スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VAMPS参戦が3日間になった話。そして原宿〜〜。
といっても、別に遠征するわけではありません。
棚からぼた餅のような話なんですよ。

最初私はハイモバの申し込みを土曜日と日曜日でどちらかが当たればいいな〜。って、スマホのアドレスで申し込んだんです。
ところがメール受信設定がキッズ携帯並に強力にしてあったため確認メールが届かず(アホ)。
慌てて受信できるように設定を変えたんですが時すでに遅し。
もちろん確認に必要な受付番号は確認メールで来るからいいやとか、甘く見て控えもとっていなかったんです。

完璧にしくじったと思って、落ち込んでいたんですが、よく読むとキャンセルはできないけれど、新たに申し込めばそちらが優先になって前に賭けたのは無効になると書いてあるじゃありませんか。
しばらくは帰れない状態だったので、申し込みのアドレスをPCにしてもう一度土曜日曜の二日間を申込みました。

PCの方はちゃんと返信が来ていたので、当落確認の日に土曜日のみの当選を知りそそくさと支払いを済ませたのですが。。。
スマホのメールで「支払い締切りが迫っています」とお知らせが来たんです。
しかも内容が「日曜日当選」って書いてあるじゃありませんか!

え??
私土曜日が当選だったと思ってたけど、日曜日の間違いだったの????
ともう一度確認。
確かにスマホで見るPCアドレスの受信メールは土曜日当選
で、スマホの方のメールは日曜日だと。。。。

しばらくパニくりました。
マジ、ボケちゃったの?私。土曜日ってブログにも書いたし〜〜。とかね。

でも、受付番号が違ってることが分かって、これがダブルで当選していたんだって理解しました。
ご丁寧に違う曜日での当選。

ただ、これは私の中でなんか違うような気がして(いや、チケット全滅ってつぶやいてる人が本当に多くて。。。)ピアに電話しましたよ。

「新しく申し込んだほうが有効とかいてありますから、先に頼んだほうが無効でも仕方ないと思っている」
ことをちゃんと申告いたしました。
まぁ、これで入金しない事がきっかけになって以降ハイモバの当選確率が著しく落ちたら嫌だな〜とは思いましたが。

ピアのお姉さんは「本来ならそうなるところだと思うのですが、今回の当選はすでにピアの方でも当選と機械に設定されていますので、たまたま違う曜日がそれぞれ当選したことですし、よろしかったらこのまま御入金ください。」というような内容のお返事をくださいました。

かくして、ワタクシyasuの嫁と土曜日、日曜日の名古屋二日間参戦することになりました。
日曜日参戦の皆様、お声かけくださると嬉しいです〜〜。


そして、その次の月、8月に天野喜孝とHYDEのコラボ企画があるんですね!!!!
原宿って、新宿のとなりじゃ〜〜〜ん。
行ける!
次女のところに行くって言ってε=┌(;・∀・)┘イッテミヨ!!

実はこの方のイラストは多分私よりゲーマーの息子の方がよく知ってるんじゃないかしら???と思ったんだった。
FFのパッケージを嫌ってほど見ましたよ。
この世界観、結構好きです。

どうしてこういういきさつになったのかはまだわかりませんが、イラストレーターさんがHYDEという素材に創作意欲を掻き立てられたからだなんてことなら、有頂天になります。(私が)
hydeさんはいつでも芸術家のアーティスティックな部分を刺激しうる人でいてほしいから。
魅了して欲しいから。
創造させる側の人でもいてほしいから。

今から詳細が知りたくてワクワクしています。


さてさて、次女ネタです。
ピアのお姉さんと打ったとき「ピアノお姉さん」と変換されたんですが。。。。(普通はそうだよね)

先日、我が家のアップライトピアノの蓋が閉じられました。

うちのピアノは長女がピアノを習うと決めた頃、家業のお客さんが「いらないからもらってほしい」と申し出てくれて3万円で譲っていただいたものです。
既にその頃10年以上は調律もされずにいたと思います。

長女はすべからく小器用でいろいろこなすのが早かったのですが、いかんせんどれも情熱的に続ける能力が乏しかったのでした。
ただ、ピアノは無駄にはなりませんでした。
そのまま次女が習い始めて10年以上次女に使われました。

いろんなことに不器用なのに持続力のある次女は最終的にはどのお稽古事(バレエ、ピアノ、スイミング。唯一習字だけは続かなかったっけ)も長女より高い位置まで到達したように思います。
まさか、この使い古されたおんぼろピアノでショパンやバッハやベートーヴェンが聴ける日がくるとは!と長女と感激したものです。

東京に出る前の晩、今まで習った名曲の数々聞かせてくれました。
おねえちゃんの結婚式の披露宴入場の時はディズニーミュージックを生演奏して結婚のプレゼントにしたんだっけな。。。

最後は「もう、指が動かなくなってるわ〜」
とか言いながら私が一番好きな曲、ショパンのソナタを弾いてくれたのです。

そして、今までおねえちゃんが使い始めて20数年開きっぱなしにしてたピアノの蓋を閉じました。。

長女がピアノを習い始めた頃、当時の先生に言われたのです。
「ピアノの蓋は絶対に閉じないでください。」
ピアノは自分のレッスンがなければ週一のお稽古だけでは伸びません。
まず「蓋を開けなければいけない」という気持ちがプレッシャーになって練習しなくなるんです。

だからどれだけホコリを被ろうが蓋はあけっぱなしが鉄則です
新品で購入したなら、母親はそれが一番耐えられないんだろうけど、うちは元々お古だったので何の抵抗もありませんでした。

以来ずっと黒鍵と白鍵の並びは当たり前のようにそこにありました。
そして本当に、次女に関してはその通りでした。
いつでもほんのちょっとの間に鍵盤に触れる。
それが当たり前の事でした。

ただ、今はそれをする意味がない。
本当に積もっていたので鍵盤一つ一つからホコリを落とし、フェルトをかけて蓋を閉じたら真っ黒なはずが真っ白になってて笑えました。
今は黒光りしてピカピカですよ。(蝶番とかさびてるところもありますが)


20数年ご苦労様でした。
いや、最初の持ち主から数えたら30年以上にはなってるのかな。
消音ペダルも効かなくなって、ビリビリと響くような鈍い音を出し始めたあなた。
鍵盤の戻りが遅いと次女に叩かれたこともありましたね。
それでも、次女は最後まであなたを連れて行けないことをさみしがっていましたよ。。。


と、センチメンタルになったところで締めますね。


   


拍手コメントお返事

巧さん:
いろいろお気遣いありがとうございます。
いやいや、私も充分図々しく生きていますよ〜〜〜。
これからは次女をネタにお金の続く限り上京してやる!と目論んでいます。
それから、味いちもんめ見逃しました。
ははは。。。。。。
でも18日はちゃんと録画予約してありますから大丈夫。
で、しばらく円山関係で露出しそうですからワクワクです〜〜。
今日のピカルは見逃しました。面白かったって聞きましたが、、、心配です。


巧さん:
そうなんですよ〜〜〜。
行く気満々ですよ!私は。
それからお姉さん、NSPがお好きだったんですね!。
「夕暮れ時はさみしそう」好きでしたよ〜〜。
「東京」いい歌ですよね。
でも、これを知ってるということは、相当ですよ〜〜。(何が??)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。