スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんに感謝の言葉を。。。(又従姉妹ちゃんの娘さんのコメント)
娘の○○です。

母のこと書いてくれてありがとうございました。
生きてた証が残るようで嬉しいです。

お見舞いに来てくれた前日に車に乗る機会があって一緒にラルクとかVAMPSとか口ずさめるくらい元気でした。

母は最後の最後まであまり弱音を吐かなかったのでどれだけ体が辛かったのか未だにわかりません。

あまりに急に亡くなってしまったので私はまだ実感がわかず、病院にいるのではないかと思ってしまいます。
まだまだ一緒にライヴに行ったり、旅行に行ったり、美味しいご飯でも食べに行ったりしたかった、家事とか手伝いをもっとしてあげれば良かった、とどうしても考えてしまいます。

友人が
「亡くなったのを悲しむのも、思い出を懐かしむのも、お母さんを想う事全てが供養になるよ」
と言ってくれたので思いっきり今は悲しもうと思います。

その後は、母の為にも前に進むのみです。
無償の愛を注いでくれた母に親孝行をする時間もなかったので、せめてもの恩返しに母の分まで人生を全うしようと思います。

母と一緒に遊んでくれてありがとうございました。
たくさんのお友達と出会わせてくれてありがとうございました。

素敵な方たちばかりだとライブの話をよく聞きました。

この場をお借りしてお礼をさせていただきます。

素敵なメールとアルバムをありがとうございました。

きっとちゃっかり母も今後のライヴに参加してると思います。



以上、前記事に娘さんからコメントいただきました。


拙いブログですが、こうして娘さんとも縁ができたこと。
少なくとも娘ちゃんの苦しみを同じように痛みとして感じられる人がいらっしゃるのを知ることも娘ちゃんにとっては励みになると思っています。

それこそ、まだ本当に若いお嬢さんなのに、通夜も告別式もシャンとされて立派でした。

さっちゃんがいなくなって、ほんのちょっとの共感を分かち合いたいとき急に悲しみがぶり返したり、ふとした瞬間に残像を追うようなことがまだまだ続くでしょうが、そんなときはいつでもメールをもらいたいし、ひとりじゃないことを心の隅においてもらいたいと思っています。

拍手でも、コメントでも、ツイッターでも、又従姉妹ちゃんを知る大勢の人たちからのコメントは渇いた心に水を与えられたような喜びになりました。

私も再度お礼を言いたいです。
本当にありがとうございました。

  
 


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。