FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
哲学2を読み始めています。
ちょっと(どころかかなり)懐具合が寂しいので、結局購入できずお友達に貸していただいた「哲学2」今絶賛読書中なのです。

まだ全部読んでいないのですが、既に印象としてできあがるてっちゃん像。

一粒の米にも万人の労苦を偲び、一滴の水にも天地の恵みに感謝し、ありがたくいただきます。」

これはまだ今の信金で正社員として働いていた頃、研修でお世話になったお寺の住職さんに続いて唱和した言葉です。
出して頂ける食事には必ず感謝と敬意を示してからいただく。

そんな教えを思い出す出だしの彼の哲学。

何というか、いろんな意味でものすごく具体的な内容なのです。

「THE HYDE」が物事を総体的に自分の考えに忠実だけれど漠然と語られているのに対し、「哲学2」はまるでノウハウ本のよう。

何て言うか、授業を聞いてるのと井戸端会議聞いてるのとってくらい構成が違うのですね。
てっちゃんのインタビュー本というか。。。。

途中まで読んでまず思ったのが、てっちゃんの「自分は報われていない。」かわいそうな立場。
ファンってそんなにひどいですか???

たとえば、そこまで言っちゃってひどいわ!。
って受け取られるような発言は、言葉として発した時点で自分の身に降りかかる予想をしなければってことですかね。
それについてはVAMPSでのHYDEさんも結構あるんですが、彼はそれについてのファンの反応をちゃんと受け止めて返答します。
それ自体で彼が傷ついてるとは思いません。
てっちゃんはああ言われたこう言われたってことに敏感になりすぎて簡単に傷ついてしまう。
でも、その繊細さに恐ろしく共感してしまうのですよ。
誰だって自分のやってきたことを曲解されたくないし、誤解されていればそうじゃないことをわからせたい。
相手がファンならばなおのこと。

ただね、たとえそういうアドバンテージがあったとしてもこれはL'Arcファンが全員てっちゃんの敵だとてっちゃん自身が思ってるんじゃないかっていささか不安になりましたよ。

てっちゃんに言ってあげたい。
L'Arcファンは全員hyde「だけ」が好きな訳じゃないよ。と。

自分のやり方をメンバーが否定していたのを雑誌で知るとか、もう、犯人捜しをしたくなるじゃないですか。
そんな傷を全部さらけ出してるようなてっちゃん本。
すごく痛みを感じます。
だから、てっちゃんに心から感謝してるファンが大勢いることをちゃんと知ってほしい。
意地悪を言う人の言葉ばかりを気にしないでほしい。
まるで5と2がある通知表を見せられて5を褒めるより2を責める母親のよう。。。
てっちゃん(お母さん)も褒めてもらいたいでしょうが、ファン(子供)だって褒めてもらいたいのです。


そうですよ。
ちょっとしかL'Arcが好きじゃない人と、心からファンな人と同じウェイトで愛を返す必要はありません。
どうぞファンの発する言葉一つ一つに傷つかないでください。

そんな周りのネガティブな反応ばかりに敏感な人。わかってはいたけど再確認。

もう読了された方、私の読んでいるのはそのあたりです。
明日、明後日社員旅行なので、全部読み終わるのはその後でしょうか。。。



   

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/08(金) 22:18:04 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。