スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆の夜のお客様。
暑い日が続きますがみなさま如何お過ごしですか?
体調など崩されませんよう、お身体おいといくださいませね。

さて、そんな暑さをもろともせず、本当に大勢のファンが集まった山中湖。
ハイモバの写真で(聞いてはいたけれど)一万人って本当なんだな~と驚いた次第です。

ラグーナは多分5000行くか行かないかくらいだったと思うので(まあ、その分日数的には長かったけど、だからこそ)今回興行としても成り立ったのではないかしらと留守番組ながらほっといたしました。
私ラグーナのときのブログでお祭りは自分で散財して楽しむものだよね。なんて書きましたが、あれは採算あってなかったんじゃないかなぁ。。と心苦しかったりもしました。僭越ながら。

ただ、それでも、ラグーナが評判良かったのは納得です。
本当に素晴らしかったもん、二日しか行ってないけど。

なのでラグーナが良かったから次!ってなったのかもしれない山中湖。
そこに至るまでの遠い遠い道のり。
ツアーのバスの詳細が青ざめるほど遅く、駐車場の手配の話もこれまた切羽詰ってて、富士の麓には何を準備したらいいのか情報交換したりしてハラハラしどおしだったみなさんのつぶやきを読みながら
「いや、そんなことどうでもいいくらい感動できるから、させてくれる人だから」
とか、エールを送りつつ、この内容のツイートの仲間になれない一抹の寂しさなんかも感じていましたよ。

まぁ、基本ダウナーだから。トホホ。

そして期待に違わない感動をみんなに与えて、レポ読んでる留守番組まで感動させるのですね。

参戦者様がどれだけその日のことを心に残しておきたいと思ったか、その情熱的なレポに見て取れます。
ブログは読んでもらって共感して欲しいという思いもあれば、自分の心から「その想いが薄れてしまわないように文字にして事実として記憶しておきたい」という願いのような気持ちも込められてると思う。

どなたのブログも山中湖に着くまでの、いや、着いてからライブが始まるまでの、全て顔文字で表現できるんじゃないか的な傑作なテンポの「あとになれば笑い話だけど、その時はとんでもなかったのよ!!!。」から始まって、ライブ開始してからは各々お気に入り曲に対しての想いや、MCに対しての共鳴部分のディープな感想まで、本当にどれだけすごかったのか波状攻撃で読んでるこちらに知らしめてくれるわけです。

特にマイファーストラストのMCには感動しました。


ZEPP名古屋の土曜日。
私は初めてプレボなるものに手紙を投函しました。

想いは絶対通じるよ。そういう人だから
って力づけてくれた友達がいて、何をどう書こうか本当に迷い迷いしたためたのです。
又従姉妹ちゃんのこと。

亡くなる数日前までライブを夢見ていたこと。
彼女の最期に想いを馳せることができるならこんな幸せなことはない。
どこかでMY FIRST LASTをやってもらえませんか。と。


それが山中湖だったんですね。。。
この曲がBESTアルバムに収録されるのはずいぶん前から決まっていたのでしょうし、山中湖のロケーションが描いてるイメージにちかいことやお盆の週だったこと、身内が亡くなられたとのことが大きな要因だとわかってはいますが、私にはその事実がすごい衝撃だったのです。

旅立つ人の最期に寄り添うような言葉。
「死」を悲しいものだけに捉えないスケール感。
私には宇宙と融合するような発想はないけれど、なるほど、そう思えばただただ苦しいことでもないのかと思えたりもする。

「死ぬこと」
については色々考えます。
誰もがそれから逃れられないから。

中学生の頃父方の祖父が亡くなりました。
冷たい亡骸に生きていた頃の柔らかな優しさを見つけることができず、遺体はまるで見ず知らずの他人のようでした。
魂はどこに行ったのだろう。
高校生の兄と「死」について語りました。
「死ぬってのはなくなるということ。お前は生まれる前がわかるか?」
兄の質問は意味がわからない。
「そこへ行くだけのことだ。」
何か違う言葉を期待してた。
天国や地獄や、魂が肉体を離れてもまだ道があるのだろうと思いたかったので。。。。

母の実家に行くと国民服を着た少年の遺影があります。
18歳で海軍工廠の空襲にあい、亡くなってしまった母の兄のものです。
幼いころ、この美しく秀麗な顔立ちのお兄さんはちょっとしたあこがれでした。
そしてもうひとり母の妹の遺影も掲げてあります。
25歳で亡くなる数ヶ月前、病院で私を抱き上げてくれた綺麗なお姉さんです。

幼かった私はとうの昔に彼らの年齢を超えてしまいました。

漠然とした死への認識。
お盆にはそんな霊魂が帰ってくるのですね。
そう。
なくなることを宇宙と重ねては見られません。
今、逝こうとしている間際の人にとって死はもっともっと単純なものだと思うからです。
立ち会う人にとってのあふれるような感情がいろんなものを生み出すのかなとも思うのです。

生きているから想いを馳せるし、「我思う」から「我は存在している」と言えるのかな。と。

まぁ、とりとめなくそんなことをつらつら考えながら山中湖のレポを読んでいくうちに、もう、泣けて泣けてどうにもならない感じになりました。

それこそ、私の歳まで生きていれば、若い頃には考えられないほど近しい関係の方の死をいくつも体験するのです。
又従姉妹ちゃんに限ったことではなく。

なのに、私の記憶に鮮明に浮かび上がってくるのはラグーナ最終日の炎天下、得意満面ないたずら小僧のような表情で放水する花道のHYDEさんに嬉々として駆け寄っていった又従姉妹ちゃんの後ろ姿なのでした。
去年の今頃は次の夏がないなんて思ってもみなかっただろうけども。。。。

14日の夜、床が軋む音がしてなかなか寝付けませんでした。
犬は些細な物音で吠えまくるけど、それもなくただ軋む音だけがベッド付近から間欠的に聞こえます。
私はなにがどうしてなのかよくわからないけれど涙が止まらず真っ暗な部屋の中で泣きながら目をとじていました。
ふつうならその音背筋が凍ると思うのですが、全然怖くないのです。
ほかに感情が囚われていると恐怖は大して恐怖でもないということなのか。。。
いつの間にかウトウトして3時間ほど寝られました。

ツイッターでそのことを書いたら
「それは山中湖でライブ参戦した又従姉妹ちゃんじゃないでしょうか。」
ってリプしてくれた方がいて、なんだかすごく嬉しくなったのです。
そうだよ。
彼女は今フリーダムだね。
ネックタオルもライブTシャツも持っていったんだもん。

パリライブのライブビューイングを
「DVDのhydeすっごい綺麗だと思っとるだらぁ~?ライブビューイングのhydeなんか、もっともっとDVDなんか問題にならんくらい綺麗だっただで~。」
とやたら自慢してきた又従姉妹ちゃん。


そうか。。。
山中湖を自慢しに来たのか。。。。







スポンサーサイト
ロード・オブ・ザ・小笠原伯爵邸
行ってきました。
叙情詩の館、否、小笠原伯爵邸

これね、kazueちゃんが企画してくれた時からもう、楽しみで楽しみで。
実はあんな素晴らしいライブが体験できると思っていなかったから(超失礼)ZEPPより楽しみだったっていう。。
私は叙情詩の頃はL'Arc停滞期でして、(何してたんだろうなぁ。。多分娘ふたりがバレエやピアノ習っててお稽古事に明け暮れてたんじゃないかしら。)思い入れがあまりなかったんですね。。。

だからMVが文化賞(だっけ?)とか受賞したって聞いて見ても、芸術とエロスってどこが分岐点なの???
とか、本当に、本当に「お前土下座して謝れ!」な感想しかなかったっていう。。。。

それがですよ。
今となってはリアルタイムでわぁきゃぁできなかった自分、なんてバカなんだ!!。ですわ。
何度も言うけど、また火のアクトシティ浜松にタイムスリップしたい~~~。
あの時だってちゃんと好きだったけど、今とコアな部分じゃ比較にならないよ。。。

さて、そんな私、PV見直して「こんな素敵なお屋敷に何を着ていけばいいの????」で突如ガクブル。
たまたま友人の出産祝いで帰ってた長女に相談。
いろいろアドバイスしてくれるも何かぱっとせず。
何年か前にスペシャダイナーで栄ちゃんと渡部さんとご一緒した時の長女の妊婦服にしようかと決断。
栄ちゃんに会うけど人が何着てたかなんて覚えちゃいやしないさ。
とか、軽く考えておりました。
そうしたら二日後に長女から宅配が。。。
中から白いロングブラウス(というのか?)ストールが。
これまたいくつの人が着るんだよ!な艶やかさで。。。
「おかあさん、いつの間にそんなになっちゃったの。歳食ったから派手にしなくちゃますます老けこんじゃうんだよ」
とかは言われたけど、ちょっと待ってって長女の中の私の年齢を確認したくなりましたわ。
取り合えずTEL
「ねぇ、荷物届いたんだけど。」
「うん」
「どうしたらいいの?」
って聞いてみたら
まずはありがとうだらぁー!?
と一喝されました。Σ(|||▽||| )
「ありがとう。。。」
「はい、どういたしまして。うん、まぁ下はこの前私があげたジーンズをロールアップだね。」
な感じで相談終了。

はぁ。。。
どうしたものか。。。
ええい、仕方ない。せっかく身銭を切ってプレゼントしてくれたんだ。着ていこう。
で、ジーンズはこれまた長女のお下がりで、ピアスは次女ちゃんからの卒業旅行のプレゼント。
あれまぁ。。。
サンダルとネックレス以外全部娘たちからの頂き物でトータルですわ。
娘ってありがたい!!!。
感謝!!!。

そんなこんなで待ちに待った8月3日(土)晴天。
いざ東京!。
前もってA子ちゃんが東京駅で待機してくれてるということで、もう大船気分でるんるん。
ところが!!
ついてみるとA子ちゃんがどこにいるのかわからない。
「せいらさん、どこ~?」
「八重洲中央北口って所にいるんだけど~~。」
「北口なんてないから!」
なやり取りが数分続き、
「ちっ!これだから田舎者はよ~!もう二度といくらkazueちゃんに頼まれてもせいらさんのお守りなんて願いさげだわ!」
なんて思った??
ねぇ、思った????
見捨てないでよぅ~~~。
なんとか合流してA子ちゃんのあとをついていき電車に乗り込む私たち。
「kazueちゃんたち迷子になってるらしいよ?」
ってどうやら逆方向に乗ったkazueちゃんの心配するくらいは余裕でした。この時点。
ところが!
楽しくて楽しくて、しゃべりまくってたら
「ちょっと待って!!!乗り過ごしたわ!!!」
ってA子ちゃん、
「あ、そうなんだ~。笑っちゃう~。」
とか、のんきな私。(もう、A子ちゃんにおんぶに抱っこだから)
慌てて乗り換え代々木のA子ちゃんの元職場もついでに見させていただくサプライズ!(じゃねぇよ)
んで、目的の駅に着いたら着いたでお手洗いに走るとか。
「お腹すいた。」
って短文メールに鳩使い栄さんの怒りが推し量られ、鳩が飛んでこないうちにって、慌てて改札に!!!

ええ、ええ、慌ててたのよ。あれでも。→栄ちゃんブログ
改札の向こうでにこやかに手を振る栄ちゃん、CHIKAKOさん、mariko様、松井さん。
実は口角がヒクヒクしてたなんて。。。。
あら、今日はにこやかよ。よかったわ。(誰がとは言わない)
「お待たせしました~~。」

館の前でお出迎えしてくれたkazueちゃんと7人で当時はベランダだったそうなテラス席へ。

館の作りはゴージャスで趣があって、ガラスの向こう側の庭園ではスクリーンでは隠しきれない地下足袋作業のニッカボッカ様がおられましたが、それは多分夕方からのガーデンパーティーの準備にあたってる庭師さんたちだったのですね。
何より栄サマの眼差しがですね、まるで自分ちの店子を見つめるような優しさでですね、マジで可愛いと思ってるのか、いらだちを噛み殺しておられるのか判別つかないのでございます。ぞぞぞ。。。。

そして、料理が運ばれてくるのも待てず、しゃべるしゃべるしゃべる。
何が楽しいってmariko様の中国話です。
もう何を信じて食べ物口にするかとか、サバイバル過ぎて、豚の川流れとかも普通の話とか、一体どこの汚染された発展途上の話なのかとびっくりです。
来年早々、長女一家は旦那さんの転勤で北京に赴任するのですが、上海のハイソサエティなmariko様ですら日々の生活に危険を感じながら暮らしておられるというのに、うちの長女がちゃんとその流れについていけるのかいささか不安になりました。
デパートで子供だけ遊ばせるなんてありえない!!誘拐される!!道路を歩くときも手を離すな!!!@上海
この常識をちゃんと娘に言っておかなくては!!!
いや、これだけ聞いたら何が楽しいの?ってなるかもですが、文化の違いを肌で体験したグローバルなmariko様の話はもう釘付けです。
そして
私、夢があるんですけど。もう決めたんですけど!!!」
とmariko様が突然宣言なさって。。。。

素敵。素敵。なんなのそれ~~~~。
その中のメンバーにちゃんと私入れてくれてるの???ヤレ嬉しや~~~。\(^o^)/。

それからCHIKAKOさんがロンドンMVをめぐるツアーを企画なさって、夢先案内人はこの両名で決まりね!!!。

もう、マジで長生きしたい。
足腰ちゃんとしてられるうちに実行されること切に願います。
漠然と短い将来を思うとき。
絶対絶対こういう夢は必要なんだ。
すぐそこに「死」が迫ってたら目先の希望が大事みたいに。。。

多分常は静かに厳かに食事して、静々館を見学するのが正しいL'Arcファンのあり方でしょうが、ごめんなさい。
私たち爆笑に次ぐ爆笑で品もなく館見学の時間すらタイムオーバーしてたっておちでございます。

「はやくしてくれないかしら?このおばさん軍団」
と、思われてたかどうかはわからないけれど、お手洗いですら洒落た一角で、そこでお茶会もできそうで写真撮り続けてようやく館見学も終了いたしました。

そうそう、料理がなぜスペイン料理なのかと思っていましたら、この館自体がスペイン建築なのですね。
建築といえばスペイン!
CHIKAKOさんがスペインの旅をなさった話もイギリス在住時の話も面白かった~~。
霧のロンドンエアポートはもう過去の事なんだって。
現地にいなくちゃわからないことだねー。

お庭の写真とかも撮りまくって、近くのカフェで二次会。
スクリーンショットって何~~???
な私にmariko様が丁寧に教えてくださり、スマホ使いきれていない私目からウロコでございました。

そうそう、そこでもmariko様がきゃずとkyo様のセクシーなんだかエロいんだかのポイントを熱弁なさって、ああ。本当に好きなんだなぁ。。。とほのぼのいたしました。
少し前近くのテーブルにいた若者3人の会話が「お金」の話で何か丸聞こえだったんですが、多分私たちの会話もきっと店中に響いていたに違いないわ。

「HYDEはポケットに入れて持ち歩きたい」
らしいmariko様。
即座に「心の旅」が脳裏に浮かびましたよ~~。
もしも許されるなら~眠りについた君を~ポケットに詰め込んで~そのまま連れ去りたい~~♪。
許されません!犯罪です。

んで、A子ちゃんが有刺鉄線チョーカーの画像を見せてくれて2つ買ってたらしいって話になって「くれるの?」って聞いたら「はぁ?」って心底呆れられました。え~いいじゃん。(´・_・`)チョーダイ。
そしてそしていつも静かにi-padを操作されていた松井さんから
「みんなどんなイメージを持ってるのか、栄さんってすごく抜けてる人なんだけど。」
と衝撃的な暴露話を聞きました。

あ、これ以上はやめよう。
鳩が飛んでくるかもしれん。

kazueちゃんはワイワイやってる私たちの会話を暖かく見守っておられました。
あ~。ほんとにただ年食ってるだけの私とえらい差だよ。
また今月末にkazueちゃんと原宿にいけると思うだけでハッピーだわ。
A子ちゃんも合流してくれるらしいし、栄ちゃんも都合が合えば来てくれるって。ひゃっほう!!

そんなそんな楽しい時間は直ぐに過ぎ去ってしまって、一足前に松井さんが帰られて、昨日も飲み会だったはずなのに今日も飲みに行く(館でも飲んだよね?)mariko様、夕食の支度をされるkazueちゃんと新宿でさようなら。
巣鴨で次女に会うことになってる私をA子ちゃん、栄ちゃん、CHIKAKOさんで見送ってくれたのでした。
階段下でずっと手を振ってくれてありがとう。
おばちゃん感激。


巣鴨の駅で待つこと数分で次女が向こうからやってきました。
化粧っけもそれほどなく、久しぶりに会うのに何も変わって見えませんでした。
とりあえず新幹線まで私を送るってことでまた東京まで戻ったんですが、その山手線の車中で

あれ??お母さん、小さくなった??」

って次女に言われました。
「まだ縮んじゃおらんわ。」
と言いはしましたが、これはどういう事なんだろう。。。
普通は太ったから視覚的にはでっかく見えるはずなんだよね。

感覚で小さく見えるようになったんだ。。。
そうしたら、じわじわ嬉しくなっちゃって。

そうか、母が小さく見えるんだね。。
なんか次女の成長を感じて危うく涙こぼれそうになりました。
たった数ヶ月だけど、確かに自立してるんだなぁ。。。

あれだけ食べたのにそんな次女にご馳走したくなって自分がお腹すいてないから千疋屋に入店。
アボカドのサンドウィッチと桃の白玉パフェを注文。
またお値段が冗談みたいに素晴らしくて、まぁ東京だしくらいに思ってたら
「1000円出すわ」
って。
なんてかさ。。。。
ありがとうね。。。。
そのくらいもらわなくたって払えますけど~~。と思ってもありがたくいただきました。

新幹線乗り場近くのベンチに座って仕事の話をあれこれ聞いて、職場的にも恵まれていることを感じて一安心。
ちょっと前まで大都会にあまりに不似合いとうか、不釣合いな次女の性格を不安に思っていましたが、親が思うほど頼りなくないってことも見て取れて嬉しかったです。


そして次女ともサヨナラして新幹線に。

楽しかったなぁ。。。

mariko様、CHIKAKOさん、私ちゃんとパスポート発行して待機しますから~~。
手始めは和歌山ですね。了解です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。