スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
熟睡するおばあちゃんと二面性の見せ所な「白鳥の湖」
昨日、名古屋で次女と待ち合わせして愛知県芸術劇場にキエフバレエの「白鳥の湖」を観に行ってきました。

前も書きましたが、我が家長女も次女もクラシックバレエを習っていましたので、機会があれば結構鑑賞しに出かけたりします。

で、本場のバレエですよ。
あ、ここで言う本場はロシアのことです。
発祥の地はフランスでもクラシックはソビエトってのが「アラベスク」山岸涼子世代の認識ですので。

もう一言で言うなら、バレエダンサーは体つきも必須条件だなってことです。
熊川哲也がローザンヌバレエコンクールで、
「彼の膝下があと3センチ長かったら」伝説のローザンヌ←そのときのTV放送。
と批評家に言われたのを思い出しました。
「膝下3センチなんてどうにもならないことをを言うか!」
とそのとき思ったんですが、つくづくそう言うスタイルを備えて初めてプリンシパルへの道が開けるんだなって思わされたって事ですね。

今は手足の長い顔の小さな日本人もたくさんいますが、持って生まれた人種の特徴がバレエと言うより舞踊という形にぴったりフィットする日本人には厳しい世界なんだって思いました。
いや、そのくらいバランスの差こそあれ芸術的な人たちの集団だったって事です。

主役のバレリーナ(今って男女総称してバレエダンサーって言いますよね)の素晴らしかったこと。
白鳥の湖はオデットの清らかさとオデールの妖艶さの二面性をいかに同じダンサーが演じるかってのも見所です。

ん?どこかで感じたぞ。この二面性。。。ってのはスルーして。。。
ここで白いチュチュと黒いチュチュの二人のHYDEさんを想像できた人はツワモノ。。。。

本当に同じ人の踊りなのよね????
って位、ある意味「人間ってコワイ」なダンサーさんでございました。
さすがプリンシパルです。
オデールのグランフェッテアントールナン(32回転)がなかったのが「なぜ???」でしたけど、それに匹敵するくらいの跳躍を見せていました。
滞空時間が長い!。
ハラショー!!!

ところで昨日の座席は7列目だったんですが、オーケストラボックスがあったので最前列が6列。
ってことで。。。そう!2列目で鑑賞したんですよ〜〜。

で、ですね。
私たち母娘の前にちょっとご年配のご夫婦が見えまして、その奥様が1幕の10分も経過した頃から熟睡なさっていたんです。
ちょっと信じられませんでした。
私がぴあでチケットの先行をかけたのより前に決めていなければ最前列なんて取れないはずだからです。
「なじぇ?????」
一幕を終えお手洗いにご夫婦が席を立ったのを見て次女と想像。
「きっと誰か親戚が出てるんだよ。」
「まさか。キエフだよ???キエフバレエ団に日本人いたっけ???」
「だって、あんたのバレエの発表会の時のお父さんと同じだもん。あの二人」
「どういう意味??」
「決まってるじゃん。自分の娘のとき以外は興味ないの。」
「ええ????」
こそこそとうわさ話をしていたんですが。

ははは。。。
伊達に歳とってるわけでもないみたい。
2幕で素晴らしい東洋人の男性ダンサーが表れました。
前のご夫婦しっかり起きています。

一般に跳躍以外で男性ダンサーの見せ所はあまりなくて、下手すると女性ダンサーの添え物的な部分も感じてしまったりするものなんですが、彼は凄いソリストでした。
ナポリ(ヴェニスと書かれていました)を踊る周りの女性ダンサーがまったくもって添え物の様でございました。

あとでチラシ(ごめんパンフレットもったいなくて買わないの)を確認しましたところ、彼の名前は菅野英男(←ぽち)。
すばらしかったはずですね。。。ソリストとしての団員だったんです。

果たして彼の親戚かどうかは確認できませんでしたが、そのご夫婦、2幕が終了すると同時に帰って行かれましたよ。

さて、そんなこんなで久しぶりにバレエを鑑賞して「また習いたなぁ」なんて言い出した次女。
まぁ、わからないでもないんです。
私ですらどの曲を聴いても娘が踊った覚えのあるものばかりでからだがリズムを取ってしまうくらいでしたから。
でも、
「嫌だよ。そんなお金があったらライブ行きたい」
と即座にお断りしておきました。
まぁ、習いたかったらご自分のお金でどうぞ。ですよ。

とにかく、次女と二人素敵なひとときを過ごしました。
途中睡魔と戦った場面があったことは内緒。←


     


拍手コメお返事。

New comer さん:
大変衝撃的な事故でしたね。。。。
誰もがその愛称で呼んだスタッフさん。
彼の人生が彼の中でちゃんと満足できるものであったらいいなと願っています。
         
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
kazueさん
おお!。kazueさんがバレエやってたらカッコイイバレエダンサーだったろうなぁ~。(想像)
バレエって結構高齢(40過ぎても)でも踊り続けられるのでkazueさんの幼なじみもきっと続いておられるんでしょうね~。

そうそう、娘と話してて
「あんた達が必死で曲に付いていこうとしてたあの振り付けも余裕でこなしてるのはさすがプロだね~~~。しかもカッコイイ!」
ってのが私の感想。
「私もそう思ってたよ~。やっぱさすがに全然違うわ~」
と娘。
どういう尺度で評価してるんだか。失礼な母湖でございました。

私はねー、黒鳥のバイオリン一本の曲でジークフリードを誘惑するぞくぞくする感じの場面が好き!!!。
是非一度ごらんになってください~~。
2009/11/14(土) 06:02:00 | URL | せいら #79D/WHSg[ 編集]
栄さん
やっぱりどう考えても関係者。ですよね~?

熊川哲也さんって14の時からイギリスのロイヤルバレエ学校に留学してて、そこからの出場だったんです。
オリジナルダンスも日本人には個性がないってやたら批評されますけど、まるで国際人でした。
16歳でここまでやるって凄い~って当時本当に驚きました。
K.バレエカンパニーは日本のバレエ団の中では多分唯一経営が成り立ってるバレエ団だと思うので、その情熱を失わないでいて欲しいと彼の公演を見る度にそう思います。
是非是非一度職業バレエ団の公演、ごらんになって~~。
目から鱗の様な神業が続々ですよー。
2009/11/14(土) 05:59:58 | URL | せいら #79D/WHSg[ 編集]
ひろみゅんさん
おお!。
これは退屈な人には耐えられないもののようですね。
娘の発表会の時なんてイスの背もたれに仰向けになって寝ちゃってるご父兄もおられましたよ。。。
ロビーに出ちゃってる人もいましたっけ。。。
最後まで鑑賞できたひろみゅんさんエライ!。

いやいや、もう大学生になってバイトもしてるんだから、そこまでやりたい情熱があるならご自分で~~。ですよ。はい。
2009/11/14(土) 05:43:47 | URL | せいら #79D/WHSg[ 編集]
hirokoさん
そうなんですよ~。
2人ともバレエが大好きで、正直習ってる間中は発表会があるからこういう本物の舞台を見るって事はなかったんだけど、辞めたから見られるんですよね。
やっぱ、これでご飯食べてる人は全然違うわ~。
感動します。

あ、hirokoさん想像しましたね???
ツワモノ認定~~~~。パチパチ。
2009/11/14(土) 05:38:22 | URL | せいら #79D/WHSg[ 編集]
かすみさん
そうそう!!ユーリですよ~。
ノンナ・ペトロワのどこがそんなに良かったの??って最後まであの二人の関係には師弟愛しか感じなかったっけ。。。(主人公なのに~~。)
2幕が終わったら「義務は果たした」とばかりに帰って行った老夫婦。
はぁ。。
そう言えば娘の発表会の時も最後の方は空席ばかりだったなぁ。。。
な~んて思い出しました。
2009/11/14(土) 05:35:56 | URL | せいら #79D/WHSg[ 編集]
中々見るチャンスってないのよね
いいな~~もう何十年もバレエ見に行ってないよ。
子供の頃、近所の幼馴染のお母さんがお教室を開いていて、習いたかったんだけどな~。
余裕なんてなかったから遊びに行く程度で終わっちゃた。
あの時、無理してでも通わせて貰えばよかったって今でも後悔・・・
幼馴染はさ・・なんだか有名になっちゃたみたいだったわよ。
今はプリマやってるか知らないけど~。


実際に自分で経験したものって、ステージでの動きの難しさが肌でわかるから、未経験者よりも数倍感動するよね。
世界のトップが踊る白鳥の湖・・・見てみたいわ~~
2009/11/13(金) 10:58:38 | URL | kazue #79D/WHSg[ 編集]
Unknown
その老夫婦、きっと関係者の方なんでしょうね(笑)
そういう気持ちよく分かるもん。

私、まだバレエ観賞ってしたことないのよ。
一度してみたいなと思いながら、なんか寝てしまいそうで(笑)
でも娘もバレエを習っていることだし、娘と一緒に観賞するというのもいいかもね。

熊川哲也さんが若いバレエーダンサーたちに指導しているのをTVで観た事があるんだけど、
彼自身も努力の人だからまー、言うことが辛辣でした。
でもそういう厳しい世界にいるんだ、その中で背筋を伸ばしてまっすぐ前を向いているということを観れただけで感動しました。
踊ってるのは観なかったんだけど。
彼に関してはCMであり得ん高さで跳んでるのを観ただけです。
今度機会があったら行ってみよう、うん。

2009/11/13(金) 08:57:55 | URL | 栄 #79D/WHSg[ 編集]
Unknown
せいらさん、こんばんわ!

私もつい最近バレエを鑑賞する機会があったんです。
友人がずっとバレエを習っててその公演を観に行ってきたんですが、今迄バレエを観る機会がなかったんですが、結構見応えがあって、魅入ってしまうシーンもあって、たまにはこういうのを鑑賞するのも悪くないな~って思いました。

そして、せいらさんとお嬢様の会話でバレエをまた習いたいって言葉に
「嫌だよ。そんなお金があったらライブ行きたい」を即答だったっていうのに笑っちゃいました~(笑)

なんだか微笑ましかったです。
2009/11/13(金) 00:55:33 | URL | ひろみゅん #79D/WHSg[ 編集]
Unknown
白いチュチュと黒いチュチュ。。
ああ!
妄想が炸裂です~♪

バレエ。。良いですね~。。
娘さん、お2人ともバレエを習っておられたんですよね!
こうやって成長されても、芸術に触れる事が出来て一生の宝物ですね~♪
2009/11/12(木) 22:05:34 | URL | hiroko #79D/WHSg[ 編集]
Unknown
山岸涼子のアラベスク!懐かしいわ~☆ ユーリ・ミロノフ?でしたっけ(違)、イケメンの先生でしたよね。あの頃からクールなイケメンが好きだったな~♪
親戚が出ていたかもしれない老婦人、近いものを感じるわ。JACKその他で色々な出演者が居る時の私興味あり無しな態度がハッキリしすぎていると友に言われます(汗)
2009/11/12(木) 21:35:55 | URL | かすみ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。