スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つよぽんお誕生日おめでとう。と心に根付く音楽について。
草?剛様
お誕生日おめでとうございます。
先の事件からこちら世間の水がそんなに冷たくなかったことにあなたは感動されたでしょうか・・・?
常のあなたの誠実さがあなた自身を助けたこと、忘れないでいて下さい。
一生懸命努力して周りを気遣い物事に対して真摯でいることは大変な事だとわかっていますが、そう言う立場の人である自覚を前以上にもって邁進して下さいね。。。
あなたの眼差し。
あなたの笑顔。
あなたの立居振舞い。
全てに母のような温かい気持ちを覚えます。

いつも冷静な辛口長女もつよぽんには優しいの。
車のナンバーにつよぽんの誕生日を持ってくるくらい。(ププ・・・)


さて、昨日ですがナゴヤドームにサイモン&ガーファンクルのコンサートに行ってきました。
往年の世界的ヒット曲網羅した素晴らしいコンサートでした。
そう、ライブって言うエネルギッシュなものではありません。
そこに集う30数年前の少年少女達。
つい先日参戦したVAMPSライブとは当然ながらかなりの開きがあります。
まぁ、客層としては私は全然こちらで違和感ないんですが。(そこが残念

感性のみずみずしい年頃に影響を受けた音楽は、人生にどのくらいのウェイトで残るものなんだろう・・・??
HYDEさんが子供の頃聴いたロック。
今の子供が聴くロック。
「いい音楽を若い頃聴いて欲しい」byHYDE
それ、凄くわかります。
私が洋楽を聴き始めたのは中学生の頃。
雑食だったので広く浅く色んなものを聴きました。
ロックはディープパープル、エマーソンレイクパーマー、レッドツェッペリン。ポップならミッシェルポルナレフ、ABBA,カーペンターズ(フォークか)、もちろんサイモン&ガーファンクルも。
今では曲そのものも思い出せなかったりしますが、ミュージックライフとか毎月買っていましたっけ。
その頃爆発的に人気になった3大ロックバンド、QUEEN 、KISS、エアロスミス。
特にQUEENには昔からのロックファンが凄く批判的だったのを思い出します。
『女子供のロック』
派手な曲調と、ロジャーテイラーの美貌が前面に打ち出されてて、骨太なロックのみロックと認める薀蓄ヘヴィロックファンには邪道に思えたんだね。きっと。
でも、そこばかり気を取られて本当に彼らの楽曲を聴いていなかったんじゃないのかな?
批判ばかりに神経そそぐときらめきに気付かないことが往々にありますよね。
現在の彼らの認知度はもしかしたらフレディが生きていた頃よりグレードとして高い位置にあるのかもしれません。
今更当時口汚くQUEENを詰った読者に毒づいてどうするんだろうって感じですね。すいません。

でも、どうだろう。
素晴らしい楽曲はQUEENに限らずともやはり何十年経ってもこうして語られるんだなってことなんです。
使い捨てられるごまんとある音楽。
どういう部分で引っかかるんでも良い。
てっちゃんが言うようにルックスで惹かれたとしても、そこから認められる音楽があればやっていけるってこと。
そしてHYDEさんが願うように、どこか心に傷のように残るフレーズがこれからの世代にも伝わりますように。
子供は成長していずれ大人になります。
何年か経て大人になった彼らもドームに「HYDEを聴きに行きたい」と思わせる本物のアーティストであってくれたらと願っています。

と言うことでサイモン&ガーファンクルは素晴らしかったです。
『声』は衰えない。
音色が加齢と伴に違ってきても、それは奥行きとしてふくよかな柔らかさに。
いい歳したおっちゃんおばちゃんが歓喜するに値するスケールでございました。

そういえば職場で『サイモンとガーファンクル』と言っても「知らない」って言われてジェネレーションギャップ感じました。
『コンドルは飛んでいく』とか『明日にかける橋』とか『サウンドオブサイレンス』とか『スカボローフェア』
ああ〜〜〜。。。
知りませんっていわれる方も既に多いのかな???
「あ。教科書に載ってましたよ。そういえば」
ってお答えでございました。


何だか化石と化したアーティストのコンサートに行くような気分になったせいらでした。



               

そうそう、入場前にサイダー買いました。(性懲りもなく)
最後までちゃんとサイダーでした。ヽ(.:≧ω≦:.)ノププププッ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ぞぞさん
ロバートプラント。
細いくせにかすれた声で歌う「天国への階段」は何度繰り返したか分かりません。
わわ。凄い。ぞぞさんご存知なんだ~~~。
しかもカラオケで歌えちゃうんですね!!!
その頃の私はジミー・ペイジで(ギタリスト)ろばーとの派手さよりジミーの職人芸にウットリでした。HYDEさんが言う「派手なボーカルの隣で覚めた感じでギターを弾く人になりたかった」ってジミーかしら??って思ったくらいです。
ボクサーですか!シブイとこつきますね!!。
それも演奏しましたよ。
サイモンの力強い声とガーファンクルの美しい声のハーモニー。
本当にステキなコンサートでした。
それにつけても、こんな古の話をぞぞさんにできるなんて。。。感激です~。
2009/07/12(日) 06:15:25 | URL | せいら #79D/WHSg[ 編集]
サイモン&ガーファンクル!!
中学生の時に担任の先生から LPを借りて聞きました。
ボクサー好きでした(^^)ライララ~イ♪

あの頃は 少しオマセでして
当時流行っていたポップな洋楽よりも
ZEPとかのハードロック聴いてました。
ちょこっと背伸びしたい年頃だったのですね~

ガラスひっかいたような ロバートプラントの声と一緒に 歌ってました。
英語の歌詞覚えるのが嬉しかったんですよねぇ~
天国への階段は激しく酔っ払った時に今でもカラオケで歌います(^^)
2009/07/11(土) 23:07:48 | URL | ぞぞ #79D/WHSg[ 編集]
ふみさん
ありがとう~~。

(*゚▽゚)*。_。)*゚▽゚)*。_。)ウンウン
すっごいステキな日でした。
ドラマも何だか凄い始まり方で、つよぽんぽくないところがつよぽんのドラマって感じでした。

かごぴかもびっくりしちゃった~~~。
2009/07/10(金) 00:57:57 | URL | せいら #79D/WHSg[ 編集]
hirokoさん
ありがとう~~~。
やっとやっと通常のお仕事に戻れるって感じで凄くうれしいです。
『任侠ヘルパー』ワルイつよぽんしっかり出ててちょっと嬉しかった。
つよぽんこんな部分もしっかりある人なんですよ~~。(とPR)

あ。。。
あ私も今も昔も同じことしてる。
ただ、昔って雑誌の種類(特に洋楽)が少なかったから、例えばQUEENが載ってなくても買い続けてましたっけ。。。
2009/07/10(金) 00:56:05 | URL | せいら #79D/WHSg[ 編集]
Unknown
つよぽん
誕生日おめでと~

今日は籠ピカと血文字もあって
せいらさんにとって
ステキな日だね

ドラマもはじまったね
2009/07/09(木) 23:58:37 | URL | ふみ #79D/WHSg[ 編集]
ひろみゅんさん
(*゜∇゜*)(*。_。*)(*゜∇゜*)(*。_。*)ウンウン♪
ありがとうございます。
任侠ヘルパー(なんちゅうタイトル)の二面性がちゃんと出せるかですよね~~。、
楽しみです。

やはりひろみゅんさんも教科書世代なのね~~~???
すっごいギャップですよね。
でも、そんな世代が違ってもおなじHYDEさんのファンだって事が嬉しいです。
2009/07/09(木) 21:25:45 | URL | せいら #79D/WHSg[ 編集]
つよぽん!おめでとう~♪
今朝、めざましTVで見ました!
任侠ヘルパーって、面白そうですよね!
見てみようかなあ~?
私、つよぽんのドラマでハズレだった事は一度もないので楽しみです!
彼は演技が上手いですからね~♪


「ミュージックライフ」私も買ってましたよ~♪
後、「ジャム」とか「イン ロック」雑誌の山でした~。。
でも。。今も同じ事してる様な気が?(笑)

2009/07/09(木) 12:59:49 | URL | hiroko #79D/WHSg[ 編集]
Unknown
せいらさん、おはようございます。

今日はつよぽんの誕生日だったんですね。
おめでとう~ですね☆
つよぽん、今日からドラマですよね。
復帰されて早くもドラマ出演って事で嬉しいびっくりでした。彼の人間性があってこそですね。

サーモン&ガーファンクル…名前は聞いた事あるんですが…。
エアロスミスはCD持ってるんですけどね…。もしかしたら曲を聴いたら知ってるかもしれません。
音楽の素晴らしい所は、良い音楽は世代を超えて、いつの日になっても心の中に残り続けるんですよね。
特に若い頃に聴いた音楽って忘れないんですよ。
そういう意味でもHYDEさんの音楽が若い世代の人達に受け入れられてる事が嬉しいです。
2009/07/09(木) 09:18:51 | URL | ひろみゅん #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。