スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あのね、一人の体じゃないから。(ただの愚痴)
って、何度が旦那に言ったことがある。
なんで病気のデパートほどもてんこ盛りに持病を持っててああも無頓着でいられるのか理解に苦しむわ。

あ、盛大な愚痴です。
一月のうちからこんなで先が思いやられるけど。
HYDEさんの話でもつよぽんの話でもありません。


旦那が心筋梗塞で倒れたのは、41歳の時でした(見事に厄年)。
私37歳。
長男15歳高校受験のプレッシャーと戦わなくちゃならない中3の12月。
長女13歳中学1年生。(バレエや塾に取り組んでた)
次女6歳幼稚園年長さん。
夜中の1時に苦しいと言い出して、市民病院に連れて行ったら「何故救急車でこなかったのか」と医者に怒られたくらいギリギリの状態だったらしい。
「今夜死んでしまうかもしれない」と言われた。

検査室に担架で運ばれた旦那がともすれば眠りに引き込まれそうなのを、医師や看護師が必死に呼んでたのをガタガタ震えながら吹きさらしの廊下のベンチに座って聞いてたっけ。

幸い若さも手伝ってか一命を取り留め、ひと月半の入院の末無事退院。
その後何度かカテーテルの検査と冠動脈にステントを差し込む手術を経て通常生活に戻ったのだけど。。

さすがにタバコはそれっきりやめたのだけど、お酒はやめられなかった。
酒はたしなむ程度ならOKと言われたのに乗っかり嗜むどころか一日に缶ビール500ml3本は軽く飲む。毎日。

食べ物に関してはいつも夫婦喧嘩。
そして姑がお客さんに愚痴る。
「かわいそうに息子は嫁に食べるなって言われとる」
ああ、そうかい。そんなにかわいそうで私が鬼のように思うなら好きに食わせろ!知らんわ。
若年性糖尿病の息子を作り上げた姑。
何がかわいそうだか言ってみろ!
それで死なれたら誰のせいだよ!

そのくらい言ってやれたらこんな自制のできない人間にはならなかったのかな。

私はお客さんや姑が私に威張り散らす嫁というレッテルを貼るのが嫌だった。
次第に口やかましく甘いものや油物やアルコールを平気で食べる旦那を止めるのが無意味だと思うようになった。
それでいつも喧嘩になったから。
食べ物でもめることほど馬鹿らしくて下品な話はないね。
惜しいから言ってるんじゃない。体に悪いから言ってるんだってこと。わかろうともしない、なんておバカな男なんだ。

その頃から「旦那が死んだらどうしよう。」って私の頭の片隅にいつも「旦那の死」は存在してた。

そして2年前膠原病にかかり、「糖尿病は万病の元」の裏付けまでした旦那。
冬になると本当に働けなくなる。
動けなくなる。
力が入らなくてペットボトルの蓋すら開けられない。
動作は鈍く、まるで70過ぎの年寄りのよう。

それが1週間前ころから時々苦しいと言い出す。
膠原病でなのかと思ったら心臓だと。
「ベッドが空いてないから月末だ。どうせお前は仕事で付き添いできやせんわ。」
と吐き捨てるように言われてカッチーン。
はぁ??
あなたが怒るところですか????

よく話を聞いたらカテーテル検査は24日か31日しか空いてない。
26日に舅の3回忌があるから31日にしてもらったと。
はぁぁぁ?????

あのね。。。。
死んだ人より生きてる人の方が大事なんですけど。
舅の3回忌なんて延期したっていいし、あんたがいなくたって何とでもなるんですけど!!!
そんなしんどそうなあなたを月末まで見てろって???
いつも朝になると死んでないかベッドにのぞきに行ってるのを知ってんの???

そういえば言ったで怒り出す。
いつもは思ってもいないくせに、そんな時ばかりかぶせるようにぎゃぁぎゃぁ言い出す自分可愛いだけの姑。

情けなくて泣くどころか怒る気にもならなかった。

高校受験なんて人生始まって以来の試練に立ち向かう状況の多感なときの長男。顔面蒼白。
「お父さんが死んだらお母さんはこの家を出ていく。あなたたちはどうする?ものすごい貧乏になるけど、お母さんはおじいちゃんおばあちゃんとは暮らせない。とりあえず高校出すくらいのたくわえはあるけど、次女ちゃんの学費はもしかしてお兄ちゃんおねえちゃんにお願いするかもしれない。」
と言った私に
「中卒で働いてもいいからお母さんと暮らす」
と号泣しながら訴える長女。
「死ぬ」
ってことがどういうことかも分からず緊迫感に怯えて泣きじゃくる次女。

あの時のあたしと3人の子供の状況を旦那に見てもらいたいくらいだ。

私は心から3人にごめんなさいと思ったよ。

自分が中学生の頃、「親の死」なんて想像したことはなかったから。
ましてや幼稚園なんて毎日が楽しくて当たり前にそこにあるものだと思ってた。
そんな普通に暮らせて当たり前の年頃に「親が死ぬかもしれない」なんてハードな現実を突きつけられた子供たちの心中を思ったら、自分の病にそんな無頓着でいられないはずなのだ。

病気なのは本人で。
本当に苦しかったりつらかったりしてるのも本人に違いはないのだけど。

次女の就職が決まって本当に自分の役割は終わったと思ってるんだろうか。
借金だらけの家業どうするつもりだよ。

ここ何日か寝られなくってね。
仮想庭園に逃げ込んでる。
ツイッターもブログもそんなこんなで滞ってばかりです。

転勤って結構なプレッシャーなのに、そんなもん吹っ飛ばすくらいハードなここ数日のせいらでした。

重い話しですいません。
本当にただ愚痴りたかっただけなのでスルーしてくださいませ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/15(火) 01:15:41 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/13(日) 21:54:44 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。