スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
親の気持ちと子供の心
13日(木)
VAMPARK行ってきました。
14日(金)
会社で新システムのオペレーションテストがありました。
15日(土)
私にとってのツアー初日でした。

VAMPARKはやはり映像ですね。
AB両方観られるように3回目と4回目で続けて入場し、4回目のBは3回通り映像だけ見て帰ってきました。
どちらも良かったですが、やっぱりあのフェスの顛末の映像には心に来る物がありました。
あ、ほんのちょっとネタバレちゃうからだめな人は回れ右でお願いします。

まず日本ではあり得ないほど情け容赦のない止め方をするんだなとビックリしました。
ほぼ体当たりのよう。。。
小柄なHYDEさんがでっかいスタッフに突き飛ばされてるようにしか見えなかったですからね。
あの大音量の中中断させるのも体力が必要なんだろうなと思いましたけども。。。

それをされた後のHYDEさんが「ホワイ??」な感じで両手を広げ肩をすくめた様子に痛みを覚えました。
最初全然のってない観客がそれでも少しずつリズムに合わせて揺れてきているのがわかるだけに、あのときはあっけにとられて退場するしかなかった彼らも後々はきっと悔しさがぶり返すんじゃないかと思いました。
ブーイングのようなVAMPSコールも確かに聞こえ、あのときVAMPSについては合格不合格二種類の真反対の記事が飛び込んできましたけど、正直あれほどディスられる(あえていうならぼろくそ)書かれた意味がなぜなのかわかりません。
ライターの音楽の好みやこのフェスのカラーと、VAMPSの演奏した楽曲がコンセプトを外してた、ただそれだけのことなら痛くも痒くもないと思えば良いのかもですがね。。。
少なくとも、それなら力量を評価されたと思わずにいられますから。
あぁ、いつもの双子さんが水着で二人で頭振ってるのが嬉しかったです。

そういえば止められてしまったことに気づかず、ずっとドラム叩いてたアーリーにパリライブのユッキーが被ってしまいました。
kenちゃんが撃たれた事に気づかず、ベースやボーカルが演奏を止めてもしばらく叩き続けていましたよね。。。

一曲なくてもちゃんと残せたと言い切って乾杯した彼らにブラボーと言っても良いんじゃないかと。。。
変な話私たちファンが自虐に走ってどうするんだと。。。
手応えはちゃんとあったと言い切ったVAMPSの言葉の裏付けはきちんと映像に残されてる。
それだけでこの映像を見る価値はあったと思いました。

そして14日私は、ちょっと立ち直れないような大失敗をしまして。。。。
多分テスト受けた職員の中でも最低ラインのできばえだったのではないかと、凹みまくりました。
いや、再テストになるだろう結果は月曜日か火曜日(この日だとライブ最終日で早帰りさせてもらうから結果は見られない)なので、まだ凹みは回復していませんが。。。
全然寝られず、3時半すぎ。。。。いくらなんでも翌日はスタンディングだぞ~~~。

そんな凹んだ気分のまま15日はやってきました。
みぃちゃん、ちさとんさん、Irisさん、安二郎さんとでびっくりドンキーでおしゃべり。
実はみぃちゃんも結構な悩みを抱えて、凹みまくってる私と二人でうじうじしてたわけですが(二人ともA型なので立ち直りが遅い。)そのとき交わしたたくさんのおしゃべりでみぃちゃんはすくわれたようでした。
ずっと前ブログに書いた「でんでんむしのかなしみ」です。
悩みを抱えていない人なんていないんだよ。ってね。。。
たくさんの人と話すと、たくさんの人の生き様を観ることができる。
小さな世界で小さな事に悩むことが、なおさら自分を小さくしてしまうことに気づくということで。。。
あのとき、表層的な話ばかりじゃなくて凄く嬉しかったな。
皆さんありがとう。。。

でもね、でもね、一つ言わせて。
親って時々無神経で、子供に深い傷を与えてしまうことはあるけれど、だからって愛していないんじゃないんだよ。。。。
親もこの年になって思うけれど、案外子供なんです。
親になったからいきなり人格ができるわけでもないんです。
子供故考えなしに放つ残酷な言葉にうちひしがれることは親の方が遙かに多いんです。
言った方の子供はおさないから忘れてしまうけれど。

ただ、少なくとも私は子供を憎んだり可愛くないと思ったことはありません。
「可愛くないことばかり言うんだね。」と言ったことはあります。
心底「バカ!」とののしったこともありません。(どの子も遙かに私より賢かったので)

今生きていてくれるみんな誰かの子供で、私もそうなんだけど、親の愛情を信じられない事ほど悲しいことはないなと改めて思ったのでした。
それこそ私は結構な暴力を母から受けてきたけれど、だから子供は絶対叩かないと長男を産んだとき思ったし、何でもして上げたいと思った。
旦那のためには死ねないけど、この子のためなら死ねるって本気で思ったよ。。。。

そして、みんな生きててくれてこうして出会えて良かった。
生きててくれることが親孝行だからね!!!。(だから体は大事にしてください。)
何も「親のためにしてあげなくちゃいけない」なんてことはないんです。
生まれてくれただけで、産んでくれた恩はすでに返しているんですから。

なんてね、そんな話題に何故だか走ってしまったびっくりドンキー。
一人親立場で「みんな愛されてるはずだ!」と持論を展開したせいらでした。

もう一回言うね。
親は案外子供です。
自分勝手だし、わがままだし、子供は自分の思い通りになると信じてる。
だからほんのちょっと意にそぐわないことをすると軌道修正を図りたがる。
子離れできていない親も多いし、子供の心配をしているようで、すでに親の庇護を必要としない子供の負担になってないかと疑心暗鬼になったりもする。
そして、自分の人生は何だったかと黄昏れたりもしちゃうんだよ。。。(残り少なくなってるからね)

みなさん、親を愛してあげなくてもいいから、自分が幸せでいてね。。。(それが親孝行だと思ってるよ)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。