スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この時だからこその「レクイエム」


もう少しフィギュアスケートのことを。
実はフィギュアを語るとき、ちょっとドキドキするのです。
私はナショナリストではないけれど、やはりこれをスポーツとして見る限り日本人の血が騒ぐからです。

けれど、だからといって海外の力のある選手をこき下ろしたいと思っているわけではなく、それぞれが力を出し切った状態で雌雄が決められるのが理想だと思っているんです。

正直今回の真央ちゃんがまだ蝶になりきっていない状態での世界選手権だったことが残念だったし、高橋大輔のエッジのねじが外れるとか考えられないアクシデントはもっと残念でした。

でも、力を持っている選手が力を出し切れないのはそれがその時点での「力」なんだと言うことを認識すべきなんです。

「今の時点では精一杯の演技」
と言った浅田真央は、私的には素晴らしいスポーツマンだし、どんな最低の試合の後でも淡々と言い訳せずに今の自分を語る今期の彼女は尊敬に値するアスリートだと思うわけです。
高橋大輔しかり。
「やり直したい。」
と正直に語り、でも自分が悪いと多分自分自身にも言い聞かせていた受け答えがやはり男らしくて。
この失敗のおかげで来期も彼の競技としてのフィギュアがまた見られると思って少し喜んでしまうアンビバレンツに苦笑してしまいます。

いや、話がそれましたが、だからフィギュアを語るときどこかにナショナリズムを感じて不快に思われるかもしれない方のカキコミが怖いというヤツですね。
正直に言うと、今回のキム○ナはショートプログラムから定まっていない感じがしました。
ジゼルは良いプログラムだとは思ったしスピードもスピンも良かったけれど、フリーからの演技に彼女のどこかこの大会に賭ける情熱が浅く思えたんです。
顕著だったのがエキシビションです。
なんだろう????この上滑りな感じ。
この後彼女がスケートでやっていくならこんな滑りでお客さんは喜ぶんだろうか????
大会の結果が自分の望むものでは無かったからやる気が失せたんだろうか?
総勢でのオープニングにもエンディングにも姿を見せなかったのはどうして?
脚を痛めていたというのが本当なら、この大会自体にエントリーすべきでは無かったと思う。
この国での彼女に続く選手が育っていない(らしい)のが彼女をこの舞台に引きずり出さなくてはならない要因なら、国をあげて育成すべきです。
迷いに心を囚われている選手が確固たる志を持った選手に適うわけがないのです。(ここでは持っている力が歴然と離れていたらなんて想定はありません。)
これはキム○ナに限ったことではありませんが。

エキシビションで素晴らしい安藤美姫の演技を見ました。
イタリアの解説者のコメントに正直涙がこぼれました。
安藤美姫エキシビション(イタリア語解説字幕付き)←ぽち
彼女を本当に美しいと思いました。
一時はスピード無くもたついたようなスケーティングをしていた彼女が、自分の個性を残らず発信したことが感動的でした。
「レクイエム」
これは競技のショートプログラムで見たときと全く違う種類の感動を与えてくれたんです。
彼女の「想い」が(この時だからこその気高さを持って)会場を制圧するようなパワーで放出されていました。

このエキシビションは長く語られるべき。何度見ても震えます。


   




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。