね?????←バカ。
今年は2階は2階で別撮り。
やはり2階席のど真ん中に入っての撮影。(うう〜〜去年もそれがあったら良かったのに。。。)
周りの半端ない興奮とスタンディングフロアからもよく見える状況に客席発狂寸前です。

ステージに戻ってきて開口一番。
H:こわっ!。。。こわっ!!!
 普段は演奏してるとステージと客席に壁があって来たくてもこれないんですけど、今は自分の意志で触っちゃ行けないってストップをかけてるんですよね。

ってHYDEさん、結構わかってる人なのでこういう勝手に話す内容も結構嬉しい内容のものが多かったです。
やたら「暑い」を連発。そのくせ白ワインめちゃめちゃ飲んでます(笑)そりゃ暑いって。

事前アンケートの質問。
M:お酒を飲むとHYDEさんはどんな感じになっちゃうんですか?
H:ほどほどですよ。
K:ほどほどじゃないよ。結構陽気になります。口数が増えるよね。
H:ほとんどシモネタです。ま、普段もそうなんですけどね。音楽の話になるとシュンってなっちゃう。
H:K.A.Zはすぐ脱ぐの。すぐパンツ一枚になるの。でも靴下は脱がない。わけわかんないでしょ?
M:本当ですか?
K:そんなわけない。(ちょっとノリツッコミ的でHYDEさんの話をフンフン聞いていながら全否定しましたよ)
会場:爆笑

M:食べ物のこのみ、ジャンルって何かありますか?
H:シーフードのお店によく行きます。
牡蠣が好きで。くまもとっていうんですけど、おいしくてね、たくさん食べちゃう。
アメリカ産ですけど。(笑)
K.A.Zはおいしいよって言うと、「おいしい」っていいます。
K:納豆はだめ。基本においのキツイのはだめです。
H:納豆にご飯がのってるくらいでもOK。

M:ライブでたくさんのお客さんを前にしているとき何を考えているか。
H:お客さんを見ていても何も考えません。
接待をするタイプなので、どうやったら盛り上がるのかは考えています。
K:客席に視線が行くと緊張します。見られてると思うと。。
M:お客さん、これからはなるべくK.A.Zさんを見ないようにしましょう。
K:それはそれでちょっと困るんですけどね。

あとチッタライブの話。
カップルデイは同性愛者だらけで失敗だったか?的なことをHYDEさんがつぶやいていましたよ。確認できないしね〜って。ヽ(.:≧ω≦:.)ノププププッ

さてここから夢占いになるんですが、さすがに長すぎるのでいったん切りますね〜〜。
明日には終わらせたいんですが、メモ書きしてきたメモが、字が汚くて何を書いてるんだか理解不能です。(泣)
思い出しながら書いていますので間違い等あったらすいません。
終始和やかでHYDEさんが去年を思うとすごくリラックスしていて嬉しかったです。

ではいったん失礼します。



柔らかなまなざしの聖母のような人。なMJ。
小鼻についてる跡を勝手にサングラスだと思ってたけど、トークではかけてないのね。。
あら、じゃ、何かしら???
歌った後トークの撮影かしら・・・?
いや、そんなサングラスの跡まで愛おしいってどんだけ?とセルフツッコミいたしましたが。

M.ステを思うとずいぶん安定感がありましたよね。(短かったけど。)
スイドリはすべからく柔らかなHYDEさん。
柔らかくて美人です。
近寄り難い美しさじゃなくて愛情を与えて欲しくて近寄りたくなる博愛な感じの美しさでした。
あの難しいリズムが、メロディラインがこんなにあたたかい。
ああ、本当に愛しているんだね。。。
で、この歌の向こうってだれなんだろう?とか思ってしまう。
この歌詞を書いていたときHYDEさんの脳裏には誰が住んでいたのかな・・・?
まぁ、日本のファンだって事にしておこう。.。゚+.(´▽`)。+.゚+・゜ポワァァァン。


けさ、すごく嬉しいことがありました。
ちょっとこれは忘れられない。
いつも冷静で理路整然で、私ののぼせ上がったブログとは真反対の記事を書かれる姐御さまに素敵な心遣いをしていただきました。
誰かに何かをしてあげたいと思ったとき、その対象に私を選んでくれたってことがとても嬉しかったんです。。
果たして自分が同じ立場だったら、誰かををこんな風に気遣うことができたか疑問だから。
でもきっと彼女はこんな書き方する私を「おおげさな」って笑うんだろうな。。。
笑ってくれてたらいいな。。。


さて、
いよいよあしたZEPP NAGOYAです。
これでハロウィンが手に入らなかったら年末JACK(には行けると思う)まで会えないから、噛みしめてこよう。
去年ANGEL'S TALEをアコースティックでやってくれたけど、もしかして今年はSWEET DREAMSがあったりして。(と勝手に想像する)
そうしたら泣いちゃうな。きっと。
あ、ZEPP全体が泣いちゃうかもね。



          

拍手コメお返事。
無記名さん:
お気遣いありがとうございます。
浴衣HYDEさんじゃなくて残念でしたが、すごく暖かいまなざしの優しげなHYDEさんでとても嬉しかったですよ〜〜。
( ・∇・)ノ ハイッ。あきらめずハロウィンチケットゲットに頑張ります〜〜。

何回試しても結果は同じ。
と言うことで結果発表。
31日だけ念を送って賭けてみた。

1時を待って結果にGO!
はい。
残念でした。
で、何度か同じ事を繰り返してもやはり結果は「お取りできませんでした。」←当たり前。

昔、子どもが一度「ダメ」って言われた要求を何回も言ってくることがあって、(あ、あれ買って〜、これやって〜〜って類ですね。)
「一度ダメだって言われたこと、何度も頼めば良いよって言ってもらえるとでも思ってるの?」
って理屈っぽく叱ったことがありました。

今回。。
ワタクシ。
正しくそれでした。
いや〜〜。
結果が変わるわけないじゃんね〜。往生際悪いったら。。

気持ち切り替えて当日ロッピの前で待機するのか、PCの前でドキドキするのか。
うーん。。。
どっちが良いかしら。。。

なんておろおろしてたらメール着信音が。
HYDEちゃんが「ハイモバの結果が出たよ〜。見ておいでよ〜〜」って明るくお誘いして下さいました。
| ̄ω ̄、| グスン。ありがとう。優しいのね。


           


拍手コメお返事。

みぃ。さん
何につけてもハロウィンに行きたいよ〜。なんですよねー。
HYDEさんは着々と準備を整えてるって事でしょうか。
いや、楽しみですね〜。
って事で行きたいよ〜〜。←しつこい。

オリラジあっちゃんのMステ後。
M.ステのすぐ後こんなトークに出ていたんですね。ぽち→オリラジトーク
6分55秒くらいからHYDEさんのこと話しています。

カラオケ誘われて「勝ったと思った」(←何に??)って言ったとたん
「社交辞令だ」って否定されてカワイソす
いや、あっちゃん。HYDEさんは多分そんなお上手は言わないよ。
楽屋にご挨拶に行ったならメルアド聞いたらきっと教えてくれたと思うんだけど。
いや、もしかしたら事務所にヘルウィンのお誘いが来てるかも??
あ、無責任な空想ですから、本気にしないでね。(これに関してのクレームは受け付けません)
とにかくあこがれのHYDEさんにカラオケ指南受けられるよう願ってます。


ハリクリ発売決定。
もうそんな季節なのね。。。。
風物詩としてハリクリを認知しようと必死なせいらでした。


        
ダウナーHYDEちゃんを想像する。
あ、色々ネタバレしますのでだめな方は回れ右で。。。


いや、SWEET DREAMSから、マンプス13から、VAMPS新聞から、アリーナのグッズからいっぱい届いて、おまけにB=PASSでうお〜〜ってなって実は頭の中ぐちゃぐちゃなので、何についてのネタバレなんだかいまいち整理できていません。ペコ。

SWEET DREAMSについては前に書きましたが、DVDはアコースティックじゃない方が染みてきます。
何だかアコースティックの方の映像はドキドキザワザワムズムズするんだけど、CDの方はストーンって飛び込んでくるの。

いや、USAのDVDは何だか断末魔の回想のようでやたら泣きそうに切ない。

それから、折に触れてHYDEさんが話すぼったくりの話。
10ドルぼったくられて、空港に荷物が1人だけ届かなくて、周りが気にするほど落ちてたHYDEさんを想像すると、現地で助けてあげたいような気分になるわ。

実際は旅慣れて何の心配もいらない人だし、(とりあえずぼったくられそうになってクレーム入れたりはできるわけだし?)パスポートも持ってない(海外未経験)チキンなくせにと笑えても来るけど、悔しがって地団駄踏んでるHYDEさんを想像するとなんとか助けたくなるってのが。。。。
もう、どこまで母親??

彼が10ドルを惜しんでるわけじゃなくて、旅先で人としての卑しさを嘆いてるってわかるから余計かわいそうになってくるの。

そりゃ「おうちにかえりたい」ってなったかもね。
そんなHYDEさんをおもしろがってたK.A.Zさんが大物過ぎて。。くぅ〜〜〜。
いつも「ダウナー」って自分が言われてるわけだから。。
立場が逆転しててアッパーなHYDEさんのそんな様子は興味深かったんだろうなぁ。。。


そうだ。。。そう言えば事件が。。。
10月の異動で私の唯一の理解者だったB'zファンちゃんが転勤することになりました。
えーん唯一の癒しだったのに。。。
職場でHYDEのかわいらしさをわかってくれるいい人だったのに〜〜〜。

私、前にも申しましたとおりSWEET DREAMS2枚持ってますから1枚餞別に差し上げようと思います。
はぁ。。これから何を楽しみに会社に行こうかしら・・・・?

あ、一年生職員(♂)の友人がものすごいHYDEのファンで車乗せてもらうといつでも大音量で聴かされて「ライブに行けば良さがわかる」ってものすごいアピールされてたって言ってた。
もう、彼をファンに引きずり込むしかないか???
とにかく少しでも楽しい職場作りをしなくちゃ。。。

で、話はVAMPSに戻りますが、GIGSを立ち読んできました。
荒刷りの記事が素敵だったなぁ。。JACKの写真入り記事の前にあるの。
これだけベテランであれば当然なのかもしれないけど、正しく認められてる(バンドとしてのパワーを)のが嬉しかった。

それからB=PASSのUSJの記事写真がすごく嬉しかったわ。
いかにHYDEさんがラブリーだったか言葉を尽くしても写真で見るパワーには到底かなわないって事なのか。。。。ちょっと悔しい。
最終ページの武道館の写真もすごい。エネルギッシュで妖艶(何のこっちゃ)。

美しい人って、どこを切り取られても美しいんだな。。。

ってことで。。。

あ。もう一つ。
マンプス2冊購入したんですが、いつもライブをご一緒してる相方さんが注文し忘れたって大騒ぎしてたのでおわけすることになりました。
T-シャツが袖を通されることはないって事ですね。。。


       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。