スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「EUPHOLIA」なのね。なバクマン。
観ましたよ〜〜。
「HYDEがんばれ〜!!」
って全国のHYDEファンが固唾をのんで見守っただろう「バクマン」。
あ。。。とんでもなく失礼な事書いてるかも・・・・。

いや、色々な過去が。。。←失礼の追い打ち。
演技ですが、表情とか、雰囲気は正直「MOON CHILD」も「下弦の月」も良かったと思うのよ。
ただ、セリフが入るとどうしてこうもこそばゆいのか?????

多分HYDEさんが持たれてる一般的な印象が「カリスマ的なロックバンドのボーカリスト」(ここ、笑う所じゃありません。)だからなんだと思うわ。
発せられる「声」が音楽と違いすぎるからなんだと。

なんでこっちがヘナってなっちゃう小さな声なんだろうねぇ。。
トーンがてんで子どもっぽいじゃない?
歌になればあそこまで豹変しちゃうのに。

だからさ、HYDEさんの音楽を知らないで、ただの飲み友達でしかない付き合いの人達(そんなんいるか?)はこの人の本気の声量を知ったらぶったまげるんだろうなぁ。
で、その逆もまたしかり。
大音量の激しい歌唱のHYDEさんしか知らない一般のファンはこういう普段のボソっとしたしゃべり方に驚くんだろうって。

で、よりにもよってその「声」の方をチョイスされちゃったわけですから、ファンなら誰もが手に汗握ったに違いないわけです。
そういえば「トドッキー」もHYDEさんだったけど、あれは完全にトドの声でしたからね〜。
「ごじゃる〜〜〜〜」(笑)。

いやぁ、とにかく!
良かった。
普通で。←
あまりの心配にどんなセリフだったかも覚えていない。(母親かよ!)

長女と二人で観ていたんだけど、感想としては
「格好良く描いてくれてるじゃん。よかったね。」
でございました。
あの、「2次元の方が不細工だなんて!」と皆さんに書かれていたあのHYDEさん、一般的にはOKみたいですよ。

地下鉄のポスターだったりそのポージングだったり、原作ではリングもはまっていたらしいKOOGY。
「GET UP」かと思いきや、劇中流れたのは「EUPHOLIA」でした。
ロックミュージシャンでもあるという森久保祥太郎さん、歌上手いですね!!。
そりゃ「言うことなくてつまんない。」(く〜〜〜〜!!可愛いじゃねーか!)とHYDEさんに言わしめただけのことはあるって感心しました。
声の返し方とか良く似せてるから原曲をいじられたような違和感は感じませんでしたね〜。
「GET UP」は何度かアニメの中でもキャラクター達が歌っていたりしましたから「EUPHOLIA」で正解なのね。きっと。
う〜ん。
少しでもこういう世界観バクマンファンにも伝わってくれると良いな。
あ、図々しいですかね。あれしきのコラボ出演では。

余談ですが、出荷数が最初から少ないのかどうかは分かりませんが、KOOGYバージョンの「GET UP」なかなか入手困難らしいですよ。


とにかくとにかく。
母親タイムはあっさり終了いたしました。
いやぁ。。良かった。無事に終わって。(まだ言う)


さてさて、今更ながらのB&B再放送ですが。
実家の兄にまたしても今度は(ブルーレイじゃなくて)デジタルでダビングして貰ったんです。
DVDを手渡されたとき
「なんだ。これ。メタルバンドか?」
って聞かれましたわ。
どこを聞いてそう思ったんだろう〜〜???
う〜ん。ロックって奥深い。


そういえば一つ書き忘れたことが。
マンプスの裏表紙にi-phone,i-pad用のマガジンができることが書かれていました。
このスマホにまっしぐらな市場に逆行するみたいではあるけどシェルケース欲しさにi-phoneを購入(あくまで旦那がね)した身としては嬉しい限りです。
ところで、その一番の目的だったシェルケース。
もう貰った人はいるんでしょうか???
まだ来ないんですよ。
う〜ん。。こだわりも良いけど、ちょっと安心させてくれないかなぁ〜。

  


拍手コメお返事

巧さん:
いやいや、好きになるのに理由なんて無いですよね。
私だって子どもには「いい歳して」と気持ち悪がられますし、職場では嘲笑されていますもん。シクシク。
それはHYDEがどうのというのではなく、この年齢の私がって意味でねー。
でも、まぁ、昔からロックは好きなんです。
好きだったら仕方ない。って居直りの日々でもあります。

味の素、本当にこんなおばちゃんですがお会いできたら嬉しいわ〜。
私もHYDEのために頑張る日々ですから〜。
お互い目標を持てるだけでも幸せだと思って働きましょうね!。
スポンサーサイト
風を切るように僕らは駆け抜けたんだよね。写真集感想。
しばらく前に届いてちまちま見ては閉じ。
だ〜〜〜〜っと見ては閉じ。

なんて言うか、
フラッシュバックするような思い出じゃないところがすごいな。
と思うわけです。

  「VAMPSLIVE2010BEAST」  

何度も見たけれど、やはり印象に残るカットはほぼ感想に出尽くしているものになりますよね。
女性カメラマン、捕らえどころが繊細です。

一瞬一瞬が「被写体を愛おしいと思っているんだな」と思わせられて、行けなかったライブにまでデジャヴを感じます。
多分KAZUKO TANAKAさんの目線はファン目線。
でも、カメラマンが被写体に愛情を持てなかったらこんな写真は撮れないし選べない。
まぁ、購買力の乏しい写真を撮るのはプロじゃないとは思うけれど。

何にせよ、どの一枚にも隙がない。
それくらい濃密な感じの写真集でした。

断片的な一枚が私の中で流れになる。
この約半年を正しく駆け抜けるようにオフとライブを繰り返して約束の時間を終えたんだね。

「VAMPSありがとう」の横断幕。
その隣に涙を浮かべたHYDEさんをちゃんととらえてる。
L'7でみた役者のような涙じゃなくて、ファンの思いの深さをこんな感じで知らされて思わず浮かんだって感じの。。。。。

新幹線の時間の関係で見られなかったK.A.ZさんとHYDEさんのハグシーン。
なまじHYDEさんの表情を写して無いところに感動を覚えてしまった。

K.A.Zさん、こんな優しい目をしてHYDEさんを抱きしめたんだね。
ハグって言うより「抱擁」だね。

HYDEさん側の写真ももしあったとして、この向こう側でHYDEさんが顔をぐしゃぐしゃにして泣いていたら。。。。
例えば眉間に涙を我慢するような、子どもが堪えてるような皺が寄って、口がへの字にゆがんでいたら。。。。
きっと私はもっと切なくて、もっとVAMPSに想いを残したんだろうなぁ。。
それからL'Arcファンとしての嫉妬も併せて感じたかもしれない。

まぁ、実際は笑顔笑顔のハグシーンだったんだろうけど。

いやぁ。。。
写真は一瞬の輝き。
こんな風に収まっている彼等の再始動によりいっそうの傾倒を予感させられます。
終わってしまった一年で先の予感ができる。
1冊で2度も3度もおいしい出来映えでございました。

「風を切るように駆け抜けたVAMPS」も「風を追いかけ続けたファン」も、本当にお疲れ様でした。
すてきなメモリーです。
大事にしましょうね。


そうそう、チョコ梱包のTシャツ出して良い物か分からずそのままなんですが、開いた方みえるかしら????
どうせTシャツは着ないんだからチョコのままにしておいた方がいいのかな〜〜〜???
ってか着ないならなんでTシャツ付き買ったんだよ、バッカじゃねぇ?なツッコミはノーサンキューでございます。


話は変わりますが、オブリのサポメンにアーリーが抜擢されたこと。
私的にはオブリにこういう個性が入り込んで良いんですか???って思ったんですが。
でも、杞憂だったんですね。
アーリーの評判はすこぶるよろしいようで。
VAMPSでもドラムはものすごく重要なポジションだったし、お宝発見!みたいにオブリに助っ人としてかり出されるのはアーリーのドラマーとしての寿命を延ばす糧になるはず。
今のロックミュージシャン、特にそのサポートで生計を立てるミュージシャンが続けられない状況ってのを耳にすると、どんな形であれ音楽に携わり続けて行けることは幸せなことなんだと思うわけです。
人気ドラマーになって欲しい。

あ、マンプスもやってきました。
こちらは保管用でもう一冊欲しいくらいの美しさでしたよ。
みなさんの「アリスHYDEはこの写真より数倍美しかった」っていう感想におかしな敗北感を味わった次第です。


  


拍手コメお返事

巧さん:
あぁ。。。
分かる気がします。
hydeさんのフィールドはL'ArcのはずなのにVAMPSでいるときの方が楽しそうなのが何だか釈然としないのに、K.A.Zさんは正しく自分のバンドに帰ってすごく楽しそうなんですよね。
帰る場所はそれぞれあっても、そこにいるときのおのおのの眼差し一つに敏感に感じてしまうって事でしょうか。。。
私はL'Arcにいるときのhydeさんは王子様だからな〜〜〜。って思うことにしています。

巧さん?:
いやぁ〜〜〜。びっくりです。
オブリファンクラブに入会されたんですね。
オブリは私もCSでライブ放送見ただけなので「こうだ」とははっきり言えないんですが。
当たり前ですがVAMPSともL'Arcとも客層が違います。
男だらけです。
しかもダイバーだらけです。
音楽もメロディアスでポップな曲は無かったような。。。。
一言で言うなら男臭いバンドって感じでしょうか。
ライブハウスがめちゃめちゃに合う感じの「カッコイイ」バンドだと思っています。
せっかくですからライブは参戦なさってみては???

青は「進め」のはずよね?な当落結果。
いや、ラニバチケットですが。

そういえばラピニュを関東のお友達のために申し込んだときも携帯に燦然と落選が輝いていたっけ。

ドキドキしながらiPhoneで昼休み確認したんですよ。
何度か混雑ではねられてようやくたどり着いた結果は。。。。
落選ゥワァ───ヽ(゚`Д´゚)ノ───ァァン!!
会場は10000人規模じゃなかったはずよね???
全プレだったって15周年の時は言ってたよね??
「失礼だけどL'Arcでスタジアムライブ落選ってアリなの????」←って同僚に言われた。今が旬の嵐なら落選の嵐だけどね。ってか、おいちょっと、本当に失礼だね。

まぁ私は最初から迷ってたんだし入れ込み方が浅かったのか。←そこ?
舅の看護をそっちのけで行けるわけもなかったしね。
で、そこんところがクリアになったとたん「行きたい!!!遠慮無く行ける!」って気持ちの変化が浅はかだったのね。きっと。

昼休み一緒になった男子社員に
「これ、何回読んでも落選だよね??」
なんてわざわざ確認させ。。。
どーんと落ち込んでいたら支店長につい先日お子様を亡くされた職員の話から
「幸せだよ、チケットが取れる取れないでそこまで凹む余裕があるって事は」
とか慰められたのかバカにされたのかよく分からん嘲笑を受け。。。

あの。。。。。。
そんな比較にならない重たい話を引き合いに出されたって、今の私の気持ちはこれっぽっちも軽くなりませんが???
なんて言い返すこともできずうじうじしておりました。

午後の仕事に気力を振り絞ることはなかなかできなくて〜〜。

当選は赤字なんだよね?多分。←とんと最近お目にかからないので忘れてしまいそう。

青は進めなのに。。。。
赤は危険なんだよ。

青が嫌いになりそうじゃないの。

なんちゅうどうでも良い言いがかり的クレーム付けてたの。
(_ _lll)ァハハ・・・

そうしたら、そうしたら。。。。
夕飯の支度途中の私の携帯に女神様のようなお方からメールが。。。
2daysのチケット分けていただけることになりました。

もうね、一気に浮上。
救ってくれたお友達に感謝です。

このメールをいただく前の当落結果から夕方にかけての自分の落ち込み(このキャパで行けないはずはないって切り替えていても)を考えると、手放しで喜ぶ空気読めない人になっちゃいけないって戒めつつ、それでも事実として報告いたします。

私、ラニバに参加できます。
ありがとう。。。。





拍手コメお返事

巧さん:
SMAP会報。
そうでしょ?そうでしょ???
これなら女性週刊誌やTV雑誌の方が情報たくさんだしすてきな写真もたくさんだよ!って突っ込みたくなりますよね。
それからVAMPSの写真集とマンプス届きました!!。
ステキだった〜〜〜。
これ、感想はまたゆっくり書こうと思いますが、とにかく本当に感動的なショットが多くて嬉しかったです〜〜。

さてラニバですが。
まさかの落選祭りで最初私だけが落選したと思っていたくらいだったのに、だんだん私だけじゃないんだ???って分かってきて、みんなで凹めば強くなれるって思ったくらい落ち込んだんですよ。
でも救いの手があってありがたく甘えさせていただくことになりました。
嬉しかったです。
28日巧さんとも今度こそきっと会えますよね。



ラルク好きカップルカラオケ大会???
「おかぁさんおかぁさん!!早く2階においで!来んと後悔するよ!!」
と次女に呼ばれ明日の(舅の)七日の法要準備中の私がせき立てられて上がっていくと。。。
「あ〜〜〜。残念!さっさと上がって来んもんで。終わっちゃったね!」(へへん!って顔)
「何々????」
「今さっきまでL'Arcがネオユニバース歌ってたのに。」
どうやら光TVで予約していたVMCのラルク特集が起動していた様子。
ちょっと前までオンデマンドといってたヤツです。
「あ。予約してあるから大丈夫。」(ふふん!)
「あ、そ〜か。だもんでディズニーチャンネルが見れんのか!(。-`ω´-)」
「残念でした。」
いや、これ録画中は他のテレビチャンネルは見られないんですよね〜。

それにしてもさ、あれほど毛嫌いしていても(泣)こうして呼んでくれるから嬉しいのよね。
しかもさ、「ネオユニ」とかちゃんと曲は分かってるところがニクイね!!
良い子じゃ〜〜。

そういえば長女も「笑っていいとも増刊号」の前L'ArcのBOXのCM流れてたって終わってから()教えてくれました。
で、長女と言えば長女の婿様の同僚夫婦が良く行く飲み屋でいつもの調子で入っていったら、中に何組かのカップルがいて、男が全員L'Arcの曲をカラオケで歌ったそうな。
恋人同士もいれば夫婦もいた様子。
その流れに逆らえず(はぁ?)その同僚様は一曲歌い上げてきたらしいですが。

刈谷か知立か分からないんですが、最近どこかでそんな集いがあったんでしょうか?
しかもカップル限定で。
偶然としたらなんか嬉しくないですか?
しかも何が一番ってそんな空気の中に知らずに入っていってもファンじゃない人がちゃんと歌える曲がL'Arcにはあるって事が嬉しいんですよね。
あ、上手い下手はこの際置いておくって事で。

それにしてもこれはいったい何だったんでしょうね!。
いや、その場にいたかった。
知らずに偶然そんな場所に行ったら、狂喜乱舞したろうな。私。
その同僚さんは私のL'Arc好きをご存じだからきっと婿様とそんな話になったんだろうけど。
そういう何気ない話で私を盛り上げる長女も可愛いぞ!

さぁ、明日は朝早いから寝ます〜。






拍手コメお返事

巧さん:
いやいや、そんな気になさらないで〜〜。
明日きっと届くから、そうしたら穴が開くほど眺め倒しますから〜〜。
でもでも、嬉しいフライングだったんですね。
遅くなることはあってもなかなかフライングは無い私です。
そか〜。いっぱいステキ写真があるのね!!。
明日会社から帰っても法事ですぐには見られないけれど楽しみです。
そういえばマンプスの発送メールが来ないんですが、大丈夫かしら???
心配〜〜。
会報来た!「音人」も買った!!
のに〜〜〜。
あぁぁぁ。。。
何だか感慨深く読んでいる悠長な時間が欲しい。
文字にする気力が欲しい。

マンプス発送メールが来て、ちらほら到着の記事タイトルを見たりもするのでもうすぐ届くんでしょうか???
あ、マンプスの発送メールと思ったらTシャツ付きの写真集の方だった。ぷぷ。

いや、もう、どっちでもいいや。
早く会いたいわ〜〜。
欠乏症だわ。

このめちゃくちゃ慌ただしかった(私がね)間に明希さんのブログに登場したり、Ju-kenさんのブログに名前とライダースだけ登場したりと
「ああ、元気なんだね、良かったわ。」
なんて今頃ホッコリしていますよ。

あの衝撃(だったの?)のオフ写真ですが。
私すごく好きなんです。ああいう「生きてるHYDE」を穿るように見てしまうのが。
人間なんだな〜っておもう。
ステージに立ったら「神懸かりの人」だけど、オフじゃぁどこかのんびりした人。

そういえば中井貴一さんが昔自分の父親について(佐田啓二っちゅー早逝の隙のない二枚目俳優だったらしい)
「家ではステテコはいてゴロゴロしてた」
って良いパパだったことを語っておられたなぁって思い出したわ。

hydeさんって正直そのステテコ姿(ステテコはいてるって事じゃないですよ)をファンに見せるのは大丈夫な人なんだねぇ。。。
あの写真でも、もし例え無精ひげでもショックを受けるファンはもうそんなにいないんだろうなぁ。
何だか浸透していて嬉しいわ。←本当か??
ああいうHYDEさんを知ってるし、ひっくるめて愛せるのはファンなればこそよ。(力説!!)

さて会報ですが。
カウントアップライブその名も「L'A HAPPY NEW YEAR!」。
平面フロアでモニターも見えなくて「ええぇぇ?」なファンも大勢おられたのを見聞きしましたが、やっぱりこの場に立ち会えたからこその想いだと思うし、今更ながら「立ち会いたかったなぁ」なんて思いました。
hydeさんのL'Arcへの変換メタモルフォーゼがイマイチ変身し切れていなかったって言うのも、VAMPSとしての入れ込みがそんなに簡単に洗い流せなかったってことで、その辺も嬉しかった。
どこかのライターさんがまだまだL'Arcとしての完成度は充分じゃないって書かれていましたけど、それはそれでの荒削りさが新鮮だったことでしょう。

hydeさんのインタビューが本当にL'Arcを「絶対揺るがない聖域」のように話していて嬉しかった。
彼の言葉にイヤミや自己卑下や傲慢さは感じられない。
いつでも、VAMPSの時でも「L'Arc」への考え方はストレートだね。
ビジネスライクっぽいのが悲しいって言葉もちらほら聞いたけれど、この何年かで私はそんな風にも思わなくなった。
その都度傷ついたり喜んだりするのはファンがいかに彼を愛しているかの試験紙みたいなモノだと思うし、一度によこして驚かせないような応対は彼の誠実さでもあると思うから。
虚飾で「L'Arc」を祭り上げられたって虚しいよね。

それからVAMPS代々木の最終日の記事。
うんうん!!!そうなのよ。
あのフロアーのファンは正しくVAMPSが誇れるファンなのよ!。
HYDEさんがどこに出しても恥ずかしくない自慢できるファンなのよ!!!。
嬉しかったなぁ。。。
スタンドで見ていて嬉しかったことが活字になってる。

「音人」
JACK IN THE BOXは夏は「フェス」形式で冬は「打ち上げ」って事になったんですか???
まぁ、断然冬の方が行けない季節なんだけど、違いが色濃く出てるんだろうなって思うと、やっぱり一年で2回体験しておきたいモノです。
あ、でも、一番のお目当てが登場する前に会場を後にするような悲劇にだけは見舞われたくはないなぁ。←はいはいって?

HYDEさんのむっちりした顔と、明希さんのブログ写真が結びつきません。
あれぇ???
って本当にユニークな人です。
それからヴォーカリストの本気のリハーサルて・・・・・??
いやぁ。そんなん聴かされたら普通のシンガー怖くて本番にびびるんじゃね?
ジューダスプリーストかぁ。。。
聴いてみたかった気もする。あ。その程度なら東京くんだりまで出向く必要はないのかな???

さてさて、そんなこんなで情報はたくさんあるのでしょうが、リアルにHYDEもしくはhydeを感じられずにいる今こそマンプスやら写真集やらに焦がれてしまうわけですよ〜〜。
早く来い〜〜〜。

あら、文字にする気力が欲しいとか最初に書いておきながら何だかだらだら書いていますね。




拍手コメお返事

skullさん:
同士skullさん。
正しくその通りでした。
元気なときは絶対この人達より自分の方が先だと思っていたくらいですし。。。
でも長年暮らしていれば情も移るって事なんですね。。。
はい。
舅を思い出すとき、+の思い出が一つでも多くできたことが嬉しかったです。
優しいお言葉ありがとうございました。

巧さん:
ありがとうございます。
もし巧さんがチケット取れず、こちらがダブったりしたらすぐに連絡いたします。
お互いそんなことにならずに良い感じで取れるよう祈っています〜〜。
そっかそっか、もう一つのバンドが巧さんにはあるんですもんね!!

こうやんさん:
コメントありがとうございます。
いやいや、あまりに急で、病んでることも知らない人がご近所でもいたくらいで。。。
お気遣いありがとうございます。

かすみさん:
ありがとうございます。
そうなんですよね。
順番を間違わなかったことも、それほどとんでもなく悲惨な人生だったわけでもない(と思う)事も救いになっています。
みんなで見届けられたことも良かったです。
まだ少し落ち着きませんが、何とかやって行けそうです。

巧さん?:
今一度、SMAPですが(笑)。
帰りのバスで意気投合されたシンゴちゃんファンさんのお言葉は、正しくジャニーズファンなら誰もが思っていることでしょう。
でも、FC会員じゃないと本当にチケット取れないですもんね。。。
そう思うと年会費が惜しくても退会できません。
もう惚れた弱みです。←ここでもか!!!。
バレンタインデーの準備が滞りなく行われているのですね?
私はもう全くスルーでして、子どもにあげるから仕方なくあげるとか、嫌な妻ですよね〜〜。
巧さんステキだわ。
いよいよですね!!
ってか、まったくもって浦島太郎じゃ!!
今日ラニバチケ申し込み開始って事だけは忘れなかった自分、エライ(*`◇´*)/ 。

まぁ、この義父の病気が発覚して2ヶ月(たった2ヶ月で終わってしまったんだ。。。)本当に更新どころか情報も掴めずでしたが、ある意味最大問題の結果を見てしまったことによってこれ以降何か突発的な事件が起こらない限り私は参戦できるって事なんですね。。。

「命を天秤に掛けるって人間としてどうなの???」
な罪悪感を感じることなくポチる事ができたわけです。

はい。
2デイズで申し込みました。
土曜日は泊まりで日曜日は最終の新幹線に間に合うギリギリまで粘る!!。

さて、この2デイズに限っては数量限定と書かれていますが、皆さんどのように申し込まれるのでしょうか?
私は最初はなんとしても土曜日だけは行きたい!!って気持ちが強かったので保険の意味で相方さんに土曜日オンリーを、私が2デイズをそれぞれ2枚ずつと言うことで申し込んだんですが、全プレって事もありなんでしょうか???

あまりに久しぶりで読めません。。。。
もし土曜日がダブったらどうしましょう〜〜〜。。。

それからほんとうに久しぶりに巡ったお友達ブログでkazueちゃんち皮算用(←ぽち)に行ってきたら、天文学的出費計画が書かれていて、血の気が引いた私です。
怖ぇ〜〜〜〜よ。ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル。

いや、これ、一度に請求が来ちゃうよね????
同じ時期になるんだよね???????
どうしたもんか。。。。
いや、待て。
それでもライブチケット代に関しては是非ともお支払いできる立場にしてくだされ〜〜〜。

さて、話は変わり、次女がディズニー携帯をディズニースマートフォンに変えると言うので携帯ショップに行ってきました。
私の(正確には旦那の)i-phone4のカバーも白ムックから変えたくてブルーを購入。
使い切れていないくせに形だけはVAMPS仕様にしたくて。
VAMPSじゃないや。HYDEだ。
   ↓


無地のブルーにHYDEISTのグッズシールをペタペタ。
メタモルフォーゼ完了。
さて、全く宝の持ち腐れ状態を何とかせねば。←ここ重要。

最後に。
舅にたくさんのお悔やみの言葉をありがとうございます。
体調がイマイチって言うようになってからちゃんと診察を受けるまで1ヶ月。
その間長男の結婚式には出席でき、12月の半ば「末期癌宣告」を受けて、それでも「生きたい」と願った舅。
1月には次女の成人式の晴れ着姿の隣で写真にも収まってくれました。
それからはまるで急な坂道を転がるように悪化して、ついには帰らぬ人となってしまったわけですが、
「言いたいこと言って、行きたいところに行って、やりたいことやって84まで生きりゃ、良い人生だったよ。」
と参列者の一人の方に言われて救われた思いがしました。
本当に3ヶ月足らずの闘病で、何のお世話も出来なかったけれど、今までのわだかまりや憎悪にも似た黒い気持ちが看病することで浄化できたのが嬉しかった。
私は愛情を持って弔うことが出来る自分が嬉しかったです。

舅のみならず私の体調まで心配くださって本当にありがとうございました。
ようやく明日から仕事復帰です。
そろそろHYDE復帰もしなくちゃ。


  



拍手コメお返事

巧さん:
脳天気なコメントなんて思いませんよ〜〜。
あの日は、あの日の日記の幸せな事だったんですから。
私も、まさかこんなに早くなくなってしまうとは思ってもおらず、それでもあまりの弱り方に途方に暮れていたこともあり、なかなか眠れず逃避できずの苦しい日々でしたから、かえって嬉しかったくらいです。
私のことを心配してくださってありがとうございます。
そしてSMAPファンクラブ〜〜〜。
実はこのFCに入ると、L'Arcがいかに良心的な経営で素晴らしい会報を会員に送ってくれているかがよく分かるんですよ〜。悲しいことに。
会員しかチケットが取れないから仕方なく入ってるくらいでライブなかったら辞めたいくらいです。(あ、これからなのにこんな事書いてしまってすいません。でもショック受けないで下さいね)

栄さん:
優しい言葉ありがとう。
私はよく泣いたよ。
本当に絵に描いたような嫁いびりを受けたことが何度もあるし、「渡る世間は鬼ばかり」を地でいくような環境だったから。
でも不思議だよね。あんな姿を見せられてまで憎み続けることは私には出来ないなって、あっさり浄化してしまいました。
それは私にとって幸せな事ですよね。
I'm so happyは心臓にくるような曲ですが、あの歌詞は本当に神の領域ですよね。
あの曲が舅の最期の時、ぐるぐる私の脳裏を巡りまた。

I'm so happyと思える人生。
舅が亡くなりました。

本当に職人気質で横柄で何かにつけて『オレがオレが』の人で。。。
とても愛せない人でした。
自分の考えが全て正義で、反論も別の観点もかれには『反逆』でしかなかった。

でも、最期は何だか可愛いおじいちゃんになっていました。

長女が病院に見舞いに来たんですが、長女の子をみて「ばいばい」って手を振ったんですよ。

青天の霹靂でした。
気むずかしくてそんなことする人ではなかったんです。

意識のあった最期の日が土曜日。
日曜日は呼吸器が付いていて、月曜日の月末を終えて直接病院に出向いたときには100%の酸素なんていう聞き覚えのないような装置付けられていました。

大きく口を開けたままの呼吸は本当に苦しそうで、うっすら開いたままの目はずっと涙目でした。
こんな苦しみのまま一晩過ごすのはかわいそうだと思ったり、それでも頑張れと思ったり。

不謹慎かもしれないけれど「I'm so happy」の歌詞が脳裏をかすめました。
「たったいま君たちに写るオレは とても苦しそうに見えるかもしれない」
「それでもどうか殺さないでくれ 本当に目を閉じてしまうまで。」
舅は目を閉じきりませんでした。
目をつむるにも筋肉が必要なんです。

その明け方近く午前3:46についに力尽きてしまいました。

舅にとって良い人生だったかな・・・。
最期の尋常ではない苦しみ方には心から同情したけれど、その後の安らかな表情には救われる思いがしました。
舅にとって最後の瞬間が[happy]であったら良いなと思う。
「I LOVE YOU」って慟哭できるような。。。。

2日に通夜、3日に告別式でした。
今日はあちこちに支払いに走り、何だかまだまだ落ち着きません。
この後は相続関係で書類集めが大変そうです。

この慌ただしさの中で舅がいないことに慣れてくると良いな。。
あらゆる意味で大きな人だったので色んな喪失感も生まれます。

「殺しても死なないタイプ」と思われるような人で怒りにまかせてよく怒鳴られた。
この人達のためになんか絶対泣かない。
って元気なときは何度も思わされたけど、結局は号泣でした。
ひ孫を見て涙を流した舅を見たとき、
「終わりゆく人生と始まったばかりの人生」
が交差する自然の摂理を見た思いがして切なかった。

今はただ安らかにと祈るばかりです。

そんなこんなで本当に慌ただしく、お友達ブログもお邪魔できず申し訳ありません。
お返事もうしばらくお待ちくださいね。。。


  




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。