スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
富良野とかTDRとか東京タワーとかフィギュアとか。
もうめちゃくちゃですね。(笑)
レントゲンライブ無事に終わったのを知りました。
ツイッターでつぶやいてくださる参加者様の情報をリツイートしてくださるフォロワーさんのおかげで忘れ去ることもしなかったですよ。

幸せな体験は読んでいるこちらも幸せにするのか、まるで別世界だったので羨ましいとも思わず。
ただ、ただ、北の果てに行ってまで得たものがそれだけの対価に見合っていたことが嬉しかったのでした。
良かったね。
良かったね。


私はと言うと、前回も今回も実はそんなにとんでもなく行きたかったわけではないんです。
いや、はじめから「もしかして?」なんて条件を付けるってことすら考えられないくらい「北海道に行く」という選択肢がなかったんですね。。。(例えその人参がレントゲンであろうとも)
なのでいつからいつまでが参加募集期間だったのかも知らなかったって言うある意味おめでたい人だった訳です。

今回はレントゲンで特別な思いを持っているファンも大勢いらしたので、そっちの方が気がかりでした。
レントゲンを音響の整った素晴らしい会場で聴く。
それはそれはゴージャスだったに違いない。うん。
誰もが体験できるわけではないって言うある意味ファンを選別するかのようなやり方が、しかもそれがレントゲンだったって事にチクチク心が痛んだのです。

でも、それは僭越ながら「ショックを受けたファンを思うと」って事であって、私自身はどうだったかというと。。。。
案外平気なんですよ。
レントゲンはhydeさんがHYDEとして(いや、その頃はhyde表示でしたけど)独り立ちする(したい)ある意味L'Arcとの決別に近い印象があった頃で、正直急激にL'Arc熱が冷めていくきっかけになったアルバムでもありました。

その卓越した彼の才能とか、他者と相容れない世界観が素晴らしければ素晴らしいほど認めざるを得ない思いと切ない思いがない交ぜになってつくづく自分はL'Arcを「個」としては思えないリスナーだったんだなと思ったものでした。

時の経過は恐ろしいほど優しいのですね。

今ではここまで完成されて思いのこもったアルバムは早々無いなと思えるのですから。

とはいえ「好きで嫌いなアルバム」って言うのが私にとってのレントゲンの位置でした。
そこに込めたhydeさんの想いとか、どうでも良かったのです。
当時の一般のL'Arcファンだった私には。
でも、それを奥深く理解して大切に感じるのはファンにのみ許される特別な感情なのですね。
そこに揺さぶられ感動して深く深く心に刻んだL'Arcファンではなかったリスナーも大勢いらしたのですから。

今回の富良野。
富良野を選んだのはレントゲンの世界観が一連の倉本聰作品の持つ世界に近いからなんだろうなとも思うのです。
それはファンがそう思うって事じゃなくてHYDEさん自身が似た部分を探してるって事で。
いや、知りませんが。ここまで富良野に思い入れがあるのはHYDEさんの心のどこか深い部分が富良野を選ばせているとしか思えませんモン。ってことで。

いま、アーリーのブログ読んだら「あ、スケボーやりたかっただけ?」ともちらりと思ってしまった。
スイマセンHYDEさん。


ともあれ。
無事に終われたことを感謝します。
次は何?30日でOK??


さて、ワタクシ23日にTDRに行って参りました。
いやリゾートじゃないね。ランドだけです。
水曜日が我が家の定休日、たまたま祝日と重なったので殆ど思いつきのように。

実はちょっと疲れてる。
職場でも実家のことも自分の家のことも。
少し息抜きしたかったの。

で、旦那の運転でGO!。
晴天にも恵まれかなりの混雑のクリスマスデコレーションのランドに。
クリスマスって良いな。
大人でも幸せになれるよ。
ホリデイナイトメアのホーンテッドマンション。
ファストパスとっていたのに、時間に乗り遅れて70分まったりして。←バカ。
でも、おかげでいつも素通りしちゃう凝った作りのスタンバイスペースが感動的に素晴らしいことを再発見したりして、実は待つって事はそんなに嫌な事じゃないって思ったりもしたのでした。

そして6月に行ったときに観てドナルドの愛らしさを念押しされた「フィルハーマジック」。
またしても3回観てしまった。
う〜ん。。。素晴らしいわ。
3Dって最強ね。

これL'Arc映画館でやればいいのに〜〜なんて無責任に思ったワタシ。
マジソンスクエアガーデンはこれで行って欲しいな〜。ってまだパブリックビューイングがあるとも聞いていないけれどそう思う。
日経新聞にL'Arcが載ってると知り、会社の新聞を取り置いて読んだのですが、ナルホドな〜だったのです。
もう、「音楽は聴かせる時代から見せる時代」に入ったのですね。
そこにはパフォーマンスと歌唱力と演奏力。もちろん楽曲のすばらしさが有ってこそ産業として成り立つのだと当たり前のことをCDの売れない時代だからこその経済的観念から語られていたわけです。

L'Arc、向かうところ敵無し。ですかね。
少なくともあそこまで歌詞が飛ぶ人(それはダメだろ)が口パクなわけないし。ね。(って海外ミュージシャンに対して失礼か??)

あ、話が飛びました。(いつものこと)

ディズニーランドに行く途中首都高速で素晴らしく輝く東京タワーを観たのです。
フレディ没後20周年。QUEEN40周年。
そんなメモリアルな催しが東京タワーでやっているのを知ったのがTDRに行くと決めた前日でした。
はぁ。。。
ツイてないわ。
もっと早く知っていたら友人誘って東京タワーの方に行ったかも????
それか旦那と次女はTDRにほっておいて自分だけQUEENの催事場に行ったかも???

縁がなかったのです。
フレディの白いタイツや市松模様のタイツも展示があったとkazueちゃんのツイートで知り、何だか心に暖かいオレンジ色の光に包まれてステキなたたずまいの東京タワーを思い浮かべたのでした。


さて、今日はフィギュアスケート。
グランプリシリーズロシア大会です。
真央ちゃん。
あなたのどん底の一年が、より高く飛び立つための助走であったことを証明してください。
ショートの上品で、強い演技は素晴らしかったです。
技術で点をもらえないことを嘆くあなたが、技の質で加点を狙うって部分が皮肉ですが、今はその時なのですね。
「トリプルアクセルを飛ばない勇気。」
会場の殆どがロシアのファンであろうと、だからこそ目の肥えたこの地のファンを魅了して欲しいと願っています。


さて一週間も間が空きましたが、元気です。
横浜の抽選も忘れずに賭けました。

こんな感じでボチボチの更新になってしまうかもしれませんがよろしくお付き合いいただけたら嬉しいです。

 


拍手コメお返事

巧さん:
お返事遅くなってしまって本当にすいません。
富良野も終わって心落ち着く日々が戻ってきましたか??
いや、L'Arcイヤーはまだ終わりませんモンね。
横浜アリーナの時はきっと大丈夫。(だと思う。)
でも、凱旋ライブに気合いを入れる意味でもくれぐれも無理なさいませんように。
12月のライブビューイングも椅子があるからきっと大丈夫。うん。大変だったら座ってね!!。

そしてSMAPショップ。
ワタシは全く行けませんので巧さんに甘えてしまってよろしいですか???
それから請求はしてくださいね〜〜。
いつもいつもしていただくばかりで申し訳ないので。 

スポンサーサイト
ライブビューイングと横浜アリーナ
あら、まぁ。なんと言うことでしょう〜。
あっさり高橋大輔から帰って参りました。
だって、だって大ニュースなんだもん〜〜。

それにしても急な情報でしたね。
海外ツアーの壮行会?もしくはゲネプロ??はたまた資金稼ぎ???
な〜んてアッパーだったりダウナーだったり。
またしてもファンを右往左往させるのですね。

いいよ。
壮行会でもゲネプロでも金ヅル(言いたくはないが)でも。
それを全部ひっくるめてもあまりある魅力があるのだ。彼等には。

しかもチラホラ見え隠れするL'Arcのアニバーサりーイヤー終了を思ったら、今ちゃんと満足しておかないときっと後悔する。

大きな会場を押さえるのは1年前から計画が必要ってハロウィンの時HYDEちゃんが言っておられましたが、これも1年前から考えてたことなのかしら??
それとも平日は案外取りやすかったりする???

既にホテルの予約とかしちゃったりして、ルンルンしているあたりおめでたいなぁと思う。
でも、踊らされることの何と幸せなことか。
踊りたくても踊れない日々を思ったら、怒濤のL'Arcは天使に見えるよ。(え?悪魔の間違いですか?)

まぁ、感覚としたら海外に戦いを挑みに出征する息子を送り出す母のような気分を味わうつもりで行きたいって言うね。

で、行きたかったけど、お金がなくて行けないと諦めていた京セラ。
ライブビューイングですって!!!
嬉しい〜〜。
まぁ、行けてもどうせ豆粒(以下かもしれん)だし、スポット当てて独唱するところはスクリーンも拾ってはくれないでしょうから映画館の大スクリーンは嬉しいはず!きっと。
一緒に行ってくれるのは又従姉妹ちゃん。
浜松のスクリーンにGO!ですよ。
愛知県民でありながら浜松の方が近いのよねぇ。
Hとかって座席なら8列目って神席じゃね?なんですが果たして映画館だとどうなの???

いやはや。
ラニバツアーは名古屋で終わりと思っていたところにでっかいプレゼントいただいた気分です。
一足早いクリスマスプレゼントだ〜。
年明けにもFC会員には漏れなく行き渡ってくれますように。。。。(もちろん私にもね!!!

そうそう、ムーンチャイルドのブルーレイがでるってamazonにでていて思わずポチってしまった。
インタビューがあるとか漏れ聞いたけど、本当かなぁ???
あったらいいなぁ。。



  


拍手コメお返事

巧さん:
エア富良野ですね!!!
わくわくいそいそその日を迎える巧さんの様子が手に取るように想像できます。(お会いしたこともないのに)
私はどちらかというと「忘れていたい」派です。
あ、今日富良野だったのか〜って感じで通り過ぎて欲しい。
だって切ないんだもん。また何回も企画してもらえるとは思えないしね。。
ライブビューイングは大丈夫でしたか?
e+サクサク入れたから大丈夫だったよね??
映画館で同じひとときを過ごせるのも嬉しいな。
それからスケート大国愛知ですが、わたしスケート靴はいて立つのがやっとです〜〜(泣)。
基本ストーカー気質って事??
L'Arcさんの情報がこれでもか!!!って感じで
HYDEさんの追い打ちににも息切れしそうな今日この頃。

急に寒くなりましたが皆様お変わりありませんか???

1日ネットから離れるとマジで浦島太郎なんだなぁ〜〜。ちょっとびっくり。
お久しぶりです。せいらです。
あ、風邪とかひいていません、至って元気ですのでご心配なく。(バカは風邪引かないしね!)

まぁ、毎日何やかやで忙しいので追いつけないって事もあったんですが、最大の原因は高橋大輔様でございます。

NHK杯からちょっと虜になってるのです。
これ2010年世界選手権の「道」の時もそうだったんですが、その演技にひきこまれているんです。

暇さえあればニコニコ動画の海外実況(日本語訳付き)を繰り返し見てしまうんですわ。

「ブルース」
なんでこんな起伏のない曲を選んだの???
国別対抗選手権の時のがっかりした印象をものの見事に吹き飛ばしてくれて。
こんな事ならカナダ大会もちゃんとチェックしておくんだった。
いや、カナダ大会は色々失敗続きで3位になっちゃったんだから同じかなぁ???

「ノーミスできるように頑張ります。」
ってよく真央ちゃんがインタビューに答えるけども、「ノーミス」自体が「ミスしない」って事で「ノーミスする」とはなんぞや???
とつっこみながら聞いてはいました。

でも「ノーミス」って事がいかに困難で刹那で緊迫する状態なのかが競技に生きている人ならきっと心から理解するのだろうなぁ。
フィギュアのように一瞬一瞬が技とつなぎが繰り返される長くて短い競技だと、その5分の間の緊張感を伴う気力の持続に敬服してしまうのです。
どこのシーンを取っても美しく、力強く存在感を残す。
振り付けと音の調べを自分のものにする。
曲に振り回されない、もしくは技に振り回されない。
あぁ。。。
すごくすごく感動した。

フリーの競技を終えた後の「うんうん」って安堵の表情を浮かべた去年より数段美しかった真央ちゃん、両手で顔を覆って4Fの失敗のみを悔やんだのかの高橋大輔。
本当に感動したのです。
素晴らしかった。

で、ニコ動を繰り返し視聴。
イタリアの解説者もイギリスの解説者も良いこと言う〜〜。嬉しい〜〜。

また見てるの???お母さん。気持ち悪〜〜〜。」
と次女に蔑まれたので(私次女のバレエの発表会のビデオとかもよく繰り返し見てて長女に言われた経験あります。)言ってあげました。
お母さんのこのシツコイ性格、誰よりも色濃くあなたに受け継がれているわね〜。」
「・・・・・。」
勝った!!!!
超久しぶりに勝利を感じたどこまでガキなのよ?」なせいらでした。


  


「ステキな金縛り」と生肉食いそうなhydeと高橋大輔の共通点
ステキな金縛りみてきました!!!
これ評判はどうなんだろう???
大スクリーンで観る価値が有るのか??って映画ファンの感想を読んだけど。
私、寝なかったんですよ!←威張り!(笑)。
だって凄い重要なポイントなのだ。私にとって。

ラル缶とポスター無くしてて偉そうなこと言えないけど、例えレディーズデイで1000円だったとしても、払った分の対価は当然いただく権利があるわけですから。
そこにそれだけの価値があったか無かったかは易の部分ですよね。
思いようって事。

映画で1000円は安いなって思ったのは一連の大作。
いや、CG駆使した映画が大作って事ではないんです。
ストーリー展開、スピード、飽きさせないバランスの良い仕上がり具合。

いくら大作でも「ちょっとなぁ。」ってのは必ずあって「金返せ!」って思うものも有るわけですから。

そのワタクシ。
「オーシャンズ11」の大展開部分5分間眠りこけたワタクシ。
映画に限らず、徳永○明、さだ○さし、郷○ろみ、シルクド○レイユ、あらゆるジャンルで眠っちゃったワタクシ。
眠らなかったんですよ!!!!。(しつこい)
もはや起きていられるかどうかがバロメーターな感じで大笑いなんですが。

三谷幸喜脚本って登場人物にそれぞれの背景があって入り乱れたカオス状態から一本一本ほぐされていくような展開ってのが私の印象なんですが、今回のこれはシンプルでしたね!。
凄く整理されていてわかりやすく、(まぁ、コメディだから当然っちゃー当然だけど。)
いやぁ。
面白かった。

その前に「ステキな隠し撮り」ってTV番組があったんだけど、これはちょっと「は?」な感じで(本来はこういう構成が多いよね。)映画の宣伝にしては効果を疑う感じだったけど。
映画は悪くない。
うん。
ご都合主義なのもリアリティのなさもコメディならばこそ。
そもそもこの世に遺恨を残した幽霊が法廷に立つってこと自体のどこにリアリティを求めてるんだか、良くわかんないわ。
映画を評論する人の感覚って????ですわ。

悪意のない展開には満足感が残ります。
次女的には中井貴一の愛犬とのシーンで泣けたらしいが私は微笑ましいだけの印象でした。
デリケートな思い出を柔らかく捉える優しさに思わずホロリと来るんだろうね。


さて、M.ステのバースデイソング。
1位のL'Arcの時。
まず女の子達の「きゃ〜〜〜〜」でにんまり。
そうよ。きゃ〜〜〜!なのよ。

ってか、このときのhydeさんは「かっこいい男」ですね。
この路線のイメージが実は私には一番違和感を感じるのです。
スノドロやHONEYのどこか少年っぽい可愛らしいボーカルって感じが私の最初のhydeさんの印象だったから。
こんな可愛らしい子が「なっは〜」なんてセクシーな歌歌ってるんだってギャップ。
でも、そういう「かわいい」ところから脱却したかったんだろうなぁ。
ヒゲのばしたりサングラスのまま歌ったり色々やったよね。この時期。
実年齢で考えたらいつまでもアイドル路線じゃダメだし、ビジュアル系なんて持ってのほかだったろうけど。
「生肉食ってそう」
なんて印象を持たれたって事はある意味方向転換には成功してたのかな???
私はものすごい背伸びを感じてたときだけど。
すぐに頭に浮かんだのがトムソンガゼルに集る4匹のライオンだったりしてシュールです。

んで。
目つきとかが人の心を奪っちゃう
うわぁ〜〜〜。
なんて的確な評価をするんだ?小学生〜〜〜!!!
正しくその通り。
今でもそのまんまの人たちだよ。

と、まぁ、一人浮かれてきゃいきゃいしていた私でした。


そしてNHK杯観ました。
yukihiro先生が転ぶんじゃないかと心配で観られないけど応援してるフィギュアスケート。
真央ちゃんの優雅で上品で丁寧な演技に心洗われ、高橋大輔のゴージャスなSPに心奪われた次第です。

大ちゃんはスピンのスピードがかなり改善されていましたね。
それから3回転の後、逆方向にステップを踏むとか信じられない演技構成でびっくりしましたわ。
実はカナダ大会は観ていないんです。
どこかいつも比較してしまうの。「道」と。
氷上で物語を語るドラマチックなスケーターというのが彼の評価なんだけど、あまりに「道」が完成されていて、それ以後彼はどういう方向に進めば活路が見いだせるのか、ってシロウトながら心配していました。
去年のプログラムは私的には好きだったんだけれど、やっぱり「道」をやり遂げた後の演目としてインパクトも評価も低かったですよね。。。
パトリックチャンや小塚くんの台頭もあって、追い上げられる者の悲哀も感じちゃったしね。

さて、高橋大輔。
凄いな。
彼は普通にしていたら気の優しいぽわ〜っとした若者なんですが、エッジの付いた靴を履いて氷の上に立つと、見事に豹変するのです。
非の打ち所のない美しくてセクシーな男性」に。(あぁ。これいつもhydeさんに感じてるのだ。)
滑らかな振り付けの繋ぎを淀みなく流していく事で、その無駄のなさに完成型のすばらしさを知るわけです。
振り付け師はさぞや感動したことでしょう。
「道」と同じ方でしたね。(と思ってたら違った〜〜。カメレンゴさんいたから彼だと思ってたよ。)

今日のフリー、楽しみです。(こっちの振り付けがカメちゃんでした)
是非とも優勝してグランプリファイナルに出場して欲しいです。
フリーは音楽との調和がいまいちピンと来ないので心配だったりするの。


  



拍手コメお返事

巧さん:
SMAPの新曲ラルクと同じ日なんですか???????
うわ〜〜〜。ちょっと〜〜〜〜。
てか、M.ステで共演するかも?????スーパーライブだったらイヤだなぁ。。。
そして、そんなおいしい企画だったんですね。
綺麗に落選しましたから詳細を探ったりもしていないんですが、そう聞くと羨ましい内容だったんですねぇ。。。
来年のSMAコン、本当にやってくれるのかなぁ。。。
もしメンバーのコメントだったら当てにならないんですよね。
公式発表なら本気にするんだけど。
そうそう、来年がんばって参戦しましょうね!!
その時には是非、今度こそお会いしましょう!!。

行方不明のポスターと新曲PVそれからグッズはいつ〜〜???
ガイシのライブから早一週間。
本当に早いね。

家業の決算は経理士さんの必死の努力で何とか片付きそうです。
実家の母は相変わらずで(でもあのときのような衝撃からは大分自分の心を守る気構えができているので大丈夫です。)、シュウトメはまだ足を付くのもやっとの状態で、リハビリ型の病院に転院しました。

我が家は今、旦那と私と次女とワンコ2匹のまるで隠居生活のような日々でございます。
で、次女がバイト(パステルというプリンやさん)で帰りが遅かったりすると、あら、まぁ、どういう新婚家庭???ですよ。
私は嫁いだときから同居ですからこんなさっぱりした家族構成にはなかなか慣れないのです。
シュウトメが退院してきたらしんどくなりそうなので、今のうちに満喫しておくことにします。

で、先日のハロウィンとラニバのグッズを見なおして思い出に浸っておりましたところ、なくなってるものがあることに気付きました!!!

  ↑
買ったはずのラニバポスターとラル缶がない〜〜〜|゚ェ゚;)ゴ――ン
え?
え?
帰りの電車ではあったよね???←と遙か昔のようでたった1週間前の記憶を辿ってみる。
うーん。。。。

このピンキー(あおさんから送っていただいたものですが)って。。そうかkenちゃんちのトイレに飾ってあるのか。
で、kenちゃんを睨んでるらしいhydeさんの(いや、L'Arcの)ポスタ〜〜〜。どこ〜〜〜???
ふすまに貼る予定で買ったんだけどなぁ。

←チャームのホルダーよりガチャガチャの方が高いって言う落とし穴。Y子さんのガチャ運に感謝。ペコ。

←リバーシブルで可愛かったので買う気なかったのに買ってしまったトートバック。(とクマ缶。中味はまだ手つかず)

そして続々到着しているらしいラニバグッズ。
例によって我が家にはまだ来ません。
たしかパンフとパスケース頼んだ。。。。はず。(おぼろげ

またまだ来ない〜、発送メールも来ない〜なんて日記を書くハメになろうとは。。。。
トホホε-(o´_`o)ハァ・・。

そしてそして、新曲PVキタ━━━━ヽ(゚Д゚ )ノ━━━━!!
めざましとZIPでサビを流してくれて、実はガイシで初聴きしたとき「???」だったメロディラインがちゃんと流れているのを知りました。

PVがやたらめったら格好良いのは、そうか神話じみているからなのか。
天地創造ねぇ。。。。
私、「ブラザーサン・シスタームーン」が大好きでして。(いにしえのイタリア映画。聖フランチェスコの半生を描いたキリスト哲学もの)
なんでこういうものに惹かれるんだろうと思い返すとき、そこには必ずなにがしかの「教え」があるからなんだなと結論着くのです。
一目瞭然で観るものに悟らせる宗教絵画もしかり。

いや、このPVに教えがある訳じゃないですよ。(旧約と新約では話が全く違いますしね)
圧倒的なパワーは感じるけれど。

プロジェクター投影の中で演奏する彼等の真っ黒いしなやかな強さが「XXX」の白と黒のイメージの黒を継いでいるようで面白いのです。

実はSONYのPV動画、見ていません。
CDをDVDセットで頼んであるのでパッケージを開けても見る気が起きない状況にしたくなくて。
CSの放送で流れれば見てしまうでしょうが、ちょっと我慢してみます。

そしてVAMPSのB&B、amazonで予約したと思っていたのですが、まだできていなかったようで予約し直したんですが、にわかに恐ろしくなりました。
まさか違うアカウントでぽちっていないでしょうね!?←最近そういう冗談みたいな間違いをしでかしそうで怖いのだわ。

とにかく、12月はCDにDVDに京セラ(あ、こっちの方が早いのね。参戦はしないけど。)忘れちゃいけないレントゲンライブ(もちろん行けませんが。)。
盛りだくさん。
良い年末になりそうで嬉しい


    


拍手コメお返事

麦さん:
コメントありがとうございます。
麦さんの人柄がにじみ出るようで丁寧な内容に感謝です。
素敵なエピソードをご存じなんですね〜。
オフを知って幻滅しないってビックネームはなかなかいないですよね。
嬉しい限りです。
それから富良野に対するhydeさんの想いは多分ファンが思うよりずっと深いのだろうなと想像するのです。

それからJAPAN来日の時のコスの方。
男性でおられたと思います。すらりと背の高い方でしたが。。。
私が高校生の時でしたので、もう何十年も前の話なんですが、名古屋市公会堂で行われた時の事です。
QUEENが来日してくれなかったので、チープトリック、ミスタービック、JAPANなど、当時駆け出しだった彼等のライブで慰めていたって言う失礼なオーディエンスでした。

NEWS ZEROの黒夢の話と1週間のこぼれ話。
あれだけライブ以外のこと書いておきながら「まだこぼれた話があるのかよ〜。」って感じですが。

そうそう、オリ★スタ買ってきました。
なんつーの、出演者が違うだけで仮装は変わらないので(ちょっとした手直しがあったとしても)まるで神戸の彼らを早くも紙上で見させていただいたような気分になりました。

するとよみがえるんですね〜〜。楽しかったなぁ〜〜〜。

それからガイシですが、2日目の帰りにhydeコスのお兄さんを目撃しました。
「なりきりhydeさん」
帽子もエクステも衣装もラニバにそっくり。
ただ違うのが体の大きさ???←

hydeコスってちょっと残念ってなっちゃうのが私の中の相場なんですが、彼はそんな意地の悪い期待を(失礼)裏切っていました。
「やだ、カッコイイじゃないの〜〜〜。」
と盛り上がり「写真お願いします」なんて帰りのごった返した笠寺駅での何人かのファンのやりとりを「はぁ?」なんて苦々しく思っていた私と新人ちゃんは納得してしまったのでした。
「わかる。わかるよ。こんな身動きとれない小さな駅でやるんじゃなかったらもっとほほえましかったわ。」
なんて話したのでした。
うっすらお化粧も似合ってましたね〜。
あ、まじまじ見たわけじゃなかったんですが、男の人でしたよね???

そういえばグランドクロスの時も私の3つとなりの家族連れ(母、娘、息子)の息子ちゃんがスノドロhydeさんに似せていて、金髪も、そろった前髪もかわいらしく、でもでっかくて残念だったことを思い出しました。
顔立ちも似ていたんですが、やっぱりバランスがあのサイズだから素敵なんだなと1999年にも思ったっていうね。

JAPANが来日した時もデビッドシルビアンのそっくりさんが(ちゃんと外人さんで。)ロビーをうろうろしておられました。
懐かしい。
何故hydeコスからここまで話が遡るのか。
まぁ、私の記憶がかなり昔から続いてるって事ですね。ふふ。

そして、なんでニュース番組に黒夢が??
とは思ったんですが、とっさに録画した「黒夢再始動」のコーナー。
突然の活動無期限停止は何故だったのか??
って、今それ重要なことなのかしら…・?とは思ったのだけれど。
バンドが活動を止めるときにメンバー同志の確執がないわけないじゃん。な予想通り、そういうことだったのですね。

清春さんは飾らない人だから、ちょっとそこまでさらけ出さなくても良いよ〜と思う部分まできちんと話しておられました。
人時さんの結婚がきっかけであったことに間違いはないようで、家族ができたことでの価値観のズレが発生して、そのうちお互いを思いやれなくなっての崩壊というような内容でした。

清春さんはライブをやりたい。
人時さんは家族との時間を大事にしたい。

そして時が流れて清春さんも家庭を持ち、そのときの人時さんの想いを知る。

清春さんが雑誌のインタビューでお子さんの話をしているのを読んだことがあります。
きっとその頃の彼なら持ち出さないカテゴリーなんだろうな。

「お互いを干渉しない。」
って言うL'Arcの不文律。
実はものすごいおおらかな優しさなのではないかしら。とちらりと思う。

で、もっともっとライブをしたい奥様も子どももいる人の欲求に短いスパンで付き合ってくれるフットワークの軽い人達のおかげで彼の人の心は満たされているのかもしれないね。
そして、それを容認できる伴侶を持てたのは彼の彼たらんところ。

レントゲンライブ。
これについては色々思うところがあるのだけれど。
このアルバムを作ったときに「後10年はこんなアルバム作りたくない。」って言ってたHYDEさんを思い出します。
本当に大変な作業で、それが報われた「宝物のような一枚。」だと彼自身が語ってた。。

で、10年経ったわけです。

こんなアルバムをそろそろ出してくださるときでしょうか…?

去年の富良野がきっと彼の中でとても感動的だったんじゃないかと推測します。
この大事な楽曲達をまたあの地でやりたいって思うほどには。
レントゲンはライブをやるための曲じゃないって、ライブやらなかったんだよね。
それが辛くて「666」で弾けたかったと。

レントゲンの中の曲をアコースティックで聴いたのはZEPP NAGOYAのオフ会。
「ANGEL'S TALE」
アコギ一本で響き渡るような美しく伸びる声が会場を満たしてた。
ものすごく感動的だった。

珠玉の曲達が一握りのファンにしか提供されないのは実はすごく苦しいのだけれど、(本当はただスノボがやりたいだけかもしれないけど)
「あの楽曲達でライブがやれるんだ。良かったね。」
って思ったりもする私です。

10年作れないって言ってた楽曲の10年後はどんな風に貴腐して芳醇な味わいになっているのだろうね。

って、行けるものなら行きたかったけど。

あ、レントゲンツアーやってくれないかな〜〜。
全国のZEPPで着席ライブ。。どう??

実は相当行きたいのです。ぐっすん。




  


拍手コメお返事

CHIさん:
そうそう、あの白目のHYDEさんですよ〜。
大阪はもっと縁のある場所がたくさんあるんでしょうね〜〜。
まだしばらく後ですが京セラ思いっきり楽しんで来てくださいね。

巧さん:
ぷぷぷ〜〜〜。
あれね〜〜。
でもお店の人は本当にHYDEさんは物静かで紳士だったって言っておられたので、HYDEさん的にはTV仕様で頑張ったんでしょうね。
それからレポらしいレポじゃなくてすいません。
本当に忘れてしまうんですよ〜。色んな流れを。
そのとき自分が感じたことしか思い出せないの。できればもっと記憶力が欲しい。

Kさん:
今まで気にもしてなかったのではっとしました。
安心しました。ありがとうございます。
遠征お疲れ様でした。
そういう行動力に彼等への愛を感じます。
ガイシ2日目はもつ鍋の集い。
泣いても笑ってもガイシ2日目で今年のL'Arcってかハイドさんは終わりです。

あ、もちろん北海道なんて頭の片隅にもよぎりませんし(カレンダー見たクセにって?)京セラも最初から行かないと決めていました。
まぁ、12月にもし何かやられても、(この被害者的な言い方)参加はできないので、やっぱりこれで終わりなんだな。


さて、ガイシ2日目にもえさんの企画によりすごい思い出ができました。。
   ↓
この番組憶えていらっしゃいますか???
「黒ちゃんのオンリーワンダフル」ってラジオDJの黒ちゃんがMCを勤めるローカルTV番組「黒ちゃんねる」。
メモリーズの発売直後3週間にわたってコーナーで放送されたんですが、このもつ鍋屋さんに誘っていただいたんです。

この日の相方はyasu命の新人ちゃん。
大卒ホープのみぃさんです。(もえさんの地元がすごく好きな場所らしく「あそこに今度遊びに行ったらばったりもえさんに会えるかもしれない」とかおかしなドリームを後日語ってましたが。
「アウェイかな?アウェイですよね?きっと」
とかドキドキしてたのに、ここに集った皆さんがフレンドリーで優しくてものすごく喜んでいました。

写真撮っても良いですよって事で、ばしばし写真撮って、訳わかないところでシャッター押してあれぇ?なんてこと繰り返して、それでもとんでもなくハイテンションになった私。
我を忘れて「HYDE席」争奪戦のじゃんけん大会に参戦してしまいました。
じゃんけん弱いから大丈夫さ〜とか思っていたら勝ち抜いてしまいまして、
「全くもう、空気の読めない人ね
状態でちゃっかり座らせていただいたのです。
わ〜〜〜。引く〜〜〜って思った?ねぇ、思った??←誰に聞いてる。
まぁ、2度と行けないと思うから冥土の土産にさせていただきますね。ゴホゴホ。

そこのお店は何だかゴージャスな民家のような造りで洗練されたハイグレード感漂う素敵なところでした。
この建物の外観からもつ鍋が関連付きません。
でも、お店のお姉さんはそんな構えとは真逆ですごくフレンドリーで優しかったです。
「HYDEのファンなんですか?」
って聞いてくださり、TV収録の様子も教えてくれました。

曰く「HYDEさんは優しかった。気配りの人だった。オーラが半端無かった。もの静かだった。臭いのない人だった。」
うわぁ〜〜。
なんて言うの???一般の人から聞くhydeさんの人となりが好意的だと喜びに拍車がかかりますね!。
有名人は香水の香りがするのだと思っていたら、無臭でした。って。
そういえばHYDEさんは臭いを嗅ぐのが大好きで犬の足の裏や、K.A.Zさんの脱いだジャケットをクンクンしたってインタビューに答えてK.A.Zさんからヘンタイ扱いされてましたっけね。
人の臭いには敏感なクセに自分は無臭???ってちょっと笑えました。

その後「コンサート楽しんできてくださいね。HYDEさんに宜しくね。」と送り出されてガイシにGO!

駐車場で、こうやんさん、tutuさんとばったり。
こうやんさんとは夏JACK以来です。相変わらず素敵な方なのだ。何だかテンぱってしまってお礼もそこそこで失礼しました。
tutuさんとはつい先日のハロウィン以来。やだなぁ、どうしてこんなに可愛いのかしら。おばちゃん目のやり場に困っちゃう。(ただのヘンタイだ。)

物販前でラフィールさんと、そのお友達。(yasuファンで新人ちゃん大喜び)又従姉妹ちゃん姉妹と、トイレ前(笑)でさきりんさんとお会いして、中でY子さんと落ち合うつもりが身動き取れず。(ごめんね〜〜)
かすみさんは3日に帰られると聞いていたのに「いまどこですか?」ととぼけた電話をかけ。(もう、本当に申し訳ない。)

席に着いたら、そこは通路挿んだ一列目という、アリーナ後方の遠い場所ながら良席なんじゃね?な所でした。
席を4つくらい挿んだ中央側にひろみゅんさん、めぐさん、みるくさん、わださんって、もつ鍋メンバーがいらっしゃって運命を勝手に感じたのでした。


ライブはそれほど遅れることなくスタート。
アカペラ「Fare Well」スタート。
めちゃめちゃびっくりしたのです。
なんて言うか別れ歌がオープニング????って。
でもすごく声が伸びてた。今日は調子良い!!

で、「花葬がL’Arcの中で一番好き」って言ってた新人ちゃんが「これが聴けたら良いな。」って次に上げていたのが「Caress of Venus」。それが2曲目だったから大喜びしていました。

3. GOOD LUCK MY WAY
これは新人ちゃん、最近カラオケで歌ったそうで。

4. HEAVEN'S DRIVE
うわ。私この歌の格好良さがイマイチ理解できなかったのだけれど、ラニバ味スタで大好きになった。

5. winter fall
新人ちゃん大喜び。

6. fate
この歌はいつも音程が狂うのを心配しながら聞くのだけれど、今回良かったです。うん。良かった。

7. Dune
「うぃずでゅーん!」と「いない!」と「月に照らされ〜」を叫んでた私を新人ちゃんが不気味な者を見るように見ていましたわ。視線が痛かった!

8. REVELATION
ここで叫ばなくちゃ参戦する意味がない位の躍動的な獣のような曲。
新人ちゃんも負けていません。すごかったです。(笑)

9. 風の行方
これは昨日の「ガラス玉」の位置になるのかな。実はすごく現実的な歌詞でひとりぼっちになる「hyde(じゃないけどね)」が可哀想でならず「1人になんてしない〜。」って心で叫ぶ曲だったりする。(相当来てる気がする。)

10. forbidden lover
声が出てる〜〜。昨日より出てる〜〜。

11. MY HEART DRAWS A DREAM
だからみんなで心を一つにして合唱してこそ映える曲なのだ。

12. SEVENTH HEAVEN
銀テが間近まで飛んできたのに取れなかった(泣)。「31」を必死に作る。(笑)

13. Driver's High
ノリノリ。

14. STAY AWAY
新人ちゃんが「あれって、hydeおどってるんですか?」って何年前のネタだよ?な質問をもつ鍋屋でぶつけてきた。
この不思議な踊り見たさにカラオケでこれを歌うそうな。「踊っていません。」

15. READY STEADY GO
飛ぶ。跳ぶ。跳べ〜〜〜!!!(私は無理。)

幕間。
ウェーブが上手に決まって、ここ、本当に名古屋ですか??と思ったよ。
今回ホールで中間位置的なのが名古屋なので、ここに集まってるファンはぜったい地元民以外が多いと思った。
だって、本当にガイシでこんなに見事なウェーブ見たことないよ〜。サイリウムが綺麗だ〜〜。

アンコール。

16. Anemone
私この歌初めて生で聴いたような気がする。(味スタではやってないよね?)
この演出で聴くと感動的だ。

17. X X X
わ〜〜〜ん。素敵すぎる。
みんなが幕間でサイリウムを2本「X」にしてるのを見て「X JAPAN??」と思った私はバカです。
3人並べば「XXX」だよね。

18. CHASE
聴いたことない。
新曲だ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!
で、でも、何がどういうメロディなのかよく分からなかったよ。

19. Link
んぱぱ、んぱ。(と心で唱えてる曲。)

20. 虹
やっぱりね、すごいんだよ。hydeさんって。って再認識する出来映えでした。


その後メンバーがはけても客電が付かず
「もしや?」
と思っていたら、ラニバDVD発売と新曲発売とハリクリ配信のお知らせが。
そして「CHASE」のPVが放映されました。

あのね、大きな声じゃ言えませんが、きっとあそこにいた誰もが思ったでしょうが、
「XXXはカラオケで歌いにくいだろうけど、今度の曲は歌いやすい」ってな事をhydeさんが言ったんです。。。。。
でも、それ、絶対逆だと思います!!
だって、だって、PVの音源でも音取り辛そうだし、生演奏ではメロディラインがどこなのかさっぱり分からなかったんですが〜〜。
M.ステとか出ちゃうよね。
頑張って。頑張ってよ。hydeちゃん!!!!。生はやり直しはないのよ〜。←今からとんでもない失礼な心配をする私。
演奏は編曲もめちゃ格好良かった。
後はボーカル次第。
って今から手に汗握るってどうなの???
スーパーライブ出ちゃうかな。「XXX」で出たらいいのに。(こらこら)


そうそう、MCですが。
kenちゃんムーンウォーク、てっちゃんベース演奏くらいしか記憶が無く。
hydeさんは「名古屋って言うと味噌カツも天むすも好きじゃないのにそればっかり食べさせられた」と。
あるときひつまぶしを食べたら「こんな美味しいものがあるのに、なんで今まで出してくれへんかったんや。」って、前、やっぱり名古屋のローカル放送で言ってた同じ事を言ってた。
「彼は揺らがない」(爆笑)名古屋の思い出はそこか!?
「高いから食べさせて貰えへんかったんや。」って今は大金持ちでしょうが。たらふくお食べ。(肥えない程度にね。)

そして、ゆっきー。
「男は黙って仕事する」
彼のMCはドラムソロなんだ。
ドラムで語るんだね。

何にせよ、MCの内容はフレンドリーな初日が素晴らしくて、hydeさんの歌は2日目が良かったって感じがしました。
あくまで私の印象ですよ〜〜。
2日間ともめちゃめちゃ感動したことに間違いはないんです。


さて、私のガイシ2日目は新人ちゃんウォッチングみたいなものでした。(笑)
yasuさんの綺麗な声に慣れたオーディエンスがhydeさんをどう受け止めるのかって。
「9000円はたかいですよね。」
なんて感想だったらどうしよう?って思うじゃない??

でも、ノープロブレム。
すごく楽しかったって。
もつ鍋屋で、皆さんが本当に仲間内に入れてくださって嬉しかったと言っていました。
みんなの優しさに感動したと。

うんうん、ファンの質がアーティストの価値を決めるんだね
なんていうか、何度もそんな言葉がリフレインしたのね。
素敵なファンが沢山付いていることがL'Arcのすばらしさなんだって思うと嬉しかったな。


って事で早速今日は普通に仕事だったんですが、頭の中を走り抜けるのがDUNEってのが何故?状態です。
昔のPVのお姫様みたいなhydeさんと、昨日のhydeさんがゆらゆら。。。。
ああ、新人ちゃんの頭の中は「XXX」でいっぱいだそうです。


って事でダラダラ長い感想文、読んでくださってありがとう。
当分この思い出を抱えて幸せでいられそうです。

そうだ、そうだ、書き忘れていました。
「hydeさんになりたい。hydeさんになってやちゅりんに愛されたい。」
が口癖の新人ちゃん。
「yasuに愛されたかったらあのレベルまで行かなくちゃならないって事だよ。」
とお知らせしたら、
「絶対無理ってきのう思いました。なんであんなに美しいんですか???ずるいですよね!!!」
ですって。
爆笑しましたわ。


    

VAMPSテイストL’Arc@日本ガイシホール
今日は職場で支店長さんに「お願いです。3時半にきっかり帰してください!」の根回しを忘れませんでした。
そのとき食事が一緒だったパートさんの気遣いにも助けられ早々に退社。
一路名古屋へGO!
そうよ。常日頃L'ArcLOVEアピールを怠らなかったためみんな協力してくれるのです。
新人ちゃんも、男子社員も、QUEEN大好き支店長も「いよいよですね!!。楽しんできてください!」なんて、エールを送ってくれてホロリ

そこから特別快速に乗って何とか5時半にガイシに着くって言うくらい田舎なの。はぁ。。

もう今日は誰にも会えないや。
って諦めていたところにさきりんさんがメールくれて物販前で遭遇。
そこで会話が弾んでいたところ、もえさん、めぐさん、ひろみゅんさん、どらみいさん、みるくさんご一行にばったり。
それから栄さんが急遽参戦されることを知り、お出迎え。(といえるのか?あの距離で。)
席に案内して貰い(まるで頼りない私。トホホ)途中退場とのことでまたの再会を誓いさようなら。
いや、会えるとは思っていなかったので嬉しかった。

さてライブです。
ネタバレしますよ〜〜〜。って、殆ど感想文だからたいしたことはないですけどね。




アカペラ「虹」始まり。
スポットにhydeさんだけが照らされる演出。
そうだよ。
味スタ以来のL'Arcだよ。
もう、待ちわびてた気持ちを実感するわ。

会場を埋め尽くすファンのサイリウムが綺麗で綺麗で、それだけで嬉しかった。
VAMPSの時も、ディズニーオンアイスの時も、過去にはL'Arcのシアキスも、スマイルもAWAKEの時も、見渡したときガイシはとても大きな会場に見えた。

なのに、今日は何て小さいの???と思ったんだよ。
出入り口も通路も殆どふさがれるように客席になってる。
こんなにぎゅうぎゅう詰めのガイシ初めてだよ。

すごいな。すごいなL'Arc。
こんなに愛されている事が嬉しい。
一斉に振られるサイリウムの波が、突き上げられる拳が、スタンドから見てると素晴らしい一体感なの。

ステージから見たとき、この客席の一心に求めるようなパフォーマンスはどう写るんだろう。
この人達の心に。
どこの地でもこんな歓迎を受けているのだろうけど、いつでも何度でもファンの感動する姿に感動してくれたらいいなと思って。そう思ったら切なくなった。

「僕らのホールだと思ってた。」(過去ライブでのhydeさんのMC)
過去、ここが「レインボーホール」と呼ばれていたことを知らない人達もいるんだろうな。
時は流れていくんだね。

そしてL'Arcも20歳。

kenちゃんのトイレにメンバーの人形が飾ってある話とポスターが張ってある話。
ポメラニアンの話。
てっちゃんから振られて替え歌を歌ったこと。
どれも面白かったけど。

君等がバカみたいにニコニコしてるから、こっちも移ってくるの。」って言ってクスクス笑ったhydeの無邪気な笑顔を忘れない。
って心に誓った。
だって、本当に楽しそうで。子どもみたいに楽しそうで。

正直そこまでのhydeさんのMCにVAMPS臭を感じて、まだ抜けてないんだろうなと思ってた私。
声がかすれてて出きって無い部分もたくさんあったし、歌詞が飛んだところもあった。
人間の記憶にはきっと限界があるんだよ。
こんなに立て続けて違うナンバーをやってたら飛んでも仕方ないね。
ってちょっとした諦めと、それでもL'Arcの時はL'Arcだけでいて欲しいと、あんなに楽しかったハロウィンの記憶からL'Arcに塗り替えたかった。

ハロウィンの日記を書いたとき、L'ArcでVAMPSの記憶が消されない内にって思ったんだけど、結局はL'ArcでVAMPSを感じてたの。

でもね、このhydeさんのMCはぐっと来たよ。
下でも何でもない。
ファンの嬉しくて嬉しくて弾けてる姿に喜びを感じてる。
それをちゃんと受け取ってる。

明日もあるから、もう寝ます。
すごい感動したガイシ初日の感想文でした。


   


拍手コメお返事

ラフィールさん:
本当に楽しかったね!!。
ハロウィン、来年あったら行きます〜〜。
今日は会えなくて残念だった〜〜。

ハロウィン神戸2日目とレントゲンツアー
はぁ。。。
北海道かぁ。
お金と時間がある方HYDE愛てんこ盛り(ここポイントよ!)で抽選を勝ち抜いてくださいね!。←既に別世界の話なので他人事。
レポはファンの使命として頑張っていただきたい!!!。是非!!

レントゲンライブと聞いて浮き足立ったジブンが可愛いな
でも、またしても去年同様最初から行けないって分かってれば諦めもつくし、羨ましいとは思っても悩む余地はないわねぇ。


さて、私は明日ガイシがあるので(ようやく旦那に行く事を告白。)L'Arcに塗り替えられないうちに感想を書いておかなくちゃね。


31日、10時にスーパーホテルをでてY子さんの宿泊ホテルに雪崩れ込み。
お昼まで「笑っていいとも」増刊号を見ながらSMAPについて語る私たち。
私ったらやはりここでもつよぽんを熱っぽく語り軽〜くY子さんに引かれていた(と思う)。
すいません。HYDEとつよぽんに関しては見境がないんですわ。(どうやら自覚はあるらしい。)

そして昼食を取りY子さん着替えを完了して(ライブスーツを自分流にアレンジ。かっこいいわ!)会場に。

今日は昨日会えなかったヲタ友さんに絶対会いたい〜〜!。と思っていたので気合いが入りました。

tutuさん。ツイッターのサムネイルでもその可愛らしさを存じ上げていましたが、なんか、もう、あんまりはまってる仮装とキュートな雰囲気におばちゃん圧倒されちゃった。
視線がまるでスケベオヤジになってたとおもうので、ここでお詫びを〜〜。

そしてミク友あやさん。フルウィッグも似合ってて可愛かった!。
なんであのとき写真撮らなかったのかしら????残念だわ!。

それから今回2日目のチケットを即座に声かけしてくださったラフィールさん。
VAMPSのZEPP NAGOYA以来です。水売り場のお姉さんにまでアメを配る博愛振りに脱帽。
「大阪のおばちゃん」とか失礼の数々お許しを〜。

そしてホスピタリティエリア内のエンジェルハートの皆さんと合流。
ひろみゅんさん、めぐさんと熱い抱擁を交わしました。ガシ!!!
今回の私の間際の日記ですごく心配してくれていたのがひしひしと伝わってとても嬉しかったのです。
その優しいいたわりと慰めにどれだけ救われているのか。。。ちょっと言葉にならなかった。

今回ホスピタリティエリアで初めてmayuさんに会えました。何年越しになるのかな。
最初の夏ジャックの時に会いそびれて、それっきりだったのですね。
パズルの師匠と思っております。その節はお世話になりました。
そしてYさんとお会いして、ワクワクシールとおかし(INくまちゃんシールいり)いただきました。
何も持っておらずお返しできずにすいません。

そしてMARUさん、どらみぃさん、MILKさん、hirokoさん、もえさんと娘さんと短い時間でしたがお話しできて嬉しかったです。
沢山の方からおかしやアメをいただいて、帰ったら次女が大喜びだったことは言うまでもありません。

さて、ライブです。
yasuと対バンって思っていたので、オープニングアクトに青木隆治さんが出てきてびっくりしました。
ああ、昨日の狩野さんの役割を今日彼が勤めるのですね。
L'Arcメドレー、すごく良かった。
これのおかげで一日でL'ArcとVAMPSのコラボを体験させていただいた気分になりましたよ。一粒で二度美味しい日って事です。
そうそう、衣装はラニバの衣装をHYDEさんから借りたとか。「良い思いさせて貰ってます。」はいはい。正しく芸は身を助ける。
イヤミのない本当の意味でのものまねは感動するに値すると、まざまざと見せつけられた気分でした。

そしてABC登場。
MCに余裕があってさすがに対バンだぁね。何て思っていたら
「みんなツーマンとか思ってるでしょうけど、俺たち前座ですから。」
って衝撃発言を!
ええ〜〜???って事は今日はVAMPSと思えばいいの!?

んで、マジックミラーからステージが見える話。
「誰見てたの??」の質問に「HYDEさんに決まってるやろ!ぼけ!」とか。
いや、昨日は渡り廊下走りたいとかしょこたんがいたからね。でもそう答えるyasuは狙いってるって分かってても良いヤツだと思ってしまうね。

んでVAMPS登場までの幕間。
時間稼ぎで青木隆治さんが急遽L'Arcをカラオケ披露することに。
yasuさんはキイが高くて歌えないって。練習してきますって。
で、「まだ途中なんですが。優しい気持ちで(だっけか?)聞いてください」と歌い出したのが「XXX」うを〜〜〜っとは思ったのだけど。すごい上手だったんだけど。
よもや新曲の生歌をものまねで初聴きするハメになろうとは。。。。
似てた。似てたよ。。。でも、どこか残念に思ってしまったのだ。
まぁ、これは私がそう思ったって事で。

そしていよいよVAMPS!!!。
色々衝撃だったらしい幕張の2日目を改良した衣装と言うことで。
イリュージョンで小さな(!!)箱から王冠をおさえつつでてきたHYDEさん。
なんかすっごく可愛いんですけど!!!。

昨日のシザーハンズが悲哀に満ちているとしたら、今日のハロウィンの王様は歓喜に満ちていましたね。
表情が豊かで、とにかく女の子的に可愛らしいのよ。メイクもばっちりだし、スカート丈からはみ出る足までキュートなの。
走る姿も、くるくる回る時の手持ちぶさたの手(ギター無いから)の位置とかも、自然にやってるとしたら多分そこらのがさつな女の子よりは少女でした。

あ、アーリー格好良かったな〜〜〜。(と、突然思い出した。)

で、セッションです。
楽団コントはさすがに慣れてきたのか皆さんなかなかしくじらずに終わりましたね〜。

そしてyasuさんとのトーク。
まぁ、色んな意味でyasuさんは幸せだったんじゃないかと。
ジブンのものまねをするHYDEさんを苦笑しながら見ていたけれど、デレデレしてるとしか思えなかったし、何度かHYDEさんが耳打ちするとき、わざわざ方向変えさせてファンに見せびらかしてなかった????←演出だったら、相当腐ってる!。
なんにしてもyasu昇天と見出しを付けたいくらいの空間でした。青木隆治は行って来られず。カワイソす。
でも、まぁ、色んな小芝居の流れはきっとどの日もこんな感じだったんだろうね。

んで、HYDEさんが「ジャングルだ〜〜〜。」と「ふわふわ」(振り付き)と「行けるか〜?」気に入ったらしくおやゆび姫、いや、眠り姫歌ってる最中も「ふわふわ」って振り付けてて途中でyasuの声マネになってたりでめちゃめちゃ楽しかったのです。
「4日もキミのこと見てるから憶えちゃった。」
あぁ、yasuさん、誰もがそんなこと言って貰いたいはずよ。この幸せ者〜〜!!!。
なんだかハロウィンはyasuさんのためにあるような、いちゃつく2人のためのようなおかしな妄想を抱き始めたのでした。

来年もあるようです。
絶対行く!!←決意!!

そしてハロウィンの歌を合唱し終わったとき、新幹線を心配してソッコーで会場を後にしました。

ラフィールさん、ありがとう〜。楽しかった〜。
ず〜〜〜っと付き合ってくれたY子さん感謝です。(お土産ありがとうございました)
それから夜中に到着した豊橋まで迎えに来てくれた旦那にも感謝しておこう。

って事で私のハロウィンパーティーは終わりです。
長々と読んでくれてありがとう。
まともなレポではありませんので、物足りなかったらすいません。ペコペコ。

さぁ、明日と明後日ははガイシだ。
それが済んだ後襲ってくるだろう脱力感は今から考えないことにする。


それにしても北海道。
カレンダー見つめちゃったよ。
無理だけどさ。(往生際が悪いの。)
いつかレントゲンのライブをやりたいって言ってたのがようやく叶うのか。
VAMPS期じゃないときにやるから意味があるのかな。
ガンガン鳴らすホールではできないライブだろうから、行ける人は貴重な体験をされるのでしょうね...。。。


  

拍手コメお返事

巧さん:
いやいや、いつも感謝しています。
巧さん、ご主人揃って優しい方達なのだなぁと。
母のこと、日記にしてからは私の心は結構落ち着いているのです。
けりを付けて心に境界線が引けるのは日記のおかげなのかも?
こうして気にかけてくださる人がいてくれるだけでどれだけ心温まるか、言葉に尽くせません。
ありがとうございます。
ガイシ、行ってきますよ〜〜〜。

marikoさん:
初めまして。訪問、カキコミありがとうございます。
リンクもありがとうございます。
そして母のこともお気遣いありがとうございます。
いざ、そのときが来るとあれほどの人でもこうなるんだなってちょっとした落胆に襲われたりで、しばらくくよくよしておりました。
気持ちに引き出しがあるのなら、ブログはちょっとした整理箱にもなるようです。
ここにしたためるだけで自分を納得させる理性が蘇るんですね。
優しい言葉いたみいります。
これからもどうぞ宜しくお付き合いくださいませね。

神戸ハロウィン初日の長い感想文。
私ってまとめて書くとか、分けて書くとかできない人のようで、ライブ前とライブを別に位置づけられないみたいです。
やたらめったら長いですが、どうぞお暇なときにお目通しいただけたら。

ただ、ダラダラ長いだけですが。。。。いきま〜〜〜す。

お一人様神戸旅行。
実は初めての体験なのでした。関西方面は。
神戸は婦人会(大笑いしてください。)のバスツアーで北野異人館に行ったのが一度きり。
こえ〜よ。こえ〜よ。1人で新幹線の乗り換えなんてできるの〜〜〜???
まるで「初めてのお使い」状態のおばさんが1人。神戸三宮に無事降り立ったのでした。えへん!

さて、ワタクシ先日まだハロウィン行くんだ〜〜。るんるん!なんてなってたとき長女と魔女衣装をネット注文したんですが。。。。。
新幹線の車中、それをパッキングしたままパソコンの横に置き去りにしていたことに気付きました。?(・ω・;)
もう戻れないし。仕方ない。
いや、それに気付くちょっと手前、玄関先では(雨が降るらしいから防水加工のある靴を買いたいな〜〜って)次女を無理矢理付き合わせて買った靴が本来長靴だった事に気付いたの。
はっはっは。。。。もう笑うしかない。
良いわ。もうコレはいてたらどんな格好だって怖くないわ!

さい先の悪いスタートだったけど、ここから後はラリホーでしたの。

ハロウィン初日のチケットを買ってくださったのは何だかすごい素敵なお嬢さんでしたのよ。
のんちゃん。24歳のお嬢さんでそもそもhydeのライブが初めてとのこと。
ミニーちゃんの衣装に着替えていざ出陣!。
ハロウィンに出かける娘に附きそう母のような気持ちでたのしかった。見て見て!自慢の娘よ!。って。
それにしても、こんな若いお嬢さんが私のブログに来ていただいていたことに驚きました。年寄り臭い(まぁ、実際年寄りなんだけど)ことばっかり書いてるので。

まずグッズを購入、あおさんから事前にグッズはそれほど混雑しないって情報貰っていたのですが、本当にさくさく買えてしまってちょっとびっくりでした。
クマちゃんチョコは思ったより小さくて(中味もささやかだったけど)ありがたかった。んで、リバーシブルの布バッグが思ったより全然可愛くて、迷わず購入しましたよ〜。
それからクマちゃんカステラとボディステッカー購入。
ホスピタリティエリアで衣装展示と写真撮ってたら「はじまります〜〜」って案内が。
大丈夫よ〜。最初はきっと生粋のアイドルだから大丈夫よ〜。全部見ていこうね〜。
なんてのんびりしてたら、会場近辺で音漏れがどうやら男の声。
わ〜、abcだったらごめんねぇ〜。で入場したら狩野英孝さんだった。
良かった。間に合った。(は?)
あれ?何で狩野さんが???

私たちのブロックはB2。
C1の後ろから入場したら狩野さん、すごく大きく見えたのです。
「わ、近い!。近いね!!」
な〜んて大喜びしたのでした。(後ほどコレが大いなる錯覚と知る母娘でございましたのよ。トホホ

さて、狩野さんが持ち歌を歌い終わりその後幕間のカラオケのMCも勤めたんですが、かれ2008のハロウィンより大分上達してますね!。
すごくテンポが良くなって(そういえば彼がでてたからムラヤマさんは神戸のハロウィンに来たのかな??)とても聞きやすかった。

そして想像通り生粋のアイドル様が登場。
可愛いなぁ〜。本物だよ〜。客席で踊る人おらんかな???とかきょろきょろしておりましたら、私たちの立っていたB2ブロック斜め後ろのスタンドに燦然と輝くパフォーマーがおりましたの。
嶋田久作(帝都大戦の)ぽい面長のお顔にロングヘアのウィッグ、セーラー服での無表情なルーティン。
わ〜。コレなんだ〜〜〜。ってちょっと目が離せなかったわ。面白くって。
失礼な話あの辺一帯は彼を見て踊り曲が終わる度に(彼に)拍手しておりましたよ。
それに気付いた彼、ちょっと照れたように周りを見渡しペコリ。
渡り廊下の皆さんに気付いてもらえたらいいのになぁって思っていたのでした。
この方中川翔子さんの時も同じパフォーマンスをしておりました。

それにしてもしょこたんは頑張ってたなぁ〜〜。
歌も上手だし、声量もあるし、良かった。

ところで「中川勝彦様。あなたのお嬢様はこんなに立派になられましたよ〜。」と密かにしょこたんを見る度にお父様を心で思い描く私でございます。
まるっきり世代の違う感慨を持っております。ああ、美人薄命なのね。

ABC登場。
牙付けて口の端から血が出てた。金髪似合うわ。
セトリについては新人ちゃんからCD借りて学習しておりましたのでノープロブレム。
あ、ピストルとシャングリラだけが初聴きでした。

yasuさんの8の字を描くようなヘドバン、yasuさんの独特なパフォーマンスだけど綺麗ですね。
下に落とす首振りじゃなくて斜め上方向に突き上げる感じで。
顎のラインから首筋を晒すようなセクシーなヘドバンだなぁといつも思うんです。
あ、いつもって、VAMPSのハロウィンでしか見てないけれど(笑)。

「チェリーチェリー」が可愛くてオーディエンスを乗せやすいってのは新人ちゃんから(振り付きで)聞いていたのだけど、CDより全然楽しい曲だわ!!。
「罪と罰」とかも好きだけど、こういう明るいポップな路線ってyasuさんを可愛くみせて好感が持ててしまうね。
ただエロだけの歌詞ではないのもあるんだねぇと失礼な事を思った私。
いや、いっぱいあるんだけどさ。「冬の幻」とか。

そしてVAMPSですよ〜〜。
HYDEさんつり上げられての登場。
ご存じシザーハンズです。
そのときの会場の雰囲気が。。。。何て言うのか失笑?いや、ほころぶ笑い?な感じが漂っていてですね、なんでかな〜〜とモニターを見ましたら。

クスリともしない、無表情なHYDEさんが大写しでしたの。
あの、KinKi Kidsの番組で「眉毛がないと怒ってるのか笑ってるのかわかんない」って話をしてたじゃない?テンション下がるとか(爆笑)。
「あぁ、こういうことか。」
とkenちゃんの言葉が腑に落ちたのでした。
そうか、こちらがどうリアクションして良いのか分からないんだよ。

だいたいからして小柄なんだよね。
それが髪の毛ぼさぼさにしてるから頭が大きくてバランスが小さな子どもみたいなの。
で、手がハサミでしょ?
遠くからのシルエットだと「ガンバレ!」とかかけ声かけたくなっちゃう6頭身。

下ろされてライブが始まってもずっとそんな感じで、そうか、今日のHYDEさんはシザーハンズだから、こんな困った顔、ってか悲しげな表情で作ってるんだね。
ずいぶんカワイイジョニーデップだこと。

んで、ライブ中はそのハサミで変な動きを随所に見せるでしょ。
もう、笑って良いのか何だか訳わかんないんだけど、とにかくかわいかったのです。
意味わかんないよね。
だから、なんての?必死に頑張る子どもも見てると笑いたくなっちゃうのと近いのね。
だって私、気付くとだいたい口角上がってたのよ。
これそれこそワイプで抜かれたら相当アホ面ですわ。

あぁ、「シークレットインマイハート」はむせぶような情感がありました。
この仮装にはすごくフィットする選曲でした。切ない。

それにしてもね、狩野英孝はあんなに大きく見えたのに。。。。
HYDEちゃんになったらいきなりモニター観賞になってしまったの。
近いってのは錯覚だったのね。狩野さんが大柄ってだけのことだったのでした。

セッション。
指揮者HYDEの楽団コント。(コントだよね?)
その無表情の眉無しHYDEさんが笑ってる。
メンバーが失敗する度にしてやったりな顔で。
表情のない美人が相好を崩すと威力が倍増しになるって典型的な例を見ましたよ。
最後の方HYDEさんがよろけて指揮棒振り切れず砲撃されて大笑いしておりました。
楽団員も笑っていましたがそれをモニターで見て会場がドッと沸きましたから〜〜。
「かわいい〜〜〜〜」って。
あ、私も口に出ていました。ぷぷ。


「あの曲良い曲だよね。ジャングルだ?」
「HYDEさん違いますって。」
とシャングリラをネタに小芝居。
筋書きはあるだろうけど、HYDEさんの小さなボケも残さず拾う関西人のyasuさんが健気で可愛かったです。
あれ?私さっきからyasuさんの事カワイイとしか言ってないわ。
いや、懐く子はかわいいものなんです。

どこまでも「ジャングルだ」ってメロディ付きでボケ倒し「いけるか〜?」って甲高いyasuさんの声音で叫んだり8の字旋回の首振りしてみたり、ハロウィンのHYDEさんは公私の境が見え辛くて、そこが嬉しいのね。
素でもカワイイってどういう人???
そういえば掛け合い漫才(笑)中にHYDEさんハサミの先でyasuさんの股間をいたずらしてました。

で、「眠り姫」を歌ったのですが、まぁ、上手だ事。
yasuさんの高音出せるの。
すごく綺麗で伸びやかな高音。
聴き惚れてしまった。
やっぱり「HYDEさんの声が好きだ〜〜っ」て心の中で叫んでいました。
途中でyasuさんがハモりを入れて本当の意味での素敵なセッションでした。
所々目線が下になるのが「ああ、あそこにカンペがあるんだな。」と思えてほくそ笑んだ私。

そうそう、1年前から会場押さえておかないと取れないって、来年もやろうって言ってましたよ。

で、ハロウィンの曲が無いからって作ったハロウィンソングをみんなで歌っておしまいです。
う〜ん。満足。
何て素敵なライブだったの〜〜〜。ってこれで伝わるかどうか怪しいけれど。

ライブ後もえさんとご挨拶。娘ちゃんが大きくなっていて驚いた〜。

三宮でY子さんと合流。
私よりずいぶん下の方なのに、落ち着いていらしておねえさまのような雰囲気がある方です。
そして地元お勤めののんちゃんの推奨居酒屋にGO!
何だかいっぱい喋り倒してゴキゲン〜〜。楽しかった〜〜〜。

別のホテルにお泊まりのY子さんとお別れして、1日私にお付き合いいただいたのんちゃんとお別れして夜中2時半を回ったところで就寝。
夜中に足がつって目が覚めるという体験をしたことは余談です。
あぁ、なまってるのねぇ。

って事で初日は終わりです。
こんなのでレポとは言えないので行動記録とでも思っていただけたら幸いです。
まぁ、半分以上は私の記憶のための覚え書きみたいなものなんですが、ここまで読んで
くださってありがとうございます。。

ではお休みなさい。

あ、コメントお返しもう少しお待ちくださいね。ペコ。


  


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。