スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニューヨーク!ニューヨーク!
今年の曜日の配列が誠にありがたいおかげで12月28日が仕事納めだった金融機関。
もちろん私もそうですが、そのために25日からバカみたいに忙しくてですね、PCは開いても仮想庭園の手入れで終わってしまったり、ツイッター覗くだけで素通りなんてのを繰り返していました。
せいらですよ、こんばんわ。

ぼんやりしてたらクリスマスもすっ飛んで行きましたね。
今年のクリスマスは「わたし良い子だもん絶対来る!」と信じて疑わない次女の最後のサンタクロースになるべく、夜中に寝入った次女の部屋に忍び込み枕元にキャッシュを封筒に入れて
「サンタクロースより」
とサイン入れて置いておきましたよ。
去年まではそれにお菓子入りのブーツを内緒で購入とかしてた、なかなか涙ぐましい私と旦那。
「今年ブーツはいらないからってサンタさんに言っておいて」
とか言われてたのでなしね。(注文つけやがる図々しさ)
なのに旦那ったら
「なんで買わんかっただ、言えば仕事帰りに買ってきたのに!お金だけをプレゼントするなんて!」
とイブの夜中の2時に私を責めてくるんですから、めでたいったら。。。。
いつまでブーツ喜ぶと思ってるのか。

翌日「サンタクロースよりって書いてあったわ〜うける〜〜〜」とか次女に爆笑され
ブーツの経緯を言ったらそれにも大ウケされました。

次女に大いに感謝されて出社した私、結構な忙しさをやり過ごして帰宅したら、、、、。
届いていました〜〜〜〜。
新聞広告では赤ちゃんに見えたマディソンスクエアーガーデンを見上げる宇宙服着た坊やのパッケージ入りのL'Arcちゃんが!!!!!

観たい!!!!
って思ってちらっと見始めたんですが、朝、あれほど私に感謝を述べてた次女が「卒論!!!!」などという免罪符を突きつけてくるじゃありませんか。

んで、就職決まっても卒業できないんじゃ笑えないので、仕方なくデスクトップを明け渡したのでした。
その部屋に私のデッキとテレビがあるの。

観たい〜〜〜!
観たいよ〜〜〜!!
観せて〜〜〜!!!
観せろや、おい!!!!!
と喚き始めた私に
お母さんの娯楽と私の卒論とどっちが重要かよ〜〜〜〜〜〜〜っく考えてみ!
と返されてぐぅの音も出ず。
いや、ちんたらやってこんな切羽詰ってから大騒ぎになってる方がアホだとも思うが、殺気立ってる次女に気を遣いすごすご引き下がる弱腰の母でございます。

おかげでとんでもない夜中か(2時とか3時とか)明け方にしかPCすらいじってない感じで。トホホ。。。(´・ω・`)。

当然DVDもキッチンで観る気にもならずで生殺し状態。

そうしたらK子ちゃんが鑑賞会してくださると!
DVD持っていそいそ出かけましたとさ〜。

「うお!」
「わぁ!」
「すげ!」
「かわいい〜〜〜〜


この4つをバカみたいに繰り返してた私。
ライブビューイングで観たはず、聴いたはずの楽曲のあれこれ。
鮮やかで切なくて。。。。

K子ちゃんがしみじみ言いました。
「私hydeさんの最高ってパリライブだと思ってたよ。まだ上がれる余地のある人だったんだねぇ。。」

いやん。
ビギナーK子ちゃん素晴らしい評価をありがとう。
そうなの。
僕らのhydeさんは進化し続けるのだ〜。
そして必死の形相で歓声をあげる海外のファンたちの顔、顔、顔。
「もう、本当に待ってたんだね。。。そんな顔して。」
なんてK子ちゃんと語り、そうそう、hydeさん「泣いてるのを見ると笑えてくる」って、可愛くて笑えてくるって言ってたな。なんて思い出して。
いま、この嬉しそうなhydeさんの様子を見て笑えてくる、この感じなんだろうな。。。なんて思ったのでした。

今年の出来事だったはずのマディソンスクエアガーデン。
早々にVAMPSが始動したから、すごく前のことのように思えてきましたよ。。。
このDVD、音も素晴らしく良くて、最初いらないと思ってたライブ音源もびっくりするぐらいよかったです。
臨場感も観客の歓声もhydeさんの声も楽器もものすごく鮮やかな響きで収録されています。
このブログに来ていてくださる方で未購入のかたはおられないとは思いますが、もし迷い中ならぜひ購入をお勧めします。
ブルーレイでだされていないことに首を傾げたくなる気持ちも重々承知しておりますが、満足感は充分得られると思います。


さて、今年もたくさんL'ArcやVAMPS、そしてそのご縁で知り合えたり友達になれたりした大勢の皆様に感謝です。
これでブログの更新は年明けになりそうなので、ご挨拶をさせていただきます。

ほんとうにいっぱいツイッターで絡んでくださる皆様、ブログに訪問してくださる皆様、いろいろお世話になりました。
どちらの場でも、かけていただく言葉のひとつひとつに喜びを感じ、幸せを感じていました。

新しい年を迎えても是非ともよろしくお願いいたします。
正月寒波がやってくるとのこと、健康にはくれぐれもお気を付けて。

良いお年をお迎えくださいませ。


  

スポンサーサイト
M.ステの綺麗なのにハンサムだったhydeさんのこと。
毎年手に汗握る生放送。M.ステスーパーライブですよ。
去年は一組だけ世代が違う感バリバリだったL'Arc〜en〜Cielですが、今年はミスチルもB'zもプリプリも、極めつけが桑田佳祐さんだったりで、実はと〜〜〜〜〜っても安心していたのでした。

去年の一連のMステスーパーライブや、日本テレビ歌謡祭を見てビギナーK子ちゃんは言ったものです。
「ねぇ、なんでL'Arcはお子ちゃましか出ないような年末歌番組ばっかり出るの??FNS歌謡祭みたいな大人の歌番組に出てくれたら格が上がるような気がするんだけど。」
う〜〜ん。。。
何でだろうね。。。
HEY×3で懲りちゃったんじゃないの?←勝手な憶測。

いや、とにかく。

毎年会場との温度差にはらはらしちゃうんですよ。
ノリノリの歌であればあるほど空回り感が強烈で、どこか時代じゃないのか?の敗北感を感じちゃったりするのでね。
メディアや歌番組に需要されまくる時代は今をときめくジャニーズやAKBですらすぐに過去になってしまうって諸行無常感・・・?
この人たちが10年後同じようにきゃぁきゃぁされるかどうかを考えたら、先に羅列したベテラン達はすばらしいと言うことです。
客層が落ち着いているということを含めてね。
ただ、今現在、ここで会場が盛り上がらないのは見てて痛い。
客席のノリは人気のバロメーター。
M.ステが客席の選別をしたとかしなかったとかは別としても同じように敬意を表してくださるのは実は大事なことなんじゃないかとも思うのです。
あ、本当に顔の美醜が目的だったなんてことなら言語道断ですが。

そんな意味合いもあって、サンタコスお姉さんステージ占拠の最高に盛り上がらなかったハリクリが脳裏に焼き付いてる私は、是非ともXXXみたいに異世界な楽曲をやってくれまいかと祈っていたのです。

登場シーン。
女優帽と皆さんがおっしゃるつばの広いハット。
私そんなにツボじゃないのです。
だってこの帽子被ると小柄で綺麗なhydeさんって本当に女性に見えてしまうんで。
しかもニューハーフとかでもなく本当に性別♀って感じ。

私は男のhydeさんが好きなの、女性と見まごうなんて部分は(ハロウィン以外)いりません〜〜〜〜〜〜〜。←力説。

お願いだ、かわい子ちゃんな雰囲気たれながしで登場しないで〜〜〜。
それで落ちる男も女もたくさんいることを承知なんだろうけど、まずシンパばかりが見てる訳じゃないんだよぅ。
いや、去年のサングラス顎に落としてのハンチングもなかなか「やめれ!」だったけど。

それでもちょこまかした感じを見てにやにやしちゃった真性ヲタだったことに間違いはない。
しかもエクステだ〜〜〜〜〜!!ハリクリじゃないぞ!!!!←ポイント!!
これは絶対XXX来る!!!!

そしてそして

私にはhydeさん以外にもお歌の心配な人がいるわけで。。。。
つよぽ〜〜ん。
あのね。。。
SMAPはもうちょっとちゃんと歌えます。LIVEでは。←ツイッターでそう言ったら「はいはい」ってスルーされたけど。

いやいや、それより何よりどのアーティストも微妙にいつもよりキイがずれて聞こえたのは私の気のせいですか???
ほんのちょっとのズレもめちゃめちゃ正確に拾っちゃってるんだもんなぁ。
音響とか不具合があったって話は聞かないよね・・・・?

さて、L'Arcですよ。
登場してタモリさんとのトーク。

マディソンスクエアーガーデンの話。
そう、本人たちの意識にかかわらず無理矢理日の丸を背負わされた感だったんでしょうねー。

てっちゃん、中身女の子だったのか。そうか。
まぁ、わかるような気もするけどね。
お買い物大好きでトランク8個になっちゃった〜てへ。って。。。
ブルジョワジーよねー、トランクも現地調達でしょ?
しかもお土産の入れ物のくせにお高いんでしょ??
って突っ込んでたのは私だけ??(貧乏人の僻み。あなたたちのせいよ!!)

XXXイングリッシュバージョン。

この歌は日本語の方がしっくりくるって思っていたのだけど、MSGのときより全然よかったです。
hydeさんの英語で歌っても内容が察せられる切ない表情に「意味がわからなくても伝わってくる。」ってインタビューに答えていた外国のファンの気持ちを日本にいながら体験させていただきました。
あぁ、素晴らしい表現者なんだねぇ。。。
そしてエンターティナーだなと思う。

そして、なんていうか、凛々しかったのです。
男っぽかった。
私はhydeさんの顎のラインがすごく好きで、鋭利になっていればいるほど男を感じるのです。
それでいながらまつげの長いおおきな目が眉根を寄せられることによって歪むから、ものすごい色気を撒き散らしてくる。。
だからこそ、ふとした視線の先を追認したくなるというか、求めているやるせなさや切なさや諦めを瞳で語っているのを知らされるわけですが、不思議と今回不必要ないやらしさを感じませんでした。

んで、レディステになったら、めちゃ元気いっぱいの可愛い人になっちゃって。。。。
同じスタイルで同じ髪型で衣装もメイクも一緒(当たり前だけど)なのに、この鮮やかな変貌ぶりさは何なんでしょう。
オデッサの階段で、HYDEさんが言ってた金子先生の光と闇。
それ、あなたにも当てはまりますよね。

メデューサのようなエクステの隙間からうかがえる顔立ちはやっぱりさっきとは違ってあふれる躍動感なのでした。

そうそう、ツイッターで「L'Arcは退廃的」だって理由で親にいい顔されないってコメントを目にしました。
「退廃的」なんて表現できちゃうお母さんは耽美な世界を垣間見たことがあるんじゃないの??なんて思っちゃいましたね。私は。
XXXだけならそんな風に見えてしまうのかな。

あ、レディステのファッキンを咳払いしたのもクスって笑えるポイントでした。
それ使ったら来年から呼んでもらえなくなるわ。

そんなこんなで、登場シーンは女優で、XXXは切なくて、レディステはカッコイイ。
そんなhydeさんを堪能できた素晴らしいライブだったって私の感想を書かせていただきました。

あ、声の調子がイマイチ?って書かれてた方多かったですが、あたしは全然良かったと思いました。
いつものライブならこんな程度じゃないのよ!もっと素晴らしいのよ!と言いたいところではありますが、本当にどのアーティストもイマイチ出ていなかった感があったので、きっとなにかあったに違いないとの判断で。


後日談。
長女から翌日電話がかかってきました。
「お母さん○君(旦那さん)の豊田の講師がね、hydeの家のすぐ近所に住んでて、小中と同級生で同じクラスだったんだって」
って。。。。
えぇぇぇ〜〜〜〜????

なんですと〜〜〜????

「で????で??????そのつぎは????どんなだったって?????」
思いっきり食いつく私。
1オクターブ位高い声になり、1メモリ分くらい大きな声で叫びましたわ。
「え?????ただそれだけ。」
はぁ??????
使えん〜〜〜〜。
そこでどんな人だったか突っ込んでくるくらいの抜け目のなさはないのか????
はぁ。。。がっかり。

これはミーハー心半分、第三者から語られるhyde像を構築したい気持ち半分。
もうトヨタにはいかないし、その方に会うこともないんだそうで。。。
いやぁ、世間は狭い。
長年生きてればいろんなことがありますよね。

とくだらないガッカリ感を残して感想文を終わります。


  


拍手コメお返事

巧さん:
いやぁ、、、巧さん、そんなお気づかいなさらずに。
そうじゃなくてもいっぱいお世話になって何のお返しもできず心苦しく思っておりますから。
こうしてコメントくださってるだけでどれだけ勇気づけられているか。
ちなみに私、そう言うおしゃれな雑貨を持っていません。
いつも巧さんのセンスに感動しております。
ご主人に訂正ありがとうございます。
もう、私たちマブダチ(ふ、、古い)よね!!
ツヨポンを心から可愛いと思っている私ですが、hydeさんの威力に押され気味な日々でもあります。
でも、私の中の清らかさんはつよぽんが好きで、エロスな部分がHYDEさんに惹かれているのだろうな〜といつも思っています。


オデッサの階段、THE HYDEで知るつ○ぽんの罪の軽さ。
あの。。。。
つよぽんファンは思い出したくもない事件だった公園での出来事。

THE HYDEを読んだ時もオデッサの階段のHYDEコメントを見たときも感じたんですが。。。。。
つよぽん〜〜、本当にあなたは大したことしてなかったんだね。。。。ってことですね。
例えばあれが屋内だったら、ですが。。。

酔っ払って全裸でまな板状態の画伯に自分も全裸になって「シャンパンかけて〜」なんて頼まれて撒き散らしちゃっても罪にはならないわけですから(笑)。う〜〜ん。
HYDEの話だけを聞いたらラリってるんとしか思えないじゃ〜〜ん。
本当にyasuさんの心労を慮って(いや、yasuさん的にはラッキーだったのか?)涙を禁じえませんでしたね。

つよぽんは自宅と間違えて服脱いできちんとたたんでただけなんだよ〜。←何の弁護にもならないけどもさ。

いや、どちらの状況にもお酒と泥酔がついてまわるけど遭遇したかったわよ。
自分から脱いでくれちゃうんですよ??(だから何言ってるのか。)

あ、おかしな話になってく。

いや、そこだけピックアップしたらネジ一本飛んでる話になっちゃうけども、ほかはちゃんと芸術家としての金子先生をリスペクトする皆さんが師のすばらしさを語る真面目な番組でしたね。

こうしたひとりの人を深く掘り下げる番組、すごく好きです。
表にはなかなか出ない素の部分が近しい人に語られて、その人に対する認知や理解が深まればもっといろんな分野に興味が持てるようになりますもんね。

ルキノ・ヴィスコンティやら、三島由紀夫やら、わかる世代なんで。。。ひゃぁでしたよ。
そうか、タッジオのセーラー服は金子先生がお持ちなのか。。。(有名な話なんですか?)

そうそう、何年か前の金子先生との対談してた番組どこかにあったはずだ。探してみよう。
あの時からすでにふた桁の年月が流れているのですね。。。

ソロを始めたばかりの頃でエバグリを金子先生がものすごく褒めていらしたのを記憶しています。

長く付き合えるのにはお互いその人の人となりにどこか憧憬が存在するはず。

HYDEさんは画家を目指していたわけで、自分の世界観が金子先生で完成される感覚を得ているのかもしれない。

ああ、FACEジャケットのモデルはHYDEでさんですが「下はすっぽんぽんでモデルしてました」ってラジオで言ってましたよね。(これは本当とは思わないけども)


「ものすごくシャイな人だから」
と金子先生がパリライブの時HYDEのことをおっしゃったと聞いたときも、きっとこの方の中にはあの時のHYDEが今も存在するのだなとも思ったのです。

明日はいよいよM.ステ。
ハラハラドキドキの数分間をまた皆さんと共有できるのを楽しみに。

おやすみなさい。




WOWOWの○’でL'Arcを再確認するドエル。と悩ましい哲学2(悩み中)
○'にしないと引っかかってあちらの熱烈なファンに訪問されてしまっては申し訳ないので、これで察知してくださいませ。

L'ArcファンビギナーのK子ちゃんに○'もついでにダビってくれと頼まれて録画したのです。
世界で名の知れた(だってグラ○ー賞受賞者よ)日本人アーティストの全米ツアーなんだもん。
こんな時はナショナリズム掻き立てられて是が非でも応援したいぞ!
ってことで私も興味がありました。

ただ、リアルタイムで見られずダビングは一度だけなので見ないままK子ちゃんに渡したのですが、K子ちゃんちのデッキで写せず、結局は我が家でふたりで鑑賞という運びになりました。
それを見ての感想。。。。

これはなんといったらいいのか。。。L'Arcの海外ツアーと客層が違いすぎて驚きだったって感じなのでしょうか。
「日本のファンを募集して連れて行ったの???」
とK子ちゃんに聞かれ「知るかいな。」な私。

これは確かにアメリカなんですよね???
日本でやったらもっと大規模な会場だからこんな小さな箱なら確かに海外(しかもとてもシックで素敵な会場もある)なんだろうけども。。。

「昔日本人歌手が自国のファンをツアー組んで連れて行って会場日本人だらけみたいな状況でも会場埋まってたら大人気とかってやったじゃん?あれみたい。」
ってのがK子ちゃんの感想。

多分あまり大きな会場じゃないから現地在住の日本人が大勢いらしたのではないかと推測されるんですよね。
ツアーだからその場所場所に行けば大きな会場でドーンとやったL'Arcみたいに一同に集結とかしなくてもいいわけだし。
ただ、VAMPSもツアーを小さな箱で回ったけど(○’よりも)比率が全然違ってたよなぁ。。。

例えば撮影隊が頑張って現地の海外ファンを写したにしたとしても、L’Arcの海外での人気ってすごいんだなと○'で実感しちゃった私とK子ちゃん。

こういう部分痛いかもしれないけど、L'Arcが誇らしい。

で、無性にNHKの音楽熱帯夜(だっけ?特番のやつですね)を観たくなって2回通り鑑賞。
久しぶりに麗しいhydeさんにまたしても心奪われた次第でございます。

なんていうか、一粒で二度美味しい。そんな人です。

カチューシャ付けてコスプレな感じの女の子がコメントの途中で感極まって泣き出す様子にもらい泣いたりしちゃう私。

QUEENが好きで好きで、ライブに行ってもいいって母親に許可されたとき(来日も決まってなかった時点で)嬉しくて嬉しくて泣きながらトイレ掃除したっけな。。。。。
そんな大昔のことが鮮明に思い出されて、一気に女子高生の感覚を呼び起こされましたよ。
そのくらい島国の私達と同じように、海の向こうのファンにとっても最果ての国から移動してくるアーティストは貴重だし、熱意もあることを感じさせてもらえて感激なのではないかなと。

興奮して震えが止まらないってめざましのインタビューに答えていたボストンからのファン。
どれだけの時間を費やしてNYに来たのか。
母親に12時間かけてMSGまで送ってもらったという高校生の話なんかも他から知り、何をどう引換えてもこの瞬間に立会いたかった日本からのファンも含めてものすごい愛情と情熱を感じて感動するのです。

そんなL'Arc愛をまたまた念押しされる状態でてっちゃんの本ですが。

いやぁ。。。
マジ悩み中です。
読まれた皆さんがL'Arcファンなら腑に落ちるあれこれがあるようで、一同読んでよかったとおっしゃっているのが悩ましい。
買えよ!べべちゃんは迷わずぽちったくせによー。

とか、うだうだ悩んでいる最中。。。
だから、すべてをL'Arcにというか、HYDEにつなげる目的なのが申し訳ないなんて思う必要はないのかも。。。
その位置でのてっちゃんでしょうに。ってことかもしれないですよね。。。。ぐらぐらぐら。。。。。

いやぁ。。。
L'Arcファンです。
どこからどう見ても。。。。


  


拍手コメントお返事

巧さん:
ありがとう。次女が自宅通勤可能になってくれることを祈ってくださって。
本当に心配が尽きないのは、この子がほかの子と違って安心できるタイプじゃないことです。はぁ。。
そしてyasuさん、すごいですねー、花束撮影禁止になったんですねー。ビックになった〜。って感じがします。
巧さん、ご主人のご機嫌を上手にとってライブに行かれるようお祈りしてます〜。
いっそのこと一緒に行くってのはダメですか??

次女の就職とワンコのおはなし。
まぁ、この春めでたく社会人になるわけです。
あ、次女の話ですが。

長男と9歳、長女と7歳も離れてる子でして、そりゃもうめちゃめちゃ可愛がられてきたのです。
長男は高専に進学したので15歳から親元を離れ次女の小学校入学と同時って位なので、次女の兄の記憶って時々帰ってくるお兄ちゃんくらいのものだったんじゃないかと。。。

長女は高校大学とずっとうちにいましたが、7歳も離れているにしてはよく喧嘩もしたのです。
それでも叩きあいの喧嘩になっても、いつも100の力で姉を叩きまくってた妹に対して、長女は50も入ってなかったんじゃないかって手加減具合でした。

マジでおねえちゃんに叩かれていたら次女なんかひとたまりもなかったので。
長女は7歳でおねえちゃんになった自分をとても幸せなお姉ちゃんだと思っていたようでした。
いくら可愛くないことばかり言ってひねくれまくっては1ヶ月も口をきかなくても平気な強情ものの妹でもね。

先日友人の結婚式があるってことで兄妹それぞれ違う日にですが実家に帰ってきました。

その時の息子夫婦の会話がちょっと嬉しかったのです。
何かの拍子にいかに次女が可愛がられてきたかって話になった時です。
「○君(長男のこと)は本当に次女ちゃんのこと大好きだもんね。可愛いしか言わないよね。」
ってお嫁さん。
ちょっとちょっと、大丈夫なの〜〜????そんなこと奥さんに言って。ってあわあわしてたら、
「うん、可愛いね。本当に可愛いって思ってるもん。」
って長男。
ああ、この子達にとっての次女はこういう立ち位置なのか。
例えばそれが長女のことだったらこんなにほんわかはしないんだろうね。

時々帰ってくると、些細なことでひねくれまくって一言も口を開かない次女を構い倒してからかい続けた長男。
それでも何かきっかけが欲しかったのか、そんな長男の助け舟に時々は素直になってた次女。

歳の離れた兄が大人の男の人なんだと認識してからは長男にも緊張して喋ってた次女のこと、長男はよく理解してた。
だから次女が恥ずかしくないようにいつも自分からちょっかいをかけてあげてたんだ。
そして一緒に暮らした時間が短かったこと、気にさせまいとしてたんだね。。

長男夫婦が帰って次の日、今度は長女夫婦がやってきました。

長女が次女の顔を見て急にくすくす笑い出して、なんだと思ったら
「私ったらさ^、ちょっとやばいよね。」
って。
「今日、ここに来る途中、学校帰りの小学生の女の子を見たじゃんね
小学校の体操シャツ着てさ、ヘルメットかぶって、赤いランドセル背負ってて
ああ、もう下校時間なのか。。。って思ってさ、じゃぁ次女ちゃん帰ってるなって思ったの。
ね。
私、いつまで次女ちゃんを小学生だと思ってるんだろうね。
やばいでしょ?自分の子供がもう2歳になるのに、次女ちゃんは私の中ではまだ小学生の子供なんだよ。」
言いながらゲラゲラ笑い出して、釣られてみんなで爆笑したのです。

なんかね、すごく嬉しかった。

次女ちゃんはたとえば私たちがいなくなってもこのお姉ちゃんが実家のようになってくれる。
お兄ちゃんには遠慮があるだろうけど、お姉ちゃんは大丈夫だ。

周りが大人ばかりでいささかわがままで強情に育った次女。
負けん気は強くて、そのくせ打たれ弱くて、いつでも受け身で能動的になれない甘ったれ。

実家の母がよく言ったものです。
「次女ちゃんは本当に優しくて良い子だよ。ただ、ちょっと複雑で扱いにくいだけ。」

そんな次女が就職するのです。
同居の祖母(姑)との折り合いがすこぶる悪くて、ここを出たいと思ってる。
親元離れるのは、私自身はとても不安だけれど、きっと本人のためには良いことなんだと思う。

人間力を高めてほしいとも思うしね。
次女の持つ独特な優しさと、きめ細やかな思いやりを、どうかないがしろにしない環境でありますようにと願うばかりです。

そして私の最大の懸案が二匹のわんこですよ。

今、次女が世話してるのですが、都合が悪くなると私が全部押しつけられてきたのです。
それがずっとになるわけですからね。

今日、これまた笑っちゃう出来事が。

ペットシーツが終わってしまうって話になって「今本当にお金がないからお母さん買って」と言ってきました。
(ディズニーワールドのせいでしょうが〜〜〜。)
「私だってないわよ!!!(哲学2を買う気にもならなかったくらい)お金ないわよ〜〜〜。」と応戦。
それでも2匹もいるのに残りが数枚しかないって言われたら、もう、買うしかないじゃん。と思ってとりあえずの100枚は近くのペット用品店で購入。
帰ってから楽天で800枚大安売りのを購入したのです。
2階で卒論にかかり切りの次女のところにその報告をしにいったら
「お母さん、シーツ900枚の買ったから。もう、本当にバイト代飛んでったし。めちゃ貧乏ですけど〜〜〜。」
って。。。。
って。。。。
って。。。。
次女も楽天で買ってた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

は。。。ははは。。。。。

親子でしょ・・・・?
いきなり豊作になったペットシーツ。

お互いにもうちょっと様子見てれば良かった。しまったと思いつつ。。
ぬくぬくしたクッションの上で丸まってる2匹を思わずガン見した母娘でございました。

いや、こんなどうでも良いことも日記だから許されて〜。
そして、今からこんな覚悟をしてるのに自宅通勤可能な営業所だったら笑うな。ははは。。。


     


ベベがやってきた話とどてつの話。
いやね、おっちゃんさんの可愛いべべちゃんに会ってからというもの、可愛いもの好きの私がラグベベちゃんを欲しくならないわけがないとは思ってたんですが。。。。
ここ最近の出費の嵐は私の通帳を常にマイナスにするのでとてもじゃないが手が出せないと思ってたんですわ。
しかも、もう購入できないと思ってたので。

ところが!
やっさんがツイッターで「アーデリでまだ売ってる」と囁くものですから。。。
しかしこの画像ではとてもあの時のおっちゃんさんのべべと同じものとはにわかには信じられなくてですね、何を冗談を。とか思ってたんですよ。
ところがところが!
同じものだとおっちゃんさんがおっしゃる。

わ〜。
わ〜〜。
わぁ〜〜〜。

べべちゃんが私を待ってる!!!
私をオーナーにしたがってる!!!

とkenちゃんのファンにはとてつもなく失礼な話なんですが、多分、ケノタさま方の純粋にkenちゃんの分身としてのベベちゃんLOVEとはまったく違う気持ちでぽちってしまったのでした。
あ〜〜〜。。。。
マイナスは続くよ、どこまでも。

ただ、ポチってしまえば早く来い〜〜〜。なせっかちさん。
そして、実はベベちゃんはとんでもなくブサイクな子もいらっしゃるとか。
わわわ。。。どんな子が来るのかしら〜〜。ドキドキ。

で、やってきました。
私のベベちゃん→
いやぁ、可愛いっすよ。
めちゃかわいいっす。
おっちゃんさんのべべちゃんと違うのは下手したら観賞用になっちゃうんじゃないかってところですかね。
いかん!。
そんな失礼な話はない!

うん。
ちゃんと可愛がりますよ〜。
ぴんきーはまったくもってケースから出されず飾られておりますが(セロテープは外したよ〜)べべちゃんはナデナデしまくって可愛がるよー。
kenちゃんだとは思えないけど、(まぁ、キャラとして成り立ってますもんね。)ベベちゃんとして愛でていこう。
ありがたいことに女神様のようなおっちゃんさんにも気にかけていただけて裸のままってことにはならなさそうです。



そして甥っ子の結婚からして大出費のワタクシ、哲学まで手が出ません。
てっちゃんの考え方がとてもよくわかる内容だと知り、興味がわきますが。。。。

いかんせん、それは目的が全てHYDEにつながる部分としてって事なのが、ある意味、やっぱり失礼なのかな、と思ったりもしてがっちゃんの本を気軽に読んじゃうのとはまた別の感覚で躊躇なのです。

で、ヲタが嫌いなてっちゃんのために「ドテツ」とおっしゃる方続出で何かほほえましかったです。

そうか、、、。
今ツイート見てきたら仕事に対する彼の考え方とか、ちょっとした指針になり得る感じのようです。
kenちゃんが好きでベベちゃんがほしいってのとは違う気持ちでベベちゃんを迎えた私。
てっちゃんが好きってのとはこれまた全く違った意味で哲学2に興味津々なのでした。


   


拍手コメお返事

巧さん:
FNS歌謡祭、「こんな長いやついつまでも入れておけるか!」ってまだ見終わってなかったのに消されましたよー。
もちろん、巧さんのかけがえのないバンドの出番はまだ先だったのにー。
ちょっと興味あったんだけどなぁ。。。
それでも長年続けてきたバンドが健在で現役のTV番組になまえを連ねるのは誇らしいですよね。
おめでとう御座います。

巧さん:
yasuさんのライブなんですね!!!
最近チケットゲットが特に大変になってらっしゃる様子、yasuの嫁からも聞いております。
座席云々より参戦できてよかったね〜ってのがご挨拶みたいに。
巧さんの揺るぎないyasu愛もすばらしいわ〜〜。

M.ステ出演と富良野祭りとWOWOW。そして解散という心に痛い響き。
お久しぶりです。
もう、一週間に一度の更新とか何が起きているんでしょう。私。

そうそう、この土日、旦那のお仕事に駆り出され、新築家屋のエアコンの取り付けを手伝ってきました。
土曜日は暖かくてまだ良かったけど、日曜日は曇り空で超寒く、雨まで降り出して最悪でした。
良かったのはトイレは使えたってことかしら。ははは。。。
絶壁の家屋側面に命綱まいて吹きさらしの中お仕事する旦那。ロッククライミングかよ。
私はガランとした家の中で「スパナをとって」だの「コーキング渡して」だの細々した旦那の要求を聞く以外全くやることがなく辛かったです。
やたらツイートしてすいません。
おかげで富良野の様子がうかがい知れて凍えるほど冷たい空気が少し暖かくなったような気がしましたよー。

富良野に行かれた方が総じて幸せなツイートで嬉しかったです。
あのお値段は全然高いと思わないって、遭遇されたラッキーさんも結構おられたのも「よかったね〜」って嬉しかったなぁ。。。
遠い愛知の片田舎、雪は降ってないけど凍てつく感じの中にも「クス」って笑える幸せがあるってありがたい。
スマホありがとう。
ネットありがとう。
ツイートありがとう。
富良野ありがとう。

結局HYDEありがとう
と、アホのようにぐるぐる思っていましたよ。寒かった。。。。

それにしても素敵なおうちだった。
玄関一つの二世帯住宅なんだけど、本当に考えられてる。
この家で年末とお正月を迎えられるのか〜〜。いいな〜〜〜。

さて、そんな愚痴は置いておいて。(愚痴だったのか!!!!)

祝・M.ステスーパーライブ出演決定
待ってたよ。L'Arcちゃん。
信じてたよ、ミュージックステーション!!!

ハリクリじゃないといいな。。。って安心すると欲が出るのよ。
出てくれるだけで良いとか思ってたくせに。←
ハリクリが嫌いってことじゃないのです。
あの会場がジャニーズファン一色な感じでアウェイな雰囲気満載なのに、幸せな歌を幸せそうに歌う(ちょっと音程が怪しかったりもする)hydeさんが切ないだけで。。。
いっそのことレア曲行ってしまえ〜。
そういえば、今度はミスチルもB'zもご出演。
何年か前のB'zがなんでこんな雰囲気の中この人たちが歌ってるんだろうって思ったっけな。
稲葉さんの喉の調子は最悪だったらしい(B'zファン曰く)上に、ロックなのに静まり返るフロアーとか。。。
翌日B'zファンの同僚とL'Arcファンの私とふたりして慰めあったっけ。。。。いたたた。。。。

そして、WOWOWですよ。
すごかったです。
何がすごかったって、斜め上からのカメラワーク。

整った鼻梁から、唇、鋭角に尖ったアゴのライン。
眉高な影から覗くまつげに、眼光鋭い眼差し。
はだけた衣装(ってか追い剥ぎの被害にでも?)からの胸板、鍛えられた腹筋。
素敵だ。。。。
素敵すぎる。
ほとんどストリッパーですわ。
ふた昔前ならきちんと服を着なさい!はしたない!!!!って風情なのに。
全然、まったくもっていやらしい感じがしない。

ただ、半分お尻出てませんか?な後ろからの映像と寝転んだ時の上からのカメラワーク。
セクシーすぎて、情事の後の気だるさ、みたいなもんを感じてしまってだね。。。(やめろ!おばはん)

なんだか物凄い生き物を見た感じがしました。
どれだけ自分を追い込んだんだろうね。この体。。。
そういうところにすら尊敬を覚えるのです。

ところどころインタビューを挟んでの構成。
心に残ったのはダブルアンコールの話。
ステージの構成はそこで終わってる。
ファンのためだけにダブルになっただけ。
映像で流すことはない。
あそこにいたファンの為だけのもの。

不意にね、その日凍えながらツイートを追った富良野を思い出したのです。
あの幸せな空間はあそこにいたファンのものだよね。って。
等価交換じゃない。
もっともっと素晴らしいものを心に受けてきたんだなぁと。
同じ寒さでも天国と地獄並みに違うぞ。(まだ言うか)
お金を払う立場といただく立場の差だわね。はぁ。。。


そしてそして、わたし的に考えさせられたのはファ○モンの解散でしょうか。。。
DJさんがお寺の住職さんになるとか。
まえ、狩野さんがオーラの泉に出てたとき同じ環境の話をされていましたっけ。
朝のワイドショーで「ロード」の高橋○ョージ(三○美佳の旦那様)が「昨日今日わかった話じゃないだろう。」
売れてるのに解散っていうのはほとんどファンに対する裏切り行為に近いんじゃないかってな内容の話をされてまして。
このいきなりの発表について、ちょっと苦言でございました。

私はすごく頷いてしまったのです。
アーティストには心酔してどこまでもついて行きたいと思いを捧げるファンがものすごく大勢いる。
特に彼らの歌詞の方向性がストレートでわかりやすく感動的だから、今の時代には本当にあってる。
ファンは置いてきぼりな気分にはならないのかな。。。

もう、住職になったのなら戻れないのだから解散は致し方ないのだけれど、グループとしての活動は続けても良かったんじゃないかとも思ったり。
いや、彼が抜けたらこのグループに意味がないということならそれしかないのかと思ったり。
いきなりだと思うのは一般のリスナーなだけでファンはわかってたことなのかな。。。
フレディが死んだとき、ほかのボーカルでQUEENのベースはやれないと言ったジョンディーコン。
その気持ちがすごくわかるから、やっぱりファンは頷くことしかできないんだろうね。。。死んじゃうわけではないにしても。
まぁ、よく知りもしないでこういう発言するのはイカンとも思う。
ファンが納得してればいい話だもんね。

L'Arcが解散しなくて本当に良かった。
あの時解散してたら「虹」もゆっきーも、そもそもL'Arcという存在すら知らないままで今ブログも書いてないな。
こんな大勢の方々とも知り合っていないまま終わってたんだろうな。。。

そうなると「L'Arcはファンやスタッフの夢」と言い切ってその夢ごと大事にしてくれるhydeさんやメンバーが本当に愛おしいと思う。

やめるとき。
それは創作意欲がなくなって、
素敵な音楽ができなくなって、
素敵な歌詞が浮かばなくなって、
心に響かなくなって。。。。
「好き」という気持ちのボルテージがフェイドアウトして、
「L’Arc」という言葉に甘酸っぱい感覚しか残らなくなったとき。

そうして口の端にも登らなくなってしまったら。。。。
その時が終焉なんだと思う。

あ。。。
だらだらとすいません。

出社時間になっちゃった。

行ってきます〜〜。

  

拍手コメお返事帰ったら追記します〜。ごめんね〜。

追記

拍手コメお返事

巧さん:
DIGOさんとyasuさん、本当にHYDEさんを挟んでいい関係なのですね〜〜〜。
せっぱねぇ。お国言葉はいいですよねー。仲間意識が芽生えますよー。
私の地域の「そうだら〜?」みたいなのもそうですよ。ぷぷ。
yasuさん、優しい人だし、いくつになっても親がなくなるのは辛いものですから、気持ちもよくわかります。
人間性が現れていいなって思います。

巧さん:
そうか、いよいよ今日FNSなんですね!!
つよぽん、頑張って欲しいわ〜。
なんつっても司会業はイライラするくらい下手くそですから。。。心配〜〜〜。←ファンです!信じて。
失礼のないよう祈ってます〜。
うう〜〜〜。心臓に悪いわ〜〜。

巧さん:
ウルトラマンは3分間!←うけます!!!
そうですよね。そうだった〜〜。って思い出しましたよ。
胸〜につけてるマークは流星〜♪
そうそう、いろいろ配達されると何か言われやしないかドキドキしますわ。
でも、優しい旦那様ですから、そんなやりとりも微笑ましいんだろうなぁ。。。
FNS歌謡祭、リアルタイムでは見られませんが録画します〜。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。