スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VAMPS CHANCE DELUXE!!と黄色いてっちゃんとピンクのHYDEちゃん
昨日(月曜日)夜中から明け方にかけてめちゃめちゃ暑くなかったですか??
って、まぁ、毎日暑いんですが、我が家目が覚めるくらい暑かったんですよ。

「明日月末なんだからちゃんと寝なくちゃ。」
って事で12時には就寝したはずだったのに。。。。
「あ〜〜〜づ〜〜〜〜い〜〜〜〜」
と目が覚めたのは夜中の2時ですわ。
しっかりエアコンはかかっています。それでも暑かったの〜〜〜。

新しいスクリーンセイバーの蝙蝠HYDEちゃんをふと視界に入れたら何となくマウスをいじってしまったのね。
そうしたらmixiで「VAMPS CHANCE DELUXE!!31日13時までの応募。お忘れなく。」の文字が。。。

いかん!
わたし、まだ5枚揃えてビックチャレンジに応募してないや。
って事で早速応募。
あ〜〜た〜〜れ〜〜〜

で、そんなことしてたらすっかり目が冴えちゃって、気付いたら4時。
いっか〜〜ん。。月末が〜〜〜〜。
でも、いくら頑張って寝ようと思っても寝られない。
はぁ。。。。
5時頃ようやくウトウトしかかり。。。で、6時半に目が覚め。。。

あら、ヤダ。
睡眠時間、正味3時間半で月末を乗り切るの〜〜〜????

って。。。。
なんとか乗り切ってきましたよ。。。


それからB=PASS買って来ました。
ヒヨコちゃんのように(いや、バナナのようにと言った方が良いのか???)黄色いてっちゃんの記事の隣にSADSとの対バン記事のピンクのHYDEちゃんが。。。。
健康的な日向の空気と不健康な夜の淀みが見開きで感じられますよ。

すごいよね。
これだけのカラーの違いが同じバンドにいるんだよ。
うん。
すごいと思うよ。

VAMPSのライブ記事はコニファー2日目。
ANGEL TRIPのキャラクターのHYDEさんが大きく写っています。
カワイイ。
PVより化粧が薄いから自然に受け入れられるわ。
いやぁ。。。。。かわいいっす。←大事なことなので2度言いました。

豪雨もアイテムのように効果的だったんだなってやっぱり思いました。
特別なファンと特別な時間。
「お前ら凄いな・・・・気合いあるヤツが来てる気するもんな。最高やな!」
このMCに集約される。
この日のファンはHYDEさんの誇りになりうる人達だって事です。


さて、今日の私の大チョンボ。
ラジオ聴けませんでした。
配線はちゃんと繋がっています。なのに。。。
今日はFM愛知(19:00〜21:00)でてっちゃんがコメントで出演すると聞き、いつもお世話になってるOちゃんにお礼ができると張り切っていたんですが。。。
聞こえない〜〜〜。
音が出ない〜〜〜。
拾ってもいない〜〜〜。

仕事先から旦那が帰ってきたのが夜8時前。
「何した??まさかラジオいらんとか前いってたケド外しちゃったんじゃないだろうね???」
と、帰ってくる早々私に言いがかり付けられる哀れな旦那。
「何もいじっとらんわ!」
ブーブー言いながら修復に取りかかる。←ことL'Arc関係には薄情だけど、とりあえず私が必死だと案外協力してくれるヒト。

あ〜〜。
あ〜〜。
もう、きっとてっちゃん出ちゃったよ。
うう〜〜。。既に8時半。。。
VAMPSが出たときも始まって30分くらいには出たもんなぁ。。。

はい。
番組終了。。。。。。
ごめんよ〜〜。ごめんよ〜〜〜。。゜(゜´Д`゜)゜。ウァァァン
二つ返事で任せとき!とかいっておきながら。。。。

仕事では大きな失敗はなかったけど、L'Arcで失敗でございました。


それから、HYDEさん今日も大阪で歩いたって聞きました。
で、K.A.Zさん側で雪崩れて。。。
「ごめんな」って何度か謝たって・・・?
状況はよくわからないけれど、ファンが日に日にたくましくなって、今年色んな事がチャレンジできるようになったのが嬉しかっただろうに。

怪我されたファンがいないと良いな。。。(いや、雪崩れなくてもけが人は出ますが、崩れると危険ですもんね。。。)
明日も楽しくライブができて大阪が打ちあがれますように。。。

そう言えば2年前のZEPP NAGOYAで中断したとき、再開する直前HYDEさん、
「こんな事で負けるんじゃね〜ぞ。負けね〜ぞ」
って繰り返したっけ。。。

がんばれ〜〜。大阪〜〜〜。遠く愛知からエールを送ります。




スポンサーサイト
ウォーキングHYDEと手乗りHYDE・・・・?
12月までVAMPSちゃん達とは会えないので、何となくツイッター覗いたりお友達のブログにおじゃましたり。

何があっても「よかったね〜〜〜。」なんて第三者的な視線になっちゃって、自分の盛り上がりが既に落ち着いてきていることを感じる今日この頃。

あ、それは熱が冷めたとかそう言うことではありませんよ。
「良いなぁ〜〜〜。私の手の上でも歩いて貰いたいんだけど!!」
とか言う気持ちにならないって事です。
それよりHYDEちゃんを小動物化して手乗り文鳥のように指に留まらせる図を妄想するとか・・・。ははは。。。。

同じようで違うんだよ。
好きだけど、触りたいとかじゃないの。

ファンの手の上をよたよた歩くHYDEちゃんを「見たい」って言う変質者的な感覚って事なのかしら???
危ない域に来ていますかね????

そしてランウェイを歩くHYDEさん。
二人でイチャついて(注:私が発信ではありませんよ。ツイッターですからね。ノークレームで。)歩いて去っていったとか。
これまた「ヴァージンロードですか?」って?
カッコイイ写真が公式HPで見られますね。

いやぁ。。
これもTVでやらないかしらっていくつかワイドショー朝から張っていましたが流れず。
がっちゃんの水着オンリー企画ライブやってました。
それにしても若いって素晴らしい。
こんな企画やられたらおばちゃん不戦敗ですわ。


週末花火大会を見にやってきた長男と彼女。
11月にはお嫁さんになる彼女ですが。
「L'Arcのライブ行きたいです!!!」
と大乗り気。
息子め。母親の扱い方をレクチャーしたに違いない!!。
彼女のお母さんはGL○Yのファンらしい。
カップヌードルのCMを嘆いたとか。。。。(昔の映像に替え歌とか。。。)
そのお母さん、「L'ArcよりGL○Y派だけど、hydeの美しさに衰えがないのには感心する」と仰ったそう。

気持ちはわかるよ。
視覚聴覚に訴えてくるのがアーティストだもんね。
「顔だけじゃない。」「顔も好き。」なんだよ。

ってことで、月末週。
いやなことが起こりませんように〜〜〜。行ってきます。





拍手コメお返事

こうやんさん:
いやいや、ありがとうございます。
常に冷めている子が時々こうして爆発して気持ちをむき出しにすると愛おしくなるんですよー。

無記名さん:
ありがとうございます。
事故は一瞬のことですもんね。
「今さっきそこにいたけど」
って探しに行ったら道路に横たわってた。そんな一瞬で亡くなってしまったんです。。
飼い主が気を付けなければいけないことだったのに。と今も後悔してるんですよ。
元気に帰ってきてくれて安堵しました。
キャミで飛び出した次女と脳天気な犬&M.ステ。
今朝(ってか金曜日の朝)洗濯物を干してる時に来客。
我が家家業を営んでおりますので、チャイムはやたらやかましく鳴り響きます。
ウチに来た頃は「借りてきた猫」のようにおとなしかった「でんろく」(犬)も、4ヶ月も経つと我が物顔。
M.ダックスの特徴(体の割に吠え声が大きい、勇猛果敢)が現れてきまして、しっかり職務を遂行しています。
要するに来客があると吠える飛びつく立ち向かう。
あまつさえ歯が当たり「噛まれた」と騒がれることも。。。。
正直成犬からの飼育は躾が難しいと言われた割には次女の努力の甲斐あって、「待て」「座れ」「伏せ」くらいはえさの前にできるようになっていますが、いかんせんその程度の学習能力でございます。

ただ、臆病者なので外に飛び出すと言うことはなかったんですが、今朝はやらかしてくれたんです。
物干しにいた私の耳にも「でん!!!!!」って叫ぶ次女の金切り声が飛び込んできました。
「行っちゃいかん!!!。待て!!!」
ただならぬ声に濡れた洗濯物担いだまま店に行くと、キャミソールと短パン(要するに寝間着状態)の次女が店先から外へ飛び出していくのが見えました。
脱走された!!!!。

すぐ前が道路で実は去年なくなったセラヴィのお嫁さんのつもりで飼っていた雌のM.ダックス、何年か前この道路でひかれて亡くなっています。

どうやらそのときの学習ができていないババ様、自動ドアのスイッチを切って入り口の戸を開け放ったままにするんです。
私が「犬が出て行くからあけておかないで。」って何度も言ってもやめません。
常はいぬのほうがリードにつながれていますので飛び出すことはなかったんですが、今朝はまだ時間的に早くてキッチンにいたところ来客の物音で飛び出していった様子。

「でん!でん!!」
次女が道の向こうの駐車スペースまででんろくをおいかけてcocoaや、仕事用トラック、バンの車輪をのぞき込んでいます。
私も一緒になって洗濯物を抱えたままでんろくを呼び続けて、それでも帰って来る気配のなさにちょっとした絶望を覚え始めたとき。。。

隣のアパートの駐車場からでんろくが走って来ました。

しかもちょっと得意そう。
おまけにものすごくご機嫌な足取り。

姿が見えて安心はしたけど、追いかけると逃げる上に、今は車が近づいていないけれどこの道は減速しない車が大多数ででんが飛び出したら避けきれない不安にも駆られ。。。
けれど、次女はすごく冷静にでんを呼び、キョトンとしたワンコは次女の誘導の元無事に家に入りました。

ヘナヘナしました。

担いだままの洗濯物を干していると、でんが裏庭に追い出されていました。
細い通路を走り回ってルンルンです。(裏庭は閉鎖されているので犬が敷地の外に出られないの)

その後涙でぐちゃぐちゃな顔の次女がやってきました。

「死ぬかと思った。。。でんが死んじゃうと思った。。」

号泣状態の次女を不思議がってでんが次女をのぞき込みます。
「ばか!」
次女にはたかれ、ただならぬ状態に尻込みしたでんろくを今度は次女は抱きしめました。

このものすごく家族に潤いを与えてくれる小さな生き物が、この確かなぬくもりの持ち主が、実は案外あっさり死んでしまうことを私達は何度か学んできたはずなんです。

でんはぎゅっとされ、すごく迷惑そうでしたが、それより次女の安心が伝わってきて、常は冷静で(私を)冷めた目で見る次女の暖かい部分を垣間見て、ちょっと朝からほんわかしてしまった私です。
いや、それも、でんろくがちゃんと戻ったから言えること。
あのままいなくなったり、また前の犬のように轢死していたら。。。と思うとぞっとしました。

落ち着いて次女とお互いの姿を見て爆笑しました。
「私ったら、私ったら、こんな格好で表に出ちゃったじゃんよ。でんのばか!」
「ホントだわ。年頃の娘がはしたない」
「う〜〜〜。」
ご近所様が何人か私達の声に驚いて表に出てきたんですよ。実は。。。
こりゃしばらく次女はご近所の噂になるわ。イヤだイヤだ。


さて、今日は(と言っても既に昨日ですね)M.ステで1998年の8月のベストテンやっていました。
新聞にもしっかり「ラルク」と書かれていましたから、録画に生放送観賞いたしましたよ。

遠慮を知らない文字通りお子ちゃまのコメントが実に鋭くて、案外傷ついちゃうファンもいたりして???
ただ、ラルクが出たとき「カッコイイ」は連発されていたのに、誰一人「ビジュアル系」と言わなかったのに感心してしまった〜〜。
メイクしてるかしていないかで決めてるのかなぁ???
「綺麗=ビジュアル系」って決めつけて喋るこの当時の業界の人より余程確かな目を持ってるんじゃないの???なんてね。

いやぁ。。。
小僧小僧してて(どんなん??)目が綺麗で。。。
よく見る映像だけど、何度見ても吸い込まれてしまう。


なににせよ、でんが無事で良かった。。。
もしもの事になっていたらM.ステどころじゃなかったかも。。。
あんなに苦労してジジババと戦って守った犬のはずなんだもんね。。。
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル




今日から大阪。とVAMPSトラック。
今日から大阪ですね〜〜。
関西地区にはたくさんのお友達がおられるので、何だか自分が行くようなテンションになります。

いやぁ、着々とスケジュールがこなされている感じがして、否が応でもVAMPSの終焉を肌で感じてしまうって言うちょっとした寂寥感が胸に迫ってきますよ。

特にL'Arcの元旦ライブ情報を知った今となってはね。

この感じ。

まだL'ArcがL'7の真っ最中にVAMPS情報(そのときはまだ名前決まってなかったけど)公開されて、とんでもない喪失感に襲われた感じと似てる。

真逆の立場なのに、こんな風に胸に来るとは思わなかったなぁ。。。
あら、私、寂しいと思ってるのね。。。って自分に問いかける。

近いHYDEと遠いhyde。
どちらも大好きだけど、「手の届くところに降りてきてくれるHYDE」さんにはL'Arcでの只見上げるだけの「高いhyde」さんにはない優しさややんちゃな可愛らしさに馴染みやすさを感じたことも事実です。

L'Arcのメンバーと一緒にいないことに違和感を覚え、ユニットスタイルになって(どこまでK.A.Zさんに捧げてるんだってね。)他のラルメンにちょっと同情を覚えたり。。。。
まぁ、色々モヤモヤしたわけですが、結局は信者のような「ハイドファン」であることに違いはなかったようです。

こんなに「美しい」と言うより(あ、美しいんですけど)「チャーミングな人」なんだと改めて知ることができたのはこの「近さ」があってこそ。
折に触れ自分の言葉でぶれない気持ちを語ってくれる優しさも、今まで知らない彼の「部分」だったなって思う。

私の「近いHYDEさん」はもう終わってしまったので、後はこれからZEPPに行かれるヲタ友さん達が悔いを残さないライブ参戦をしてくれることだけが望みです。


さて、そんなワタクシ、今日マオさんのブログを久しぶりに覗きましたら、VAMPSトラックの写真が載っていましたよ。
「このトラックかっけぇ〜」
って書かれていました。
うんうん。
「かっけぇ〜〜」んです。
私もそう言えばZEPP NAGOYAで写真撮ったなって思い出して携帯探ったりして。

モノクロでカッコイイ二人に改めて「ありがとう」なんて思った。
何のかんのあったけどZEPPの私は(今年に限らず)幸せだったな〜〜〜。って。


  



NGならコッソリ教えてくださいませ。
下記つぶやきは記事にして良いもの?
だめなもの??

☆猫みたいだったらしい。
☆その後は天使か悪魔みたいだったらしい。
☆あたしメロメロらしい。。
☆自分が女だったらhydeさんにメチャクチャに振り回されたいと心底思ったらしい。

HYDEちゃん、一体何してきたんだろう???
JACKの打ち上げの様子が妄想でいっぱいに。。。

酔っぱらって絡んだのかなぁ????
んで、このお兄さんは(名前出して良いものかどうかもわからない)振り回されたくなっちゃったわけでしょ???

ちゃんとどなたか手綱を引いたんでしょうか。←小悪魔か猛獣か。

昔のラジオで絡み酒で酔っぱらうと始末に負えないからみんな周りからいなくなるって言ってましたケド〜〜。
「ハッピーなバイオレンス」だってニコ生では言い切ってましたよね。確か。

いや。
心配なような、ニヤニヤしちゃうような。。。

猫で、天使で、悪魔で、人を振り回すのか。。。ぷぷ。
ドキドキ"o(〃・ω・〃)o"ワクワク

振り回されてる人を近くで見ていたい気分になったツイッター記事でした。




拍手コメお返事

巧さん:
いつも励ましをありがとうござます。
なんて言うのか仕事ネタって、結局は自分のポジションとか上司の無理解とか、ニュアンスでしか語れないモヤモヤがつきまとうので、書いてるとどんどん下らない話になっちゃうんですよね。。。
あまりに自分が「頭の悪い子」を絵に描いたよな愚痴になっちゃったので、自分のために消したんです。ただ、ちょっと今そんなこんなで落ちてるからおかしな事書いて読んで気分悪くなったらごめんね〜。って言う予防線を張らせていただいたって言うか。。。
なので、そんな優しい言葉をかけてくださると甘えたくなっちゃうわ〜〜。ありがとうございました。
来年ラルクイヤー。
頑張ってついて行けるだけ参戦したいです。
巧さんにもお会いできるかもしれませんね〜〜。ワクワク。

Mさん:
コメントありがとうございます。
店長さん上手でしたよね!!!。
ちょっとこれは良いもの聞かせて貰ったってテンション上がりました。
本当にステージ降りちゃうお嬢さんの気持ちも痛いほどわかりましたよね。
あまりある情報とJACKの余韻。あ。行っていませんけど。
いや、元々そう言う趣旨の配信って事だったのなら全然何とも思わないのよ。
ちょっとだけでも見られてラッキー。
みんなカラオケ楽しそうで良いわね〜〜。
ってね。。。

でも、なんて言うか、
カラオケ大会の国際配信って事だったの???
って位すごいバランスの映像でしたね。
JACKの映像だとばかり思っていたのでちょっとびっくり。
動画のカキコミで「チケットの半額出すからメインステージ写して〜〜」って書いてる人がいてちょっと笑えた。
(大人の事情でそうはいかないバンドも多数出演されていたようなので、致し方ないことのようでしたが。)

でも、そんなカキコミが溢れる中、面白い出来事もあったりして。
セブヘブ唄ってる途中で(多分ラルクの誰かだと思う)どなたかが通りかかり、お客さんがそちらに流れていったとき「私も行きたいよ〜」ってカラオケ参加者が叫んだら店長さんが気持ちよく行かせてくれたって言うね。
「行って良いですよ〜〜。」って。
で、その後店長さん、そのこの代わりにセブヘブを唄いきりました。←これがまたウマイ!

それから前半SID祭り。後半ムック祭り。時々L’Arcみたいな。
ムックのファンはノリ上手のせ上手。
その代わり歌がムックじゃなくなると潮が引くようにいなくなっちゃう〜〜〜。
いやぁ、すっごい体力使ってらして、それなのに楽しそうでしたねー。

ムックがトリだったんですが、VAMPSの雰囲気をがらりと塗り替える個性。

この二組は海外に打って出るバンドですから、こういう機会にはこうして配信しておくべきですよね。
宣伝効果はすごいと思います。
カキコミも海外からのコメントすごく多かったです。

そんな中、私はHYヲタですからそちらばかりに神経が行きますが。

それがですね、私のパソ子ちゃんたら、アシッドの時真っ黒に、VAMPSの時フリーズしたんですよ!!!!!!!!!
信じられない!!。
結局ゆっきーはカラオケ大会映像のBGMのようだった放送部分しか聴けず、VAMPSはラブアディの途中からANGEL TRIPの最後の方まで、パソコンの立ち上げ時間に取られて聴けませんでしたよ。

もう、何の呪い???バカーヾ(゚д゚)ノ゛
いつも大事なときにしっかりフリーズするお馬鹿ちゃんなんですけど!!!。
最近の生放送、ちゃんと間違いなく観賞できた試しがないわ。(2000円払った美女と野獣もね!!)
てっちゃん、kenちゃんは配信自体がなかったので、残念でした。
いや、もちろんカラオケ大会のBGMには声たからかに歌う二人の楽曲は流れていましたが。


それでも「HYDEさんが超近くで喘いでた!」
ってkazueさんの報告に指をくわえ、大音響の2万人の迫力をかくかくした画面から感じ取り、充分楽しいJACK IN THE BOXでした。

HYDEさんが、すごく子どもっぽくて何だか健気に見えてしまいましたわ。
(その後のたつろーさんの方が年齢的には断然若いのに重厚な世界観で、かなり落ち着いたイメージを持たせられるバンドですね。)
ポールさんと絡むと、まるでお父さんと息子のようです。
ポールさんを見る目が優しい。

で、アーリーにカウントの確認で目配せしてる眼差しも、いつものライブのこういう状況では決して見せない柔らかさでしたね。
ああ。すてきだったなぁ〜〜〜。

なので本音として、何のかんの言ってもこうして雰囲気をわからせてくれた今回の配信は本当にありがたく嬉しかったです。

そして最後にメガトン級の爆弾投下。
冬JACK12月27日。

そしてそして。。。。L'Arcのアニバーサリーライブが。。。。

って、、、。
は??????
12月31日・・・・夜。。。。???

気持ちが良いほどに地方の主婦が参戦できるわけない日にちで、反ってありがたいと思いましたよ。(o´_`o)ハァ・・・ 。。。

いいの。
ラルクは来年、きっと怒濤の活動のはず。
除夜の鐘を一緒に聴けないからってどうって事はないわ。(多分。)

まだまだこれからVAMPSだってかなり長い日程なのに、既に心はL'Arcに飛びそうになってる。。。
HYDEちゃんガンバレ。


  

「いよいよ夏JACK!。」と参戦もしないのに意気込んでみる。
去年のこの日、私は幸せなお上りさんだったなぁ〜〜〜。

滅多にお会いできない関東圏のブロガーさんに大勢お会いして、スケッチブックに一筆メッセージをいただくという暴挙に出たんですが、みなさん快く書いてくださって。。。

zozoさんに至ってはHYDEちゃんのカットまで入れていただいたんですよね〜〜。
今も手元においてあって皆さんのコメント読んではニヤニヤしています。
これこそ老後の楽しみ。宝物ですから〜〜。

一年経っても鮮やかな記憶でございますよ。

去年、「来年もあったら絶対来たい!!」って思ったのよねぇ。。。
まぁ、こうも色々あると勢いでチケット申し込みをポチらなくて良かった。って感じですが。

今回動画で流してくださると言うことなのでそれを観て自分を慰めよう。
願わくば去年の動画より(HPに最後列から写したようなの流れていましたよね)工夫のあるのが良いなぁ〜〜〜。
なんて贅沢を言ってみる。

それからちゃんとお目当ての出番の時には家にいられますように。。。


そうそう、福岡最終日のVAMPSライブで(SMAPの)団扇のはなしを聞いたんですよ。

そう言えば遙か昔、グランドクロスのときナゴヤではSMAPと同じ日にライブだったんです。
又従姉妹ちゃんはそのときSMAPを選び、私はL'Arc野外ライブを選んだって言う。。
SMAPの公演中MCで木村君が「ラルクもライブやってるんだけど、SMAPにきてくれたんだね〜。」なんて言ったらしい。
規模がラルクの方が断然でかかったので。。。

今回は「間違ってVAMPSに来ちゃった人。」なんて言ったんですって??

そう言うエピソードが何だかすごく長いこと業界にいる両者なんだなぁってちょっと感慨深かった。
長い長い人達なんだよね。。

アイドルって言うカテゴリーだと何かと軽く見られがちだけど、これだけ長ければ尊敬に値する。
唄が上手い下手じゃなくて、その人、もしくはその人達がどれだけ自分の魅力を放出して刻み込めるかって部分ではかなり厳しい世界だと思うんだよね。。。
例えば斜陽になったときとか、(まぁ、それはアイドルに限らずどんな実力派アーティストでも同じ事なんだけど)設計が立てられるのは才能なんだと思うんだよ。。

いや。。
なんでこんな話になっちゃったのかしら???

とにかく、今日は幕張すごい長丁場です。
みなさん頑張ってはじけてきてね〜〜。
レポもつぶやきもよろしくね〜〜。

PCの前で応援してるよ〜〜。




yasuくんとお買い物。
へぇぇ。。。
ANGEL TRIPのあの靴は女物で、ノンスタイルのラジオで言ってた
「yasu君とデートした」
ってあれは、その靴を買いに回ってたって事なのね。

yasu君とデートネタも「へぇ」って思ったんだけど、そう言うPVのアイテムを自分で揃えてるってのも「へぇぇ〜〜〜」でした。

そうなんだ。
HYDEさんの中のあの唄のイメージは、ああいう世界だったんだねぇ。。。
ってか、そう言うところまでちゃんと「手作り」なのがすごいと思ってしまった私です。


そう言えばHYDEさんつながりのミク友さんからメールいただき、S○APの福岡の宿泊先ホテルを聞かれました。
いや、私全然知らないんですよ。そういうの。

どうやらVAMPSライブ参戦のために宿泊してるホテルがS○APとブッキングらしいです。

私だったら超ヨダレものですが(会えるとか会えないとかじゃなくてね。)すごいごった返しになってるみたいで大変そうです。
ライブ会場じゃないのにカオスって。。。。いやぁ。。頑張ってね〜〜。

福岡最終日健闘を祈ります。

その次がいよいよ大阪なのか!!!。



ここからはただの愚痴。

何ヶ月か後や何日後に幾ら楽しみが待っていようと、その場その場で起きる出来事を打ち消す威力なんてない。
なんてマジで力説したくなるわ。

とまぁ、先ほどつらつら心情を吐露していたんですが、あまりに下らなさすぎるので削除します。

既に読んでしまわれた方、いやな気分になっていたら申し訳ない。
読みたかったわ〜〜。な方、もう普通の仕事ネタの愚痴ですので。
HYDEさん関係じゃないのでご安心くださいね。








拍手コメお返事

ゆふぉりあ さん:
コメントありがとうございます。
そうそう、沖縄の「砂時計」唄うhydeさんステキでした。
ああいう表情からも出し惜しみしない発声からも情感が伝わってきますよね!!!。
いやいや、暖かいコメントに助けられてるのはこちらも一緒です。
ありがとうございました。
あにぃの背中。
うううぅぅぅ〜〜〜。
ナゴヤからこっち、終わってしまったライブを懐かしんでCD繰り返して聴いていました。
抜け出せないかというとそうでもなく、曲が変わる度に脳裏に浮かぶ残像を追う作業に忙しいわけです。
音だけは案外しっかり聴いていたはずなので、(特に6日11日は)CDと比べたらかなりデフォルメした感じの声や音の演出もパフォーマンス含めて幸せな記憶でもあるの。
で、12日の映像が浮かぶって言うね。。。

ああ。
寂しくないや。
私は大丈夫。
次のライブは代々木だけど、それまで脳内でしっかりあの日のHYDEさんを熟成させよう。
うん。
そうしよう。
寂しくないし。。。

JACKのタイムテーブルが発表されようと、「またトリ前の出番だすごいな。」とか、あの単位のオーディエンスを前にした絶対的なライブに参戦したい気持ちは山々だけど、物理的に無理なものは無理なんだからって諦められるよ。

なんてね。
強がりだよ〜〜〜〜ぅ。
行きたいってばさ。
当たり前じゃん。←久しぶりに絵文字使ってる〜〜。
でも、無理なの。
我慢するところは我慢しなくちゃ。
ちゃんと選別して、心から楽しく思える参戦の仕方を考えていこうと心に誓った私です。


さて、R&Rのすごい特集に完全に忘れられてる感のあるCD&DLでーたですが。
お。二つとも「&」が入るぞ。

伝説のコニファーフォレストの浴衣の写真が先月の「この一瞬!!」な写真と同じくらいのインパクトで飛び込んできました。
大写しの二人の写真も良いんですが、私は右下の青いライトに照らされてるHYDEさんの写真が好き。
目を閉じて斜め上を向いたあごのラインが美しく、その下の首に走る血管が浮き出てるところがすごいツボです。

L'7の韓国公演の写真にも、綺麗な顔に不釣り合いなほどの男っぽい首が生々しい写真があったっけ。
正しく「あの声」を生み出す声帯が収まってる首。
男の首だね。
生死を彷徨うような傷跡と、ボコボコした血管。。
奇跡の喉。
大好きです。

その隣のページに今回もカメラマンJu-kenさんの作品が。

あのね、「あにぃの背中」なんですよ〜。
華奢なんです。ホントに。
まぁ、カメラレンズの遠近でほっそり写ってる部分もあるんだろうけど。。
少なくともこの背中とあの首は結びつかないなぁ。。。

この背中に「男の哀愁」は感じないけれど。(笑)。
だって、もう、ただただ抱きしめたくなるような繊細な作りのバランスの写真なんだもん。

Ju-kenさん、前号の写真も良かったけど、本当に良い仕事してますね。
これはHYヲタだから思う事って言うより、何気にとらえてる部分が私のツボって事なのかも。。。
ハッ?(・ω・ノ)ノ。もしや同じ視線???

って事で、HYDEさんの華奢で後ろからくるんでしまいたくなるような写真の載ってるCD&DLでーた、ぜひご覧あれ。


  


拍手コメお返事

ゆふぉりあさん:
初めまして。いつも訪問してくださるとのこと。嬉しいです。
加えて、こちらが感動してしまうようなコメントありがとうございます。
ゆふぉりあさんのようにエールを送ってくださると、HYDEさんのファンで良かった。って思うんです。
ライブ参戦には色んな障害が付きものになっていますが、それを引き合いにしてもHYDEさんが重いんだから、もう仕方ないですよね。
また、今回ご心配おかけしてすいません。
参戦できて本当に良かったです。素晴らしいライブでした。
また気軽にコメント残してくださると嬉しいです。

じゃんぴぃさん:
コメントありがとうございます。
わわ。強者様でいらっしゃるんですね。
そうなんですよ。
もしかしたら、自分の都合だけじゃなくてもライブなんて言っていられなくなるかもしれない。
そんな危うい年齢でもあるんですよね。。。
行けるときに行く。
後悔しないように。。。。
許される限り頑張ってついて行きたいと思います。
ありがとうございました。




拍手コメお返事と冷や水かけられた瞬間。
拍手コメント盛大に遅れてしまってすいません。
セトリを知ったおかげでちびちび思い出すそのときの状況を書いていたら本当にとんでもない長さになってしまって(私としたら)。。。
特に「行けないかもしれない!!」愚痴っぽい記事にはどれだけ感謝してもたりないくらいのエールをいただきましてありがとうございました。

では。
拍手コメントお返事。

地元の○○ちゃんさん:
>お守りにぎりしめて祈ってます。
ありがとうございました。
子どもが大きくなればなったで中々思い通りにはいかないものなんだなって 常々思います。
○○ちゃんさんも同じようなことがあったんですね。
これは嫉妬とは違う問題だから結構しんどい。
でも、参戦できて幸せでした。ありがとうございました。

ケッコー○○りさん:
エールをありがとうございました。
私的にはこれ以上ないくらい頑張りました。

skullさん:
ご心配おかけしました。
skullさんのブログ読むとよく似てる状況とかあって本当に我が事のように思うんです。
気持ちわかってもらえるのですごく嬉しい。
ここまでしてもライブに行きたい自分がどうかしてるのかと自問を繰り返す毎日でした。
特に子ども二人がそろって12日に帰省するって知ったときからは胃が痛くなりそうなほど。
思わず「盆は13日からだろうが!」って逆ギレしたくなったりして。
きっと子ども達は私がいてもいなくてもあまり関係ないのだろうけど、ジジババ、旦那的にそれはないだろうって事もわかるんですよ。。。。
そんなこと考えているうちに、だんだん下がってくるの。
わかってくれてありがとう。慰めてくれて嬉しかったです。

かすみさん:
ありがとうございました。
落ち日記を書くと読んでくれてる方々の気持ちも下げてしまうこと、すごくわかるので私のせいだったらごめんなさい〜〜って思っていたら、違ったんですね。安心。。。
そうなんですよ。
常はすごく優しい人なんです。ウチの旦那様は。
このジジババの子どもなのに。。。
でも、ひとたび気に入らないと結構頑固で、しかも正論だったりすると引かないんだよ。。。ぐっすん。

Jekyll さん:
初めまして。コメントありがとうございました。
私もkazueさんのブログで良くお名前拝見していますので、初めてという気がしません。
エールをありがとうございました。嬉しいです。
旦那と共通の趣味。。。。
彼自身もF1やプラモとか結構オタク色強いんですが、ことアーティスティックな面については理解度なしなんですよ。。。
特に面白がって「わからん」そぶりを見せる時多々あります。
私が必死になるから嫌がらせしてるとしか思えないときもあります。
ただ、今回の状況は私が悪いのかなって事もわかってるからしんどかった。。。
>楽しみがなくてはこの先暮らしていけない
本当にそう思います。嬉しかったです。
あ。安全地帯ですが、本当に素晴らしいライブでした。どうぞ楽しんでいらしてくださいね〜〜。


以下、お名前なくて「頑張ってください」「ライブに行けますように。」など一言書き込んでいただいた方が何人かいらっしゃって、この状況だから身にしみる優しさを感じて幸せだと思いました。

こんな状況で、それでも「ライブに行く」ってNG行動を取ってしまうだろう常識のない自分自身を責めてた日々でもありまして、こどもが「12日帰るから」って明るく電話をよこしたときは、マジ凹み状況でした。
それを無視して出かける、出かけても納得できる理由は何だ???って話になるんですよね。

ずっとずっとどうしてここまでしてライブにいきたいんだろう?って自分の気持ちの抑制のなさを自問して、6日のライブまでは何とか持ちこたえ。。。。

で、12日最終日。。
盛大に会社やジジババにウソ付いて出かけたわけですが。。。
実は12日のライブ、アンコール前インターバル中携帯が振動したような気がして開いたら実家の母から不在着信が。。。
わ〜〜!!。
実はババ様には実家の母の調子がイマイチよろしくなくて、兄夫婦の帰りが遅いから付いていてあげたいってダシに使ってたわけです。

そこからは、もう、超現実。
のぼせた頭に冷や水かけられたよう。
アンコールが始まって、HYDEさんに気持ちを持って行くまでしばらく時間がかかりました。

何だ???どうしたんだろう???さっき口裏合わせてもらえるように頼んだばかりだけど。。。
「一体私を何回死にそうな人にするつもり??」
って頼んだとき言われた。ごめん。おかあさん。

ライブ終了後あわてて実家にTEL。
「あんたは私に頼まれてお使いに出てると言っておいた。」
って。そう、オシュウトメ様から実家に直で電話があったって言うね。。。
お母さんグッジョブ。
「ありがとう。ごめんね。連日で。。」
「本当だよ。もう、イヤだから。あんたのウソに付き合うの。」
「はい。」
「いい加減にしなよ。幾ら○○さん(旦那の名前)がおとなしいからって、いい加減怒るよ。」
「うん。わかってる。(すでに怒られてるからね。。)ありがとう。」

ははは。。。
裏取りされたのか〜〜????こちらの携帯にはかかってないんですけど。。。

さて、一時間半かけて家路について。。。
施錠されてないと良いけど。。。
やはり会社帰りを装っていたので車の陰で通勤着に着替えて。
あ、閉め出されてはいないようだわ。。。って事で無事帰宅。

「実家のお母さんが賢い人で良かったな。」
って旦那に言われました。
あ。。
怒ってないんだ。。
実は子どもは二人とも来るは来たけど、用件を済ませたら地元の友達の所に遊びに行ってそのまま帰っちゃったらしい。
上寿司を人数分頼んでお金置いていったからババ様の機嫌も悪くなかった。
どういうオチ???
良かった。。。ってか、何度も「おかあさんいない」って言ったから気を遣ったのかもしれない。
ああ、子どもに助けられてるなって思った。

そんなこんなの12日でした。
当分HYDEさん絡みでこんな想いをしなくて良いのかと思うと少し気が楽になりました。
まだまだツアーがあります。
同じような状況でジレンマに悩むファンもみえるでしょうが(そう言うコメントもいくつかいただきました)どうぞ何とか行ける方向で頑張ってください。

それをしてもライブで与えてもらった感動はあまりあるものがありました。








ZEPP NAGOYA最終日。レポというより長い長い感想文。
ネタバレします。
NGなかたは回れ右で。


それから本当に長いのでお時間のある時にでも読んでいただけたら嬉しいです。

La lune sucree はるさん←ぽち

が素敵な記事としっかりセトリ載せてくださってるので、それを見させて貰いながら感想など。。。

1.DEVIL SIDE
前日記で書いたように頭に何か乗っかってるのがブラジャーだと遠目から推測。
で、ブラジャー被ったまましばらく唄って、間奏(の時だっけ?)で客席にポイって投げた。

2.REDRUM
「VAMPS」曲でもメタルな感じの曲をここでやるのか〜って感じ。
去年の夏JACKのTV映像で「YOU」ってところで客席を指さす映像が脳裏に即座に浮かびます。

3.VAMP ADDICTION
この曲は、ちょっと軽快で、サビが頭に残る。

4.EUPHORIA
前も書いたけどテンポやリズムより内容。
この歌を歌うときのHYDEさんは狡猾な感じがして、時々すごく真摯な表情をする。

5.GET UP
実は今でも何度も頭に浮かぶメロディラインがこの曲のサビだったりして。
どこまでも明け透けな感じの伸びやかなサビが冷や汗かきながら仕事する私の脳裏をよぎります。
助けられる曲。(ってわかってもらえるかな???この感じ。)
照明も明るいから輝くようなイメージが残ってる。

6.MEMORIES
歌詞が切なすぎて。
後悔ばかりの想いを明るく歌うから反って苦しくなる。
これは誰でも感じることのある郷愁じゃなくて、大人になって色んなものをなくしてきたから噛みしめられるもの。
最後の「MEMORIES」ってつぶやくような声が来世に対するあこがれを柔らかく表現。
「うん。生まれ変わっても会いたいよ。」って何度も思わされる歌。

7.SWEET DREAMS
だからMEMORIESからここに持ってくるなんて〜〜〜。
もう、どうしたらいいかわかんないくらい感動したの。
ある意味郷愁を感じさせる歌なのに、「おやすみ」って言葉も愛する人を見てる慈愛のようでささくれてた私には痛いほどクる唄でした。
どのフレーズも優しい優しい。
ああぁぁ。。盛大に泣いてたの相方ちゃんとラフィールさんにはバレバレでしょうね。。。

8.THE PAST
これも過去の想い。
永いこと生きてきてどれだけの消滅を目の当たりにしてきたのかと思う。

9.IT'S SAD
10.DOLLY
この2曲は言わずもがなの2曲。
オーディエンスを最高潮に盛り上げられるから寂れない曲。
Ju-kenさんのダンス健在。
HYDEさんの喉が心配になる事しばしば。。。

11.SAMSARA
12.MY FIRST LAST
前記事に書きました。
素晴らしくて素晴らしくて。なんて言って良いのかわからない。
この2曲に限って世界が違う。
「宇宙に行こう」
ってHYDEさんは言ったけど、そんな壮大なものじゃなくて深く深くたゆたうように真髄まで潜っていくような厳かな楽曲だと思う。
心理の世界ってかインドの宗教のよう。

それなのにこのスケールの大きな感じで感銘を受ける「SAMSARA」。曲にCD音源にない表情ができています。
そう言う部分を宇宙というなら確かに果てのない宇宙のようではあるかなと。。。

その深いイメージそのままで「MY FIRST LAST」。
声が違う。発声が違う。
拠り所になりうる楽曲で、CD音源を遙かに超えた迫力があります。
スイドリで訴えてくる「純粋な優しさ」とは違うドラマチックな展開。
ああ、だから13曲目の曲順になり得たんだなと思う。

13.LOVE ADDICT
前2曲を微動だにせず聴いていたオーディエンスを「行くぞ!!」な勢いでたたき起こす。
そんな感じの前振りギタープレイ。
「来るぞ!、来るぞ!」な感じ。

14.ANGEL TRIP
タオル、初めて振りました。投げました。
HYDEさんが「サッカーのゴールの時のような盛り上がり方をしたい」なんて、いきなり言い出して、「うぉぉぉおおおおおおおお!!」って何度も練習。
大声出すのって気持ちいい。
で、タオル投げを面白そうに見てるHYDEさんが可愛くて笑えてしまう。

15.TROUBLE
おきまりのコール&レスポンス。
こうなると楽曲そのものより、ただいじられてるだけのような気分になる。
でも、すごくききたい曲の一つです。

16.LIVE WIRE
途中お客さんが唄うんですが。。。。
すいません、歌詞を覚えていなくって。
私には高等技術です。ごめんなさい〜。
でもギターの前奏から本当にすごく印象に残る楽曲で、彼等のカバーにはハズレがないってか、原曲より個性的に感じてしまうのはライブだからこそなのかな。。。
カバー曲でも色がVAMPSなのがすごいことなんだよね。

17.SEX BLOOD ROCK N' ROLL
いやはや。。。
興奮のるつぼとは言うけど。。。。
入場待ちから何時間立ってるの?私達。なはずなのに、疲れを吹っ飛ばすすごい曲です。

アンコール

18.HUNTING
ダイブです。「2柵目どこ?」って言って手を挙げさせたあたりでみんな察する。
遙か後ろのファンまで「ここまで来て」な感じで手を挙げる。
「3柵は距離ありすぎた」(だっけか?)って。
そして背中からす〜って感じでHYDEさんを求める腕の中に。
ああ、あそこにいたら大玉送りのようにしっかり送ってあげたのに。いや、あそこにいなくて良かったわ。死んじゃうって。横になってあんな綺麗な人が流れてきたら。

実はVAMPARKでステージに上がったとき、結構な高さにちょっとびびった。
下から見てるともっと高くないと見えない〜〜!とか思うけど、上から見たらフロアーって本当に低いんだなって感じる。
そこから降りるって勇気がいると思ったよ。
なので、正直参戦してる男の人が多ければそれなりに「大丈夫」と思えても女の子ばかりだと潰れるって思うだろう。。。
ファンを信頼していないとできない行動だと思うんだ。ステージからのダイブって。
スタッフが必死になって「上げろ、上げろ」ってバレーのトスをする仕草で指導してた。
途中、反転するときただ寝ころんでた感じから上半身持ち上げて指さし。(獲物探し)
ニッコニコで。
ごきげんで。
可愛くって。
照明に当たるHYDEさんは本当に白くてそこで動いてるのが不思議なくらい綺麗でした。
綺麗な人にチャーミングな表情があると見た人はみんな魂抜かれちゃうんだねぇ。。。

ステージに戻されるときは「お姫様」でしたよ。
HYDEさんが流されてる間、ステージではメンバーがHYDEさんを目で追って、やっぱり楽しそうでした。

19,REVOLUTION
11日ではファンが曲の前奏で歌い出して「ちょっとやめて、やめて」ってファンを止めたこの曲。
HYDEさんはまず足音を聞いてから曲に入りたいんだね。「足音聞かせて」って。
ただ、こうしてファンが期待を込めて歌い出すのを喜んでて、それを遮るのを楽しんでる感じがしたよ。
12日は歌い出してるって事はなかったのかな??
足踏みから練習。
HYDEさんに聞かせたくて、足音を聞こうとするその表情がすごくすごく幼い感じの柔らかさで、みんな必死になってストンプする。
足音をわざと立てるように。
かかとで降りるから体があちこち揺れて。。あ、だからペンギンって言われたのかと納得。
行進曲で、でも、マーチと言うにはロックで、あんなに嬉しそうに足音聞いてたのに歌い出したら「軍隊を指揮する総司令官」みたいに厳しい顔になっていましたよ。
ああ。。カッコイイ。。って思った。心から。

20.MIDNIGHT CEREBLATION
この曲には思い出があって。。。。FACEツアーのDVD持っていたのに見てなかった時、たまたまYou Tubeで見たこの曲で「顔はHYDEだけど、違う!!」ってショックうけたんだよね。。。
最初から喉をつぶすようなこの発声が好きになれず。。。地獄絵図のようなフロアーにもこれに同調したいという気持ちは持てなかった。
がなるような暴力的で、その上それに陶酔したような、そんなイメージが付いていて。。。

なのに、今ではこれがあるからHYDEはすごいんだって思う。
聞き取れる発声からちゃんと歌い出してる。

ソロで出していた曲をやるときに良く思うのは、本当にこの人は成長してるって事。
見せ方、聞かせ方、押し、引き。
こちらのリアクションや感情の波を心得てる。

以上楽曲の感想とか想いを綴ってみました。


「届いてる??隅までちゃんと届いてる???」
ってエロMCで言ってましたが、「ちゃんと届いてます。感じています。」って答えたいと思った全編を通して素晴らしいパフォーマンスでした。

どうあってもZEPPに来て良かった!!って思わせてくれたのはこのステージあってこそ。
お友達が私を力付けてくれるのも、こんなHYDEさんをみんな知ってるから、HYDEを好きな私にもちゃんと見さて上げたいって思ってくれてるからなんだね。。。うれしいよ。ぐっすん。


そうそう、MCで、今回K.A.Zさん大活躍。
ダブダブのTシャツ着ていたんですが、
「これね、HYDEが買ってくれたの〜〜。」
って、わざわざ抱えてたギター置いて裾を両手で引っ張って広げて見せてくれたんですよ。
「BEAST」ってでっかくプリントされたTシャツで、そんなこと喋る表情もニコニコ。
の〜〜んびりした話し方で一気に会場が和む和む。
「いいな〜〜〜。HYDEに買ってもらえるなんて。」
ってどれだけのHYヲタがK.A.Zさんに嫉妬したろうね。
「いいな〜〜〜。ちゃんと着てもらえて。」
ってどれだけのK.A.ZファンがHYDEに嫉妬したろうね。

そういや「男が洋服を女性にプレゼントするのはそれを着た姿を想像して脱がすため」って聞いたことがあるぞ。あ。。。腐ってますね。すいません。ペコ。

で、ラストでHYDEさん脱ぎました。
何だかすごくほっそりしていましたが。。。
で、髪型のせいで、その薄さが少年っぽくって可愛かったなぁ。。。
いや、11,12日両日長袖のライダースで、本当に細いな〜〜って思ったんですが脱いでも細かった。この後もすごいスケジュールなのに大丈夫かと心配するぐらい。
いや、遠目だから細いと思ったのかな??

喉が潰れないって途中のMCで言っていましたが、確かに今日も絶好調。
素晴らしいステージだったので、わざわざそれを言ったのもファンを心配させないためなんだろうなって思う。

BEASTライブ。
ちゃんと視界に入って見られたのは12日だけですからこの日に限って言うなら、唄ってるとき以外も終始ご機嫌な感じに笑ってて、幸せな曲も多かったし楽しい曲も多かったしムードがすごく良いライブでした。。
しゃがんでじっと近くでファンを見てくしゃって笑ってるのHYDEさんを何度か見ました。
1柵目のファンは石になるんじゃないかってくらい、カワイイ表情でした。

あ〜〜。。。
無駄に長いとてつもなく長い。
もう、自分の記憶用だと思ってだらだら書いてしまいました。

ここまで辛抱強く読んでいただいてありがとうございました。


  

申し訳ない。
拍手コメのお返事次の記事でさせていただきます。

皆さんのコメントちゃんと読ませていただいて「ホロリ」としたり感謝したり。。。
本当にありがとうございました。
ZEPP NAGOYA最終日と「ありがとう」と言う気持ち。
皆さん、本当に本当にご心配おかけしました。
「日記読みました。大丈夫ですか?」
って直接メールくれた皆さん、コメントくださった皆さん、現地で「よかった!!来られたんですね!!」って言ってくれた皆さん。

忘れられないライブになりました。

ライブもすごかったけど、その前後の皆さんとの関わりにすごい幸せを感じた日でもありました。
「ありがとう」
って簡単に言えてしまう五文字ですが、かかる気持ちの大きさを、気にかけてくださった皆さんにお見せしたいくらいの感謝の気持ちを込めて叫びたいです。

家族にも理解されないこんな気持ちを、みなさんはわかってくれる。
私のどんな部分もひっくるめて「同じです。みんな同じ気持ちです。」って言い切ってくれる。
味方なんだって思わせてくれてありがとう。
受け入れてくれてありがとう。
心配してくれてありがとう。
理解してくれてありがとう。

初めてコメントくださった方、久しぶりにくださった方、拍手コメント。
どれも私には宝物のような「気遣い」です。
私は今日ここに来られて良かったって心から思いました。

ZEPPはもうこれで来ないかもしれない。
だから絶対今日もステキなライブであって欲しい。
そんな挑むような気持ちをもっての参戦となりました。

今日は460番台。
一段高くなってるバーの2列目に位置取りしました。

ここからだと1柵目で垣間見るような大きなHYDEさんは見られませんが、ステージ全体を視界に納めることができるんです。

ラフィールさんと中で合流。
開演前の1時間弱色んなお話ができました。
SMAPのこと、kenちゃん、ユッキー、てっちゃんのこと。
何を聞いても耳に新しく、ラフィールさんの行動力とはつらつした感じが、直接話すのが今回のZEPP NAGOYAが初めてとは思えない親しみやすさで嬉しかったです。


ライブ感想。

「ブラジャー被って出てきましたケド。」
って一番最初どこかのライブレポで読んだとき「へ??」って思ったんですが、そうか、このお姉さん達が脱いだブラジャー投げてHYDEちゃんに引っかかってるって流れなのか。
開演前さきりんさんが言ってらしたのはこのことなのね。
3度目の参戦でようやく知ったって言う。。。

セットリスト、その他、細かいことは覚えていません。(またかって思われるでしょうが。。。)

SWEET DREAMSで大泣きしたことは覚えています。
なんて柔らかいんだろう。
なんて慈悲深いんだろう。
なんて優しいいたわりと慰めに満ちてるんだろう。

この歌を唄うHYDEさんはまるで聖職者のようです。
道を指し示す修道僧にも似て。

このライブに来るための色んなしがらみや呪縛みたいにまとわりつくものから解放された気持ちになってね。。。。

突っ走るようにガンガン進行していく楽曲の合間に殆どMCがはいることもなくて。
「声が枯れないのは体質。神様に感謝してる」
超常現象を信じなくても神や両親に感謝はできるし、宇宙に夢は飛ばせるよね。。。

あんなにシャウトした後でこの歌が歌えるのは本当にすごいなと。。。
で、SAMSARA〜MY FIRST LASTの流れはこちらが神に感謝したくなる荘厳さです。

松明や、レーザーの効果もその楽曲の持つ神秘性に効果を与えてる。
SAMSARAのアーリーの太鼓の慟哭するような激しさが胸を打ちます。
TDSの「ミスティックリズム」にもっと神がかったイメージ。

HYDEさんの「遺書」を私たちは正しく受け止められたんだろうか。。。。

取るに足らない想いかもしれない。
でも、そんなことを聴きながら考えられる、そんな世界観でした。

時間が来てしまいました。
続きは帰宅してから。。。。

まずは感謝と一番の感想まで。




拍手コメお返しも次の記事で。。。
ありがとうございました。
嬉しかったです。
11日のあれやこれや。 
夕べ旦那と喧嘩した。

「子どもが二人も帰省するのに母親が二日ともいないって、何を考えてるんだ。しかも理由がそれか!」
ってPCの壁紙に毒づいた。(壁紙はHYDEさん)

「え??だって私ちゃんと言ったじゃん。抽選賭けたときに6日11,12日当たったら行くからって。そのときまともに聞いてなかったクセに。」
しかもHYDEちゃんを「それ」呼ばわり。←大事なポイント。

「そう言う問題じゃないわ。」
「じゃ、どういう問題よ。私当たってからだってちゃんとカレンダーに記し付けておいたし、何度も言ったから。」

何だかね。
泣けてきたわ。
だって、私もしかしたらZEPPは今年でやめることになるかも??って思ってた矢先の事ですよ。
旦那怒って寝室に行っちゃうし、今日は実家の母を病院に連れて行く日で、病気少しずつ進行してるようで歩くのもままならなくなってるから旦那について行って貰わないと私一人じゃ世話しきれないのに。

理解してくれてると思ってた。
自分も大変な時期で休みを返上してるのもわかってるけど。。。。
ジジババ以外には、何度も言うけど私は誠実だったはず。

次女にも包み隠さず話してる。
「まずさ、二日連チャンで行くってのがどうなの。」
と次女。
「お母さんわがままだと思う?。訳わかんない親だと思う??恥ずかしい??」
「同じ人をそんなに何度も見に行きたいってのはわかんない。」
そうか。。。

子どもは正直だね。
音楽に興味がなかったら、それに付随してアーティストのファンになったりっていう道筋のないオーディエンスってそうなんだろうか。
時々私の心酔振りを「キモイ」と言う。
語ろうとするとシャットダウンする。(泣)。

結局朝起きたら旦那は定休日だけど仕事して、昼過ぎに実家に私を乗せていってくれて別段夕べの怒りを再発することはなかったけれど。。。


一触即発の危険をはらんだこの二日間になりそうですよ。。。


さて、ZEPPですが。
相方さんと待ち合わせ、ZEPPに到着。
ラフィールさんにお会いして,hirokoさんにお会いして、半年ぶりなのにご挨拶で終わってしまったひろみゅんさんに、めぐさん。今日も格好良かったもえさん。
皆さん明日も参戦ですから、明日こそ時間があると良いな。

いや、急遽私不参戦だったらごめん。
こうなったとき本人チケットってマジで紙くずなんだねぇ。。。ぐっすん。


ライブですよ。

今日は160番台。
参戦する3日間の中で一番チケ番がよろしい。

K.A.Zさん側の1柵一番後ろ、2柵を背中に立ちました。
いや〜〜〜。
すごい。
後ろへの押しってのを体験して、途中人が後ろから降ってきて、ダイバーの迫力とモッシュを体験しました。
これがモッシュ??へぇぇぇ〜〜〜。
これがダイブ??おぉぉぉ〜〜〜。

隣のお嬢さんとモッシュに巻き込まれないよう防御しながら「大丈夫?」なんて声掛け合って。
正直そんなだったからほとんどやっぱり見えなかったんですが、6日で音で楽しめることを知ったので凄く充実してた。

はぁ。。
明日もしいけなかったらZEPPは今年これが最後なんだな。。。
なんてね。感慨深かったなぁ。。。

時々視界に入るHYDEさんは元気玉のようにはじけていました。
あ、はじけたときしか見えなかったというべきかも。
結構見えたK.A.Zさんは白皙の美貌でございましたよ。
「オレは無口なギタリスト。」
だっけか?Youtubeに出てるL'Arcの動画。
ニルヴァーナのギターを披露する前のhydeさんのMC。
ニヒルに見えました。K.A.Zさんって綺麗な人です。

記憶して目に焼き付けて。
ライブ参戦する時はいつも思うのに、ほとんど覚えていないや。

会場を制圧する独裁者のようにカッコイイ人がおりました。
金髪でライダースで(脱げ脱げ言われてました。客席に)驚くほど整った綺麗な人が巻き舌でレボリューションを歌っていましたよ。

その残像だけ、記憶鮮明です。


明日ライブに行けますように。。。。





いよいよ名古屋ラスト2公演。
私の持ってるライブチケット。
あと2枚。
いや、最初から3枚しかないんだから1枚使えば当然2枚なんだけどね。

ZEPPって特別な空間だとず〜〜〜〜っと思ってた。

FACEツアーのDVDを観たとき、「これは別世界だな。」ってまず参戦自体があり得ないことだったし。
うごめくフロアーが生き物みたいに見えたっけ。

L'Arcですらちょっと尻込みしつつの参戦だった私には踏み込んじゃいけない(入ったら死ぬよ。ジブン。な意味でね。)空間。
まだブログも始めてないその頃、コメント入れさせて貰ったブログさんが「大丈夫。怖くないですよ。」って背中を押してくれて、わたしのZEPPが始まったんだよね。

いやぁ。。。
こうして書いてると全然最近なんだけど、その密度の濃いこと。
煌びやかでこの世のものとは思えないほどのオーラをまき散らすHYDEさんによりいっそう傾斜したのもZEPPあってこそ。

ZEPPは名古屋のみの参戦なので、あと二日で終わりです。
これ来年L'ArcでVAMPSが小休止に入るとして、次にZEPPがあった時果たして私は行けるんだろうか??
そこまで気持ちが持つんだろうか???

ライブ会場に行くとすごく冷めていく自分を感じることがある。
HYDEが好きって言う気持ちと違う部分でね。

はっ。イカン。
落ち日記を書きたい訳じゃなくてですね。

こうして色んな事を(ウソ付くことを悪事と勘定するならばそれも含めて)やってまでも自分の欲望(って事だと思う)の赴くまま突っ走る自分を見なおす素敵な小休止であったらいいな。。。と。

いや、その頃はL'Arc〜〜〜ってなってるような気もするけど^^;。
少なくともこんな息遣いも感じるようなリアルな世界ではないはずで。。。

とにかく、ラスト2日。
アツイZEPPですごいVAMPSをこの目に焼き付けておきたい。

その後はみんなの各地参戦レポを指を咥えて読み漁る事にする。

あぁ。
想像したら朝から切なくなってきた(・・、)。←取り越し苦労の多い人。

11日12日参戦のヲタ友の皆さん、お会いできるのをすごく楽しみにしています〜〜。
遠征組さんとは約半年ぶりですね!!。o(^-^)o




拍手コメお返事

椿幸子さん:
はい。こんにちは。いらっしゃいませ。

SMAPチケット。
金曜日VAMPSライブで汗だくになったまま帰り、電車に乗り込んで

うう〜。。駅までの道中自分が臭かった。でも、ソッコーで帰らなくちゃいけなかったし、名鉄は寒いくらい冷房利いてるから大丈夫。きっと。(ホントか??)

ヨロヨロと帰り着いた我が家の郵便ポストに。。。

SMAPチケットキテタ━━━━ヽ(゚Д゚ )ノ━━━━!!

いやぁ。。。
ふくらはぎも悲鳴を上げる疲労っぷりでしたが疲れもすっ飛ぶテンションになりましたよ。
で、車の陰で通勤服に着替え(!)家に入ったとたん
「○○ちゃんは(長女の名前)大丈夫だったの」
とババ様に聞かれ、そう言えば長女が体調不良って事で出たんだったと超現実に引き戻されたって言う。
いや、どこからほころぶかわかんないわ。気を付けなくちゃ。
てか、気遣ってくれたことに(こういうときに限って)良心の呵責が。。。チクチク。。。。

さて、席番は。。。。
はぁ。。。。土曜日だもんねぇ。。仕方ないかのスタンド席。
でも、SMAPはサブステージも結構おいしいし、(柱で隠れてなければ)リフトもガンガン上がるからアリーナじゃなくても充分楽しめる。。。と思う。←やせ我慢??

いやぁ。。。
さて、これでまた何か理由を付けなくちゃ行けないんだよねぇ。。。

息子よ。。こんなお母さんでごめん。
譲れないんだよ。SMAPも。(だって2年振りなうえに、これ逃したらまた何年先になるのかわかんないし。)

と言うことで、28日、VAMPS参戦終了してがっくりする暇もなく(であってほしい)SMAP行ってきます。
まっててね。つよぽん。


  


拍手コメお返事

無記名さん:
お気遣いありがとうございます。
たくさん気持ちを語ってくださってるのに、こんなお返事くらいしか書けなくてすいません。
でも嬉しかったですよ。
ご心配おかけしました。
行ってきましたVAMPARK。

2年振りのVAMPARK行ってきました!!!。

これが、本当に楽しかったんだよ〜〜。
11:00開始。チケット番号は25番。
相方の又従姉妹ちゃんは23番。

会場前にチケットを2シート6枚(¥3000)購入して、いざ入場。
あらかじめAさんがVAMPARKのノウハウをレクチャーしてくれていたので、又従姉妹ちゃんと二人で捨てゲームを何にするか相談。
ビリヤードとパターゴルフは回転率がよろしくない上にゲームクリアが難しい。
ダーツとルーレットとステージ写真は結構早いとのこと。

よし!迷ったらビリヤードはなし。
だってやったことないもん。
キューってちゃんと玉に当てられるの????

なんてウダウダ言いながら入場しましたところ。。。
来場記念品はがま口じゃなくて(あれ欲しかったなぁ。。)靴下。写真左の黒いヤツ。
VAMPARKと赤い文字が書いてあり、後ろ側に滑り止めのスカルが浮いています。

で、ゲームですが。。あれ????
誰もいませんよ〜〜。って事はやるしかない???
クリアできないゲームにチケット使うのがもったいないような気もしたりして。

一番クリアできなさそうなパターゴルフに挑戦。
穴が9個あって持ち玉6個(だと思っていましたが、もしかして5個だったかも?)パターでボールを打ち3つ並べたらクリア。(ビンゴってことね。)
チケット1枚を使って挑戦!!
結構2つまでは並ぶのに最後の1個が並べられずに失敗。

次はビリヤード。
これ、迷いながらみんな打つから、一人一人に時間がかかる。
Aさん、ありがとう。本当にその通りだったわ。
チケット1枚で玉6個(だと思っていましたが、これも5個だったかも・・・?)。
台に3つの玉が置いてあり、6個(ないしは5個)の玉で3つ落とせばクリア。
後ろに付き始めたのであまり迷わずこつんこつん打ってたら。。。2つ入りました!!!。
全部落とせなかったから、すごすご戻ろうとしたら2つ落としてるからC賞だって!!!イェイd(d∀゚)(゚∀b)bイェイ。

次にルーレット。
チケット1枚でコイン1つ。
数字をかけるんだけど、ルーレットで出た目と同じグループにかけていたらくじでA,B,C賞のどれかがもらえる。
聞いてくださいよ!!!。
私ココでも当たって、くじ引きました。C賞だ。イェイd(d∀゚)(゚∀b)bイェイ。

で、次にダーツ。
券一枚で矢3本。
あっさりと失敗。
ココで順番を待ちながら又従姉妹ちゃんと相談。
私は一番の目的、ステージ写真が撮りたい。
又従姉妹ちゃんはいらない。
このチケット3枚綴りで、ステージフォトに3枚(¥1500って事ね)他のゲームは全て1枚づつ使うから全部やったら7枚必要。

これまで4つゲームしちゃったから残りは2枚。
なので、又従姉妹ちゃんからチケット一枚買い取りステージ写真撮りました。
又従姉妹ちゃんは残りの一枚をダーツで使い残念な結果に。。。

2年振りのステージ。
昨日ここでHYDEさんが唄ってたんだね。
このボックスの上に乗ったんだね。(この時だけ上半身が見えたっけな。)
デコレーションされたステージにVAMPSの息遣いを感じる。
ひっそりとしていながら幻影を見る。そんな感じ。。。

感慨深い。

折しも会場には昨日のライブの音源が結構な音量で流されていて、昨日の残像を求めた時間でもありました。

さて、チケ番が良かったせいで、急かされるまでもなくゲーム終了してしまい、やはりAさんから聞いていたVAMPARK専用がちゃがちゃにトライ!。

VAMPSピック型ファスナートップ、青色のシュシュ、スカルとVAMPSピックの磁石、それから唇マークの巾着2枚ゲット。(がちゃがちゃだけで¥3000使ってるよ〜〜)

写真ができあがり受け取りに行ったらステージフォトを撮った人は2000円のフォトアルバムを半額で売るとのこと。2年前は黒だったので赤を購入。(¥1000)

って事でドリンク代込みで¥8000〜〜〜はっはっはっ←笑うしかない。
いや、面白かったよ。
いち早くライブ音源を堪能したし、C賞2枚もいただいたので景品と引き替えに行ったら、7月のがま口もC賞の選べる景品の一つだった!!!
って事で唇のがま口と、VAMPSの定規(これ会社で使う!!うん。月曜日に持って行こう!!)をいただきました。

楽しかったよ〜〜〜。
良い思い出になった。
Aさんありがとう〜〜。Aさんのおかげでずいぶん効率よく回れたと思います。
景品ももらえてホクホク。
って事で戦利品と購入品と記念品の写真載っけておきます。

ゲーム話を長々失礼しました。

ところで。
首が痛いんですけど〜〜〜。
私、ヘドバンはしませんし、何で痛いのかわかんない。
まさか「フンフン」て頷きながら口ずさんでた曲??あれで???
それからふくらはぎ重傷です。
いかに今まで運動していなかったか、きっちりわからせてくれるガクガク感。ひぃ〜〜。
まぁ、こんな痛みも幸せでございます。



いよいよ名古屋。
と言っても私の参戦は明日から。

土曜日にVAMPARK行って、11日と12日でおしまいです。

もうさ、何て言って出るんだろう。。。
おおよそ嘘のネタは出尽くしてしまったしなぁ。。。

しかも28日のSMAコンの日。
近くの自衛隊の演習所で花火大会があるから息子が彼女とウチに来るらしい。

そんな日に家を空けて良いのか???ジブン。
親としてどうなの??ジブン。

11日と12日も来る(コレは息子一人で)ってのに。(こちらはもうライブに行くからおらんと言ってあるけどね。)

息子が来る3日間。
全て母親不在ってどうよ!!!!????
しかも不在の理由が「ライブ」っすよ!

その後結婚式まで帰って来ないらしいけど。
ううぅぅ〜〜〜。

そりゃ、やっぱジジババ黙っちゃいないよね。
もし私がシュウトメだったらこんなヨメ笑って許してやれるか!って思うモン。。。。

しかしさぁ。。。
なんでこんなにばっちりタイミング計ったように、一番大事な日ばかりに帰省するか!長男。

それを振り切る素敵な言い訳。
あったら誰か教えてください。



緊急!8月6日 ZEPP NAGOYAチケット1枚あります。追記
8月6日、ZEPP NAGOYAに参戦予定でチケットない方みえませんか?
FCチケットではありません。
Cですが、心おきなく楽しめるポジションではあると思います。

取引は責任もって私が現地にてお渡しさせていただきますので一報いただけたらと思います。

今夜中に連絡いただける方、よろしくお願いします。

たった今、譲りさき決まりました。
ありがとうございます。AM7:37
愛おしく思わないはずがない。ファンのこと。
富士急の特別な二日間。
交通の便の悪さと真夏の野外で尻込みするファンの多い中、それでもそんな障害をもろともせず参戦なさったファンの皆さん。
本当に素晴らしいライブだったと聞いて、たくさんのブログを漁った訳ではありませんが感動したせいらです。

特に二日目の土砂降りの中のライブ。
豪雨だったからこそのハイテンションって感じが何となく掴めまして、いにしえの映画「雨に唄えば」の「Singin' in the Rain」の傘があってもなくてもずぶ濡れになってタップダンスをする楽しい雰囲気を想像しました。

いや、実際はそんなやさしいものじゃなかったと思うし、「さて、ライブ中はそれでOKでも、その後は??」帰宅される道中風邪などひかれていないか心配でもあります。

「ありがとう。ごめんね。」
そんな状況の中でも自分を愛して雨に打たれながら差し伸べてくる手をHYDEさんが愛おしく思わないはずがないわけで。。。。
まずコニファーに来てくれただけでも嬉しかったとおもう。
その上土砂降り。
でも、そんな障害はその日のライブにはあってもなくても関係ないものだったんだね。
(いや、より深く愛を感じさせるでっかいアイテムだったかも???)

ファンとバンドが同じ思いを共有したんだと思う。
一つになったんだと思う。
そして、そんな風になれるファンをたくさん持っていることがVAMPSの強みだし、武器なんだと思う。

ファンが格好いいことが自慢なんだもんね。

何があろうと必死に「お母さん」って叫びながらついてくる子供を愛おしく思わない親はいないわけで。。
HYDEさんが「人の子の親」であることの優しさと情愛を深く感じたMC。
そんな愛されるファンであることが誇りに感じただろう参戦者がとても羨ましく思えて、改めてそんな優しいレポを読むことで感動を分かち合えたような気がしました。。。

本当にありがとう。
皆さんのレポのおかげで素敵な部分をまた発見できて幸せです。感謝です。

この二日間のライブは参戦者の皆さんの勲章のようなライブだったんだな。と。。。。

昨日ディズニーバケーションクラブの招待状をいただいてイクスピアリに行ったんですが、東名高速から富士山がとても美しく見え、
「あぁ、行きたかったなぁ。」
なんて調子の良いことを思った私です。


さて、いよいよ名古屋にやってくるんですね。
コニファーに行かれなかった最大の理由の一つに名古屋の日程があまりにも近かったことがあります。
時間いっぱいまで到着しないかもしれない私ですが、ご挨拶だけでも是非させていただきたいので、こちらに来られる皆様、ZEPP到着の際はメールでもTELでもいただけたら嬉しいです。


では、昨日帰宅が2時近くであまり寝てない状況ですが(そりゃ私の勝手なことですケドね。)お仕事行ってきます。
6日の今年最初のZEPPの為に頑張ってくるわ〜〜。





フリーライブとVAMPSグッズキタ━━(゚∀゚)━━ !!!!!
「この時間〜〜〜??」
な主婦には難しい午後6時。
折しもジジババ様方が旅行から帰ってくる予定のせわしない時間に。。。

始まりましたよ。
フリーライブ!!
せっかくニコ動でプレミアム会員になってるんだから、ここはそこで見るべきでしょ????

が、アカウント取ってあるパソコちゃんは2階。
台所に置いてあるヴィスタはフリーズしまくる、事務所のパソコンは容量オーバーで下手な事できない。
てな状況ではありましたが。

始まる前からの会場のワクワクした様子、みんな笑顔でまぶしいわ。
まぁ、月末のフリーライブ(しかも東京)なんて最初から申し込みする選択肢すらなかったけど。。。
それどころか生中継を鑑賞できるか???って部分の方が大問題だったけど。。。
皆さんの表情がライブ開始を待つ期待感をすごい威力で感じさせてくれて、「この中にいたかったなぁ」と思わされました。

いやぁ。。。。生放送鑑賞もねぇ。。。
美女と野獣の時も来客とフリーズで苦しめられたっけ。
そう言えば。←既に過去。
ははは。。。想像つきますよね〜〜〜。
そう。
おかげさまで放送まっただ中、ジジババ様ご帰宅。
「○○さん(私の名前)!」をシュウトメに連呼され泣く泣く鑑賞中断。
どうやらワタクシかなり彼女に愛されてる様子。(#`Д´)。。

またしてもHYDEちゃ〜〜〜〜ん。 。゚( ゚´д`゚ )゚。ウェーン。。

いや、そんな私もそそくさとババ様の用件を済ませ、幾度となく中断する中鑑賞いたしましたよ。
僕らのVAMPS。私のHYDEさん。←ノークレームで。

あのね、あのね、「EUPHORIA」がことのほか良くって。
美女と野獣の時の不安定さがなくて、すごく確かなメロディが耳に入ってきましたよ。
これ、歌詞とのミスマッチさが面白いなぁ。。。
「メリーベルと銀のばら」でエドガーがアランを仲間にしたときの誘惑的な囁きが思い浮かんじゃった。
歌詞の中の語気荒い部分を感じさせない蠱惑的な魅力に溢れてる。
いやぁ。。。。
こういう誘惑に逆らえる人はそんなにいないんじゃないかと思うよ。

「MEMORIES」
これは何でM.ステの時響かなかったんだろう。って思ったよ。
不特定多数の観客の前では、彼のキャラクターとして口にするのも憚られる「優しい歌詞」に照れを感じたからかしら。。。
彼等を笑顔で受け入れるファンの前ではこんなに感動的にスーッって入ってくるのに。。。。
HYDEさんのファンへの愛溢れるメッセージソングだと。

あと印象としては美女と野獣の時と変わった感じを受けなかったので(あ、ANGEL TRIPのタオル回しと投げは楽しそう〜〜)声の調子がかなり良くてテンション上がるライブだったなぁ〜〜〜って思います。

ああ。
なんでここにいられないのかしら。私。って思いました。

「君達がかっこいいのが俺の自慢だから」
ファンがここまで格好良くなれたのはHYDEさんの教育のたまものだと思うよ。

そんなMC一つも感動的で。

世界に発信したいのはVAMPSのパフォーマンスと音楽。
そのパフォーマンスはファンとバンドとの「溶け合う」ような一体感が不可欠だったんだと思う。
成長したファンのノリもHYDEさんのお墨付きを貰ってのグローバル配信だったんだねぇ。。。

まぁ、そう思えば私がヒルズに行けなかったのは当然っちゃぁ当然って事か。。ははは。。。はぁ。。
なんか、カッコイイファンじゃなくてごめんねとも思ったちゅぅ最後は何だか黄昏れてしまったけど。

いや、とにかくすごいフリーライブでした。
ただ、規制だらけで近寄れず欲求不満を感じたチケットのないファンも大勢見えたようですね。
本当の意味のフリーじゃなかったって。
でも、こうして配信してくれてメディア媒体のこちら側には「物珍しいから買い物帰りに覗いています。」的な棒立ちの人が一人も写らないのはなかなか騒然としていて気持ちの良いものでしたが。
そうなるとターゲットはそう言うPCに張り付く「VAMPSを知らない一般」に対してのフリーだったんじゃないかと思いました。
それでも柵の中に入れないファンの人達も幾度となく写っていて、すごくみんなはじけててそれも嬉しかったなぁ。。。

そんな素敵なフリーライブのニュース、めざましもズムサタも張っていましたが、東海圏はめざまし土曜日は7:00からで6:40頃写ったらしいライブの様子は写らず、ズムサタは放送自体がなかったと。。。
何だろうなぁ。。。せっかく東京でやっていたのに。
どうか富士急の様子と併せて月曜日放送されるよう願っています。

で、関東圏ではすごい大きな扱いだったらしいスポニチ。
こちらは記事すらありませんでしたよ〜〜〜。
キレタ───ヾ(#`Д´#)ノ───!!
報知とニッカンで小さく扱っていたのをゲットしてきました。
ああ、スポニチは無駄買いしたって感じだ。。。


さてさて。
ヒルズに行けない私の元に通販で頼んでたVAMPSグッズ来た!!。

と。。。ところが!!!!!
頼んだと信じてたタオル。。。
あの終わっちゃった〜ごめ〜んってなネックタオル。。。
確か買うってブログにも書いてたんだけど。。。
買ってなかった。。。。(-_-)ウウ。。。

まぁ、私の思いこみなんてこんなもんです。


さて、長々書いてしまった。
私を「猛愛」するシュウトメ様からまたお呼びがかかりそうなのでこの辺で。。。

今日は富士急2日目!
皆さん思いっきりはじけてきてね!!!。


   

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。