スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花葬アコースティックバージョンとVAMPSグッズ。
ブルーレイで購入したらさすがにノーマルまで手が出せず、友人に泣きついて買ってもらった(子供か!)ホノルルバージョン国立!
水曜日に聴かせていただきました。

一番の楽しみだった「花葬」
毎回この曲をライブで聴くたびに「hyde、歌うまくなったな〜〜〜」と感心しきりだったのですが、このアコースティックはちょっとその上を行く感じですよ。

うまいとかヘタとかじゃなくて、いや、すごいちゃんと声が行き届いてるのですが、それだけじゃないのです。
声は楽器。
正しく音色なのだな。
そこにボーカリストが心を込めたら無敵の旋律になるんだ。

地声からファルセットに転換するほんのちょっとの切り返しに響くシャウトだったり、ビブラートだったり息継ぎの艶めかしさにこの曲がものすごく奥深くなっていることに気づくのです。

この曲が大ヒットしてあちこちのうた番組で演奏されていたとき、(まぁ、実際は3曲同時発売のために単独で出した曲ほどはお目にかかっていないのですが)楽曲の素晴らしさにボーカルが追いついていない感じがしたんですよ。。。。
演奏技術や楽曲がどれほど素晴らしくてもボーカルが力不足で生かしきれない。
得意の音域が力強ければ強いだけ、ファルセットの弱々しい不安定さにハラハラしたり。

そんなどこか楽曲がもったいない感が一番顕著だったシングル曲がこれでした。
瞳の住人のように楽曲そのものが柔らかくて穏やかなものであればそれほど感じない。
でも、「花葬」はドラマティックで壮大で。。。
CDで聴く完璧な歌唱に惚れ込んでしまった私にはライブで聴いてがっかりした曲の筆頭だったのです。

それがですよ。
L'7のパリライブで聴いた「花葬」の儚くて美しくて力強いボーカルに惚れ直しての今回です。

ハロウィンパーティーのボサノババージョンをハロウィンライブで聴いたときも思ったの。
もう、楽曲を生かす歌唱というのは技術じゃないんだな。。。。って。

ホノルルのCD。
ライブ音源ではありえないほどの鮮明な声音。
喉を締めているのか開いての発声なのか、息が歯に当たっている音の流れさえもリアルに感じさせられて。
朗々と響く得意な重低音から、力強くて太くて全く不安のないファルセットに感激して。

てっちゃんとkenちゃんに挟まれて真ん中に座って歌ってるhydeさんの姿さえも想像できましたよ。

hydeさんってどんな人?って聞かれたら
歌に命を吹き込むことのできるボーカル。」って即座に答えることができる。

そんな詩人のような人です。hydeさんって。

「花葬」
新たな魅力を強烈に感じさせるアコースティックバージョンでした。
この曲のすばらしさを存分に表現して、それ以上の膨らみを感じさせたボーカリストhydeに感動です。




それから、VAMPSのグッズが公開されていたのですね。
私、このゴミ箱めちゃめちゃ好みです〜〜〜。
きっとゴミ箱としては使わないと思うけれど、インテリアになりそうですよね!。

とはいうものの。
この曲聴いてホクホクしてたその日、ワンコの調子が絶不調になってしまいまして獣医に貢いでしまったので我慢することになりました。はぁ。。。

グッズはもう、みなかったことにする。
ボールペンもスケジュール帳も写真集も諦めたんだから大丈夫。
諦められるわ。
きっと。
ぐっすん。

写真集といえばハロウィン本。
発売延期で申込も白紙になっちゃったのは残念です。
相当先の話になるってことですよね?(出るとしたら)
元々事務所もレコード会社も違うアーティストが集まってのことですからいろいろ利害が絡む部分では難しいんじゃないかと思ってはいたのですが。
これがVAMPSのみの、とか、ABCのみの、とかなら行けたんだろうけども。。。
あ〜。。。
こんなことなら水銀燈HYDEのドアップが載ってた音楽雑誌買っておくんだったなぁ。。。
ハロウィン本頼んだから我慢したんだよなぁ。。。

HYDEちゃ〜〜〜ん。


  



拍手コメントお返事

ゆめさん:
いらっしゃいませ。
こんにちは〜〜〜。


いくさん:
コメントありがとうございます。
次女は年の離れた最後の子供なのでなおさら感慨深いのかもしれません。
そうそう、子供を産んだとき思ったんですよ。
「こんな感動を与えてくれただけで生んだ恩は返してもらってるよ〜〜」って。
いろいろあって子育てだったし、いくさんもそうやって愛されてきたはずです。
子供の誕生日は子供におめでとうじゃなくて親がおめでとうなんだといつも思っています。
なので、いくさんのお誕生日はお母さんが幸せなはずなんですよ〜。
いっぱい次女を祝ってくださってありがとう〜〜〜。嬉しいです〜〜。


巧さん:
おお〜〜〜〜!!!
国立じっくり見られたんですね〜〜〜〜。
本当に映像が美しくてすぐそこにあるような錯覚までさせてくれて感激でしたよね!。
一回ちゃんと見たら今度はおしゃべりしながらお二人でどうぞ〜〜。
感動が2倍になるかもですよ!!。
そうなんですね。
もうすぐ後日バージョンのCMがオンエアされるんですね。
楽しみにしています!。
それから、次女にお祝いの言葉をありがとうございます。
次女のあずかり知らぬところでこんなに祝われていることをしってほしいとおもいますw。。


彩さん:
こんにちは。
コメントありがとうございます〜。
そうそう、HYDEさんにはこれからも頑張っていただきたいです。
いろんな世界を想像させてください。ですよね。
スポンサーサイト
長い長い学校との付き合いの終わりとL'Arc国立DVDがやってきた話。
次女が大学を卒業しました。
長男と次女とは9歳の開きがありますから6・3・3・4で16年+9年の25年間、学校と名のつくところにお世話になっていたわけですが。

自分が学校を卒業するのは当たり前だと思っていたけれど、いつでも庇護される立場だった子供が一人残らず巣立つって。。

想像しなかったなぁ。。。。
自分がそんな立場になるってこと。

嬉しいような、さみしいような。。。。
ほんのちょっとの親としての自負と満足感と、そして何より社会に役立つ基礎を愛情と責任をもって育て上げた(はず)誇らしさもあり。

生まれてくれてありがとう。
いつでも子供は私の宝物だったな。。
縁あって私から生まれてくれたのだから、その関わりがあたたかいもので有り続けますように。と願わずにいられません。

←生花の髪飾り      ←こんな感じになりました。

持ち前の強情さと、執念深さは見方を変えれば、何事も投げやらずにやり遂げる信念なのです。
長所も短所も、全ては表裏一体。

マイナスな部分ばかりに目が行きがちだけれど、そこがあなたのいいところだから。
自分の頑固さを自己嫌悪する次女に何度も言って聞かせたっけな。

それが原因でいじめにあっていた中学二年の時、一日だけ中学を休ませてふたりでディズニーランドに行ったのです。
身も世もない泣き方をする次女が心配で心配で。
ほら、こんな素敵な世界があるんだよ。だから、死にたいなんて思わないでね。
ずっとずっとそんなことを思いながら学校に通わせてた次女。

大きくなるにつれ妥協を許さない潔癖さを表に出すことをしなくなって、高校生になった頃には処世術を身につけてた。
でも、笑顔の裏でいつもいつも些細なことで傷つく感性に心配は尽きませんでした。
こんなに脆弱で社会に出て行けるのかいささか不安もありますが。

親の出る幕はもうおしまい。
いろんな失敗を繰り返して、それにへこたれても立ち上がって素敵な社会人になってください。と祈るばかりです。

あぁ。
こうして親も親の役割を卒業していくんだねぇ。。。。


さて、そんな感慨深くしみじみしてた私のもとにhydeちゃんがブルーレイという最高級の画質でやってきましたよ〜〜〜。←一気にただのアホなおばさんに成り下がる。
ブルーレイ。。。
なんて綺麗なんだ〜〜〜。
客席も下手したら相当なところの席まで顔が判別できちゃいそうですよ。
スタンドの後ろの後ろ、アルプス位置のお客さんが手を振り上げているのもわかります。

あ〜〜。。。これ20周年でも見たかったよ。。。。
まさか再リリースとかしないよね・・・・?(したら買ってしまいそう。。。。)

DVDの感想。。。

あの日を思い出しても泣けるのですが、L'Arc飢餓状態なのが一番の要因なのかもです。
あとどれくらい待てばまた彼らに会えるのかな。。。。
こうなるとhydeじゃない。
もちろんてっちゃんやゆっきーやkenちゃんでもない。

あの4人に。

鬼の形相のゆっきーも、
楽しそうで楽しそうで本当に面白いんだろうな〜なkenちゃんも、
本読んだら深読みしちゃって、ちょっと切ないてっちゃんも、
そしてそして、語り部のように歌の世界をドラマチックに表現するhydeさんも。

威風堂々のモンスターバンドなんだね。。。。

祭りじゃなくてお遊びのような演出。
最後のライブがそんなでも、彼らの輝きは鈍らない。
燦然と輝いてる。

まさかゴールデンエッグス仕様のL'Arc〜en〜Cielで泣けるとはね。。。。
カラーガーズやポンポン、およそL'Arcじゃないでしょ。
築き上げた世界観をひっくり返すみたいな??

でも、やっぱりL'Arcなんです。

たくさんあったライブの中でこんな笑える演出があってもいいんじゃないかって。
まぁ、私はその演出に腹立たしさも感じなかったし(結局何でもいいんでしょ?って言われそうだけど)どんなであっても彼らであることは間違うことのない事実なので。

美しい映像に美しい人がうつってる。
幸せそうで、嬉しそうで、人を夢中にさせる瞳が麗しい。

ずっとマディソンL'Arcを通勤のお供にしていたけれど、今日から国立L'Arcにチェンジです。




  



拍手コメントお返事

巧さん:
お返事遅くなってしまってすいません。
二都物語、うんうん。
行きますよ〜〜〜。
お金無いけど、きっとなんとかなる。うん。
その勢いで写真集も買っちゃおうかと悩んでいますが、きっと買わないだろうなぁ。。。。
ラグーナのHYDEさん、本当にかっこよかったんですよ。。。。
うう〜〜〜〜。
あれからあのCMの続きを楽しみにしていますが、なかなか始まりませんね。
まさかあれで終わりじゃないですよね????


たんぽぽ茶さん:
情報ありがとうございます。
お返事遅くなってしまってすいませんでした。
あのあとすぐにツタヤオンライン見たんですが、もう売り切れで仕方なく出かけた4件目のCDショップが渋々予約させてくれました。
そうしたらなんとホノルル手に入ったんですよ〜〜〜。(友人が)
私はまだ聞けてないのですが、近いうちに聴かせてもらえる予定です。
本当にありがとうございます。お気遣い嬉しかったです。


巧さん:
いやいや、3度目の正直ですよ!!!
今度こそご一緒しましょうね!!!
まだまだ日は先ですがyasuの嫁共々楽しみにしています。
yasu子ちゃんかぁ。。。。
HYDEさんと比較はできないですよね〜〜。やっぱり。ぷぷ。


巧さん:
ちょっと〜〜〜〜〜。
爆笑しちゃいましたけど〜〜〜〜〜。
何か、そのやりとりほのぼのします。
でも!
おはぎや桜餅で喜ぶと思うなんて。。。
まぁ、普通にお土産なら嬉しいけど、ですよね。
国立一緒にご覧になったんですね〜〜〜。
語りたくなるんですよね。わかります。
巧さんは、後でゆ〜〜〜〜っくり浸ってくださいませ〜〜〜。


国立ぅ〜〜〜〜DVDと「二都物語」そして泣く泣く諦める写真集の話。。
思えば1年前。
もうすぐマディソンスクエアーガーデンだわ!!。
なんてNYになんか行けもしないのにわくわくドキドキしてたワールドツアー。

月曜日の夜映画館で見たL'Arcのなんと誇らしかったことか。。。。
緊張感半端ない感じでの「いばらの涙」歌い出し第一声「あぁ」で心臓捕まれた気分になりましたっけ。

ワールドツアーを大成功で終わらせて、凱旋公演が日産スタジアム。
是が非でも「おめでとう」を伝えたくて二日間の参戦を決めたら、その後に国立が控えてたって言う。。。。

ハワイなんて行けない(そもそも、東京にこんな短期間で何度も行くことすら綱渡り。経済的に)極貧の私には、国立のL'Arcは後何年分かのチャージを心に刻むべき重要な公演でした

ただ、その前に立て続く大規模な会場でのライブをこなした後の集客を考えたら国民的アイドルでもソールドはしんどかったんじゃないかとも思いましたよね。

だからこのツアーでの演出を国立ではがらりと変えてナーバスにならないための祭りにしたかった気持ちもわかるなぁと思うのです。(ほんとか?)

ハイ。
私的に、国立は「DVDいらない〜。」なんて余裕をかましていられない大事なものです。
それまでのツアーの演出が本当にすばらしかったので、「はぁ?」と思われた方も大勢おられるようなのですが、私は全然大丈夫でした。
2007ツアーのL'Arcウィルスをもっと砕いたテトラポットの飛行物体。
絶対買えると思ってたのに全く買えなかった顔Tも、DVDでよみがえるのね。
kenちゃんのチアダンスも見られるかな???
「ウィッセラヴィ」も聴けちゃうんだよ。

さすがに国立は2日目のみの参戦だったのですが、そこそこ座席が良かったので肉眼で見てることの方が多かったhydeさん。
「これで後何年かはないんだ。。。」
って見納めの覚悟で、必死に目も耳も集中してた。

「HDのカメラで撮ってるからブルーレイ出るよ。きっと。」
ってご一緒したA子ちゃんが言ってたとおり。
出るんだぁ〜〜〜〜。
ブルーレイで出るんだ〜〜〜。

参戦したライブは感情が入りやすい。
ライブだけじゃなくてそのときの自分の想いや、昂ぶりや、ご一緒してくれた友達との絆のような一体感がよみがえるから。
不思議だね、そのときより今の方が思い出して涙ぐむことが多いよ。

ただ、ただ、国立に詰めかけたファンを今までのツアーとの差別化を図って楽しませる為だけの「祭り」だったんでしょうに。
私、国立のDVD観たら泣いちゃうんじゃないかと思う。
インターバルの後のバックステージの「あなた」。
あのときのボロボロのhydeさんの歌声を修正しないでくれるかな。。。。

まぁ、とにかく。
ブルーレイで予約入れました。
値引きなくても我慢します。←いやらしいが、貧乏人なので許されて。

そうして、アコースティックの「花葬」聴きたさにビギナーK子ちゃんに購入をお願いしたホノルルバージョン。
モタモタしてたら予約受付出来なくなっていました。
うわ〜〜うわぁ〜〜〜〜。
なんてこったい。
あああぁぁ。。。。
ほかのが値引きがあったからさすがに友人に頼むのが定価ってのが心苦しく思ってたらこの有様です。
追加でまた予約が出来るなんて事になったら今度は迷いません!!!宣言!!!!
何軒かCDショップに行って尋ねましたが、限定数量しかないので予約は出来ないし店頭にも並ばないと。。。。えーん。。。。
amazonさま、楽天さま、どうぞどうぞ、今一度冒険してくださいませ〜〜〜〜。


それから、天の岩戸にお隠れになったhyde様と入れ違いに、大車輪で仕事をするつよぽんの情報が。
「ぼくに炎の戦車を」(だっけか?)の舞台が終わったばかりなのに、堀北さんとの共演で「二都物語」をやると言うじゃありませんか。
とにかく私は草なぎ剛という役者をドラマで観るより、映画で観るより、舞台で観たいファンなのです。(あ、SMAPのステージが抜けた。笑)

みんなに知ってほしい。
彼に興味のない人にも知ってほしい。
舞台の彼の本当の迫力を。
つかこうへいさんが「白い悪魔」と彼を評した逸話が、あながちファンの欲目でも何でもないことを。

で、、、。
一般販売のロッピでつよぽんファンのおばちゃん3人分のチケットを購入いたしました。

はぁ。。。。。
お金がないのはこういうことだわ。

何か自制しろよ。お前。。。。。
あれもこれも欲張りすぎだっちゅーねん。

さすがに自分の抑制のなさを反省して、VAMPS写真集を諦めることにいたしましたよ。。。。

さようなら、蒲郡のHYDEさん。
私にとってあのときのあなたが去年の数あるあなたの中で最高でした。
あぁ。。。
早く申込期間が終わればいいのに。。。←
これが終了するまで悶々する自分が切ないね。


  



拍手コメントお返事


通りすがり様:
いやいや、私もちょっと嬉しくて、そんなhydeさんを愛おしく思ったものですから。


かすみさん:
かすみさ〜〜〜〜ん、ありがとう〜〜〜〜。
お裾分け、ありがたくいただきました。
私は思ったより軽かったのですね。←図々しい。
絶対私の重みで肩こりになると思っていたのに。
体調は戻りましたか?
あの悪天候の中、ファン同士の一体感も半端なかったんだろうなと想像しました。
すてきな思い出(3時間待ったことも含めて)は財産ですよね。
ありがとうございました。


巧さん:
なんか切ないですね。。。。
その企画がどういうものなのか、いまいちつかめていないのですが、ソロとバンドを両立するのってきっとものすごくハードなんだろうなぁ。。。
それぞれファンは別のものとして考えるとしたら、例えばhydeさんなら「L'Arcのhydeに会いたい。でも、ソロも応援しています。」って事なのかな。。。
そして水を差すような発言を謝ってしまう弱腰でも応援してるバンドのファン。。。
でも、そんな人たちのこと、アーティストはどこかで支えにしてるとも思うんですよ。
そんな人でいてほしいと思いますもんね。。。
それから、巧さんが前おっしゃってたCM観ました!!!。
もう何度も流されていますよね!
なんか、うきうきするすてきなCMだと思いました。
早く続きが観たい〜〜。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。