スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィギュアスケート@高橋大輔。
はい。
もういくら何でも全部見たでしょ????
って言われても無理はないFLA2。まだです。

いいの。
楽しみはちびちび、くどくど味わう人だから。
いや、単に通しで見ていないだけで、それなりに同じシーンばかり繰り返しているだけ。


さて、2011年は東京大会だったはずのフィギュア世界選手権大会。
ロシアに代替えして、一ヶ月遅れの開催になりました。

開会の式典に震災に対してのいたわりが伺えて嬉しかった。
パトリックチャンの加速度的な成長を見せつけられて、ほんのちょっと前まで4回転を飛ぶか飛ばないかで論争になってたのが嘘みたいな高技術の争いでしたね。
じゃぁ、そっくりそういう部分をちゃんと女子にも取り入れてくれ。
ちゃんと難易度の高いジャンプに対しては正しい評価をしてくれ。
これまた高橋大輔とキム○ナがカラーとしては同じ匂いがしてしまうからジレンマです。

スピンが弱いのは膝の関係で仕方ないと思う部分もあったけれど、レイバックがあるし大丈夫のような気もしていた。
でもルール改正でそれだけではすまされなくなっちゃったとか、コレオステップのウェイトが変わってきたしまったりとか、ちょっと流れが違ってるんだろうね。。。。

昨年の「道」が本当に素晴らしかったから、あれをしのぐストーリー性を持たせるのは難しいんだろうなと思ってた。
初めて今年のショートとフリーを披露したときの海外の実況が内容に落胆していたんだよねぇ。。。
完成度が高ければ大丈夫と思っていたけど、結局ほぼ完璧だった四大陸選手権でも去年のような高得点をたたき出すことはできなかった。

しかしながら今回のトラブルの後の高橋大輔の選手としての態度は素晴らしいと思った。
人間として完成されてると。
彼はオフだとちょっと女性っぽいと思う。
熊川哲也を訪ねたときのTV番組でのはしゃぎ方とか可愛いかったよね。
偉大なスケーターとしてのオーラがちょっと薄い。表情が豊か。(まぁ、これは演技でもそうだけど)

でも、心意気は男の中の男だね。
オリンピックのプルシェンコとライサチェクの論争に話を振られても、「こうあるべき」のようなことは一言も言わず、それでもちゃんとトライした。
そこが彼の尊敬できる男らしさだと思った。

キム○ナと演技アピールや表現が近いとは言えリンクを降りてからの態度は天と地ほども違うわね。
「すごいね、キム○ナって。」←良い意味では無いよ。
って言った私にキム○ナの演技がすごく好きな次女
「すごい態度でも良い立場の人だもん。」←もちろん良い意味では無い。
ってお返事。
いや、だから、そういう人こそ謙虚だと印象ががらっと変わるのになぁ。まるで沢尻○○カみたい。
「私は演技する上での人間性を必要要素として感じてないから。」って。
それは分かる。
どんな人間であれ、披露される演技が素晴らしければやっぱり憧れるに値するよね。
私だってキム○ナの演技力も切れの良いスピードも流れも好きだし、滑ってる彼女はだいすきだ。

「自分が悪い。」
高橋大輔の潔さ、本当は悔しくて悔しくてたまらないだろうにさばさばした受け答えに感動した。
「このままじゃ終われない。」
って現役を引退しないという彼の心意気が嬉しかった。
「引退」について「引き際」を熊川哲也と話していた彼。
ミスのない演技をしてそれでもポイントが取れなくなったら、そしてそれが納得して終われる演技だったらそこが彼の引退の時なんだろうな。


   

スポンサーサイト
何としても行きたい気持ち。
本当に無かったんですね。チケット。
私は一般に余程残してあるんだと信じて疑わなかった。

「あっ」
という間に予定枚数を終了しましたってなったんだろうなぁ。
3年待って、待って、待って、やっと4人揃った彼等に会えるって喜びが萎んでいく様子が想像できます。

音漏れに行こうかってカキコミや、グッズだけでも買いたいってカキコミを読むと救われたような思いがします。
反対に既にだーだー出品されているのを知って悔しい思いがわき上がります。
どこかにレーダーがあって本当に行きたい人の抽選なのか判別できたらいいのに。
そうすれば出品者の人数分落選した人の中で当選者が出るのに。
とにかく、営利目的なのが悔しい。
義援金になるのは、そのもうけ目的の出品者のお金だってことが。

諦めきれない想いが入札数に見て取れます。
いけないと分かっていてもその気持ちは理解できる。心から。
ってこれは私がそう思うって事です。
ディスカッションしたいわけじゃないのでこの部分に関してのクレームは受け付けません。


さて、巧さんからつよぽんの記事の情報いただきました。
「ご存じかと思いますが」
いやいや、全然知りませんでしたよ〜〜〜。
中日新聞とってるのに。←いかに新聞を読んでいないか丸わかり。
本当にありがとうございます。
資源回収に出す前に無事救出いたしました。
  ↓

 冗談みたいに画像がでかかった〜〜。

実はこの本買ってないんですよ。
つよぽんの想いがこもってるのに。
しかもこの翻訳本がそんなに売れてたなんて知らなかった。

時々彼の毎日ってどんな風なのか興味を持つんですよ。
一般人では考えられない忙しさでしょうに、その合間合間にこういう力を付けていることが素晴らしい。

どちらかと言えば受け身の草食系にしか思われない彼の情熱を、演技ではない別の部分で知らされる。
アイドルの寿命を考えたときのタレントさん達はどういう部分に生き残りの活路を見出すのか。
それこそおろそかに時間を空費してはいけないって言うかの校長先生のメッセージを思い浮かべ、彼の向かう道がある意味後続の指針になるのではないかな〜と思うわけです。

さて、リンカネ、また火に続きグランドクロス攻略中です。←って事はまだ全部見ていないって事です。ははは。。。。

ラメ入り黒のハイネック。
私が名古屋金城ふ頭初日でみたhydeさんはこれでした。
細い首。
細い胴回り。
細い腕。
細い足。
信じられないくらい儚げで。←今となっては笑える表現。
なのにその喉から発せられる「声」はとてつもなく力強いものでした。

暴力的にも思える乱暴さで。
このまま最後までこの声量が持つのか喉が保つのか???なんて不安を感じたりもした出だしでしたっけ。
なのに最後までhydeさんの迫力はこのままでした。

私は隅の2列目だったんですが、その後ろに男ばかりの3人ぐらいのグループがいてすごく興奮していたのを思い出します。
「すげ〜よ。オレ。3列目にいるよ。3列目でhyde見るんだよ!!」
当時普及し始めの頃の携帯電話で友達に電話してた。
曲の合間合間に
「誰だよ。hyde歌が下手だっていったヤツ。すげ〜じゃん。すげ〜〜じゃん。」
ってみんなで盛り上がってたっけ。
自分の場違いさに身を縮ませていた私が唯一ほっこりしたひとときでした。
彼等の興奮した様子に聞き耳を立ててにんまりする、怪しいオバさんでございましたの。

グランドクロス。
「明日会おうぜ。」
「お〜!!」
って明日は私は来られないんだよー。
なんて切なくなった初めてのL'Arcライブでした。


  

拍手コメお返事

巧さん:
ありがとう〜〜〜〜。
間に合ったわ〜〜〜。
全然知らなかったのこの記事。
つよぽんに関して私のアンテナは相当錆びています。
また情報ありましたら教えていただけたら嬉しいです。
リリス。
私も今回はスルーです。(お金が〜〜〜)
お互い誕生日が近いんですね。ねだっても私の旦那様も無視でしょう。きっと。(泣)


やっと届きました!!!VAMPSシェルケース
どうやら2日前に届いていたらしい。
「おい、喜びそうな物が届いとる。」
「お?」
ってな感じで受け取りました。

VAMPSオリジナル特典シェルケース
   ↓


早速装着!。あ、爪がギザギザだわ〜〜。
   ↓


でも、もったいなくてすぐに外しちゃった。←貧乏性というか、ただのコレクター??
気になるシリアルナンバーが「0036」

これは結構ラッキーなんですかね???
一つでも「6」が絡めばって。。。あ〜、イタイったらありゃしない。

肝心のケースの感想ですが。。
うん。
もったいなくて使えない。←これで察してくださいませ。

残すはラピニュグッズよ!。
アーティストデリ、力一杯頑張ってくれ。

そうそう、ようやく支店配属された新人ちゃん。
今は仕事の流れを憶えるのに必死な状態ではあるんですが、BSでやったABCライブ(ブラックリストとリバース)両方DVDにしてあげたらとても喜んでいました。
ウチのHDDに入ったまま1度しか観賞されていないyasuさんもこんなにかわいらしいファンが見てくれて本望でしょう。
あ、彼はHYDEさん以外は可愛いとか可愛くないとか関係ないのか???
いや、おっぱい星人らしいからグラマーな人は好きなのか????

彼女、ABCの曲なら殆ど歌えます。今度カラオケご一緒しましょう!!ですって〜。
いや、私はどちらかというとラルクを宜しくお願いしたい。
な〜んて食事時間に語りました。

B'zファンの職員さんが転勤してしまってがっかりな職場が再び楽しみな場所になるカモです〜〜。
ヲタ話ができるってマヂウレ━━(*´∀`*b)━━シィ!!!!


  


拍手コメお返事

巧さん:
私もようやくリンカネに続き「コニファー」見ましたよ〜〜〜。
本当ですね〜〜。hydeさんのギターソロはパンクでないと聴けない!!!。
だから早弾きがうまくいくと拳を握ってしまう気持ちすごくよく分かります。
ってか私も同じ気持ちです。
5枚一通り見たらきっとこの富士急は何度も見てしまいそうな気がします。
単発また火DVDも何度も見たっけ。って思出しました。今更。

iPhone4のVAMPSケースとまた火のマイハ

   ↑
たまたま見ていたバラエティ番組で二重に掛かる虹の映像があって思わず撮った写真。
記事内容とあまり(ってか全く)関係ないんですがせっかくなので載っけておきます。

昨年12月、ただただVAMPSシェルケース欲しさに契約した(旦那が)iPhone4。
まともに使いこなせないうちに月日は過ぎているわけですが。。。
ちょこちょこ届き始めているようじゃありませんか〜〜〜。
ウチはまだです。
つい最近ディズニースマホを契約した次女の特典ケースの方が先に届いてますがな〜〜〜。

ツイッターに画像載せてくれている方がいて見てきたんですが、当初のデザインとはちょっと違っていますね。
あながち先日問い合わせした内容(アーティストが納得いく仕上がりになるまでもう少し。云々)がプレゼント事務局の言い逃れじゃなかったようで安心しました。←

だってラピニュグッズも届いてないし(やっぱりクマがネック??)忘れられてるとか漏れてるとかいや〜な感じで不安になるんだもんなぁ。。。

あ、VAMPSアプリの存在も昨日ようやく知りまして、無料だったので登録。
いや、何か美味しいエサがあればホイホイ食い付く根性はあるんですけどね。
これがなかなかよろしくて、写真をクリックすると画像が大きくなったり、BEAST画像をクリックするとジャケットが回転してレボリューションがほんのちょっと聴けたりするんですよ。
マンプスの裏表紙に載ってたのはこのアプリの事なのかしら?????
それとも他にあってあのアニメの2人が出てくるのかしら?

情報がもしあればどなたか教えてくださると嬉しいわ〜。
あ、そうそう、マンプスと言えばweb書籍って事で1冊700円で買えるんですね〜〜。
いや、紙で持ってるのにその上webで購入する必要はないんでしょうけど、いつでも手元に持っていられると思うとちょっとくすぐられます。


それからようやくまた火を見始めています。
いやぁ。。。。
マイハってL’7で聞いたときの記憶に塗り替えられてしまったんだけど、そういえば後ろのスクリーンに電光のバレリーナが踊っていたんでしたね。。。。
この歌を聴くとき,L'7の思い出の前に、ちょっと切ない思いが蘇っていたのがなんだったのか。。。。

そうだ。。
次女がバレエを辞めるってタイミングの時だったかからなんだって思い出したんですよ。。

パッセ、パッセ。ジュテ。グランフェッテ、イタリアンフェッテ。
このバレリーナのバランスが大人の完成されたボディじゃないかったことが、すごく嬉しくて。
少女なんだろうな。もしくはちょっと頭の大きな女性。(頭が大きいのはバレリーナとしては欠点)
チビの私より小さな次女。
人間関係がこじれて病みそうで辞める決心をしたんだっけ。

本人も私も辞めるなんて思ったこと一度もなかったのにね。
大きくなるにつれ、体の欠点(足の長さや、足首の柔らかさ、甲が出る出ない)をコンプレックスに、それでもそれを補う表現力を磨く努力を惜しまない子だったんだけど。

いやぁ。。。
切ないですが、今となっては良い思い出です。
マイハの印象が今はそんなに辛くない。
時間って優しい癒しなんだな。。。。





  
きらきらなhydeさんとやっと『タモリ倶楽部』放送。
通しで見たのはまだリンカネだけなんですが、所々目にしてるFLA2。
京セラL'7のどこかVAMPSにシフトチェンジしてる感じの歌い方を東京ドームの丁寧さと比較してしまうあたりイタイな。
いやいや、彼はそんなつもりはなくてもそう思ってしまうのがファンの切ないところです。。

いよいよ帰ってくるんだな。
この綺麗な人達。
なんて言うかうずうずしてくる。

特にL'7は一番近いライブだし、これで3年は見られないんだって言うちょっとした刹那を味わっていたので、当時の日記を読み返しても甘酸っぱい。
その前に旦那とトラブルがあったし余計。
私必死だったんだな。。。。

3年の間に死んじゃうかもしれないと思っていたし。
何の障害もなくラニバにたどり着けるのか???って幾ばくかの不安があったんだよね。。。

そんな中での京セラですよ。

SHINEのhydeさんが煌びやかで美しくて、
「あれ???こんな輝いていたっけ???」
なんて記憶を辿ってみたけれど、何か違う感情に支配されていたのか殆ど憶えていないと言うていたらくでございます。
それにしても綺麗です。
ほくそ笑む表情もどこか尊い人のようで目が離せません。
「瞳はさらわれ」たまま。。。。
私、どんな気持ちでこのステージ見ていたんだろう。。。。
泣いていたんだろうか?
震えていたんだろうか?
3年を長いトンネルのように感じていたことだけは確かです。


それとようやく愛知県でも「タモリ倶楽部」オンエア。
いったい何週間遅れ???
ん?月遅れ????
めちゃ寒そうで、ず〜〜〜っと正座のkenちゃんが足がしびれたのかスピーカーに近寄ってこないのが笑えました。
いやぁ、静かですねぇ。。。
ってか、特別扱いしない「タモリ倶楽部」すげぇ。と思いましたけど。
そういえば前の出演の時もkenちゃんおとなしいな〜〜って思ったんだっけ。
バラエティ的にどうなのよ???って。

そんなkenちゃんのご機嫌を伺いながらいつもライブしてたって言うhydeさんのインタビュー、ちょっと思い出して、L'Arcの中では一番起伏のない穏やかな人のように思っていたkenちゃんが実は結構な激情家なのを知ったんでした。
まぁ、でなきゃあんなドラマチックなメロディラインは書けないね。

ライブも新譜も楽しみです。
ディズニーランド再開も良いニュースでした。
原発も早く落ち着きますように。。。




拍手コメお返事

巧さん:
良かった〜〜〜。
DVD無理してでも購入してもらって満足していただけたら本望です〜〜。←売り子??
だって絶対後からの方が高騰しそうですもんね。。。FLA1がもう手を出せない価格。。。
それからでんちゃんにエールをありがとう〜。
最近ではまめちゃんが本領発揮してきてでんがマウンティング体制に入ろうとすると吠えまくって撃退しています!!。
基本♂の方が気が小さいのかとちょっとびっくり。ぷぷ。
ご主人様に褒めてもらえるような可愛い2匹が撮れたらすぐにアップしますね〜〜。

今心から思うよ。hydeがんばれ!って。
今日は週休。
家業も水曜日お休みなので舅に多額のお香典をいただいた先に忌名志を届けに次女と犬連れて遠出の私達夫婦。
次女の大学が「愛・地球博記念公園」のすぐ隣なので次女が身体検査の間ワンコ2匹と公園でお散歩してました。
この公園は「サツキとメイの家」があったりスケートリンクがあったり、犬が入れたり(公共施設はNGですが)で時々大学に娘を連れてくると遊びに入ります。
今日は未来の浅田真央ちゃんがリンクで練習していました。
園内は綺麗に整えられていて、ぽかぽか陽気で花もきれいに咲いていました。





2枚ともまめちゃんです。
でんろくはカメラを向けると逃げる〜〜。

のどかな気候にぼんやりしていて、ふとラジオのニュースで現実を知るんですよね。。。
1ヶ月経ってもまだ余震や放射能に怯えて暮らしている人達が大勢おられるのがたまらない。

それでも嬉しいニュースが。
福島のラル友さんちにも無事FLA(これをフライングラルクアタックと読んでしまうのは私だけ?)2届いたそうです〜。
良かった〜。
ama○onさんからキャンセルされたと聞いたときには「はいぃぃ??」って思ったんですが、他から買えたって。
うんうん。
何でも良いんだ。
別にラルクじゃなくたって。
HYDEさんじゃなくたって。
被災地にお住まいの方達の気持ちが高揚する材料は何だって良い。。
でも、それがラルクファンで、このDVDで意気が上がるとか、ラニバがある!って事が支えになるって聞くと本当に嬉しい。
それこそこのタイミングでこういう節目に彼等がいて心の拠り所になってる。

余震や原発問題を乗り越えてやってくるんだ!!。
何が何でも楽しもうね!!!。



リンカネは他とは違う。
バンド活動を休止せざるを得なかった期間の後ファンはどんな思いでこのライブを待ったんだろね。。。。
残念ながら私はこの頃の彼等を知りませんから、「リンカネ」に対して思い入れはないです。

ただ、そのときのファンの気持ちは痛いほど分かる。

はい。
ようやく「1997 REINCARNATION」見ました。
そして私が読んでいたロックとも芸能とも全く関係ない雑誌で「L'Arc〜en〜Ciel3人で活動再開」って記事を目にした時のことを思い出していました。
(再始動の最初の頃まだユッキーが正式メンバーになるって決まっていなかったんですよ。)
そういう意味では、一般雑誌でも無視できないメジャーなバンドであった事に間違いはないわけです。

ただ、その頃は私自身がどんな理由で彼等がそういう事態になったのかなんてことに興味もなく、そもそも存在そのものもその記事で知ったくらいの浅い知識でございました。

メンバーみんながどこか幼くて一歩を踏み出せた喜びみたいなものを隠そうとしない良いライブです。
最初と最後で2回演奏された虹。

「REINCARNATION」
正しく再生。
正しく輪廻。

なのにhydeさんのMCが感動的なんだかアホっぽいのかわかんない。(バンド存続の危機を知らなかった残念なファンであるために。)
言葉を選んでいるから同じ事を繰り返す。
何を喋って良いのか分からないのか、ただのMC下手なのか。。。

この頃のhydeさんがシャイだったと聞くと後者なんでしょうね。
で、そんな精一杯だろうMCについて行くファンがすごくステキに思えました。
ああ、良かったね。
彼等がようやく帰ってきたんだね。

ユッキーを認めさせたくてステージを引っ張り回したてっちゃん。
その頃は認めないファンが敵に見えたのかな・・・・?
それっぽいことインタビューで答えていましたね。GIGSだったかな。
どこかファンに対して好戦的なてっちゃんが満面の笑みでユッキーを紹介しています。
「これからは彼がL'Arcのドラマーです。」
って感じに。。
そうして動き出したラルク。
これからまた歴史が生まれるんだね。。。。


さて一週間が始まります。
月曜日はいつも憂鬱。
でも、一枚一枚DVDを見ていけると思えば頑張れます。


  


拍手コメお返事

巧さん:
あぁ、分かります。
VAMPS新聞のK.A.Zさんのインタ、私も同じように思いますよー。
これはHYDEファンだからこその感情で、K.A.Zさんファンには理解できないでしょうね。。。
で、もっと濃厚なHYDEファンはK.A.Zさんが何を答えても気にならないからノープロブレムのようです。
そこまで達観できないから振り回されちゃうんですよね。。。
わわ。
もう一つのバンド、チケット取れなかったんですね。。残念です。
その分がDVDに回ったと思えれば良いんですが。。。
まだしっかり見たのは一枚目だけですが、これはファンならばこそ価値の分かるものですから〜〜。
FLA1のとてつもない値上がりを見ると買っておいた方が後々後悔しなくて済むんじゃないかと思います。
今、私自身1を買わなかったこと後悔していますから。。。
「やちゅりん」とyasuさんを呼ぶ新人ちゃん。
ぎゃ〜〜〜。
なんてこと!
なんてこと〜〜〜!!

ラルヲタでさえ一般には案外マイノリティだと自覚しておりましたが多分その数段上を行く(と勝手に思っています)マニアックなお嬢様が〜〜〜。

そう、昨日は歓送迎会だったんですよ。
支店長、外交役席、融資係の3人が転勤していき、支店長、外交役席、テラー係が転勤して来ました。

さて、4月1日の辞令の後、ずっと新人研修に行ってる新入社員の女の子も交えて総勢18名(少な!)の歓送迎会。
その2次会で衝撃的な事実が!!。

私のラルク好きはもう支店全体で周知になっているんですが、今度大卒(大学が次女と一緒!)で入社した女の子ABCのファンだったんです〜〜。ヽ(・∀・)ノ ワチョーイ♪
「私、yasuのファンなんですよ〜。」
ってそれ、いきなり何のカミングアウト????超衝撃っす!
おまけに「やちゅりん〜」とのたまわりましたよ。彼女。
「ラルク大好きです!。HYDEさまかっこいいです〜〜。」
って。
おべんちゃらでも何でもなく本当にその後のカラオケでドラハイ2人で熱唱してしまいました。
さすがにアシッドブラックチェリーは遠慮しましたが。
浮かれすぎて若干周りから引かれました。
空気を読まずにすいません。
月曜日からの出社がちと心配。

いやぁ〜。
楽しい支店になりそうだわ。←働く意識に欠けてるとか?。
彼女、つかみはOKだぞよ。

って事でFLA2、まだ一枚も見ていません。
今日は絶対観賞したいです。


  


「FLA2」キタ━━━━ヽ(゚Д゚ )ノ━━━━!!とか青木さんの衣装とか!!。
いやぁ、昨日の引っ張って引っ張って引っ張って3時間〜〜。
で、ラストにL'Arcってすごい〜〜〜。
嬉しい〜〜。
な「ものまね」見ました!。

みんな(私含む)まだぁ?まだぁ???って待ってたよね!。

出てきたときにhydeさんの衣装だってすぐ気付いたファンも多かったのかな???
私はどこかhydeさんの衣装なんて着られる人いない(縦も幅も)って思い込んでいたから
「上手に衣装までマネするなぁ、お金かかってるなぁ〜。」
な〜んて青木さんの熱意に感動したんでした。

あら、借り物だっのね。
でも、この収録が結構前だったって事は、あのyasuさんやDAIGOさんの日記で載ってた居酒屋の写真の時話が出たんでしょうか??
「神々の祝宴」(とか書いてあったんだっけ?私の思いこみ?)
って、ただの飲み会なだけじゃなくてそういう話もしちゃうのかな?
「次の収録でL'Arcやりたいんですよ〜。」
「あ、じゃぁ、衣装かしてあげよっか〜?」
「いいんですか〜〜????」
な〜んてね。
あの写真のどこか子ども子どもしたまん丸い顔のhydeさんを思い浮かべちゃったりして。
プライベートで青木さん??ってちょっと思ったので、ハロウィン以来仲良しなのかビジネス込みなのか。
とか、色々妄想させていただきました。

いいなぁ〜〜〜。
いいなぁ〜〜〜〜〜。
hydeさんの衣装か〜〜〜〜。

さて、我が家にもようやく「FLA2」来ました!!。
でも、全然見られず。
今日は今日で歓送迎会だから多分見られず。。。。
あんなに待ち遠しかったのに〜〜〜。


それからVAMPS新聞読みました。
K.A.ZさんのインタビューにHYDEを探すHYヲタなんだって事を再確認。
あぁ、やっぱり切なくなるなぁ。。。


  


DVDどころかラピニュグッズも来ていませんが?
いいな〜〜〜〜〜。
ちまたはL'7だ、リンカネだ、富士急だと盛り上がってますよね!
ウチはようやく今日発送メールが来たくらいで、この調子だと7日位なんでしょうか??到着は。

あ。
あら、ヤダ。
ちゃんと延期された発売日にあってるじゃないの。
しかもキャンセルされるかもしれないなんて恐ろしいメールもamazonさんからいただいていたから、来るてことなら良しとするしかないのね。
何だか寛容だわ。
これは手に入らないかもしれないと脅された後だから「送っていただけるなら待ちますとも!」と沸点が思いっきり下がっているからなんですね。きっと。

もう、状況としたら「買います、いや、むしろ買わせていただきたい。是非とも。」って言う情けなさでございます。

いや、このイヤミっぽい書き方、今日「それは私のせいじゃないです。」と声を大にして言いたいクレームが私に付いたことで腹が立っているからで(これが付けられると苦情トラブル報告書に名前が載ってしまうのだ〜。怒。)amazonさんやL'Arcさんにはなんの怒りもございません。
単なる八つ当たりです。ペコ。

DVDが素晴らしいみたいですね。
ああ、待ち遠しい〜〜〜。
明日週休のはずが人事異動の余波で(あ、私は移動はありませんでした)金曜日になったので、これは3日間でゆっくり見ろと言うことかしら???
家業があるとそれもできないんだけどね。
でもL'Arcちゃん達に慰めて貰おう。
楽しみにして待ちます。(結局はそこに落ち着くんならいちいち愚痴るじゃないって感じ?)

それより、ラピニュグッズがまだ来ません。
ラルかるた、ポスター、ストラップ、パンフレット・・・・・。
そしてそしてダンシング ベアー スピーカー。←もしやこれがネック?
発送メールすら来ていませんが、支払いだけは既にカードで引き落としされていますよ〜〜。
ちょっと〜〜〜。ARTIST DELI〜〜〜。
せめてどうなっているのか聞きたくて電話をしたらず〜〜〜〜〜っとお話中。
5時5分に繋がったら音声ガイダンスで営業時間の案内をされ。(有料電話のクセに〜〜)

はぁ。。。
最近ツイてないのです。

厄落としにちゃんと届いてるVAMPS新聞を読みます!。


  


狩野さんの(理解されない)ファン心。
いや、「お願いランキングGOLD」をたまたま見ていました。
いつも見ないのでルールがよく分からないんですが、ヤング、ミドル、アダルトの3つの世代がそれぞれの世代のハマリ物をプレゼンして、プレゼンした世代とは別の2つの世代に共感してもらえたらストライク、1つの世代に共感してもらえたらスペアとかボーリングのルールでストライクをカウントするって事なんですね。

今回はそれぞれの世代の青春時代のハイになれる音楽。
狩野英孝さん、何と10投目にL'Arcのドラハイをプレゼンいたしました。
「やった!。いいぞ!イケメン!」
とかルン!てなりました。
PVも長目に流れて。。。。

なのに。

なな、なんと!!他の2つの世代からスルーされ、ガターでございました。
ムキィィィィイ━━━━━(#`Д´)凸 !!!

爆笑問題の太田さんなんか嘲笑でしたし。
河本さんは「ラルクは格好いいけど選曲ミス」とか〜〜〜!!!
これはイケメン狩野さんがプレゼンだからここまで言われちゃったんだろうけど。。。

 ↑
必死にL'Arcを擁護するも「お前の青春なんてどうでもいい!」と太○に断罪された狩野英孝さん。哀れ。
折に触れ思い出すのは「ビジュアル系」と言った言わない、怒って帰った帰らない。
のポップジャム事件ですよ。
太○さんしつこそうだからなぁ。。。って私の思いこみなら失礼。

人間、飛ぶ鳥を落とす勢いの時こそ頭を垂れていなくちゃいけないんだよねぇ。。。
そのときはそのときで我慢できないポリシーに反したことでもさぁ。。

これがスノドロだったらどうだったかなぁ。。
あのときの奇跡のような少年hydeさんだったら結果は違ってたかしら???
それかGTOを映像に持ってきたら。。。
そうか、この辺がプレゼン失敗なんだねぇ。
狩野さんお人好しすぎて押しが弱い。うん。

ただし、確かに狩野さんの心の最終フレームにドラハイがあったからこその最終レーンだと思うと狩野さんの青春は何も間違ってないし、ハイになれる曲ならこれが一番だと思うからファンなら諸手を挙げて共感なのに。(私のようなアダルト世代でもね)

あぁ、理解されないって寂しいっすね。

でもいいの。
こんな風に取り上げられるのは私的には嬉しいことです。←強がり。
一般に認知される楽曲がHONEY以外にもちゃんとあるって事が証明されたことに間違いはないって事で。
大きく譲歩して。ですよ〜。o(TヘTo) くぅ (泣)

それにしても狩野さんのポイントは素晴らしくアップしました。私的に。
この人が何を言っても「本当に好きなんだな。」って分かるよね。
VAMPSハロウィンの時に「ディスト」が分からなかったのは彼がVAMPSじゃなくて(彼の青春の時の)L'Arcのファンだったからに違いないわけで。

  

  


拍手コメお返事

巧さん:
そう言ってもらえて嬉しいです。
このコラムを読んだとき、私絶対娘にこれを読ませたいって思ったの。
で、寝ぼけ眼の娘に読ませたんです。
彼女は今大学生で思いっきり対象の子だから。
「間違いない。うんうん。本当だね。」
って言ってた。
折に触れいくつになっても生きる道しるべのような文章に出会うのは素晴らしいことだなって思いますよね。
それから転勤ですが、私はありませんでした。
本当に環境が変わるのが辛い年頃なので嬉しかったです。
ご心配おかけしました〜〜。

卒業生に贈る校長先生のメッセージ。
震災の影響で卒業式を自粛した立教新座高校の校長先生が卒業生に贈ったメッセージ。
これが話題になっていたのを、私は職場の回覧(笑)で知りました。

その内容がすごく心に残ったのでちょっと載っけておきます。

以下原文抜粋なのでドラッグしてください。
 
大学に行くとは、「海を見る自由」を得るためなのではないか。

 言葉を変えるならば、「立ち止まる自由」を得るためではないかと思う。現実を直視する自由だと言い換えてもいい。

 中学・高校時代。君らに時間を制御する自由はなかった。遅刻・欠席は学校という名の下で管理された。又、それは保護者の下で管理されていた。諸君は管理されていたのだ。

 大学を出て、就職したとしても、その構図は変わりない。無断欠席など、会社で許されるはずがない。高校時代も、又会社に勤めても時間を管理するのは、自分ではなく他者なのだ。それは、家庭を持っても変わらない。愛する人を持っても、それは変わらない。愛する人は、愛している人の時間を管理する。

 大学という青春の時間は、時間を自分が管理できる煌めきの時なのだ。

 池袋行きの電車に乗ったとしよう。諸君の脳裏に波の音が聞こえた時、君は途中下車して海に行けるのだ。高校時代、そんなことは許されていない。働いてもそんなことは出来ない。家庭を持ってもそんなことは出来ない。

 「今日ひとりで海を見てきたよ。」

 そんなことを私は妻や子供の前で言えない。大学での友人ならば、黙って頷いてくれるに違いない。

 悲惨な現実を前にしても云おう。波の音は、さざ波のような調べでないかもしれない。荒れ狂う鉛色の波の音かもしれない。

 時に、孤独を直視せよ。海原の前に一人立て。自分の夢が何であるか。海に向かって問え。青春とは、孤独を直視することなのだ。直視の自由を得ることなのだ。大学に行くということの豊潤さを、自由の時に変えるのだ。自己が管理する時間を、ダイナミックに手中におさめよ。流れに任せて、時間の空費にうつつを抜かすな。

 いかなる困難に出会おうとも、自己を直視すること以外に道はない。

 いかに悲しみの涙の淵に沈もうとも、それを直視することの他に我々にすべはない。

 海を見つめ。大海に出よ。嵐にたけり狂っていても海に出よ。

 真っ正直に生きよ。くそまじめな男になれ。一途な男になれ。貧しさを恐れるな。男たちよ。船出の時が来たのだ。思い出に沈殿するな。未来に向かえ。別れのカウントダウンが始まった。忘れようとしても忘れえぬであろう大震災の時のこの卒業の時を忘れるな。

 鎮魂の黒き喪章を胸に、今は真っ白の帆を上げる時なのだ。愛される存在から愛する存在に変われ。愛に受け身はない。


以上HPから引用。
この後ももう少し続きます。

この学校は卒業式を執り行わなかったけれど、例えば卒業式で同じ事を校長がお話しされたとしたらそのメッセージを心にとめられる生徒は何人いただろうか。。
HPがある学校だから、式典があっても同じ祝辞を載せたんだろうけども、一度聞いた内容を活字で読み直そうとする生徒は果たしてどれだけいるのか・・・・?。

言葉は記憶から流れてしまう幻のようなものだと思ってる。

すてきな一文のみを憶えておけば間違いはないのかもしれないけど、その内容を知ったときの感激を忘れたくないと思う人は大勢いるんじゃないだろうか。。。

何だか自分がこうして自分の想いをブログに書き留めたいと思うのもそれに近いんだよね。

それにしても印象に残るフレーズがぎっしり詰まってる素晴らしいメッセージだと思う。

大学生だけなんだね。
自分が時間を支配できるのは。
それについて「時間の空費にうつつを抜かすな」と警鐘を鳴らす。
自分が費やす時間を無駄にするなと。
「愛される存在から愛する存在に変われ。愛に受け身はない。」
まだひ弱な子ども達に能動的になることを促してる。
待っていてはダメなんだと。
ああ、これは本当に素晴らしい一文だよ。

常々自分の娘が甘ったれてると思ってる。
私自身が揺すぶられた気持ちになる言葉でした。

全文読まれたい方は→こちら

いよいよ4月です。
もしかして転勤になるかも???(パートでも転勤がある信金なの)
ちょっとドキドキなせいらでした。


 

拍手コメお返事

巧さん:
まずは29日のチケット当選おめでとうございます。
良かった〜〜。
笑っちゃうくらいオバさんですがお会いできたら嬉しいです〜〜。
驚かれませんように。。。ビクビク、、。

バクマン!!
わわ。コージーそんなヤツなんですか??いや、おおよその見当は付いていたけども。。。う〜〜ん。。
これはちゃんと見なおさなくちゃ。HDDに保管されたままだから。
次が最終回な事だけは予約確認画面で知ってはいたんですが。。。ちょっぴりさみしい。
連載はまだまだ続いてますもんねぇ。。。

それからSMAPのアカペラ???
怖い〜〜。ちゃんと歌えてるかしら。特にナカイ君とかつよぽんとか。。。(失礼)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。